ヒカル・こころのブログ『内村航平history』

日本体操界初の“プロ”へ!内村航平選手の“世界一美しい体操”を全力で応援します!!

カテゴリ:【全日本団体選手権】 >  ●2014(第68回)

2

ラジオ番組の航平くんメッセージで
昨年の全日本団体選手権の優勝記者会見コメントに触れたので
せっかくなので
団体優勝を果たしたコナミスポーツクラブの優勝インタビューを
テレビ放送映像よりレポしてみました(*^^*)続きを読む
Share on Tumblr


日本体操協会ブログより
先日の全日本団体選手権の試合終了後に行われた
ファンサービスイベントのお礼と報告がアップされています(*^^*)
アスリート委員会委員長の米田功さんより
ファンサービスイベントのお礼
“イベントは初めての試みで、いろいろ反省点もありました”とのこと
初の試みに反省はつきもの、次回に生かせるといいですね〜(*^^*)
田中佑典選手は「喜んでもらえるなら苦痛ではありません」との温かいコメントを

 【イベント報告】
 ■日時 11月2日 全日本団体選手権表彰式終了後
 ■場所 代々木第一体育館
■企画 アスリート委員会
<第一弾>『選手愛用サイン入りグッズプレゼント(12名限定)』
<第二弾>『代表選手との握手会』(200名限定)

イベント




選手の皆さん、夢と感動をありがとうございます(*^^*)
サイン入りグッズプレゼントも握手会も、今回は夢で終わってしまいましたが
またこういうイベントを開催してくださるならば
次回は参加できるといいな〜

ちなみにアスリート委員会委員長の米田功さんのブログはこちら(*^^*)
米田功オフィシャルブログ
シャツから腕が透けていてかっこいい〜
こちらでも何か報告があるといいですね(*^^*)
Share on Tumblr

2014全日本団体パンフ2
『第68回全日本団体選手権』パンフレットより、眩しすぎて直視できない!

全日本団体選手権のスポーツニュースより
ちょっとしたレポと映像画像を

まずは『すぽると!』レポです(*^^*)続きを読む
Share on Tumblr

jiji


『第68回全日本団体選手権』
男子優勝はコナミスポーツクラブ
女子優勝は日本体育大学
おめでとうございます\(^o^)/


(追記④)

《東スポWeb11月3日(月)16時15分配信》

 ▼内村航平 勝利の原動力は「あの屈辱」
 勝利の原動力になったのは10月の世界選手権(中国・南寧)だ。日本は中国にわずか0・1点差で敗れ、10年ぶりの団体世界一奪還に失敗。森泉貴博コーチ(43)は1日のミーティングで「世界選手権の団体決勝よりもいい演技、いい内容にしよう。優勝、優勝と目指すのではなく、まず内容を揃えていこう」とチームに呼びかけた。
 内村は「来年(の世界選手権)、(2016年の)リオ五輪はすごいプレッシャーがかかると思うんですけど、演技で返していきたい」と力強く宣言。打倒中国を果たすことを約束した。


(追記③)
大会フォトがたくさんアップされています(*^^*)
《NIPPON NEWSより》
The 68th All Japan Artistic Gymnastics Team Championship全体100枚
The 68th All Japan Artistic Gymnastics Team Championship Kohei Uchimura航平くんのみ6枚
NN8
…と思ったら、航平くんの3枚増えてた〜(≧▽≦)記者会見
NN12

(追記②)
”GymnasticsNews”より、決勝速報(*^^*)
素敵な写真もたくさん(*^^*)
【速報】第68回全日本体操競技団体選手権 決勝

(追記①)
矢内さんの素敵な記事がアップされています(*^^*)
《スポーツナビ2014年11月3日 11:31》
王者・内村航平が越えた「25歳のヤマ」次代のオールラウンダーを牽引
●厳しい連戦を乗り切って
「チーム全体で18演技をミスなくできたという意味で、(2位だった)世界選手権より今日の方が良かった。『一番になる』という強い気持ちが結果を生んだ。この先もずっと連覇を重ねていきたい」
●「25歳のヤマ」を意識
今年は「25歳のヤマ」を意識しながらの戦いだった。
「極力無理はしないようにしている。6種目通して練習できそうだ、という日でも、2日連続やることは避けて、1日集中してやったら、次の日は休めながらやっている。ケガにだけは本当に気を付けている」
●オールラウンダーたちの成長
今大会では内村に引っ張られるように、後続のオールラウンダーたちの成長も目覚ましかった。
田中:「大きな大会(世界選手権)が終わった後だが、モチベーションを保ったままこの大会に臨んだ。妥協せず、準備ができたんじゃないかなと思う」
内村:「代表の合宿で僕に“ついてきてくれている感”があった」
加藤凌平(3年):「団体優勝を目指していたのでコナミに負けたことが悔しい」「終わってみれば個人としてはまた一歩成長できたように感じている」
野々村笙吾(3年):「今年はやっと世界選手権の代表になって、世界でも自分の演技をすることができた」「個人総合の2番手グループ3人(田中、加藤、野々村)は実力的には変わらないと思う。来年はもっと実力をつけて、勝ちにこだわっていきたい」
神本雄也(2年):「来年は苦手種目を克服し、技も増やしていきたい」
岡準平(3年):「来年は6種目のDスコア39.1を目指している」


結果、記事などをまとめました(*^^*)

続きを読む
Share on Tumblr

◆『2014第68回全日本体操団体選手権大会』◆

16
(第67回全日本体操競技団体選手権/内村最高点締め『気持ちよかった』フォト)

ここでは11月1日/2日に行われる
第68回全日本体操競技団体選手権大会に関する情報を
随時追記更新しながらまとめていこうと思います(*^^*)
(追記:9.14)
大会要項(案)と団体順位表リストのPDFがアップされたそうなの追記させていただきました
(追記:9.19)
日本体操協会HPより
『第68回全日本体操競技団体選手権』大会要項を追記しました
(追記:9.21)
班編成がアップされていますので追記しました
(10.4追記)
本日10時よりチケット販売開始です\(^^)/
(10.18追記)
テレビ放送予定情報を追記しました。
(10.24追記)
アスリート委員会ファンサービスイベントの詳細を追記しました。
(10.27追記)
コナミニュースチャンネルが更新されています
(10.28追記)
大会の解説を務められる水鳥寿思さん、黒田真由さんによる大会のみどころをご紹介。

(11.1追記)
男子決勝演技順
いよいよ始まりました全日本団体選手権
明日の決勝の男子演技順が公開されています(*^^*)
《日本体操協会HPより》
男子決勝演技順pdf  ※画像クリックで拡大
全日本1
全日本2
全日本3
全日本4



これまでの大会情報に関する記事はこちらから(*^^*)
続きを読む
Share on Tumblr

このページのトップヘ