ヒカル・こころのブログ『内村航平history』

日本体操界初の“プロ”へ!内村航平選手の“世界一美しい体操”を全力で応援します!!

カテゴリ: 【全日本団体選手権】

「第72回全日本体操競技団体選手権」大会結果まとめ
photo
▼大会情報まとめ


●11.24 女子団体決勝結果(リザルト、WEB記事まとめ)

●11.25 男子団体決勝結果(リザルト、WEB記事まとめ)
はこちらから
続きを読む
Share on Tumblr

2018.11.24-25「第72回全日本体操競技団体選手権」大会情報
201811080042_ex
【大会概要】
男女16チームが、2018年を締めくくる日本一のチームを決める大会。1チーム6名の選手の中から各種目3名が演技を行い、そのすべての得点合計で順位を競う。
▼大会結果まとめ(リザルト、WEB記事・フォトまとめ)

《これまでの大会情報まとめ》
●大会要項(18.10.26差替)
●2018ファン感謝イベント概要
●抽選結果
●テレビ放送予定(BS日テレ、日テレジタース)
●チケット情報
●座席表
●選手似顔絵と鉄腕アトムのコラボグッズを販売(ムジカラボさんより)
●2018.11.22 公式練習&記者会見(WEB記まとめ、出場選手インタビュー動画)
●演技順
●リザルト速報
はこちらから
続きを読む
Share on Tumblr

20181122-00000170-kyodonews-000-view
23日に行われる「個人総合スーパーファイナル」と
24・25日に行われる「第72回全日本体操競技団体選手権」の
公式練習記者会見が昨日22日に行われました(*^^*)

▼「2018 体操個人総合スーパーファイナル」大会情報まとめ▼「第72回全日本体操競技団体選手権」大会情報まとめ

WEB記事、インタビュー動画などまとめました。

まずはインタビュー動画から(*^^*)
続きを読む
Share on Tumblr

201711.26 「第71回全日本体操競技団体選手権」男子団体
23843529_1496128207091798_5039314531524066044_n
大会情報まとめ
はこちら↓本日行われた男子団体選手権は、順天堂大学が2連覇
2位はコナミスポーツ体操競技部3位は日本体育大学という結果でした(*^^*)

(2017.11.28追記)
▼大会記者会見動画

大会記者会見動画
記者会見


強豪の熱戦にファン沸く
 第71回全日本体操団体選手権が11月25、26日に高崎アリーナで開催された。高崎アリーナは6月に全日本体操種目別選手権が開催されており、選手と観客との一体感が高く評価されている。
 25日は女子競技で跳馬、段違い平行棒、平均台、ゆか種目が行われ、日本体育大学が優勝、大会4連覇となった。
 26日は男子競技で、跳馬、平行棒、鉄棒、ゆか、あん馬、つり輪種目が行われ、順天堂大学が2連覇した。
 女子優勝した日体大の笹田夏美選手は「バランスのとれたチームだと思う。今までがんばってきて良かった」、村上選手は「ミスが無くチームに貢献できた」、男子優勝した順天堂大の早坂尚人選手は「優勝をめざして練習し、達成できた」と表彰台で喜びを語った。
 26日の表彰式終了後、ファン感謝イベントが行われ、日本代表の白井健三選手(日本体育大)、谷川航選手(順天堂大)、村上茉愛選手(日本体育大)、杉原愛子選手(朝日生命)、宮川紗江選手(セインツ体操クラブ)、寺本明日香選手(レジックスポーツ/中京大)ファンと握手を交わして交流した。
IMG_0984-1
IMG_2854

体操 全日本団体選手権 白井が高難度の演技披露NHKニュース
 先月開かれた体操の世界選手権で3つのメダルを獲得した白井健三選手が大会後、初めて国内の試合に出場し、金メダルを獲得した「ゆか」や「跳馬」の演技を披露しました。
 白井選手は先月、カナダで開かれた世界選手権の種目別「ゆか」と「跳馬」で金メダル、個人総合では銅メダルと合わせて3つのメダルを獲得しました
 白井選手は26日、群馬県高崎市で行われた高校と大学、それに社会人の16チームが参加して体操の団体日本一を決める、全日本団体選手権に日本体育大学のメンバーとして出場しました
 白井選手は最初の「ゆか」では2回、回って3回ひねるH難度の「シライ3」や、4回ひねりのF難度、「シライ/グエン」を次々と決めて、15.850と2位の選手に1点の差をつけトップの得点をマークしました。また、「跳馬」では全体の2位となる14.950をマークしたほか、「平行棒」では5位、「鉄棒」では4位に入りました
 日本体育大学は合計で255.550で3位でした。また、世界選手権で3種目に出場した順天堂大学の谷川航選手は、「跳馬」で前方に2回宙返りする「ブラニク」という大技を着地まで完璧に決めてただ1人、15点台の高得点をマークするなど、出場した4種目すべてで14点以上をマークする活躍を見せました。大会は順天堂大学が2年連続5回目の優勝を果たしました。
白井「やるべきことはできた」
 白井健三選手は「オールラウンダーとして6種目すべてに出場する準備をしていた。結果は団体3位だったが、100%の自信を持って臨めたし、自分がやるべきことはできたので満足だ」と大会を振り返りました
 さらに順天堂大学の優勝に貢献した谷川航選手や萱和磨選手など同年代の選手の活躍について、「自分の練習に身が入らないときも同じ世代の選手たちのことを思うとここで止まってはいられないと思える。僕たちの世代が中心となって、日本の体操界を引っ張っていきたい」と話していました
谷川「100点以上の出来栄え」
 優勝した順天堂大学の谷川航選手は、「跳馬」で大技の「ブラニク」を決めて全体でトップとなる15.150の得点をマークしたことについて、「練習でもあれだけきれいに着地が決まったことはなかったので、100点以上の出来栄えだ。世界選手権では、どの種目でも結果を残すことができなかったので、その悔しさをこの大会でぶつけようと思っていた」と充実した表情で話していました。
K10011236401_1711261950_1711261952_01_02

【速報】全日本団体 男子決勝 GymnasticsNews

男子団体はインターハイの上位2チーム、全日本ジュニア選手権(1部)1チーム、インカレ団体(1部・2部)と全日本シニアの2大会の得点を順に並べた上位12チーム、ジュニアナショナル選手の選抜チーム1チームの合計16チームで争われる。

前日に行われた女子決勝と同じく、1チーム6名の内、各種目を3人が演技する。そしてその3人全員の得点がチームの得点となる6-3-3制だ。2チームが1組となり、その2チームの選手が交互に演技を行うFIG決勝方式を採用する点も同様だ。
DPk140NU8AABhZP
19980_20171126
15131_20171126
DSC_9233



白井に祝福される順大の選手
男子団体10


順大が連覇=体操全日本団体
男子団体11


白井、床で高得点も日体大は3位…/体操
 あん馬とつり輪を除く4種目に出場した白井は床運動で、金メダルを獲得した世界選手権を上回る15・850点をマーク。世界一の貫禄を示したが、チームは優勝に届かなかった。4年生にとっては学生最後の大会。新チームで主将を担う3年生の白井は「普段の生活から背中で見せていきたい。そのためには主将として結果を残さないといけない」と表情を引き締めていた。
世界選手権の男子代表で順大を2連覇に導いた谷川航
「世界選手権は(目立った成績を残せず)結果だけを見たら悔しい。その悔しさの全部をぶつけられた」
男子団体12-1
男子団体12-2
男子団体12-3
男子団体12-4
男子団体12-6
男子団体12-7
男子団体12-5



コナミ、リオ金メダリストが存在感 田中「ノーミスで4種目できた」/体操
 2位に入ったコナミスポーツは10月の世界選手権代表から漏れたリオデジャネイロ五輪金メダリスト2人が存在感を示した。田中は平行棒、G難度の「カッシーナ」を決めた鉄棒でトップ。「ノーミスで4種目できた。また(世界の舞台で)団体や個人総合をやりたい」と復活を誓った。
 同じく4種目に出場した加藤は床運動で白井に次ぐ2位。代表を落ちたことで「伸び伸びと体操ができるようになった」と話す一方で「粘り強さとか集中力が続いていないのかなという思いもある。心の面を調整したい」と改善点も口にした。


エキサイティングな展開となった「第71回全日本体操団体選手権」の創意工夫<前半>(椎名桂子) - Y!ニュース


エキサイティングな展開となった「第71回全日本体操団体選手権」の創意工夫<後半>(椎名桂子)- Y!ニュース


[体操]白井、貫禄の演技でけん引 日体大3位、王座奪回はならず中日スポーツ
 役者が違う。白井が世界トップの実力を示した。10月の世界選手権(カナダ)の種目別で金メダルを取った床運動。シライ2(前方伸身宙返り3回ひねり)などを危なげなく決め、最後はシライ/グエン(後方伸身宙返り4回ひねり)で華麗に締めた
 「エースが硬くなるとチームも硬くなる。明るく元気よくいった」。立ち見客らで埋まったスタンドの期待に、15・850のハイスコアで応えた。最終種目の鉄棒を終えると「(個人種目だけの)世界選手権とは180度変わって、みんなのための戦いだった」と感極まって涙を拭った。
 世界選手権では個人総合でも銅。「オールラウンダーとしてこの大会では6種目全部出るつもりで準備していた」と言う。実際に出場した跳馬、平行棒、鉄棒を含めた4種目では目立ったミスがなく、オールラウンダーとしての進化も証明した。次戦は豊田国際体操(12月9、10日・愛知県豊田市)に出場する。世界選手権で故障した内村航平(リンガーハット)もエントリーする見込みで、「航平さんの復帰を心から待っています」。世界選手権ではかなわなかった直接対決に挑む。 (木村尚公)
PK2017112702100087_size0


男子は順大が連覇
DPmfWTkUEAAu9i4


Taisou-nipponさんの写真より
https://www.facebook.com/taisounippon/posts/1496128207091798
23843529_1496128207091798_5039314531524066044_n
23844652_1496128210425131_1335306631667641699_n
23905726_1496128203758465_4323453576631620038_n



順天堂大学体操競技部さんの写真より
https://www.facebook.com/juntendo.gym/posts/1956190457975198
https://www.facebook.com/juntendo.gym/posts/1956192607974983
23905360_1956190457975198_3864476126280179728_n
◇23844782_1956190461308531_3409246263229255777_n
◇23905612_1956190831308494_4567514389338007366_n
◇23915837_1956190757975168_9027443195351536574_n
◇24058731_1956190634641847_3800055775614859775_n
◇23915924_1956190671308510_1820987713585597088_n
23905377_1956191007975143_4709337346766317666_n

◇24131526_1956192601308317_4541961694783886490_n
◇23915542_1956192734641637_132203746000925603_n
◇23905310_1956192891308288_6026615840348511574_n
◇23844581_1956192594641651_4304805056117279855_n
◇23915959_1956192667974977_492867276010807914_n
◇23905322_1956192737974970_6575522990472370168_n












これまでのWEB記事など、まとめはこちらから

続きを読む
Share on Tumblr

第71回全日本体操競技団体選手権 大会結果
大会情報まとめはこちら↓

▼11月26日 男子団体選手権結果
男子団体選手権結果pdf
1位 順天堂大学 258.800
2位 コナミスポーツ体操競技部 257.850
3位 日本体育大学 255.550

DPi_3zBUMAApK0q
▼男子 決勝 団体総合結果(詳細)
DPjAEsUVQAEbHz3
DPjAFlDUMAAWKmL
DPjAGRNV4AANsZ3
DPjAG1rU8AE6JXj


▼男子団体レポート
男子1班レポート
男子2班レポート


●11月25日 女子団体選手権結果(リザルト、レポート)はこちらから
続きを読む
Share on Tumblr

このページのトップヘ