『2017国際ジュニア体操競技大会』大会情報・結果まとめ
全日本ジュニア体操クラブ連盟HP
〇2017ij_B5s



《これまでのまとめ》
●日本体操協会HP情報/大会要項・チケット情報
●全日本ジュニア体操クラブ連盟情報/大会日程、出場選手一覧
●9月16日 ウェルカムパーティー開催
●大会結果(リザルト・レポート・フォトなど)

 9月17日(日)男女個人総合結果
 9月18日(月)男女種目別決勝結果

はこちらから

(2017.7.22追記)
日本体操協会HP情報/大会要項・チケット情報

2017国際ジュニア体操競技大会
【期日】
 9月17日(日)男女個人総合選手権大会
 9月18日(月)男女種目別決勝大会

【場所】横浜文化体育館
【撮影規制】
【入場料】
 一般席(大人/大学生以上) 1日券 2,500円 (前売り)2,000円
 一般席(小人/小・中・高) 1日券 1,500円 (前売り)1,000円

前売りチケット
チケットぴあインターネット24時間受付  Pコード入力 Pコード:684-701
・体操競技専用サイト チケGYM
・電話予約 電子チケットぴあ 0570-02-9999(音声自動認識)
・チケットぴあ店舗 全国のチケットぴあ店舗
・コンビニエンスストア セブン‐イレブン,サークルK・サンクス
【日本からの出場予定選手】
(男子)
 村山覚人(市立船橋高校体操クラブ)
 三輪哲平(清風体操クラブ)
 金子和輝(埼玉栄体操クラブ)
 安達太一(市立船橋高校体操クラブ)
(女子)
 坂口彩夏(ジム・ネット体操教室)
 塙颯香(フジスポーツクラブ)
 畠田千愛(セントラル目黒)
 遠藤結菜(深川VIP体操クラブ)


大会日程

《日程》
9月17日(日)男女個人総合選手権大会
9月18日(月)男女種目別決勝大会
《会場》
横浜文化体育館
☆junior10
▼大会日程(9月11日現在)
大会日程
ジュニア国際1

▼出場選手一覧(9月11日現在)

出場選手一覧(ジュニア連盟)
選手プロフィール1
選手プロフィール2
選手プロフィール3
選手プロフィール4


(2017.9.17追記)
9月16日 ウエルカムパーティー

「国際ジュニア体操」期待の村山覚人ら健闘誓うスポーツ 日刊スポーツ
 「2017国際ジュニア体操」(17~18日、横浜文化体育館、日刊スポーツ新聞社後援)のウエルカムパーティーが16日、横浜市内のホテルで行われた。
 日本からは期待の高校2年村山覚人(かくと、市船高体操クラブ)らが出席し、健闘を誓った。
 大会には米国、ロシア、日本など15カ国が参加、17日に男女個人総合、18日に男女種目別で争う。
 64年東京五輪女子団体総合銅メダリストでもある全日本ジュニア体操クラブ連盟池田敬子会長は、開会あいさつで「将来、絶対オリンピックに出るメンバーが来た。コーチの顔ぶれを見て、そう確信した」3年後の東京五輪に向けた各国の熱の入れようを紹介。そして、大会への横浜市の支援に感謝するとともに「100年を目指している大会なので、選手も頑張ってほしい」とエールを送った。
ジュニア

村山覚人選手のTwitterより



FloGymnastics‏さんより

▼It's meet day here in Japan!!!
https://twitter.com/FloGymnastics/status/909185430309937152
DJ4TKlWUIAAqUqY



大会結果(リザルト・レポート・フォトなど)
DKBfBDnVoAIl7qa
▼9月17日(日)男女個人総合選手権大会結果(リザルト・レポート)

2017国際ジュニア体操競技大会
●top-all-around
男子個人総合結果男子レポート
1位 三輪哲平(JPN) 82.150
2位 安達太一(JPN) 81.300
  -  橘 汐芽(JPN) 80.950
  -  村山覚人(JPN) 79.850
3位 JAKLE JARMAN(GBR) 78.650
4位 BRODY MALONE(USA) 78.150
5位 KEVIN PENEV(USA) 77.250
6位 JAMIE LEWIS(GBR) 76.700
7位 DIOGO SOARES(BRA) 75.750
8位 VLADISLAV GUDZ(RUS) 75.600
8位 ETHAN DICK(NZL) 75.600
10位 DARREN WONG(CAN) 75.400
DJ62TN7UMAAWJFS

女子個人総合結果女子レポート
1位 MAILE O’KEEFE(USA) 56.250
2位 EMMA MALABUYO(USA) 55.600
3位 YIELE CHEN(CHN) 54.800
4位 ANGELINA SIMAKOVA(RUS) 54.100
5位 ANNE-MARIE PADURARU(CAN) 52.850
6位 VALEIIA SAFIFULINA(RUS) 51.950
7位 SEOJEONG YEO(KOR) 51.400
8位 EMMA SPENCE(CAN) 51.100
9位 遠藤結菜(JPN) 50.950
10位 坂口彩夏(JPN) 50.900
    塙 颯香(JPN) 50.250
    畠田千愛(JPN) 49.100
DJ62UVXUEAEjBdz


【速報】国際ジュニア体操競技大会(GymnasticsNews)
●男子優勝は三輪哲平(左)、女子はアメリカのマイル・オキーフェ
●13565_20170917

●13.600であん馬トップ通過となった安達太一。
●12240_20170917

●4種目で決勝に残った橘汐芽。
●08800_20170917

●全日本ジュニア、アジアジュニアで個人総合優勝を果たした村山覚人だったが、この日は悔しい結果に
●10110_20170917

●大技を繰り出し壮大な段違い平行棒を見せたマイル ・オキーフェが優勝した
●03080_20170917

●ダイナミックな技を繰り出し会場を何度も沸かせたエマ・マラブヨ
●06155_20170917

●遠藤結菜はゆかで9位だったが、日本人では3番目だったため、順位はつかず
●06958_20170917

●跳馬では2位と0.05差で首位になった坂口彩夏。表彰台は射程圏内だ
●09459_20170917
種目別にはゆかが村山②、安達④。あん馬が安達①、橘②。つり輪が橘③、安達⑤。跳馬が橘②。平行棒が三輪①、橘②。鉄棒が三輪①、村山③が出場する(丸数字は予選順位)。


三輪哲平、マイル・オキーフェV 国際ジュニア体操9/17(日)日刊スポーツ
<体操:2017国際ジュニア体操>
◇第1日◇17日◇横浜文化体育館◇男女個人総合
 男子は三輪哲平(16=清風体操クラブ2年)が優勝を飾った。
 女子は米国のマイル・オキーフェ(15)が優勝。日本勢は遠藤結菜(ゆな、14=深川VIP)の9位が最高だった。
 18日には男女種目別が行われる。
【優勝と日本人1位記録】
<男子>
1位 三輪哲平(清風体操クラブ)82・150
<女子>
1位 マイル・オキーフェ(米国)56・250
9位 遠藤結菜(深川VIP)50・950
●ジュニア日



(2017.9.20追記)
▼9月18日(月)男女種目別決勝大会結果(リザルト・レポート)
2017国際ジュニア体操競技大会
2017国際ジュニア体操競技大会結果pdf
●際ジュニア体操競技大会、種目別1
●際ジュニア体操競技大会、種目別2
男子ゆかレポート
男子あん馬レポート
男子つり輪レポート
男子跳馬レポート
男子平行棒レポート
男子鉄棒レポート
●際ジュニア体操競技大会、種目別3
●際ジュニア体操競技大会、種目別4
女子跳馬レポート
女子段違い平行棒レポート
女子平均台レポート
女子ゆかレポート 


【速報】国際ジュニア体操競技大会 種目別決勝 GymnasticsNews
●横浜文化体育館に世界のジュニアジムナストが集結した
16385_20170918
●スキのない演技で見事、優勝を果たした安達太一。
04364_20170918
●優勝こそなかったが、いくつかの種目で上位に入り実力を見せつけた橘汐芽。
03495_20170918
●得意の平行棒で優勝を果たした三輪哲平。
12981_20170918
●日本のお家芸、鉄棒でレベルの違いを見せつけた村山覚人。
14873_20170918
●ゆかで中国と並んで3位に入って見せた畠田千愛。
10671_20170918



男子日本、鉄棒など3種目制す 国際ジュニア体操日刊スポーツ
<体操:2017国際ジュニア体操>
◇最終日◇18日◇横浜文化体育館◇男女種目別
 男子は、鉄棒で村山覚人(17=市船高体操クラブ)が優勝した。平行棒で三輪哲平(16=清風体操クラブ)が優勝橘汐芽(16=朝日生命体操クラブ)が2位で続いた。あん馬では安達太一(15=市船高体操クラブ)が優勝し、日本勢が3種目を制した。
 女子は床で畠田千愛(13=セントラル目黒)が中国のリーと並んで3位に入った。跳馬では坂口彩夏(15=ジム・ネット体操教室)が4位に入った。
【各種目優勝と日本人1位】
男子▼床<1>スゥ(中国)14.300<3>村山覚人14.200▼あん馬<1>安達太一14.000▼つり輪<1>エマード(カナダ)13.900<3>橘汐芽13.550▼跳馬<1>ユロ(フィリピン)14.325<2>橘汐芽14.300▼平行棒<1>三輪哲平13.850▼鉄棒<1>村山覚人13.600
女子▼跳馬<1>シマコヴァ(ロシア)14.433<4>坂口彩夏14.099▼段違い平行棒<1>チェン(中国)14.166 日本人出場なし▼平均台<1>オキーフェ(米国)14.400<8>遠藤結菜11.833▼床<1>マラブヨ(米国)14.066<3>畠田千愛13.533
ジュニア日刊


▼2017西日本・東日本ジュニア体操競技選手権大会▼2017全日本ジュニア体操競技選手権大会

▼『西・東日本、全日本、国際ジュニア体操競技選手権』大会記録まとめ

《2014年》
●全日本ジュニア体操競技選手権
 
《2015年》
●西日本・東日本ジュニア体操競技選手権
 大会情報まとめ大会結果まとめ
●全日本ジュニア体操競技選手権
 大会情報まとめ大会結果まとめWEB記事まとめ
●国際ジュニア体操競技選手権
 大会情報まとめ大会結果まとめWEB記事まとめ
《2016年》
●西日本・東日本ジュニア体操競技選手権
 大会情報まとめ大会結果まとめ
●全日本ジュニア体操競技選手権

 大会情報まとめ大会結果まとめ