2017.9.20 女子代表、世界選手権へ向けて現地へ出発
2017.9.20 亀山耕平選手、世界体操へ壮行会

女子代表の皆様が20日、成田空港から現地へ向けて出発。空港では出発セレモニーが行われたようです(*^^*)
同日、徳洲会体操クラブにて亀山耕平選手の壮行会が行われたようです(*^^*)
世界体操 大会情報まとめ記事はこちら↓

▼2017.9.20 女子代表、世界選手権へ向けて現地へ出発

村上「個人での戦い」…世界体操へ女子代表出発
 2017.9.20 サンスポ
 体操の世界選手権(10月2~8日・モントリオール)に出場する女子代表4人が20日、成田空港から出発し、エース村上茉愛(日体大)はセレモニーで「今回は(団体総合がなく)個人での戦い。各個人が目標を達成できるように頑張りたい」と決意を口にした。
 予選で5班に入った日本は4日(日本時間5日午前)の本番に備え、現地で体を動かす予定。昨年のリオデジャネイロ五輪に続いて主将を務める寺本明日香(中京大)は「事前合宿でしっかり調整したい」と気を引き締めた。
 個人総合で7連覇が懸かる内村航平(リンガーハット)ら男子代表は22日に出発する。

20-1

▼共同ニュース動画より


村上「個人での戦い」世界体操へ女子代表出発


▼体操ニッポンFacebookより

Taisou-nipponさんより写真6件

世界選手権女子選手団、本日モントリオールへ向けて出発しました!
搭乗ゲートでは出発セレモニーが行われ、花束や記念品の贈呈をしていただきました
621751490_1435551643149455_4331744264492914038_n
621617510_1435551173149502_59061217580316585_n
621616161_1435551206482832_5100100390891493001_n
621761543_1435551209816165_5849005869391131249_n
621616089_1435551286482824_2917997986627494588_n
621686380_1435551296482823_4422391087214894410_n

▼JAPAN AIRLINES【JAL】Twitterより


▼体操Nippon公式ファンサイトより

女子日本代表、第47回世界体操選手権に向けて出発
10月2日よりカナダ・モントリオールにて開催される第47回世界体操選手権に出場する女子日本代表が、 9月20日に成田国際空港より出発しました。
womenceremony0920




▼2017.9.20 亀山耕平選手、世界体操へ壮行会
亀山「応援を力に変える」 世界体操へ壮行会 2017.9.20産経ニュース
 体操の世界選手権(10月2~8日・モントリオール)男子代表の亀山耕平(徳洲会)が20日、神奈川県鎌倉市にある所属先の体育館で行われた壮行会に出席し、体操教室に通う子どもたちから激励を受けた。2013年大会で種目別金メダルに輝いたあん馬で再び世界一を目指し「応援を力に変えて頑張ってきます」と宣言した。
 演技を披露した亀山は、千羽鶴やメッセージが書かれた日の丸を受け取り「競技者として支えられていると実感する。頑張るしかない。最善を尽くす。それだけだと思う」と言葉に力を込めた。04年アテネ五輪男子団体総合金メダリストの米田功監督は「自分の演技を出してほしい」とエールを送った。
6亀山さん

あん馬の亀山耕平 4年ぶり世界一へ「最善を尽くす」2017年9月20日スポニチ
 体操・世界選手権(10月2日開幕、カナダ・モントリオール)の種目別あん馬に出場する亀山耕平(28=徳洲会)が20日、神奈川県内の所属先の体育館で壮行会に参加した。
 体操教室に通う子供たちからメッセージ入りの日の丸と、金色の千羽鶴をプレゼントされた。「日頃閉鎖された空間でやっていると、競技の奥に人がいることが分からなくなる。こうやって“応援してる”って言ってもらえると、競技者として支えられていることを実感する」と笑みを浮かべた。
 13年大会のあん馬で金メダルを獲得したが、14年は予選落ちを喫し15、16年は代表にも入れず。リオ五輪の落選後は引退も考えたものの、20年東京五輪を見据えて現役続行を決断した。「代表として出られるありがたみを感じながら試合をしたい。頑張るしかない。最善を尽くす」と4年ぶりの世界一返り咲きを狙う。
6亀山さん2

亀山耕平、3年ぶり代表復帰で「忘れ物をしないかだけが心配」…10・2世界体操開幕 : スポーツ報知
 モントリオール世界体操(10月2日開幕、カナダ)男子日本代表で2013年アントワープ大会あん馬金メダルの亀山耕平(28)=徳洲会=の壮行会が20日、神奈川・鎌倉市で行われた。
 昨年のリオ五輪代表入りを逃して引退も考えたが、3年ぶりに代表復帰。所属の米田功監督(40)は「内村(航平)選手が目指しているように誰かと争うのではなく、とにかく自分の演技を」とエールを送った。亀山は「自分の演技をすればいい結果につながる。国際大会に出るのも3年ぶりなので、忘れ物をしないかだけが心配」と順調な調整ぶりをうかがわせた。

▼徳洲会体操クラブFacebookより

徳洲会体操クラブさんが写真3件を追加しました。
9月20日(水)に徳洲会かまくら体操クラブにて第47回世界選手権に出場する亀山耕平選手の壮行会が開催されました。
621765318_1601026986631218_3313954223280917378_n
621687620_1601026983297885_5055735521301002223_n
621616201_1601026979964552_1432408291829261419_n

▼2017.9.21河北新報記事より

DKNfWF1U8AAUwof