2017.10.5 男子個人総合決勝(WEB記事まとめ)
VM20171005-0004
世界体操 大会情報
まとめ記事はこちら↓
白井健三選手、見事銅メダルを獲得!!
おめでとうございます!(*^^*)

(2017.10.25追記)今更ですが、まとめきれていなかった記事、ちょこっと追記しました。

銅・白井がつないだ日本男子体操の伝統「航平さんのために」個人総合11大会連続表彰台
t30


内村、白井の銅を評価「メダルの色を分けたのは最後の着地」とアドバイスも
t301


白井、個人総合で銅!内村ゼッケン“お守り”に全種目ミスなく
t302


<世界体操>内村追った1年 個人総合メダルの重み 白井銅
t303


「世界体操カナダ」開催! 体操イケメンを探せ!
t304
t305
t306
t307


白井が男子個人総合で銅メダル、中国勢がワンツー 世界体操
t308


体操世界選手権 白井健三が初挑戦の個人総合で銅メダル
t309


「ウチムラ不在が重大な発見もたらした」 内村航平、新王者誕生で存在感に米脚光
t310


<世界体操>苦手の鉄棒で勝負、幸運招く 白井、個人総合銅
t11


内村、白井の銅を評価「メダルの色を分けたのは最後の着地」とアドバイスも
t12


白井健三、内村に並ぶオールラウンダー誕生/米田功
t13


【世界体操】白井の個人総合デビュー戦「銅」に世界の視点は
t14


白井健三の躍進秘話、内村航平から「お守りいる?」
t15
t16
t17


白井、進化の銅!内村からつないだ日本勢11大会連続表彰台/体操
t18
t19
t20


▼#体操 の #世界選手権 が #カナダ の #モントリオール で行われ、男子個人総合で #白井健三 が #銅メダル を獲得しました<撮影・水野陽介、中島悠>
https://twitter.com/kyodo_photo/status/916430373093085185
t1
t2
t3


▼【コラム】白井が目指す新時代のオールラウンダー 長所と短所、どちらを強化すべきか https://twitter.com/sportsnavi/status/916528603126407168
●内村不在の新王者決定戦は大接戦に
●強化本部長「13点台をなくすこと」
●得意種目の伸びしろは「シライ3」
●2020年へ、まずは下地作り
t4
t5
t6


白井健三母「航平君のけがで予期せぬ独り立ちの時」日刊スポーツ
t7


FIG渡辺守成会長「東京五輪に向け新スター誕生」
t8
t8


https://twitter.com/asahi_sports/status/916277379776966656
t9
t10



【立花泰則の目】白井はボディーバランスがオールラウンダー向き(スポニチアネックス)
t50


Xiao Ruoteng crowned 2017 World All-around champion
http://www.fig-gymnastics.com/site/figNews/view?id=1907
VM20171005-0004








これまでのWEB記事などまとめはこちらから


白井健三が個人総合で銅メダル!日本の表彰台を死守日刊スポーツ
 男子個人総合決勝が行われ、予選4位の白井健三(日体大)が合計86・431点で銅メダルを獲得し、日本勢は同種目で2003年大会から11大会連続の表彰台となった。予選2位の肖若騰が86・933点で初の金メダル、林超攀(以上中国)が86・448点で銀メダルを手にした
 種目別床運動で2度の優勝を誇る白井は全6種目で争う個人総合に初出場。最初の床運動では唯一の15点台となる15・733点をマークし、跳馬でも全体トップの15・000点を出した
 予選で首位通過した前回15年大会2位のマンリケ・ラルドゥエト(キューバ)は5位、昨年のリオデジャネイロ五輪銀メダルのオレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)は8位だった
 7連覇を目指した内村航平(リンガーハット)は予選で左足首を負傷して途中棄権した。
k1
k2
k3
k5

白井が個人総合銅メダル…床、跳馬でトップサンスポ
白井健三「よく頑張ったと思う。(内村)航平さんが出ていたら4番だったと思う。(内村が)けがをしただけで、抜かせたとは思っていない。次は国内で1番になることを目指したい」
水鳥寿思・日本体操協会男子強化本部長「日本にとって欠かせないオールラウンダーが誕生した瞬間だった。内村選手の後を継ぐような力を持っていると感じた」
畠田好章コーチ(日体大男子監督)「メダルのチャンスはあると思っていた。ほとんど練習通りにいった。(白井)健三にとってはすごくいい経験になった。
k4
k6


白井健三 個人総合で銅メダル!体操世界選手権スポニチ
 予選で6連覇中だった内村航平(28=リンガーハット)が左足首を負傷。鉄棒の演技前に棄権を決断したキングはフロアを降りる前に白井の背中を叩き、思いを託していた。「言葉なきメッセージ。全てをあれで伝えてくれた。航平さんには安心して上から見ていてほしい」と話していた白井は、観客席で応援した内村へ好演技を届けた。
 13年に初めて世界選手権に出場し、種目別の床運動で日本史上最年少となる17歳で金メダルを獲得した。団体総合金メダルに貢献した昨年のリオデジャネイロ五輪までは床運動、跳馬のイメージが強かったが、今年に入って6種目の個人総合でも一気に台頭。5月のNHK杯では優勝した内村と接戦を演じていた
 07年大会以来、10年ぶりに内村不在だった個人総合決勝。大会前、内村は白井について「今後もう少し難度を上げれば世界を獲れる」と話していた。今大会のメダルで、世界一を狙えるポテンシャルをあらためて証明。20年東京五輪へ、オールラウンダー白井の輝きが増していく
DLbCID4U8AAAj5k
DLbCIhJVAAA33V8


<世界体操>白井、個人総合「銅」日本勢11大会連続メダル
 モントリオール(カナダ)田原和宏】体操の世界選手権は第4日の5日、当地で男子個人総合決勝が行われ、白井健三(21)=日体大=が86.431点で銅メダルを獲得した。日本勢の同種目でのメダル獲得は2003年米国アナハイム大会以来11大会連続となった。優勝は86.933点の肖若騰(中国)だった。
 内村航平(28)=リンガーハット=の思いを受け継ぐメダリストが誕生した。最後の種目となる鉄棒を終えると、白井は真剣なまなざしで、個人総合の連覇が「6」で止まった内村がいる観客席を見つめた。
 「本当に僕と健三が入れ替わるぐらいのほうが日本としてはいいのかな」。内村が自らの後継者として白井の名前を挙げたのは2年前のことだ。13年世界選手権銀メダルの加藤凌平、14年世界選手権銅メダルの田中佑典ら、多数のオールラウンダーを差し置いて、内村は白井を名指ししたのだった。
 内村が持論として語ったのが「8年周期説」。体操ニッポンのエースの座は8年ごとに受け継がれてきた。内村の8歳上にいるのが04年アテネ五輪団体金メダルの冨田洋之。さらにさかのぼれば畠田好章。日本の低迷期を支えた選手で、現在は日体大で白井を指導する。そして、内村の8学年下にいるのが白井だ。4年周期で訪れる五輪を経験した者が、次の五輪でともに戦いながら後継者を育てる。内村は主将として昨年のリオデジャネイロ五輪に臨むにあたり、そのことを強く意識していた。「時間はかかるが、リオ五輪後はそうなると思いますね」。この日が訪れることを予感していた。
 白井も内村の期待に懸命に応えてきた。周囲には「健三はスペシャリストとして生きるべきだ」と主張する者もいた。だが、白井はあくまでオールラウンダーにこだわり、つり輪やあん馬など苦手種目の克服に努めてきた。白井がこう話したことがある。「航平さんは一言、一言が重い」と。13年の日本代表入り後、白井は体操の基本から代表の重みまであらゆることを内村から学んだ。
 リオ五輪後、白井は「いつまでも航平さんに連覇をさせてはいけない」と語り、東京五輪のエースに名乗りを上げた。今年は個人総合の代表に選ばれるまで成長。今回の予選では、左足首のけがで途中棄権し、会場から去ることになった内村に肩をたたかれた。師からの「無言のメッセージ」にメダル獲得で応えた。


体操日本男子・水鳥監督 白井を称賛「想像をいい方に超えてくれる」(スポニチアネックス
 日本男子の水鳥寿思監督は個人総合で銅メダルを獲得した白井健三を、「日本にとって欠かせないオールラウンダーが誕生した瞬間。それが嬉しかった。いつも自分の想像をいい方に超えてくれる」と称えた。個人総合での世界大会は初出場だったが、「6種目ミスなく演技するのがすごく大事なこと。接戦の中でそれができた」と話した。
 指揮官は、予選で左足首を痛めて棄権した内村航平についても言及。内村は個人総合で20年東京五輪を目指すかどうかまだ決断していないが、水鳥監督は「やってほしいし、やるべきだと思う」と期待する。「内村が一番輝くところが個人総合。団体で勝っていくためにも、個人総合での彼の力が必要」と話した。


初の個人総合 白井健は銅メダル!日本勢個人総合11大会連続メダルの歴史つなぐ(デイリースポーツ)
決勝1

<世界体操>白井、王者継ぐ跳躍 攻めて世界のトップ入り(毎日新聞)
決勝2

白井と一問一答「航平さんが出ていたら僕は4番」 内村が「背中を押してくれた」(スポニチアネックス)
個人総合で銅メダルを獲得した白井健三は、充実感に満ちた表情でメダリスト会見に出席した。
――きょうの演技について「よく頑張ったと思います」
――このメダルの意味は「航平さんがいないので、航平さんが出ていたら僕は4番かなと思う。そういう運も練習から回ってきたもの。練習をいっぱいして良かった」
――内村のケガはなにか影響があったか「ほんとに本人と同じくらいショックだったけど、ホテルが同じ部屋で僕まで悲しい顔をしていられない」
――個人総合でメダルを取れると思った「国内に一番いい見本がいた。その選手を追った結果がきょうの結果」
――次の世界大会でも個人総合でトップを目指せるか「ケガしただけで航平さんを抜かしたと思っていない。まず国内で一番になるのを目指してやっていきたい」

――上位2人を抜くためには「勝負強さをもっと付ければ、2人に少しでも追いつけるのかなと思う」
――きょう一番頑張ったところ「う~ん、屈身コバチ。予選で落下したシーンもよぎった」
――名実ともにオールラウンダーか、試合前に内村から何か言葉は「航平さんがいない寂しさとか責任感を感じていて、1人で試合する難しさを感じた。その中でこの演技ができて自信になる。航平さんとは同じ部屋なので、たわいもない会話で“頑張れ”と背中を押してくれた」


世界の「シライ」ぶれない強さ エース不在を救う銅朝日新聞デジタル)
 
世界に衝撃を与えた2013年、白井は17歳だった。初出場の世界選手権で種目別ゆかで優勝。代名詞となった、ひねり技を次々と決めて、技に「シライ」の名を残した。
 それから4年。オールラウンダーに初めて挑んで、その一歩をしっかりと踏み出してみせた。
 用意していた戦略通りに、そして練習通りに演技を進めた。得意のゆかと跳馬で試合を組み立てた。最初のゆかのDスコア(難度点)は7・2点と他を圧倒している。「この2種目は、試合をやる前から周りを諦めさせるような練習をしている」。跳馬は自身の名がつく「シライ/キム・ヒフン」(伸身ユルチェンコ3回ひねり)で15・000点をたたき出した
 残りの4種目ではミスを抑える。苦手のあん馬、つり輪も崩れない。終盤の平行棒、鉄棒も踏ん張った。「点数や順位ではなく、6種目をミスなくそろえられたことにほっとしている」
 3日前の予選で、内村がけがで途中棄権した時は一瞬、心が乱れた。内村の担当コーチやトレーナーが走り回るなか、白井は鉄棒の手放し技で落下。だが先輩のけがを気遣いながら、その後のゆかとあん馬で立て直した。「世界一、練習を通している自信がある。こんなものではぶれない気持ちだった」と振り返った。
 淡々と持てる力は示した。派手な勝ち方ではないが、しぶとい強さと可能性を示す銅メダルだった。(潮智史)

白井健三銅メダルを内村航平が評価 「全種目通じミスなかった」産経ニュース-
■内村航平「出来次第では金メダルもあるんじゃないかなと思っていた。メダルの色を分けたのは最後の着地で、それは本人も見ている人も感じたんじゃないかな。やはり着地は大事。(白井)健三の良かった点は全種目を通じてミスをしなかったこと。そこは評価できる」(共同)
決勝6
決勝4
決勝5
決勝3


内村 観客席から声援 銅の白井へ「メダルの色を分けたのは最後の着地」
試合後、日本協会を通して白井についてコメントを発表した。
「予選の鉄棒で落下があったので、出来次第では金メダルもあるんじゃないかなとは思ってました。メダルの色を分けたのは最後の着地で、それは、やってる本人も、見ている人も感じたんじゃないかなと思います。やはり着地は大事ですね。健三のよかった点としては、全種目を通じてミスをしなかったことですね。そこは評価できると思います。きょうの健三は、全体的に元気がよすぎて着地を止めきれていなかったですよね(笑)。ルールが変わっても大切なのはやっぱり着地。着地の印象で流れをガラッと変えられるということを伝えたいですね」
k7


▼体操 の世界選手権第4日は男子個人総合決勝が行われ、予選4位の白井健三選手が合計86.431点で銅メダルを獲得。同種目で2003年大会から続いていた日本の表彰台を守りました。
https://twitter.com/Japan_Olympic/status/916143353846050816
s11
s12
s13
s10

▼Love these intros. I missed Oleg.
https://twitter.com/thegymterdotnet/status/916076100668796928


▼A very happy Kenzo pageant waving to his fans.
https://twitter.com/thegymterdotnet/status/916117659766452225


▼Men's All-around final at #MTL2017Gym
https://twitter.com/gymnastics/status/916116868360032256
s1

▼The digital flag raising.
https://twitter.com/thegymterdotnet/status/916121183988350977
s2

▼【#世界体操】男子個人総合 白井健三(日体大) 銅メダル 86.431点
https://twitter.com/sportsnavi/status/916122112368115717
s3
s4
s5

▼The new top 3 all-around male gymnasts in the world: Kenzo Shirai of JPN , Chaopan Lin of CHN and Ruoteng Xiao of CHN
https://twitter.com/CBCOlympics/status/916118978887593986
DLa1U8aW0AEFX7a
DLa1U-CW4AEk7Jm

▼The podium!
https://twitter.com/thegymterdotnet/status/916129029450813440
DLa-fspWAAA8HxA

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。