2019.2.21-24「2019 FIG種目別ワールドカップ・メルボルン大会」
FIGW杯2019/2020種目別シリーズ第2戦

Road to TOKYO2020【東京五輪への道】
メルボルン国際の今後の予定
FIGW杯2019/2020種目別シリーズ: 2020年2月13~16日
JAGFB決勝2 (2)
JAGFB決勝2 (3)
オーストラリア体操協会サイト
大会サイト

《これまでの大会情報》
●大会要項
●2.21-22 種目別予選結果(リザルト、フォト)
●2.23-24 種目別決勝結果(リザルト、フォト、大会ハイライト動画)
●2.24 日本選手団帰国
 はこちらから


▼大会要項

2019 FIG種目別ワールドカップ・メルボルン大会
【競技予定】
 2月21日 種目別前半予選
 2月22日 種目別後半予選
 2月23日 種目別前半決勝
 2月24日 種目別後半決勝
【場所】
 オーストラリア・メルボルン
【日本からの出場選手】
 【男子】
 米倉英信(福岡大学)
 宮地秀享(若渓クラブ)
 高橋一矢(早稲田大学)
 荒屋敷響貴(順天堂大学)
 長谷川智将(徳洲会体操クラブ)
 【女子】
 大口真奈(大泉スワロ一体育クラブ)
 坂口彩夏(ジム・ネット体操教室)
 小川明日香(鶴見ジュニア体操クラブ)




▼2月21日 種目別前半予選結果
種目別W杯メルボルン前半種目予選結果公開
2019FIG種目別ワールドカップ・メルボルン大会予選結果
【男子】
荒屋敷響貴選手 ゆか5位(予選通過) あん馬12位
長谷川智将選手  ゆか23位,あん馬3位(予選通過)
高橋一矢選手  つり輪8位(予選通過)

●●●①メルボルン予選1
●●●①メルボルン予選2
●●●①メルボルン予選3
【女子】
坂口彩夏選手  跳馬4位(予選通過)
小川明日香選手  跳馬6位(予選通過)
●●●①メルボルン予選4
●●●①メルボルン予選5

▼2月22日 種目別後半予選
種目別W杯メルボルン後半種目予選結果公開
【男子】
 荒屋敷響貴 平行棒2位(予選通過)
 長谷川智将 平行棒8位(予選通過)
 米倉英信 跳馬7位(予選通過)
 宮地秀享 鉄棒1位(予選通過)
【女子】
 大口真奈 平均台2位(予選通過) ,ゆか10位
https://twitter.com/GymnasticsJapan/status/1098974496940187648
●●●①D0BXegAU0AAFhZ9
●●●①D0BXegCUwAAtCkB
2019FIG種目別ワールドカップ・メルボルン大会予選結果
【男子】
●●●①メルボルン予選2-1
●●●①メルボルン予選2-2
●●●①メルボルン予選2-3
【女子】
●●●①メルボルン予選2-4
●●●①メルボルン予選2-5

▼体操ニッポンFBフォト
▼アルバム「2019FIG種目別ワールドカップ・メルボルン大会」に写真5件を追加
●●●①メルボルン2 (1)
●●●①メルボルン2 (3)
●●●①メルボルン2 (5)
●●●①メルボルン2 (4)
●●●①メルボルン2 (2)

▼「2019FIG種目別ワールドカップ・メルボルン大会」に写真3件を追加
●●●①メルボルン3 (2)
●●●①メルボルン3 (3)
●●●①メルボルン3 (1)

▼2.23-24 種目別決勝結果
FIGW杯2019/2020種目別シリーズ第2戦・メルボルン国際。
昨日、すべての競技を終え
宮地秀享選手が鉄棒で優勝!!
他にも、荒屋敷響貴選手がゆかで2位
長谷川智将選手があん馬で3位
大口真奈選手が 平均台で3位など
たくさんのメダルを獲得されました!
おめでとうございます!(*^^*)

2019FIG種目別ワールドカップ・メルボルン大会決勝結果
【男子】
 カルロス・ユーロ選手 ゆか 優勝
 荒屋敷響貴選手 ゆか 2位
 長谷川智将選手 あん馬 3位
 高橋一矢選手 つり輪 4位
 米倉英信選手  跳馬 4位
 荒屋敷響貴選手  平行棒 5位
 宮地秀享選手  鉄棒 優勝メルボルン決勝1
53010681_2179780379002216_6188006081973714944_n
メルボルン決勝2
52588583_2179780522335535_2619569835947851776_n
メルボルン決勝3
52601979_2179780502335537_5100668277005221888_n
メルボルン決勝6
男子跳馬
メルボルン決勝7
平行棒
メルボルン決勝8
男子鉄棒2
【女子】
 坂口彩夏選手 跳馬 6位
 小川明日香選手 跳馬 8位
 大口真奈選手  平均台 3位
メルボルン決勝4
51865951_2179780389002215_6888893020389769216_n
メルボルン決勝5
52744529_2179780532335534_6178472543066783744_n
メルボルン決勝9
平均台2
メルボルン決勝10
女子ゆか

▼大会FBフォト
World Cup Gymnastics Melbourne
51604592_2179180319062222_6933257227943804928_n
52651746_2179780065668914_4862287189666430976_n
52740120_2179779955668925_675822608788226048_n
53071348_2178593802454207_2686024447579652096_n
52708394_2179180475728873_8056468747252137984_n
男子鉄棒1
平均台1


▼体操ニッポンFBフォト
▼アルバム「2019FIG種目別ワールドカップ・メルボルン大会」に写真19件を追加
JAGFB1 (11)
JAGFB1 (13)
JAGFB1 (14)
JAGFB1 (15)
JAGFB1 (17)
JAGFB1 (18)
JAGFB1 (12)
JAGFB1 (16)
JAGFB1 (2)
JAGFB1 (9)
JAGFB1 (1)
JAGFB1 (10)
JAGFB1 (3)
JAGFB1 (4)
JAGFB1 (5)
JAGFB1 (7)


▼アルバム「2019FIG種目別ワールドカップ・メルボルン大会」に写真8件を追加

JAGFB決勝2 (6)
JAGFB決勝2 (8)
JAGFB決勝2 (7)
JAGFB決勝2 (5)
JAGFB決勝2 (4)
JAGFB決勝2 (1)
JAGFB決勝2 (2)
JAGFB決勝2 (3)


ゆかで荒屋敷が2位=体操W杯
 体操の種目別で争うワールドカップ(W杯)メルボルン大会は23日、オーストラリアのメルボルンで男女計5種目の決勝が行われ、男子はゆかで荒屋敷響貴(順大)が14.500点で2位に入った。あん馬の長谷川智将徳洲会)は3位つり輪の高橋一矢(早大)は4位
 女子の跳馬では坂口彩夏(ジム・ネット教室)が6位小川明日香(鶴見ジュニアク)が8位だった。 


宮地、鉄棒で優勝=体操W杯
 体操の種目別で争うワールドカップ(W杯)メルボルン大会は24日、オーストラリアのメルボルンで男女計5種目の決勝が行われ、男子は鉄棒で宮地秀享(茗渓ク)が14.733点で優勝した。跳馬で米倉英信(福岡大)は4位、平行棒では荒屋敷響貴(順大)が5位、長谷川智将(徳洲会)は8位だった。
 女子は平均台で大口真奈(大泉スワロー体育ク)が3位に入った。
20190224-00000086-jij-000-4-view

宮地、鉄棒で優勝=体操W杯
20190224-00000075-jijp-000-2-view

▼FIGメルボルン大会ハイライト動画
2019 Melbourne Artistic Gymnastics World Cup – Highlights men’s competitions
D0QuDcqX0AEaToz
2019 Melbourne Artistic Gymnastics World Cup – Highlights women’s competitions
D0QuUvrWkAM4Wp2




▼2.24 日本選手団帰国/宮地選手、東京五輪代表「かなり見えてきた。50%まで来た」

W杯鉄棒Vの宮地、東京五輪代表に自信「50%まで来た」スポニチ
 体操で20年東京五輪予選となる種目別ワールドカップ(W杯)シリーズ第2戦の鉄棒を制した宮地秀享(茗渓ク)が24日、開催地のオーストラリアから成田空港に帰国した。
 決勝で12年ロンドン五輪金メダリストで世界選手権も3度制しているエプケ・ゾンダーランド(オランダ)と14・733点で並んだが、Eスコア(実施点)で上回って戴冠。I難度の大技「ミヤチ」も見事に決めた。「内容は満足ではないけど、優勝できたので、ものすごく大きい」と振り返った。
 20年3月までのW杯シリーズ8大会のうち成績がいい3大会の結果で、各種目のトップが種目別での東京五輪代表となる。「かなり見えてきた。50%まで来た」と夢切符獲得へ自信を深めた24歳は、3月の2大会でさらに前進するつもりだ。
 体操界では個人総合で五輪&世界選手権の世界大会8連覇の内村航平(リンガーハット)が「キング」、ひねりが武器の白井健三(日体大)は「ひねり王子」、村上茉愛(同)は「ゴムまり娘」と呼ばれる。日本には鉄棒を得意とした植松鉱治氏、斎藤優佑氏が「ハイバーマスター」と称されたことから、宮地は「僕は3代目ハイバーマスターでいいです」と笑みを浮かべていた。
20190225-00000140-spnannex-000-6-view

五輪予選の鉄棒初V・宮地が帰国 「満点じゃないが大きい」時事通信
 体操の2020年東京五輪予選となる種目別ワールドカップ(W杯)シリーズ第2戦で、男子鉄棒を制してシリーズ初優勝を飾った宮地秀享(茗渓ク)が25日、開催地メルボルンから成田空港に帰国した。昨年の世界選手権王者エプケ・ゾンダーランド(オランダ)を破り「内容は満点じゃないけど、優勝できたのはものすごく大きい」と喜んだ。
 宮地はゾンダーランドと14.733点で並んだが、Eスコア(実施点)で上回り「(出来栄えで)かなり評価されるようになってきた」と収穫を口にした。W杯シリーズは20年3月までの8大会のうち、3勝を挙げれば五輪切符に近づく。
20190225-00000213-kyodonews-000-2-view

※これまでの大会記録(2017・2018)


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。