★2018年度(30年度)日本体操協会事業計画★
2018年度(平成30年度)日本体操協会事業計画
『日本体操協会事業計画』
『日本体操協会理事会ニュース』
などの更新情報(体操競技のみ)を新着順にまとめています(*^^*)

これまでの
まとめ記事はこちら





▼2018年度事業計画(18.10.10現在)
2018年度事業計画 (18.10.10)
※体操競技のみ抜粋
2018事業20180212現在


▼2018年
●4/14 土
2018体操ワールドカップ東京
大会東京体育館
●4/25水~4/28土
第15回アジアジュニア体操競技選手権大会
インドネシア・ジャカルタ

●4/27 金~ 4/29 日
第72回全日本体操競技選手権大会(体操天皇杯第72回全日本体操個人総合選手権)
東京体育館
●5/19 土~ 5/20 日
第57回NHK杯体操
東京体育館
●6/29 金~ 7/1 日
第72回全日本体操競技種目別選手権大会(第72回全日本体操種目別選手権)
群馬・高崎アリーナ
●8/4 土~ 8/6 月
全国高校総体(体操競技)
静岡県草薙総合運動場体育館 このはなアリーナ
●8/10 金~ 8/12 日
第72回全日本学生体操競技選手権大会
兵庫県・ベイコム総合体育館

●8/12 日~ 8/17 金
2018全日本ジュニア体操競技選手権大
横浜文化体育館
●8/20月~ 8/24 金
第18回アジア競技大会
インドネシア・ジャカルタ,パレンバン
●8/21 火~ 8/22 水
第49回全国中学校体育大会(体操競技)

島根県・浜田市 島根県立体育館(竹本正男アリーナ)

●9/15 土~ 9/17 月
第51回全日本シニア・マスターズ体操競技選手権大会
北九州市立総合体育館
●9/30 日~ 10/3 水
第73回国民体育大会(体操競技)
サンドーム福井
●10/6 土~ 10/18 木
第3回ユースオリンピック
アルゼンチン・ブエノスアイレス
●10/25 木~ 11/3 木
第48回世界体操競技選手権大会
カタール・ドーハ
●11/10土~11/11日
第13回全国ブロック選抜U-12体操競技選手権大会
岩手県営体育館

●11/23(金)
2018体操個人総合スーパーファイナル
群馬・高崎アリーナ
●11/24 土~ 11/25 日
第72回全日本体操競技団体選手権大会
群馬・高崎アリーナ

●12/8 土~ 12/9 日
豊田国際体操競技大会
愛知・豊田市総合体育館

▼2019年
●3/24日~
第35回全国高校体操競技選抜大会
山口県スポーツ文化センター アリーナ
●3/27水~3/28木
第19回全国体操小学生大会
茨城県・大洗町総合運動公園体育館

《これまでのまとめ》
●2018.7.13 2018年度第3回常務理事会ニュース
  2018世界選手権代表選手の追加
  2018アジア競技大会代表選手
  W杯種目別(東京五輪予選)
  ナショナル強化選手追加
  特別強化選手の選出
  2018アジア競技代表選考会計算ミスについて、他
●2018年08月08日:第4回常務理事会ニュース
  2018スーパーファイナル出場者について
  インターネット中継放送のテスト実施
  体操スマホアプリ開発について 他
2018年10月05日:第5回常務理事会ニュース
  2019全日本選手権推薦選手
  ジュニアナショナル選手の選考、海外派遣
  2018第48回世界選手権女子日本代表候補選手変更、他
2018年12月21日:2018年度第7回常務理事会ニュース
  2019日本代表選考方法
  2019ナショナル強化選手選考
  2019-2020個人総合W杯出場者決定方法
  W杯種目別選考試技会開催
  日中合同強化合宿
  W杯選手団派遣 他
●2019年01月19日:2018年度第8回常務理事会ニュース
  2019体操男子強化方針
  男子ジュニア選手の海外派遣
  第73回全日本個人総合選手権大会協会推薦選手
  女子選手海外派遣、他)
はこちらから



▼2018年度第3回常務理事会ニュース

2018年度第3回常務理事会ニュース 2018年07月13日
(体操男子強化)2018世界選手権代表選手の追加につい
<選手>
 萱和磨(順天堂大学)
 谷川航(順天堂大学)
 田中佑典(コナミスポーツクラブ)
<補欠選手>
 谷川翔(順天堂大学)
 長谷川智将(徳洲会体操クラブ)

(体操男子強化)2018アジア競技大会代表選手について
<選手>
 谷川翔(順天堂大学)
 千葉健太(順天堂大学)
 野々村笙吾(セントラルスポーツ)
 前野風哉(鹿屋体育大学)
 長谷川智将(徳洲会体操クラブ)
<補欠選手>
 田浦誠也(徳洲会体操クラブ)

(体操男子強化)W杯種目別(東京五輪予選)について
 米倉英信(福岡大学)跳馬
 宮地秀享(茗渓クラブ)鉄棒
 高橋一矢(早稲田大学)つり輪
 五島誉博(相好体操クラブ)ゆか

(体操男子強化)ナショナル強化選手追加について
 長谷川智将(徳洲会体操クラブ)
 五島誉博(相好体操クラブ)
 高橋一矢(早稲田大学)
 米倉英信(福岡大学)
2018年ナショナル選手

(体操男子強化)特別強化選手の選出について
 杉野正尭(鹿屋体育大学2年)
 南一輝(仙台大学1年)
 三輪哲平(清風高校3年)
 安達太一(市立船橋高校2年)
 北園丈流(清風高校1年)
 岡慎之助(おかやまジュニア体操スクール・中学3年

(体操男子強化)2018アジア競技代表選考会計算ミスについて
<今回の事態に対する協会内部処分:正副会長会議による決定での報告>
・代表選手選考委員会「厳重注意」、男子体操競技強化本部「厳重注意」、水鳥本部長「厳重注意」
・代表選手選考方法の算出検討チームの設置する

体操アジア大会計算処理ミスで代表入れ替わり問題 水鳥強化本部長らに厳重注意処分
日本体操協会は13日、都内で常務理事会などを開催し、先日のアジア大会男子代表選考で計算システム作業の人為的処理ミスにより、代表に入れ替わりが発生した件について、水鳥寿思強化本部長、強化本部、代表選手選考委員会に厳重注意処分を下した。
代表選出ミスで厳重注意 体操
体操のジャカルタ・アジア大会男子代表を誤って選出、発表した問題で、日本体操協会は13日、正副会長会議を開き、水鳥寿思男子強化本部長や代表選手選考委員会を厳重注意処分にすることを決めた。代表選考の改善案を検討するチームも設置した。同日の常務理事会で報告された。

(体操男子強化)WCハンガリー大会選手団派遣について
(体操男子強化)WCパリ大会選手団派遣について
(体操女子強化)2018アフリカ・サファリ国際女子選手変更について





▼2018年08月08日:第4回常務理事会ニュース
2018年度第4回常務理事会ニュース 
(男子体操男子)2018スーパーファイナル出場者について
 ※体操個人総合スーパーファイナル大会情報まとめ
(広報委員会)インターネット中継放送のテスト実施
 ※第51回全日本シニア・マスターズ体操競技選手権大会
(広報委員会)体操スマホアプリ開発について





▼2018年10月05日:第5回常務理事会ニュース
2018年度第5回常務理事会ニュース
(男子体操強化)2019全日本選手権推薦選手について
<2019全日本個人>田中佑典(コナミスポーツ) 荒屋敷響貴(順天堂大学)
<2019全日本種目別>高橋一矢(早稲田大学)つり輪/米倉英信(福岡大学)跳馬/宮地秀享(茗渓クラブ)鉄棒
 ※上記選手に加え、選考基準にある2018世界選手権種目別決勝進出者を追加
<2019全日本種目別トライアウト>安里圭亮(相好体操クラブ)跳馬/亀山耕平(徳洲会体操クラブ)あん馬
 (男子体操強化)ジュニアナショナル選手の選考、海外派遣
<フューチャーカップ>田嶋将太(よこはまYSMC体操クラブ)/岩本将輝(清水ペガサス体操クラブ)/脇原和志(おかやまジュニア)/吉野有真(高島平体操教室
(女子体操強化)2018年度 女子体操競技ジュニアナショナル強化指定選手について
(女子体操強化)2018第48回世界選手権女子日本代表候補選手変更について
 ※宮川選手の代表辞退を受け、本日をもって村上、寺本、畠田、杉原、梶田を日本代表とする。また、国内補欠として内山由綺(早稲田大学/スマイル体操クラブ)を国内補欠とする。





▼2018年12月21日:2018年度第7回常務理事会ニュース
(2019日本代表選考方法、2019ナショナル強化選手選考、2019-2020個人総合W杯出場者決定方法、W杯種目別選考試技会開催、日中合同強化合宿、W杯選手団派遣 他)

2018年度第7回常務理事会ニュース 2018年12月21日
(男子体操強化本部)2019日本代表選考方法について(世界選手権/ユニバ/W杯種目別
【世界選手権】
 1.2018-2019サイクル個人総合W杯において、大会の得点を並べ日本人最上位選手かつ全体3位以内の選手を内定とする
 2.全日本予選・決勝・NHK杯得点合計個人総合上位者3名(1を含む)
 3.チーム得点(ベスト3)を算出し、最上位チームのメンバー2名を日本代表選手とする(うち1名は個人総合10位以内)
【ユニバーシアード】
 1.ユニバーシアード大会有資格者のうち、全日本個人総合上位2名
 2.ユニバーシアード大会有資格者のうち、22歳以下(2020年3月31日時点)全日本個人総合最上位1名
 ※2が1に存在する場合は全日本個人総合上位3名
【W杯種目別】
 1.全日本個人総合予選・決勝、NHK杯、全日本種目別予選・決勝を対象に以下の派遣基準に該当する選手を基準回数派遣する(WCコトブス WCメルボルン WCバクー WCドーハ)
 2 派遣大会決勝で当該年度世界選手権3位以上の得点を獲得した場合は1試合の出場権利を与える

(男子体操強化本部)2019ナショナル強化選手選考について
 1. 第49回世界選手権日本代表選手
 2. W杯日本代表選手(選考大会による派遣)
 3. 全日本予選・決勝・NHK杯得点合計上位12位以内
 4. 全日本種目別優勝者

(男子体操強化本部)2019-2020個人総合W杯出場者決定方法について
●2019世界選手権個人総合及びスーパーファイナルにより2019-2020サイクル個人総合W杯出場者を決定する
対象:全日本予選・決勝・NHK杯得点合計順位上位12名+本部長推薦選手
 1.2019世界選手権個人総合メダリストは2試合
 2.スーパーファイナル1位、2位の選手は2019-2020サイクルW杯個人総合2試合出場権を付与する
 ※1で派遣の権利がすでに獲得された場合はスーパーファイナル1位のみ2試合選出。2名の場合は補欠選手を選出する
●東京2020チームメンバーの内定
 2019-2020サイクル個人総合W杯において東京五輪個人枠を日本が獲得した場合、4大会の得点を並ベ日本人最上位選手かつ全体3位以内の選手を東京五輪チームメンバーに内定する

(男子体操強化本部)W杯種目別選考試技会開催について
 2018選考会にて基準をクリアした選手3名の派遣が2月のW杯メルボルンで終了するため、東京2020個人枠獲得のため、新たにWCバクー、WCドーハの派遣選手選考試技会を開催する
 ・日程 2019年2月7日 (事前練習は2月4日から)
 ・場所 味の素ナショナルトレーニングセンター
 ・対象者
  1.W杯種目別代表選手(選考大会による選出
  2.推薦選手
  3.審査による選出

(男子体操強化本部)日中合同強化合宿について
 2019年1月27日~2月3日(中国開催)
 2019年2月11~16日(日本NTC開催)

(男子体操強化本部)2018ナショナル強化選手追加について
 三輪哲平(清風高校)

(男子体操強化本部)男子ジュニア選手の海外派遣
スイス合宿/リッキーカップ/リューキンカップ

(女子体操強化本部)2019ワールドカップシリーズ女子選手派遣について(個人総合/種目別)
 個人総合
●WCアメリカ大会(グリーンズボロ)村上茉愛(日本体育大学)
●WCドイツ大会(シュツットガルト)畠田瞳(セントラル目黒)
●WCイギリス大会(バーミンガム)梶田凪(山梨ジュニア体操クラブ)
●WC東京大会(武蔵野の森総合プラザ)寺本明日香(ミキハウス・レジックスポーツ)、杉原 愛子(朝日生命)
種目別
●WCメルボルン大会:大口真奈(大泉スワロ一体育クラブ)、坂口彩夏(ジム・ネット体操教室)、小川明日香(鶴見ジュニア体操クラブ)
●WCバクー大会:大口真奈(大泉スワロ一体育クラブ)
●WCドーハ大会:坂口彩夏(ジム・ネット体操教室)

(女子体操強化本部)2019年度女子体操日本代表選手選考方法について
【第49回世界選手権】一部修正して承認。
 ①代表選手4名を個人総合で選出
 ②残り1名はチーム貢献度でベストチームになる選手を選出(個人総合12位以内から)
【ユニバーシアード】
 個人総合で代表選手3名を選出(全日本個人)
【ナショナル選手】
 個人総合で12名を選出(全日本個人・NHK杯)
 強化本部推薦もあり得る
【第1回世界ジュニア選手権】
 個人総合で3名を選出(全日本個人・NHK杯)2004年1月1日~2005年12月31日生まれ
【2019-2020WC種目別】
 各種目最高得点獲得者上位2名を選出(全日本・NHK杯・全日本種目別)
 派遣標準得点を設定
2019-2020WC個人総合】
 第49回世界選手権決勝進出者ほか

(男子体操強化本部)2019スタンフォードカレッジオープン選手団派遣について
2019/2/23 杉本海誉斗、柚木健太朗、府殿大佑、田中樹、横井君宇(以上、日体大)、堀内柊澄(鹿屋)、山田元大、柏木寅冶 (以上、早稲田大)、加藤裕斗(順大)、前田航輝(筑波大)、松見ー希(仙台大)

(男子体操強化本部)W杯選手団派遣について(メルボルン・アメリカ・ドイツ・イギリス・東京・DTP)
●WCメルボルン大会:米倉英信(福岡大学)、宮地秀享(若渓クラブ)、高橋一矢(早稲田大学)、荒屋敷響貴(順天堂大学)、長谷川智将(徳洲会体操クラブ)
●WCアメリカ大会:白井健三(日本体育大学)
●WCドイツ大会:三輪哲平(清風高校)
●WCイギリス大会:萱和磨(順天堂大学)
●WC東京大会:白井健三、谷川航
●DTBチームカップ:谷川翔(順天堂大学)、千葉健太(順天堂大学)、野々村笙吾(セントラルスポーツ)、田浦誠也(徳洲会体操クラブ)、前野風哉(鹿屋体育大学)
 他
男子五輪代表、20年春の個人総合W杯で一部決定/体操サンスポ
 日本体操協会は21日の常務理事会で、2020年東京五輪の男子代表選考方法の一部を決めた。20年春に行われる個人総合ワールドカップ(W杯)シリーズの全4試合で、得点ランキングで3位までに入った日本選手の最上位1人が五輪の団体総合メンバー(全4人)に決まる。残りの3人の選考方法は未定。ただし、日本がチームとして4試合の成績で上位3位までに入る条件がつく。
 19年世界選手権代表5人の選考方法も決めた。男子は同年春のW杯シリーズで得点ランキング3位までに入った最上位1人を決定する。4月の全日本選手権の予選と決勝、5月のNHK杯の合計得点上位2人(W杯シリーズで該当者がいなかった場合は3人)も代表となる。女子はNHK杯までの合計得点で上位4人を選出する。男女とも残る代表は6月の全日本種目別選手権までの成績で選ぶ。



(2019.1.25追記)
▼2019年01月19日:2018年度第8回常務理事会ニュース
(2019体操男子強化方針、男子ジュニア選手の海外派遣、第73回全日本個人総合選手権大会協会推薦選手、女子選手海外派遣、他)
2018年度第8回常務理事会ニュース
■(男子体操強化)2019体操男子強化方針について
●方針:基本の徹底と新たな挑戦
●目標:世界選手権団体金メダル奪還と東京2020に向けたベーシックスキル強化
●取り組み
 -トレーニングタスクフォースの設置
 -基本トレーニング実施の徹底
 -ロシア式力技トレーニングの導入
 -Eスコア向上のための姿勢トレーニング実施
 -着地トレーニング強化
 -中国との合同強化合宿による新たなトレーニング方法や技術の習得
 -特別強化選手の設置とナショナル強化合同合宿の実施
■(男子体操強化)2019事業計画について
■(男子体操強化)男子ジュニア選手の海外派遣
 U18強化指定選手12名/2019年2月18~24日/広東省トレーニングセンター
■(女子体操強化)2019-20ワールドカップ種目別シリーズ派遣基準得点について
■(女子体操強化)第73回全日本個人総合選手権大会協会推薦選手について
 村上茉愛(日本体育大学),宮川紗江(高須クリニック),中路紫帆(戸田市スポーツセンター),塙颯香(フジスポーツクラブ)
■(役員選考委員会)2019・2020年度委員長・本部長候補者について
男子体操強化本部長(再)水鳥寿思
女子体操強化本部長(新)田中光
新体操強化本部長(再)山﨑浩子
男子トランポリン強化本部長(再)中田大輔
女子トランポリン強化本部長(再)丸山章子
地域委員会委員長(再)小竹英雄
トランポリン国体プロジェクトリーダー(再・2019年まで)山田正夫
審判委員会委員長(新)後藤洋一
総務委員会委員長(再)遠藤幸一
コンプライアンス委員会委員長(新)選任中
広報委員会委員長(新)岩瀬史子
事業委員会委員長(再)竹村英明
コーチ育成委員会委員長/国体担当(再)佐久間裕司
一般体操委員会委員長(再)荒木達雄
トランポリン委員会委員長(再)福井卓也
アクロ体操委員会委員長(再)磯前方章
男子新体操委員会委員長(再)山田小太郎
パルクール委員会委員長(再)島田善
アスリート委員会委員長(再)米田功
■(女子体操強化)2019イタリア国際女子選手派遣について
2019年3月2~3日,イタリア・イェーゾロ
<シニア>
新山愛望(戸田市スポーツセンター)
坂谷りんね(戸田市スポーツセンター)
芦川うらら(水鳥体操館)
<ジュニア>
畠田千愛(セントラル目黒)
渡部葉月(中京ジムナスティッククラブ)
時田瑛帆(山梨ジュニア体操クラブ)
晴口聖璃(八王子体操クラブ)
■(女子体操強化)2019カナダ国際女子選手派遣について
2019年3月8~10日,カナダ・モントリオール
<シニア>
國府方杏月(ジム・ネット体操教室)
芹田未果子(フジスポーツクラブ)
村上優妃(アクバススポーツクラブ)
柏木淑里(とらい体操クラブ)
<ジュニア>
籾井野々華(鳥栖体操クラブ)
曽根崎しずく(鳥栖体操クラブ)
川口海(フジスポーツクラブ)
蛭海和(とらい体操クラブ)

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。