●34

8月9日放送「めざましテレビ」より
東京オリンピックを目指すアスリートを47都道府県から一人ずつ紹介し、
その出発点に迫る「日本つながるプロジェクト」第2弾・アスリート47人はじまりの地

2回目の千葉県では、船橋市出身の谷川翔選手が紹介されました(*^^*)
谷川翔選手の「はじまりの地」とは…?

レポしました(*^^*)


1
2

2人目のアスリートは、体操の谷川翔選手20歳。
3

去年、10連覇の王者・内村航平選手を破り、個人総合で史上最年少優勝。
今年、連覇を果たした体操界の若きエースです。
4

故郷の船橋市は人口およそ63万人。
5

都心から一番近い潮干狩りスポット「三番瀬」が有名です。
6
7

谷川選手が体操を始めたのは小学1年生の時。
8
9
10
11

兄・航選手の背中を追って、9年間通い続けた体操クラブ。
12

そこには今も、谷川選手が使っていた器具が残っていました。
13
14

体操を始めて1年の映像。
15
16

すでに才能の片りんをのぞかせていました。
17
18

そんな、谷川翔選手の「はじまりの地」は…
19

体操クラブから自宅へ帰る、およそ1㎞の道のりの途中にある坂道。
20

100mを超える急勾配のこの坂道を、小学1年生から自転車で登り続けました。
21
22
23
24
25
26
27

坂道を9年間登り続け、中学3年生で全国1位に。
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37