2019.01.19 2018世界選手権報告会・新春記者懇親会/平成30年度の優秀指導者賞、優秀選手賞、最優秀選手賞授与式
nikkei

1月19日、日本体操協会の2018年間表彰が行われたようです(*^^*)
最優秀選手村上茉愛選手
優秀選手世界選手権男子団体総合メンバー
特別優秀選手北園丈琉選手、山田愛乃選手

東京運動記者クラブ体操分科会の表彰も行われ、
最優秀選手賞村上茉愛選手が受賞したそうです(*^^*)

おめでとうございます!

●2018.11.16 日本体操協会「2018年間表彰」優秀選手&メダリスト報奨金 決定
●2019.01.19 2018世界選手権報告会・新春記者懇親会/平成30年度の優秀指導者賞、優秀選手賞、最優秀選手賞授与式

はこちらから

▼2018.11.16 日本体操協会「2018年間表彰」優秀選手&メダリスト報奨金 決定
昨日行われた日本体操協会常務理事会にて2018年優秀選手が承認。
最優秀選手村上茉愛選手
優秀選手内村航平選手、白井健三選手14人
特別優秀選手北園丈琉選手、山田愛乃選手に決まったそうです(*^^*)
他、メダリストに対する報奨金も決定。
2018年度第6回常務理事会ニュース
審議事項7(総務委員会)2018年優秀選手選考について、北園選手の特別優秀選手扱いとする。
審議事項8(総務委員会)第48回世界体操競技選手権大会等におけるメダリストに対する報奨金

村上茉愛が最優秀選手 内村、白井ら優秀選手に選出日刊スポーツ
 日本体操協会は16日、都内で理事会を開いた。
 最優秀選手に世界選手権で日本勢初となる女子個人総合の銀メダルを獲得した村上茉愛(22=日体大)を選出した。優秀選手には内村航平(29=リンガーハット白井健三(22=日体大)ら14人新人の特別優秀選手北園丈琉(16=清風高)山田愛乃(15=イオ)に決まった。
 また国際大会で活躍した選手へ贈られる報奨金も決定した。規定通り、世界選手権の金メダルは50万、銀メダルは30万、銅メダルは20万円が払われる。それと別に、村上とトランポリン世界選手権の非五輪種目シンクロナイズドで、日本女子初の金メダルを獲得した森ひかる(19=金沢学院ク)宇山芽紅(22=スポーツクラブテン・フォーティー)にそれぞれ50万ずつの特別報奨金が支払われる。
b7fcf12d2c0e49578c01b468aadd83ff_1541409713_2

村上茉愛、2年連続で日本体操協会最優秀選手に トランポリンの森、宇山組にも報奨金
サンスポ
 日本体操協会は16日の常務理事会で、年間の最優秀選手に体操の世界選手権で日本女子初の個人総合銀メダルを獲得し、種目別床運動も3位に入った村上茉愛(日体大)を2年連続で選出した。女子初による特別報奨金50万円を含む報奨金100万円を贈ることも決めた。
 トランポリンの世界選手権のシンクロナイズドで日本女子初の金メダルに輝いた森ひかる(金沢学院大ク)と宇山芽紅(スポーツクラブ テン・フォーティー)のペアには女子初による特別報奨金50万円を含む報奨金100万円をそれぞれに支給する。


(2019.1.19追記)
▼2019.01.19 2018世界選手権報告会・新春記者懇親会/平成30年度の優秀指導者賞、優秀選手賞、最優秀選手賞授与式

村上茉愛、2年連続の最優秀選手賞 体操年間表彰日経新聞
nikkei
ひと昔前のように、髪が伸びたキングも素敵(*^^*)
で、またズボンのポッケが物でごつごつパンパンしてます(笑)

体操の村上茉愛に最優秀選手賞 年間表彰、「東京でもメダルを」時事通信1/19(土)
 日本体操協会
は19日、東京都内で2018年の年間表彰を行い、世界選手権で日本女子初の個人総合銀メダルを獲得した村上茉愛(日体大)は2年連続の最優秀選手賞に輝き「団体総合でのメダルと東京五輪のメダルを目指し、頑張りたい」と次なる目標を掲げた。
 同選手権3位だった男子団体総合メンバーは優秀選手賞となった。内村航平リンガーハット)は「東京五輪の出場権を取れて最低限はクリアできたけど(1位)中国、(2位)ロシアは思っている以上に強かった」と危機感も口にした。
 東京運動記者クラブ体操分科会の表彰も行われ、最優秀選手賞は村上が受賞した。
photoQB0YK9Z9

体操女子の村上茉愛 2020年へ意欲「団体でメダルを取る」東スポ
 日本体操協会は19日、都内で2018年世界選手権の報告会」を開催し、年間優秀選手の発表を行った。
 最優秀選手賞に輝いたのは世界選手権女子個人総合で日本人初の銀メダルを獲得した村上茉愛(22=日体大)。集まった約200人の関係者から拍手を浴びた村上は「世界選手権は金メダルではなかったですが、体操女子日本の目標としては、東京オリンピックの団体でメダルを取ること。それを目標に頑張っていきたい」と早くも2020年への豊富を語った。
 男子団体で銅メダル、男子鉄棒で銀メダルを獲得して優秀選手賞を受賞した絶対的エース・内村航平(30=リンガーハット)は「目標の金メダルには届かなかったですが、団体では日本として第1号で東京オリンピックの出場権を取り、最低限はクリアできた」と振り返った。新たな一年へ向けて「平成が終わって新しい元号になります。努力しすぎるくらいでちょうどいい。体操ニッポンに新しい風を吹かせ、2020年へ向けて頑張っていきたい」と意思表明。最後は内村の「体操!」という掛け声とともに、全選手が「ニッポン!」と叫んで右手を上げるポーズで会を締めくくった。
 一方、日本体操協会は同日、昨年のパワハラ問題で一時職務停止し、昨年末に「パワハラ認定なし」とされ職務復帰していた塚原千恵子女子強化本部長(71)の退任を発表。後任には1996年アトランタ五輪代表の田中光氏(46)が決まった。報告会にも参加した同氏は「(東京五輪)まで時間がないので覚悟を決めて頑張りたい」と新体制に意欲を見せた。
年間表彰

村上「東京でもメダル」 体操の年間表彰 - YouTubekyodo news
年間表彰2
年間表彰3
年間表彰4
年間表彰5
年間表彰6
年間表彰7
年間表彰8

▼日本体操協会インスタグラムより
https://www.instagram.com/p/Bs-m4_xhVOD/?hl=ja
Screenshot_20190124-054349~01

▼News comフォト
https://www.newscom.com/nc/showMainNCPage.action
年間表彰1
年間表彰2
年間表彰3

▼萱和磨選手のツイートより 無題




※これまでの日本体操協会「年間表彰」記録

▼2013年

1604398_616681911703103_249028595_n
▼2014年


6a5be4fe
▼2015年

aa843d75
▼2016年

bfe20e3b
▼2017年

◇19260275_1550123765025575_8376997150884226959_n

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。