1
『【体操:男子団体総合】 体操ニッポン復活!』
(左から)米田、水鳥、鹿島、冨田、塚原、中野

『アテネ五輪以来10年ぶり、悲願の金メダルへ!』


…ということで、
航平くんがオリンピックを目指すきっかけとなった
『栄光の架け橋』から10年目の今年は
“史上最強メンバー”と言われる体操男子日本代表への
団体金メダルへの期待がMAXです(*≧∀≦*)

アテネ五輪団体決勝のスケジュールはこうでした(*^^*)
『2004年アテネオリンピック【体操】スケジュール』
2《サンスポアテネ五輪特集より》
種目現地時間日本時間会場
男子 団体 決勝20:3026:30オリンピック屋内ホール
男子 団体 表彰式23:4529:45オリンピック屋内ホール

この時間帯に日本中が見守る中、その瞬間を迎えられたのですね(*^^*)
航平くんといえば、この時2004年8月14日~16日は
全日本ジュニア選手権に参戦されていて、
冨田さんの鉄棒の美しい新月面宙返りの着地が決まり
体操ニッポンに『栄光の架け橋』が架かった瞬間の“2004年8月17日午前5時39分”
は大会を終えた直後で、疲れの絶頂だったと思いますが
それも吹き飛ぶくらい興奮されたことでしょう(*^^*)
(航平くんの全日本ジュニア選手権まとめ記事はこちら
)

そんなわけで、
開催まで1ヶ月を切りました世界選手権を前に
10年前のアテネ五輪団体金メダルを獲得された時の状況を
当時の記憶が全く無い私は
当時の記事で振り返ってみました(*^^*)

とても素敵な記事なのにリンク切れが多いみたいで
お宝記事を掘り起こしてもらいましたので
リンク切れ記事に関しては画像にてご紹介させていただきます(*^^*)

続きを読む