maxresdefault
本日、2019年一発目の男子強化合宿が公開されました(*^^*)

↓↓昨年の年明け最初の強化合宿まとめ記事はこちら↓↓
(2019.1.16追記)
強化合宿での6選手の会見動画が公開されています(*^^*)
▼選手インタビュー動画/内村選手インタビューレポ
男子体操強化合宿 選手インタビュー
合宿会見2
内村選手の会見内容を書き起こしました(*^^*)合宿会見1
Q:2019年代表合宿始まりましたが、チームを率いていかがですか?
内村選手:今回の合宿から、結構全員でトレーニングを行ったりっていう今までにない取り組みをしているんですけど、チームのキャプテンとして率先してトレーニングのお手本だったりやり方とかを教えながらやっているので、今までとは全然違う合宿をやっているという感じはします。
Q:やっぱりここの代表合宿って上から下まで多くの選手が参加して情報共有だったり意見交換の場の一つでもあると思うんですけど、その部分っていうのはいかがですか?
内村選手:まあ、僕30なので下の代とかとはあんまりしゃべんないんですけど、見て学ぶものはたくさんあるなっていう。一番年上ですけど、やっぱりすごいなーって思う部分もありますし、逆にすごくここは教えていかないといけないなっていう部分もあるので、あんまり話したりしなくても見るだけですごくみんな刺激を受けて良い練習はできているなと思います。
Q:東京オリンピック前の大事な1年が始まるわけですけど、今年迎えるにあたって去年からの課題であったり、新たに今年から取り組みたいテーマというのは何かありますか?
内村選手:新しく取り組むことは特に無いですけど、やっぱり怪我をしないというのを1年を通してやりたいと思っているので、とにかく怪我しない練習だったりトレーニングだったり、試合の運び方というのを常に心がけてやっていきたいです。
Q:今年に向けた意気込み・抱負をお願いします。
内村選手:世界選手権後初めて全日本選手権で演技を見せるので、しっかり足の状態も良くなったというところを見せたいし、まだまだ日本に必要な存在だっていうふうに思ってもらいたいので、安定した演技をしっかり見せたいです。
Q:この後、中国に合宿に行かれるということで、そのことについてどういう事をしていきたいかということと、北園君を選手としてどういうふうに見ているか教えてください。
内村選手:中国に行くし中国も来るんですけど、ただただどういう練習をしているのか、どういうトレーニングをしているのか、どういう雰囲気でやっているのかっていうことをただ知りたいっていうか。自分の練習も大事なんですけど、やっぱり結構謎な部分も多いので、そういうところをかなりじっくり見られたらいいなという。あんまり、自分がこうやりたいとか、こういう事を聞いてみたいとかっていうよりかは、ただただじっくり見たいっていう思いしかないですね。丈琉に関してはまだ高校1年で次2年なので、まあ、まだまだっていう言い方の方がいいのかなっていうか。まだまだっていうより、今来るっていう感じではないと思うんですよ。やっぱり、来年になると3年生になるので、だいたい高校3年ぐらいからすごくシニアに迫ってくる実力になるかなっていうふうに思っているので。今年はいろんなことを経験して、昨年もユースで5冠達成してるのでいい経験していると思うんですけど、やっぱりシニアの大会でそれなりに経験を積んで、どういう試合運びをすればいいのかとか、そういうことをたくさん学んでもらえれば今年はいいんじゃないかなというふうに思います。
合宿会見3


これまでのまとめ
WEB記事まとめ
●Newscomフォト
●サンデースポーツレポ/内村航平 新しい技で活躍誓う
はこちらから

➤水鳥強化本部長が掲げた“強化改革3本柱”とは…
中国との合同合宿(1月下旬から)。
 →内村選手「強さを吸収したい。(中国の強さは)謎が多い。強さを聞きたいというよりは、見てきたい」
②ロシア流導入。
 →ロシアが武器とする力強さを取り入れるため、同国選手の映像を見ながら講習会を実施
③他種目からの刺激。
 →今後、新体操の山崎浩子本部長を招き、膝やつま先などの伸ばし方など美しい演技の基礎を学ぶ

➤強化合宿で内村選手は…
跳馬で今季から新たに使う予定の「ロンダートからひねり前転跳び前方伸身宙返り2回ひねり」を念入りに確認
 →東京五輪ではさらに半分多くひねる大技「リ・シャオペン」を使うことを目指している。「1年間しっかり(リ・シャオペンを跳ぶための)勇気をためていきたい」

●2019年シーズンの抱負「けがをせず、演技の質を上げていくことを心掛けていきたい」
●「若い選手がたくさんいるので、自分が率先して手本ややり方を示したりして、今までとは違った合宿を過ごしている。若い人から学ぶこともあるし、見ていて刺激を受けている
●「スタッフの年齢の方が近くなってきました。若い選手と何をしゃべっていいか分からない」
●「今シーズンの大会でもしっかり活躍して自分もまだまだ日本に必要な存在だということを見せたい
●現役を引退した吉田沙保里さんについて「お疲れさまでした」
 「ボクは沙保里さんとは正反対の道に進みましたが、引退しても多くの人がリスペクトしているし、常に金メダルを期待されていた沙保里さんに勇気をもらったアスリートは多いと思う。他の競技に影響を与える人は超一流。ボクもそうなりたい」
などなど。

昨年は平昌五輪イヤーという事もあって
取材で内村選手は、羽生結弦選手について語っていましたが

今年はやはり、
吉田沙保里さんの引退についても語っているようです。

決して自分を驕らず謙虚なのに、とっても素直で熱い思いを感じる
いつもの内村選手の言葉が聞けてうれしいです(*^^*)

では、WEB記事などまとめました(*^^*)↓


内村航平 引退・吉田沙保里さんに「おつかれさまでした」スポニチ1月13日(日) 
 体操男子の強化合宿が13日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで公開され、内村航平リンガーハット)がレスリング女子で五輪3連覇を達成し現役を引退した吉田沙保里さんについて語った。
 「ずっとどうするんだろうと気にしていた」とし、「(吉田さんに)勇気をもらったアスリートはかなりいると思う」と話した。内村は五輪、世界選手権の個人総合で09~16年まで8連覇を達成したが、吉田さんは世界大会16連覇の金字塔を打ち立てた。「僕もそれなりに連覇しましたけど、ケタが違う」と称えた。
 勝負のマットから下りた吉田さんに「おつかれさまでした」と言葉を贈るとともに、「引退しても多くの選手がリスペクトしていく。他の競技にも(影響を)与えられる人は超一流。僕もそうなりたい」と話していた。

強化合宿1

体操男子が合宿公開 内村「まだまだ日本に必要な存在」NHKニュース2019年1月13日
 体操男子の国内トップレベルの選手たちの合宿が報道陣に公開され、今月、30歳になった
内村航平選手が「まだまだ日本に必要な存在だということを見せたい」と今シーズンの意気込みを話しました。
 合宿は、体操の基本動作や技術の底上げを目的に今月11日から東京 北区のナショナルトレーニングセンターで行われ、内村選手のほか、去年の世界選手権代表、22歳の谷川航選手やユースオリンピックで5つの金メダルを獲得した16歳の北園丈琉選手など国内トップレベルの選手たちが参加しています
 このうち、内村選手は、今シーズンのみずからの強化種目に掲げる
「跳馬」で新たに取り入れる技を繰り返し跳んだり、「つり輪」でときおりコーチと話しながら基本的な懸垂の姿勢を確認したりしていました
 今月3日に30歳を迎えた内村選手は
「若い選手がたくさんいるので、自分が率先して手本ややり方を示したりして、今までとは違った合宿を過ごしている。若い選手もすごいと思うが、今シーズンの大会でもしっかり活躍して自分もまだまだ日本に必要な存在だということを見せたい」と意気込みを話しました。
 体操男子の
水鳥寿思強化本部長は「去年の世界選手権では、演技の出来栄え点で点数がとれず、世界のトップと差がついたことが明らかになった。冬のこの時期に基本的なことを徹底的にやって技術を磨き、東京オリンピックへ向けて実力をつけていきたい」と話していました
K10011776981_1901140557_1901140938_01_02

内村、沙保里さん惜別「僕もそれなりに連覇したけど桁が違う」スポニチ
 体操男子の強化合宿が東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで公開され、内村航平(30=リンガーハット)がレスリング女子で五輪3連覇を達成し、現役を引退した吉田沙保里さん(36)について語った
。「ずっとどうするんだろうと気にしていた」とし、「お疲れさまでした」と言葉を贈った。
 内村は五輪、世界選手権の個人総合で8連覇を達成したが、吉田さんは世界大会16連覇
。「僕もそれなりに連覇しましたけど桁が違う」。勝負のマットから降りても吉田さんへの尊敬の念は不変で、「引退しても多くの選手がリスペクトしていく。他の競技に(影響を)与えられる人は超一流。僕もそうなりたい」と話した。
強化合宿9
体操・内村航平ら合宿公開「演技の質を上げていく」産経新聞
 日本体操協会は13日、東京都内で男子の年代別強化指定選手を集めた合宿を公開し、エースの内村航平リンガーハット)が
2019年シーズンの抱負を「けがをせず、演技の質を上げていくことを心掛けていきたい」と語った。
 今季は跳馬で、16年リオデジャネイロ五輪で跳んでいた
リ・シャオペン(ロンダートからひねり前転跳び前方伸身宙返り2回半ひねり)」より半ひねり少ない技に取り組んでいくという。
 レスリング女子の吉田沙保里さんの引退については
「勇気をもらったアスリートはかなりいると思う。お疲れさまでした」としたうえで、「(吉田さんのように)他の競技にも影響を与えられる選手は超一流。選手や子供たちにはそこを目指してほしいし、僕もそうなりたい」と語った。
強化合宿11
内村航平 吉田沙保里さんに言及「他の競技に影響を与える人は超一流」(東スポWeb)
 体操男子の強化合宿が13日、東京・北区の味の素トレーニングセンターで公開され、内村航平(30=リンガーハット)が、引退を表明した、レスリング女子五輪3連覇の吉田沙保里さん(36)について語った。
 「ボクは沙保里さんとは正反対の道に進みましたが、引退しても多くの人がリスペクトしているし、常に金メダルを期待されていた沙保里さんに勇気をもらったアスリートは多いと思う」と話すと「他の競技に影響を与える人は超一流。ボクもそうなりたい」と熱い思いを語った。
 公開練習では、若い選手とコミニュケーションを取りながら率先して汗を流した。「もう30歳なので…。スタッフの年齢の方が近くなってきました。若い選手と何をしゃべっていいか分からない」と苦笑しながらも「若い人から学ぶこともあるし、見ていて刺激を受けている」
 昨年9月に右足首を痛め、回復が遅れた。それでも「ケガした自分に腹が立った。若干、東京五輪がかすみましたが、世界選手権(11月、ドーハ)に出られて自分の演技もできたので、また東京五輪(のイメージ)が戻ってきた感じ」。今年のテーマを「とにかくケガをしないこと」と掲げた。

強化合宿5

体操、内村が跳馬の新技を確認 男子の強化合宿共同通信
 体操男子で五輪個人総合2連覇の内村航平リンガーハット)ら日本のトップ選手が13日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を公開し、内村は跳馬で今季から新たに使う予定の「ロンダートからひねり前転跳び前方伸身宙返り2回ひねり」を念入りに確認した。
 内村は2020年東京五輪ではさらに半分多くひねる大技「リ・シャオペン」を使うことを目指している。「1年間しっかり(リ・シャオペンを跳ぶための)勇気をためていきたい」と話した。
 内村らは今月下旬から中国で合宿を行う。最大のライバルとなる同国の選手と一緒に練習する予定だ。
強化合宿12

内村選手、技の確認念入りに 体操男子の強化合宿公開  
maxresdefault
強化合宿2
内村選手「今回の合宿から全員でトレーニングを行ったりっていう、今までにない取り組みをしていたんですけど、チームのキャプテンとして率先してトレーニングのお手本だったりやり方なんかを教えながらやってるので今までとは全然違う合宿をやっているという感じです。」
強化合宿3
内村選手「世界選手権後初めて全日本選手権で演技を見せるので、しっかり足の状態も良くなったっていうところを見せたいし、まだまだ日本に必要な存在だっていうふうに思ってもらいたいので、安定した演技をしっかり見せたいなと思います。」


内村が引退の吉田さんにねぎらい「僕も連覇してきたけど桁が違う。おつかれさまでした」デイリースポーツ
 体操男子で12年ロンドン、16年リオ五輪個人総合金メダルの内村航平(30)=リンガーハット=が13日、先日現役引退したレスリング界のレジェンド・吉田沙保里さんについて「あの人から勇気をもらったアスリートはかなりいると思う。3連覇しているし、常に金メダルを期待されていた選手なので。僕もそれなりに連覇はしてきたけど、桁が違う。お疲れさまでした」とねぎらった。
 この日は東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を公開。ジュニア世代を含めた年下の選手を気にかけ、時に引っ張りながらみっちり練習した。
 「他の競技にも影響を与えられる人は超一流だと僕は思う。僕もそうなりたい」と、五輪3連覇を果たした女王にあらためて敬意を示した。
強化合宿6

内村、若い世代から刺激=ジュニア交え合同合宿―体操男子時事通信
 体操男子のナショナル、ジュニア合同強化合宿が13日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで報道陣に公開された。内村航平リンガーハット)ら実績のある選手に、昨年10月のユース五輪で5冠を達成した16歳の北園丈琉(大阪・清風高)ら若い世代が交ざって、練習に取り組んだ。
 今月3日に30歳となった内村は「下の世代とはあまり話さないが、学ぶ部分もたくさんある。見ているだけで刺激になる」と充実した表情。北園は「練習しやすい雰囲気。今年は東京五輪に出るために大事な1年なので、進化したい」と意欲的だった。 

内村航平、引退発表の吉田沙保里さんに「ぼくも連覇してきたがケタが違う」スポーツ報知
 体操男子の日本代表合宿が13日、都内で行われ、個人総合で五輪連覇している内村航平リンガーハット=が、レスリング女子で五輪3連覇した吉田沙保里さんの引退について「どうするか気にしていた。(吉田さんに)勇気をもらったアスリートはかなりいると思う。お疲れ様でした」とコメントした。
 内村も五輪と世界選手権で個人総合8連覇を成し遂げてきたが、吉田さんは五輪と世界選手権16連覇で、個人戦は16年リオ五輪の決勝で敗れるまで206連勝し、「ケタが違う」。吉田さんは引退後も多くの選手にリスペクトされると言い、「他の競技にも影響を与えられるのは超一流だと思う。ぼくもそうなりたい」と話した。
 内村は3日に30歳を迎えたばかり。今回の合宿は参加者のほとんどが大学生と高校生で「体操のときは自然と(言葉が)出るけど、(体操以外では)何をしゃべっていいか分からない」と苦笑いしたが、若手から刺激も受けており「学ぶことはある。自分もまだまだ日本に必要だと思ってもらいたい」と意気込んだ。
20190113-00000154-sph-000-view

新体操・山崎本部長ら先生役 体操男子Eスコア↑へ日刊スポーツ
 体操男子が貪欲に知識を吸収する。強化合宿が13日に都内で公開され、水鳥寿思男子強化本部長(38)が「突きつけられたEスコアを変えるため、知見を取り入れたい」と方針を明かした。団体総合3位に終わった昨秋の世界選手権では、出来栄え点のEスコアで中国、ロシアに差をつけられた。どんな状況でも正確無比な演技ができる力強さが点数に反映され、日本はそれが欠けていた。
 合宿中には新たな試みで、全選手でのウエートトレーニングや、今後新体操の山崎浩子本部長を招き、膝やつま先などの伸ばし方も学ぶ。さらに今月下旬からは中国に渡り、中国の代表強化施設で初の合同練習も敢行する。Eスコアでも海外勢に抗し得た内村航平「主将としてお手本になるように、やり方も教えてます」と王座奪還への先生役を買って出た。
強化合宿7
【写真】多くの後輩と記念撮影する内村
強化合宿8

「引退してもリスペクト」体操・内村が吉田さん引退に毎日新聞
 体操の内村航平(リンガーハット)が13日、現役引退を8日に表明したレスリング女子の吉田沙保里さんについて「お疲れ様でした。(吉田さんから)勇気をもらったアスリートはかなりいる。引退しても多くの選手がリスペクトしていくと思う」と語った。東京都内での男子代表の公開合宿後に報道陣の取材に応じた
 吉田さんは五輪、世界選手権で16大会連続「世界一」を達成した。個人総合で2012年ロンドン五輪から2連覇し、世界選手権も6連覇した内村でも「桁が違う」存在という
 内村は「他の競技にも影響を与えられる人は超一流。東京五輪を目指す選手はそこを目指してほしいし、僕もそうなりたい」と誓った。【円谷美晶】


体操・内村 引退のレスリング吉田に「超一流。僕もそうなりたい」デイリースポーツ
 体操男子で12年ロンドン、16年リオ五輪個人総合金メダルの内村航平(30)=リンガーハット=が13日、先日現役引退したレスリング界のレジェンド・吉田沙保里さんについて「あの人から勇気をもらったアスリートはかなりいると思う。3連覇しているし、常に金メダルを期待されていた選手。お疲れさまでした」とねぎらった。
 この日は東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を公開。ジュニア世代を含めた年下の選手を気にかけ、時に引っ張りながらみっちり練習した。日本の課題でもある「Eスコアを上げることを率先してやりたい」と目標を掲げ、4月の日本選手権(高崎アリーナ)へ「足が良くなったことを見せたいし、まだまだ日本に必要な存在だと思ってもらいたい」と、右足首の回復を示す演技を誓った。
 「他の競技にも影響を与えられる人は超一流だと僕は思う。僕もそうなりたい」と、五輪3連覇の吉田さんにあらためて敬意を示した内村。キングだからこそ感じる女王の思いも胸に、2020年へと進む。
55004ceaff4d37772b907bf6b5894226_1547413656_2

内村航平、強敵の「強さ吸収」日本代表・中国合同合宿スポーツ報知
 体操男子の日本代表合宿が13日、都内で行われ、10月の世界選手権(ドイツ・シュツットガルト)での団体金メダル奪還に向け、日本協会の水鳥寿思男子強化本部長(38)は“強化改革3本柱”を掲げた。採点ルールが昨年から変更され、よりEスコア(出来栄え点)が厳しく評価される傾向に。そこで「基本的な部分を徹底したい」と、改めて美しい体操を確立させるため、新たな強化策に着手する。
 まず、18年世界選手権団体金メダルの中国との合同合宿(1月下旬から)。「強さを吸収したい」という内村航平(30)=リンガーハット=も「(中国の強さは)謎が多い。強さを聞きたいというよりは、見てきたい」と語った。2つ目は同大会銀のロシア流導入。ロシアが武器とする力強さを取り入れるため、同国選手の映像を見ながら講習会を実施する。そして3つ目が他種目からの刺激。今後、新体操の強化本部から美しい演技の基礎を学ぶという。


体操・内村、跳馬の新技を確認 強化合宿公開 日経新聞
 体操男子で五輪個人総合2連覇の内村航平(リンガーハット)ら日本のトップ選手が13日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を公開し、内村は跳馬で今季から新たに使う予定の「ロンダートからひねり前転跳び前方伸身宙返り2回ひねり」を念入りに確認した。
 内村は2020年東京五輪ではさらに半分多くひねる大技「リ・シャオペン」を使うことを目指している。「1年間しっかり(リ・シャオペンを跳ぶための)勇気をためていきたい」と話した。
 内村らは今月下旬から中国で合宿を行う。最大のライバルとなる同国の選手と一緒に練習する予定で、日本協会の水鳥寿思男子強化本部長は「(強さの秘密に)何かしら僕らが知らない部分があるはず。少しでも吸収したい」と狙いを語った。〔共同〕
強化合宿10

【体操】30歳でも進化中! 新技挑戦の内村東スポWEB
 三十路になっても進化は止まらない。3日に節目の30歳となった体操のエース・内村航平リンガーハット)が男子代表強化合宿(11~14日)に最年長として参加した。最も若い15歳の選手と“ダブルスコア”の年齢となり「スタッフのほうが(年齢は)近くなってきた」と困惑しながらも「体操しているときは年齢は関係ない。若い選手から学ぶことは多いし、刺激も受ける」と老け込む様子は一切ない。
 世界の体操界を引っ張ってきたエースは、見るもの触れるものすべてを吸収する。それゆえ新しい発見がいまだにあるという。例えば、大学時代に「跳馬の終着点」と位置づけ「動画を100万回も見た」という大技「リ・シャオペン」。この超高難度技は習得に時間を費やしたが、今季はそれよりひねりが半分少ない新技に挑戦する。「ロンダートからひねり前転跳び前方伸身宙返り2回ひねり」と舌をかみそうになる技で、正式名称はない。この合宿中に両方を試した内村は「新技は足をすごく前に送り出さなきゃいけないけど、リ・シャオペンは送り過ぎるとひねり切れない。ちょうど間のところで足を落とせれば空中で余裕ができる。リ・シャオペンをやることに対して(新技の練習は)すごくいいと感じました」と気づいたという。
 さらには今月下旬に行う中国との合同合宿にも興味津々。「中国はどういう練習で、どういう雰囲気なのか。ナゾな部分が多いので、ただただじっくりと見たいし、知りたい」とライバルの“視察”にも貪欲だ。
 先日引退したレスリングの“霊長類最強の女”吉田沙保里(36)を引き合いに「ボクは正反対の道へ進みました」。個人総合3連覇がかかる来年の東京五輪には31歳で臨むが、この人一倍の探究心があれば加齢に打ち勝てるに違いない。
追記

▼杉本 亮輔さんのツイートより
谷川航「昨年は世界選手権の代表にギリギリ入れた感じで、そこで満足したところがあった。今年は入るのは前提。昨年(団体で)銅だったけど、色を金にできるようにしていかないといけない。一番入れたいのはブラニクで半分ひねること。今年の大きな課題」
https://twitter.com/Sugimoto_Sports/status/1084700553676910593
谷川翔「東京五輪の前の年で大事な1年。世界選手権の代表に入って結果を残して、東京にうまくつなげていきたい。カッシーナもやっている。コールマンをたまにやっていたけど、カッシーナの方がしっくりくる。カッシーナが入ったら一気にDスコアが上がる」
https://twitter.com/Sugimoto_Sports/status/1084700620714430464
三輪哲平「足踏みしている暇はない。どんどん上に上り詰めて、全日本選手権での優勝が目標。跳馬でロペスハーフにするといいインパクトになるし、真剣に取り組んでいる。内村選手は練習の取り組み方がすごい。雑な一本がない。いつ見ても悪い失敗がない」
https://twitter.com/Sugimoto_Sports/status/1084700685495488512
北園丈琉「昨年はノーミスでやりきった試合が少なかったので、やりきっていい結果を残したい。東京に間に合わせる大事な1年。進化し続けて目標を絶対に達成したい。全日本ではコールマンを入れたいのでコバチの完成度を上げていきたい」
https://twitter.com/Sugimoto_Sports/status/1084700733964877824

三輪選手、キングの「練習から本番を想定する大切さ」を
ちゃんと感じ取って学んでますね
そこに気付ける観察力や熱心さ、若いのに素晴らしい(*^^*)


▼体操ニッポンTwitterより
2019年男子強化合宿スタート。ナショナルとU-15、U-18、U-21の各年代が集結。2019年の飛躍を誓いました
https://twitter.com/GymnasticsJapan/status/1084590130747207681
Dw08-NjU0AATty5

▼日テレ体操中継Twitterより
強化合宿中の体操男子のトップ選手が勢ぞろい!最年少は15歳と層の厚い体操界に今後も注目です!
https://twitter.com/ntvtaiso/status/1084428767722799105
DwyqMqlVAAYxCRw

▼杉本 亮輔さんのツイートより
集合写真
https://twitter.com/Sugimoto_Sports/status/1084372777761566720
Dwx3cvdVYAAWSPy
▼山口史朗‏さんのツイートより

ナショナル選手やジュニアの強化選手の皆さんが集まり、フォトセッション。
https://twitter.com/shiro_yaiyai/status/1084372953590951936
Dwx3SXrUUAANyN-

▼Newscomフォト
newscom.com
・kohei uchimura
・JANUARY 13, 2019 - Artistic Gymnastics Japan men's national team training camp
などで検索(*^^*)
強化合宿1-1
強化合宿1-3
強化合宿1-5
強化合宿1-4
強化合宿1-6
強化合宿1-2
強化合宿1-7
強化合宿1-8


チェックしたスポーツニュースで唯一取り上げてくださった
サンデースポーツをレポしました(*^^*)↓
▼サンデースポーツ/内村航平 新しい技で活躍誓う
1

ジュニア世代も参加した体操男子の強化合宿。
2

内村航平選手は2年連続で怪我をした跳馬で新しい技に挑戦。
3
4
5
anigif1

難度を下げて怪我のリスクを減らすことが狙いです。
6
7
8
9
10
11
12
13

動きを丁寧に確認しながら試行錯誤を繰り返します。
14
15
16
17
18
19
20
21

今月30歳を迎えたベテランが東京オリンピックを見据えて、
今シーズンの活躍を誓いました。
22
23
24
25

跳馬で今季から新たに使う予定の技
「ロンダートからひねり前転跳び前方伸身宙返り2回ひねり」
のスローです(*^^*)
anigif2
時が経つのも忘れるほど見とれてしまいました…

文字で見ると何だかわけがわからない技だけど
キングが形にしてくれると、なんて美しいんだろうと(*´ω`)

同じ技をできる選手はいても
キングにしか体現できない美しさはまさに芸術。

技名なんてどうでもよくなっちゃう(笑)

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。