『2017プレミアム体操三重』大会情報
●全日本シニア体操競技選手権大会(シニア1部)
全日本マスターズ体操競技選手権大会(シニア2部)
全日本シニア体操クラブ連盟公式ブログ
●日本体操協会HP:第50回全日本シニア体操競技選手権大会/第50回全日本マスターズ体操競技選手権大会<2017プレミアム体操三重>
DL0zrrwUEAEvZMY
▼大会結果まとめはこちら↓

《これまでの大会情報》
2017プレミアム体操三重(第50回全日本シニア(シニア1部)/マスターズ(シニア2部)体操競技選手権大会日程について
●大会要項
●班編成・日程表(2017/9/29訂正)
●1部抽選結果
●チケット販売について/チケット販売特設サイト
●器具配置図
10月26日 試合前記者会見 
はこちらから

(2016/12/04)
▼2017プレミアム体操三重 日程

2017プレミアム体操三重(第50回全日本シニア(シニア1部)/マスターズ(シニア2部)体操競技選手権大会日程について
●期 日(平成29年)
10月24日(火)会場設営
10月25日(水)・26日(木)会場練習
10月27日(金)全日本シニア体操競技選手権大会(シニア1部)男女1部競技
10月28日(土)全日本マスターズ体操競技選手権大会(シニア2部)男女2部競技
10月29日(日)全日本マスターズ体操競技選手権大会(シニア2部)男子2部競技

●会 場
四日市市中央緑地体育館(試合会場) 第二体育館(練習会場)

第50回全日本シニア体操競技選手権大会/第50回全日本マスターズ体操競技選手権大会<2017プレミアム体操三重>
【期日】
10月27日 男女シニア競技
10月27日 男子競技開始11:10 女子競技開始13:20
10月28日 男女マスターズ競技
10月28日 男子競技開始09:30 女子競技開始10:40
10月29日 男子マスターズ競技
10月29日 男子競技開始09:30
【場所】四日市市中央緑地体育館


(2017.4.1追記)
▼大会要項
2017第50回全日本シニア体操競技選手権大会要項等
体操競技要項

シニア


▼班編成・日程表(2017/9/29訂正)

2017全日本シニア・マスターズ 班編成
2017/9/29訂正
シニア1部男子
2全日本シニア・マスターズ班編成1
2全日本シニア・マスターズ班編成2
シニア1部女子
2全日本シニア・マスターズ班編成3
2全日本シニア・マスターズ班編成4
マスターズ男子(シニア2部)
マスターズ女子(シニア2部)

日程表
2全日本シニア・マスターズ日程1
2全日本シニア・マスターズ日程2
2全日本シニア・マスターズ日程3


▼チケット販売について/チケット販売特設サイト
2017第50回全日本シニア体操競技選手権1部試合チケット販売について
 10月27日(金)開催の男女シニア1部体操競技選手権大会のチケット販売については以下のとおり、予定しております。
【一般販売日】9月26日(火)
【販売価格】
 大人2,000円 ※大学生以上
 小人1,000円 ※小学生~高校生
【販売方法】
以下の専用WEBページにて販売
チケット販売特設サイトシニア

(2017.9.29追記)
▼器具配置図
2017第50回全日本シニア体操競技選手権1部試合チケット販売について(9/26(火)より)
medium_kigu0928


(2017.8.10追記)
▼1部抽選結果

2017第50回全日本シニア体操競技選手権大会1部抽選結果20170809
●男子1部抽選結果 20170809
__1________20170809_____1
__1________20170809_____2


2017全日本シニア体操競技大会女子1部参加選手1名追加について(9/16)
 9月15日付で、朝日生命所属より選手1名参加追加申請がありましたので、Ⅰ班1組に追加いたします。
・Ⅰ班1組 団体補欠個人 朝日生命  篠原 光コーリー
・Ⅱ班6組 朝日生命 松田幸子の区分変更 団体補欠個人→個人
●女子1部班編成結果(9/16)
jyoshi1hanhensei0916


(2017.10.27追記)
▼10月26日 試合前記者会見

第50回全日本シニア・マスターズ体操競技選手権大会
※出場選手コメント抜粋↓
安里圭亮選手「この大会では疲れを残さないようにすることがポイント。得意の跳馬ではしっかりと演技をして会場を沸かせたい」
宮地秀享選手「世界選手権では納得いく演技が出来なかったので、今回は迫力のある鉄棒をお見せしたい。今大会を鉄棒だけでなく、6種目すべてをこなす宮地のスタートラインとしたい」
杉原愛子選手「風邪を引いてしまい、ベストコンディションとはいえない。明日はけがをしないことだけを気を付けたい。平均台の足持ち2回半ターンはしっかりと成功させたい」


【速報】全日本シニア試合前記者会見 GymnasticsNews
2017年10月26日、四日市市中央緑地体育館(三重県)にて、翌日に行われる全日本シニア選手権の試合前記者会見が行われた。
※以下選手コメントのみ抜粋
宮地秀享「鉄棒の宮地と言われているが、この大会を個人総合の宮地のスタートとしたい。個人総合でもできるんだというところを見せたい。鉄棒で注目されているので、それに答えていくのが自分の役目。会場の人たちを楽しませたい。鉄棒は絶対優勝で行く。来年再来年に向けて、優勝することが自分に課せられた使命である。伸身ブレットシュナイダーは絶対に決めます。」
安里圭介(相好体操クラブ)「試合で疲れを残さないようにしたい。腰痛が少し気になるが調子そのものはいい。世界選手権の直後で危機感は感じていない。会場をわかせようという気持ちで明日は臨む。跳馬では優勝を狙う。またゆかも得点を伸ばしたい。一歩一歩自分の力を伸ばしていきたい。」
杉原愛子(朝日生命)「世界選手権後に体調を崩し、一時は熱が38度あった。今は少し回復しているが練習を始められたのは月曜からだった。ベストコンディションではないが、ちゃんと演技をし、怪我をしないようにしたい。平均台では脚持ち2回半ターンに挑む。応援してくれる人に演技で感謝を表したい。」

体操 全日本シニア選手権前に 宮地が意気込みNHKニュース
 体操の全日本シニア選手権が27日、三重県四日市市で始まるのを前に、今月行われた世界選手権の種目別「鉄棒」で5位の宮地秀享選手が「来年に向けて、個人総合でも活躍するためのスタートをきる大会にしたい」と意気込みを話しました。
 宮地選手は、今月、カナダのモントリオールで開かれた世界選手権の種目別「鉄棒」で、国際大会では誰も成功させたことのないI難度の「伸身ブレットシュナイダー」を成功させて5位に入りました
 宮地選手は、世界選手権のあとの初戦となる全日本シニア選手権を前に、26日、三重県四日市市で記者会見に臨み、「注目されていると思うし、鉄棒では世界選手権と同じ演技構成で臨むので、会場を沸かせられるような迫力ある演技を見せたい」と話しました。
 そのうえで「来年は鉄棒だけではなく、6種目すべてで勝負できる選手になりたいので、個人総合でも活躍するためのスタートをきる大会にしたい」と意気込みを話しました。
 また、世界選手権の女子個人総合で6位だった杉原愛子選手は「世界選手権では多くの方に応援していただいたので、あすは感謝の気持ちで演技をしたい」と話していました。
 大会には、世界選手権代表だった安里圭亮選手と亀山耕平選手も出場する予定です。
K10011198971_1710262041_1710262111_01_02


▼2016第49回 全日本シニア体操競技選手権大会 /2部(全日本マスターズ体操競技選手権) /2016プレミアム体操東京エキシビジョン
▼2015第48回 全日本シニア体操競技選手権大会▼2014第47回全日本シニア体操競技選手権大会

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。