「第51回東日本学生体操競技選手権(東日本インカレ)」大会情報
DeM4VtwV4AEGFlO
順天堂大学体操競技部Twitterより
関東学生体操連盟 公式ホームページ

●大会要項
●大会結果(成績表、通過者)
●WEB記事、SNS情報まとめ 
はこちらから

▼大会要項
第51回東日本学生体操競技選手権大会
要項.pdf
《期間》
平成30年5月25日(金) 会場セッティング、本会場練習
平成30年5月26日(土) 審判会議、監督会議、競技1日目
平成30年5月27日(日) 競技2日目
《場所》 栃木県立体育館
●東日本インカレ
●東日本インカレ2
他、全10ページ

▼競技部報
部報 訂正版.pdf(5月8日付) 
●大会日程表
●東日本インカレ3
●男子演技順及び選手名簿
●東日本インカレ4
●東日本インカレ5
●東日本インカレ6
●東日本インカレ7
●女子演技順及び選手名簿
●東日本インカレ8
●東日本インカレ9
●東日本インカレ10
●東日本インカレ11
●会場設営図
●東日本インカレ12
他、全19ページ

(2018.5.30追記)
▼大会結果(成績表、通過者)
成績表.pdf
<男子 個人 種目別選手権の部>
★東インカレ結果1
<男子 個人総合選手権の部>
優勝 白井健三選手(日体大)
2位 谷川翔選手(順大)
3位 萱 和磨選手(順大)
4位 谷川航選手(順大)
5位 千葉健太選手(順大)

★東インカレ結果2

<男子 団体 種目別選手権の部>
★東インカレ結果3
<男子団体 総合選手権の部>
優勝 順天堂大学
2位 日本体育大学
3位 仙台大学

★東インカレ結果4
<女子 個人 種目別選手権の部>
★東インカレ結果5
<女子 個人総合選手権の部>
優勝 村上茉愛選手(日体大)
2位 中村有美香選手(日体大)
3位 佐野亜里紗選手(日体大)
4位 内山由綺選手(早大)
5位 小池亜優
選手(日体大)

★東インカレ結果6

<女子 団体 種目別選手権の部>
★東インカレ結果7
<女子団体 総合選手権の部>
優勝 日本体育大学
2位 国士舘大学
3位 筑波大学

★東インカレ結果8

通過者.pdf

★東インカレ通過者
★東インカレ通過者2

▼スポーツ報知五輪競技担当Twitterより
体操の東日本学生選手権が行われ、男子個人総合は86.450点の白井健三選手が1位、谷川翔選手が86.150点で2位、萱和磨選手が85.900点で3位。白井選手「NHK杯より良かった」谷川選手「白井選手はやっぱ強い」萱選手「一昨日足を捻ったけど、今日出れたことが良かった」
https://twitter.com/hochi_sports/status/1000693427690881024
DeMtR1IVwAA98sU
DeMtR1IV4AAMlRp


東日本学生体操、白井健三4冠 村上茉愛は4連覇
日経新聞
 体操の東日本学生選手権最終日は27日、栃木県体育館で行われ、男子は世界選手権(10~11月・ドーハ)代表の
白井健三(日体大)が個人総合で合計86.450点を出して2連覇し、種目別も床運動と跳馬を15.100点、鉄棒を14.200点で制して4冠に輝いた
 4月の全日本選手権で最年少優勝を果たした19歳の
谷川翔(順大)は個人総合で白井に0.300点差の2位。団体総合では順大が優勝し、日体大が2位だった。
 女子は世界選手権代表候補の
村上茉愛(日体大)が個人総合で57.150点を出して4連覇し、種目別の跳馬、平均台、床運動と団体総合を合わせて5冠を達成した。〔共同〕
インカレ2

東日本学生体操、個人は白井健三と村上茉愛がV(読売新聞)
 
体操・東日本学生選手権最終日(27日・栃木県体育館)――個人総合を兼ねた団体総合などが行われ、男子個人総合は、10月にドーハで開幕する世界選手権代表の白井健三(日体大)が計86・450点で優勝した
 4月の全日本選手権優勝の
谷川翔(かける)(順大)は0・3点差の2位女子個人総合は、世界選手権代表候補の村上茉愛(まい)(日体大)が計57・150点で優。団体総合は男子は順大、女子は日体大が制した。
インカレ1

白井 貫禄4冠、個人総合自己ベストV「弱い姿見せられない」(スポニチアネックス)
◇体操 東日本学生選手権最終日(2018年5月27日 栃木県体育館)
 世界選手権(10~11月、カタール・ドーハ)の代表に決まっている白井健三(21=日体大)が貫禄を見せた。団体総合は順大に敗れて2位に終わったが、
個人総合と種目別の床運動、跳馬、鉄棒を制して4冠。NHK杯から1週間というハードスケジュールの中、きっちりと結果を出した。
 白井を支えていたのは意地だった。NHK杯から1週間、日体大の主将として再び臨んだ6種目。「
後輩に弱い姿を見せられない」。1種目目のあん馬をミスなく乗り切ると跳馬、鉄棒で着地をピタリと止めた。「いつでもどこでも、どんな状況でも自分の演技ができるのが強み」。今季6度目の個人総合で、この日の86.450点は自己ベストだった。あん馬やつり輪のEスコアも徐々に改善され「課題が少し解決できた。新しい技に挑戦していってもいいかな」と苦手種目のレベルアップを視野に入れていた。

白井、着地ノーミスで個人総合2度目V(スポーツ報知)
 体操の東日本学生選手権が27日、栃木県体育館で行われ、男子個人総合では、18年世界選手権代表(10~11月、カタール・ドーハ)の白井健三(21)=日体大=が86・450点で2度目の優勝を飾った。今季の全日本覇者、谷川翔(19)=順大=は86・150点で2位だった。女子個人総合は村上茉愛(まい、21)=日体大=が2位に4・4点差をつける57・150点の圧巻Vだった。
 世界選手権代表入りを決めたNHK杯から中1週間という過密日程も、疲れを感じさせない抜群の安定感を発揮した。今季、課題としてきた着地は全6種目で大きなミスなく、確実に止め「(着地まで)突き詰める演技ができた」と手応え。次戦は6月30日開幕の全日本種目別選手権(高崎アリーナ)で「まだ新しい技に挑戦するか分からないが、気持ちに余裕を持って練習していきたい」と語った。


【体操】「後輩に弱い姿見せられない」 個人総合連覇の白井、最後まで集中途切れず
産経ニュース
 白井の思いの強さが表れた試合だった。見せ場は得意の跳馬。「シライ/キムヒフン」の着地を完璧に止めた
。「課題だった着地を攻めたい気持ちがあった。形になったのは大きい」。跳馬と床運動、さらに鉄棒でも全体トップの得点をマークし、個人総合で2連覇を果たした
 NHK杯から、わずか1週間。疲労もあったはずだ。
畠田監督は練習の様子を「腰の痛みに苦しんでいた」と振り返る
 それでも、主将としての責任感が21歳の背中を押した
。「去年はNHK杯2位の喜びが大きくて、この大会の床で失敗が出た。今日は気を引き締めて臨めた。後輩たちに弱い姿は見せられない」。集中は最後まで途切れなかった。(宝田将志)

谷川翔、NHK杯から修正「意識して練習してきた」/体操サンケイスポーツ
 谷川翔は個人総合で白井に及ばなかったものの、NHK杯でミスが出たあん馬と鉄棒を修正した。離れ技で落下した鉄棒は嫌なイメージが残っていたそうだが
「バー(の位置)を確認することを意識して練習してきた」と同じ失敗は繰り返さなかった。
 NHK杯での世界選手権代表入りを逃したため、代表最終選考会の全日本種目別選手権(6~7月、高崎アリーナ)に勝負を懸ける。
演技構成の難度を上げることも考えているといい「しっかり調整して、いい演技がしたい」と1カ月後の舞台を見据えた。
インカレ3
インカレ4

▼スポーツ報知 五輪競技担当Twitterより

白井選手
「NHK杯より良かった」
谷川選手「白井選手はやっぱ強い」
萱選手「一昨日足を捻ったけど、今日出れたことが良かった」
https://twitter.com/hochi_sports/status/1000693427690881024

▼杉本 亮輔さんのTwitterより

白東日本学生
白井健三は個人総合と種目別の床運動、跳馬、鉄棒で優勝。団体の日体大は2位
「いつでもどこでもどんな状況でも、自分の演技ができるのが強み。後輩たちに弱い姿を見せられない。僕が見せられるものを見せないといけない。今のところ主将としては大丈夫かなと思う」
https://twitter.com/Sugimoto_Sports/status/1000645819941322752
東日本学生 谷川翔 は個人総合2位、種目別のあん馬優勝で順大の団体制覇に貢献
「ちょっと風邪気味だった。熱は大丈夫だったけど、喉と鼻が・・・。きょう健三くんの演技を結構見てて、着地がすごい止まっていてやっぱり強いなと思った。(代表入りへ)自分の演技ができれば結果はついてくる」
https://twitter.com/Sugimoto_Sports/status/1000647366402162688
東日本学生 谷川航 は個人総合4位、種目別のつり輪、跳馬、平行棒で2位、順大は団体V
「ハードスケジュールの中でしっかり試合に合わせて、ミスなくやりきれるところが自分の力になっていると思う。(全日本種目別は)予選、決勝と2回とも最高に近い演技をして、着地まで狙っていきたい」
https://twitter.com/Sugimoto_Sports/status/1000651025693401088

▼白井健三選手のインスタグラムより
団体として、日体らしさが出せたシーンだったと思います
https://www.instagram.com/p/BjUWkt4BnOr/?hl=ja

※これまでの大会記録

▼第48回東日本学生体操競技選手権大会▼第49回東日本学生体操競技選手権大会▼第50回東日本学生体操競技選手権大会

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。