67-15-2
WEB記事、フォトなどまとめはこちら(*^^*)↓
▼2019.6.26 内村航平選手、練習を公開
公開練習のニュースは…
●FNN Live news α/完全復活への現在地
●ニュースウォッチ9/復活へ 練習公開
●NEWS23/復活へ「楽しんでいる」
●ZIP/「諦めきれない」東京五輪への思い
 をレポしました(*^^*)



▼FNN Live news α/完全復活への現在地
72FNNα
73

およそ2か月ぶりに公の場に姿を見せた、体操・内村航平。
74
75

鉄棒で大技ブレットシュナイダーに挑戦するなど、復調ぶりをアピール。
76
77
78
79

今日の練習後には、苦悩の2ヶ月間を語りました。
80
81
82
83
84
85
86
87
88

4月、世界選手権代表選考会。
89

肩を襲った怪我の影響でまさかの予選落ち。
92
93

かつての絶対王者は大きな挫折に直面していました。
94
95
96
97
98
99

オリンピックを翌年に控え味わう、どん底の日々。
100
101

そこから這い上がるために、どんな変化があったのか。
102
103
104
105
106

この日、初めてメディアの前で語った真実が。
108
109
110
112
113
114
115

雑音をシャットアウトし、異国の地で体操に向き合う日々。
116
117

沈んでいた内村の気持ちは、少しずつ変化を見せます。
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129

来年の選考会で結果を残すことで見えてくる東京オリンピック出場の道。
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143

「Must be(絶対に)は、もう越しましたよ」
145
146

「Yes Of course(もちろん)ですよ、もう」
147
148
148-2

Q:ここからはい上がりますか?
2か月前はmaybe(もしかすると)
そして今は、Must be(絶対に)を飛び越えてYes Of course(もちろん)!!

そんなふうに前向きになれたきっかけが、
佐藤コーチに提案され5月中旬に決行したオーストラリア行きだったそうです(*^^*)
【体操】ドン底の内村を救った豪州パワー
 きっかけは2016年のプロ転向以来、二人三脚で歩んできた“親友”佐藤寛朗コーチ(30)のひと言だ。「オーストラリアに行きましょう」。全日本惨敗の直後、気持ちが乗らない内村は20年以上の付き合いがある1学年下の幼なじみに「どうせ日本にいても何もできないから」と提案された。最初は「意味がない」と断ったが「絶対にリフレッシュできる。外を走っても誰にも気づかれない」と説得され、5月中旬に日本を飛び立ち、NHK杯の期間までオーストラリアで過ごした。
 これが思いもよらぬ気分転換に。アップダウンがある坂をダッシュして汗をかき、佐藤コーチと食事をするうちに驚くほど前向きになれた。次にすべきことも明確になり「6種目100%ではやらない」との方針を決定した。あくまで狙いは個人総合だが「まずは肩に負担がかからない平行棒とつり輪以外の4種目でチームに貢献し、代表に入って東京五輪に行く」という青写真が完成した。かつては「夢物語」と形容した東京五輪について内村は「今はかなえられる夢」と言い、佐藤コーチも「1年後は進化した内村航平がいると思う」と明言。体操人生のクライマックスで、いよいよキングの逆襲が始まる。
以前、“コーチ”の言葉の語源について触れたことを思い出しました。
「馬車」を意味する「Coach」という言葉から、「大切な人をその人が望むところまで送り届ける」という意味が派生したところに由来します。


さすが内村選手が唯一無二と、パートナーに熱望した佐藤コーチ
二人三脚で一緒に夢を叶えて欲しいですね(*^^*)




▼ニュースウォッチ9/復活へ 練習公開
1ニュースウォッチ9
2

復活へ向け、練習を公開です。
体操の内村航平選手。
3
4
5
6

肩を痛めた影響などから、4月の全日本選手権を予選で敗退。
日本代表から外れ、まずは8月下旬の大会に向けて調整を進めています。
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16

得意の鉄棒では、よりパワーをつけるため足首に錘をつけた状態で
G難度のカッシーナなどの手放し技を繰り出していました。
17
18
19
20
21
22
23
24
28
25
27
29
30
31
32
33
34




▼NEWS23/復活へ「楽しんでいる」
35news23

肩の痛みもあり世界選手権の代表選考会で予選落ちしてから2ヶ月。
36
37
38
39
40

内村航平に笑顔が戻ってきました。
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53

得意の鉄棒では新しい技に挑戦するなど、
体操への飽くなき好奇心が内村を支えています。
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63

夢の東京オリンピックへ。
まずは8月、復帰戦に挑みます。
64
65
66
67
67-15-2
69
70
71




▼ZIP/「諦めきれない」東京五輪への思い
149zip
150
151

怪我からの復帰を目指す内村航平が公開練習を行いました。
152
153
154

内村は、今年4月に行われた全日本選手権予選で、両肩の痛みの影響により予選落ち。
さらに、世界選手権の代表を逃しました。
155
156

東京オリンピックは夢物語と語っていました。
157
158
159

昨日の公開練習では、鉄棒や平行棒などで技を確認。
160
161
162
163
164

東京オリンピックに向けて内村は…。
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175

先ほどのコーチの記事にありました。

『絶対に諦めないこと』
それを学んだきっかけが北京オリンピックの個人総合決勝あん馬での2回の落下


初めてのオリンピックで「あきらめなければ夢はかなう」ことを実感したからこそ
「諦めない」はキングの気持ちの柱として体操人生を支えてきたように思います。

キングがその柱を失っていないことに安心しました(*^^*)

東京五輪でも「あきらめなければ夢はかなう」ことを証明する
キングの姿が見たいです!!