JOC『2019-2020 シンボルアスリート・ネクストシンボルアスリート』

▼2015年JOC「シンボルアスリート」及び「ネクストシンボルアスリート」まとめ
▼2017-2018年「シンボルアスリート」及び「ネクストシンボルアスリート」まとめ

(2019.7.23追記)
▼JOC「2019JOCシンボルアスリート  内村航平選手にウェアを贈呈」
先日動画が公開されましたが、JOCホームページでは内村選手のコメントが詳しく載っています(*^^*)
2019JOCシンボルアスリート 内村航平選手(体操/体操競技)にウェアを贈呈
 日本オリンピック委員会(JOC)は7月17日、2019JOCシンボルアスリートの内村航平選手(体操/体操競技)にJOCシンボルアスリート認定の証であるウェアを贈呈しました。
 JOCゴールドパートナーであるアシックス協力のもと製作されたウェア上下、Tシャツ、シューズを身に着け、「2009年からずっとシンボルアスリートに選んでいただき、スポーツ界の顔としての大役を任せられたという大きなプレッシャーはありますが、今までそうした中でも結果で日本の皆さんに勇気や感動を届けられたという自負はあります。こうした役割があるからこそ頑張ることができました」と、10年にも渡るシンボルアスリートとしての活動を振り返った内村選手。そして、自身4度目のオリンピックとなる東京2020大会出場に向けて「肩をしっかり治して練習を積んでいければ、東京2020大会までには自分の演技ができる。今まで積み重ねてきたものをやりきれば、東京2020大会に行くチャンスは十分あると思っています」と意気込むとともに、「オリンピックをきっかけに体操ファンをたくさん増やしていきたい。うまくアピールできれば野球やサッカーに負けないくらいの人気スポーツになると思っているので、自分からもたくさん発信していきたい」と、体操ファン拡大へ向けての抱負も述べました。
smimg_11635_1_1

▼LINE の「JOCシンボルアスリート 応援スタンプ!」配信開始
東京五輪開幕1年前に向け気運を盛り上げるため、LINEの「JOCシンボルアスリート 応援スタンプ!」が配信されたようです!もちろん内村選手のスタンプも数種類あります(*^^*)
EAImy86VUAEAB-12



《これまでのまとめ》
●2019.1.22 2019-2020年の シンボルアスリートが決定!/内村航平選手、シンボルアスリート契約更新
●2019.4.16 2019JOCシンボルアスリート・ネクストシンボルアスリート認定式/ネクストシンボルアスリートに谷川航選手
●2019.7.19 2019年「JOCシンボルアスリート」ウェア贈呈/内村選手、今後の抱負・意気込み

はこちらから


▼2019.1.22 2019-2020年の シンボルアスリートが決定!
内村選手含む10名のアスリートが18年まで結んでいた契約を更新したそうです(*^^*)
今後数名追加される予定とのこと。

2019-2020年シンボルアスリート」が決定
 日本オリンピック委員会(JOC)は、NIPPON ATHLETESマーケティングプログラムにおける「2019-2020年シンボルアスリート」10選手を決定いたしました。
 なお、シンボルアスリートは順次追加を予定しておりますので、決定次第、別途お知らせします。
■シンボルアスリート(10名)
2. 選手一覧
・瀬戸 大也(水泳/競泳)
・内村 航平(体操/体操)
・小平 奈緒(スケート/スピードスケート)
・髙木 美帆(スケート/スピードスケート)
・宇野 昌磨(スケート/フィギュアスケート)
・登坂 絵莉(レスリング)
・三宅 宏実(ウエイトリフティング)
・阿部 一二三(柔道)
・髙橋 礼華※(バドミントン)
・松友 美佐紀※(バドミントン)
「※」印の選手は、原則ペアとして活動予定
pimg_11181_1_1

シンボルアスリートに瀬戸、内村ら=JOC時事通信
 日本オリンピック委員会(JOC)は22日に開いた理事会で、選手の肖像権を使ってマーケティング事業に活用する2019~20年の「シンボルアスリート」に競泳男子の瀬戸大也(ANA)、体操男子の内村航平(リンガーハット)ら10人を決めた。
 他の選手はスピードスケート女子の小平奈緒(相沢病院)と高木美帆(日体大助手)、フィギュアスケート男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)、レスリング女子の登坂絵莉(東新住建)、重量挙げ女子の三宅宏実(いちご)、柔道男子の阿部一二三(日体大)、バドミントン女子の高橋礼華と松友美佐紀(ともに日本ユニシス)。10人とも、18年まで結んでいた契約を更新した。(2019/01/22-18:46)

JOC、瀬戸や内村ら10人と契約 マーケ事業の柱「シンボルアスリート」にサンスポ2019.1.22 19:49
 日本オリンピック委員会(JOC)は22日の理事会で、選手の肖像権を使ったマーケティング事業の柱となる2019~20年の「シンボルアスリート」として、競泳男子の瀬戸大也(ANA)や体操男子の内村航平(リンガーハット)、柔道男子の阿部一二三(日体大)ら計10人と継続契約したことが報告された
 レスリング女子の登坂絵莉(東新住建)、重量挙げ女子の三宅宏実(いちご)、バドミントン女子の高橋礼華、松友美佐紀(ともに日本ユニシス)とも契約を継続した。
 冬季競技はフィギュアスケート男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)、スピードスケート女子の小平奈緒(相沢病院)、高木美帆(日体大助手)の3人。JOCによると今後、数人が追加される予定。




▼2019.4.16 2019JOCシンボルアスリート・ネクストシンボルアスリート認定式
ネクストシンボルアスリートには、体操からは谷川航選手が認定されたようです(*^^*)
2019JOCシンボルアスリート・ネクストシンボルアスリート認定式を実施
 日本オリンピック委員会(JOC)は4月16日、2019JOCシンボルアスリート・ネクストシンボルアスリート認定式を行いました。
■JOCシンボルアスリート
・瀬戸 大也(水泳/競泳)
・渡部 暁斗(スキー/ノルディック複合)
・内村 航平(体操/体操)
・小平 奈緒(スケート/スピードスケート)
・髙木 美帆(スケート/スピードスケート)
・宇野 昌磨(スケート/フィギュアスケート)
・登坂 絵莉(レスリング)
・三宅 宏実(ウエイトリフティング)
・阿部 一二三(柔道)
・髙橋 礼華(バドミントン)
・松友 美佐紀(バドミントン)
■JOCネクストシンボルアスリート
・大橋 悠依(水泳/競泳)
・仲澤 春香(ボート)
・田村 陸(ホッケー)
・小早川 志穂(ホッケー)
・宇佐美 正 パトリック(ボクシング)
・木下 鈴花(ボクシング)
・谷川 翔(体操/体操)
・馬瓜 ステファニー(バスケットボール)
・稲川 くるみ(スケート/スピードスケート)
・横井 ゆは菜(スケート/フィギュアスケート)
・吉永 一貴(スケート/ショートトラック)
・志賀 葵(アイスホッケー)
・志賀 紅音(アイスホッケー)
・川井 梨紗子(レスリング)
・髙山 大智(セーリング)
・鈴木 梨羅(ウエイトリフティング)
・部井久 アダム 勇樹(ハンドボール)
・中山 佳穂(ハンドボール)
・石上 優大(自転車)
・戸上 隼輔(卓球)
・大藤 沙月(卓球)
・神村 ひより(馬術)
・上野 優佳(フェンシング)
・素根 輝(柔道)
・後藤 希友(ソフトボール)
・永原 和可那(バドミントン)
・松本 麻佑(バドミントン)
・中口 遥(ライフル射撃)
・平野 優芽(ラグビーフットボール)
・土肥 圭太(スポーツクライミング)
・折原 梨花(クレー射撃)
・松澤 弥子(カーリング)
・吉川 恭太郎(トライアスロン)
・中山 彩理香(トライアスロン)
・前田 秀隆(テコンドー)




▼2019年「JOCシンボルアスリート」ウェア贈呈/内村選手、今後の抱負・意気込み
JOCシンボルアスリート認定の証としてウェアが贈呈され、内村選手のシンボルアスリートとしての今後の抱負、意気込みを語った動画がツイートされています(*^^*)

「他のアスリートよりも、選ばれた自分たちが競技の素晴らしさやスポーツ全体を通じての素晴らしさ、そしてオリンピックの素晴らしさを伝えていかなきゃいけいないと思うので、そういうプレッシャーはあるのですが、競技の成績や競技に向かう姿勢を見せていく中で、応援している皆さんに勇気や感動を与え続けていきたいと思っています。」
シンボル

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。