ヒカル・こころのブログ『内村航平history』

日本体操界初の“プロ”へ!内村航平選手の“世界一美しい体操”を全力で応援します!!

カテゴリ: 【ユースオリンピック】

●16
今更ですが、
今回の北京での合同合宿にも参加されている北園丈琉くんを特集した
去年10月28日放送「GET SPORTS」レポです(*^^*)

ユース五輪で個人総合、種目別4種目を制し
ユース五輪史上初の5冠を達成した北園選手の
9日間の激闘に迫った、という内容となっております。

▼『第3回ユースオリンピック(夏季大会)』大会情報まとめ
レポの前に、北園くん関連の記事を(*^^*)↓

白井健三だけじゃない! 内村航平も驚く“期待の新星”登場で体操男子は東京でもメダルラッシュか〈週刊朝日〉1/3(木)
 2019年を迎え、東京五輪まであと1年半ほどになった。メダルの期待が高まる競技はたくさんあるが、男子体操もその一つ。“絶対王者”が君臨してきたが、期待の新星も現れている
 男子体操は東京五輪で、団体、個人総合ともに金メダルが有力視されている。個人総合では、ロンドン、リオの五輪2連覇、世界選手権6連覇、全日本選手権10連覇の内村航平(30)の存在感が圧倒的だ。その王者に追いつき、追い越そうとしている若手もいて、選手の層は厚い。
 期待の新星として輝きを放つのが、大阪・清風高校1年の北園丈琉(たける)選手(16)。まだ幼さが残る顔立ちでニコニコ笑う好青年だ。清風中時代から指導する梅本英貴監督によると、身長は昨年4月から4センチ伸びて150センチになったが、大会直前に「痛い」と話すこともあり、成長痛とも格闘しているようだ。
 ダイナミックな開脚旋回が続くあん馬や、力強いつり輪では、小柄な体格や年齢を感じさせない演技を見せる。中学時代の北園の演技を見た内村が「中学生にしてはすごい事やりすぎでしょ」とコメントしたほど、早くから高い技量を身につけており、“内村2世”との呼び声も高い。
 小学生の頃から個人総合の6種目(ゆか、つり輪、あん馬、跳馬、平行棒、鉄棒)に取り組んできた。得意種目を尋ねると、「あん馬とつり輪と平行棒。あん馬なら開脚旋回系、つり輪は終末技の伸身ルドルフ、平行棒はダブルハーフ」とすらすらと答える。
 そして苦手な種目はないと言い切る。
 「全体的にバランスがとれているのが(自分の)いいところ」
 1年生ながら清風高校チームの主力を担い、2018年8月の全国高校総体(インターハイ)では団体優勝に貢献。個人総合でも5位入賞を果たした。
 「(18年は)高校生になって、清風としてインターハイも全日本ジュニアも戦っていろんな経験ができた。その中で結果も残ってきた一年だったと思います」
 北園の実力を世界に知らしめたのが、18年10月、アルゼンチンで開かれた夏季ユース五輪だ。「個人総合で優勝するのが一番。種目別でも金メダルをとって帰るのが目標」と臨んだ北園は、個人総合予選を1位で通過。決勝でも緊張感にのまれることなく、鉄棒など3種目でトップの点数をたたき出して優勝した。
 さらに勢いに乗り、種目別のゆか、つり輪、平行棒、鉄棒でも優勝し、5冠達成の快挙を成し遂げたのだ。
 「(個人総合は)ゆかとあん馬がいい流れで来たので、『いけてるな』と思ってたんです。でも平行棒で失敗があり、少し気の緩みが出たかなと思います。(5冠の結果は)自信になったし、このまま成長して東京にも絶対に出ようという強い気持ちが芽生えました」
 この言葉のように、北園を突き動かすのは東京五輪だ。小学5年だった13年9月、東京が五輪開催地に決定。五輪を見据えてメダリストを多数輩出している名門・清風中に進んだ。前述のユース五輪も「東京の通過点」ととらえている。
 あこがれの選手はやはり内村航平。小学4年の時に目にした、ロンドン五輪個人総合金メダルの姿が印象に残っているという。
 「絶対的エースという頼れる存在です。ああいう体操をしたいなと思います。東京に出るには、やっぱり同じくらいまでいかないといけない。力をしっかりつけて、一緒に出たいです」
 新星の北園だが、男子体操界は今や“戦国時代”。個人総合においては、内村ですら東京五輪出場への道は平坦(へいたん)ではない。
 まずは“ひねり王子”こと白井健三(22)がいる。ゆか、跳馬のスペシャリストとしてリオ五輪に臨み、跳馬で銅メダル。18年11月に初開催された、個人総合国内トップ選手12名による「2018男子個人総合スーパーファイナル」(内村は不参加)では、ゆかと跳馬でトップの点数を出して優勝した。
 ほかにも、同年10月の世界選手権で白井を上回る6位に入った萱和磨(22)がいる。同年4月の全日本選手権で内村と白井を抑えて史上最年少優勝を果たした谷川翔(19)、内村らとともにリオ五輪団体を制した田中佑典(29)、加藤凌平(25)も忘れてはならない。
 さらに、前述の「スーパーファイナル」で白井と3位の萱に割って入ったのが、北園の先輩でもある清風高校3年の三輪哲平(18)だ。昨年のインターハイ個人総合王者は、跳馬で大技・ロペスを決め、鉄棒でも着地をピタリと止めるなどの高校生らしからぬ演技で、上位3人に与えられる今年の個人総合ワールドカップシリーズへの出場権を勝ち取った。
 この「スーパーファイナル」で北園は8位に終わった。先輩・三輪の2位を間近で見ていただけに、悔しさもひとしおだろう。それがまた成長につながる。
 2019年は、4月の全日本選手権に焦点を当てる
 「18年はしっかりノーミスでやりきることがあまりできていなかった。19年は個人総合で完璧に演じきれるようやっていきたい。全日本選手権がまず自分の力を出す舞台だと思うので、いい演技ができるようにがんばります」(北園)
 体操男子は“王子たち”が続々と現れ頼もしいが、右足首のけがの影響で18年10月の世界選手権個人総合を欠場した内村も、早期の大会復帰が待たれる。
 女子も負けてはいない。世界選手権個人総合では村上茉愛(22)が同種目初となる銀メダルを獲得。得意種目はゆかで、大技・シリバスをもつ“ゴムまり娘”。同大会で逃した団体の東京五輪出場枠に再挑戦するために、今年の世界選手権での活躍が期待される。
 畠田瞳(18)は同年8月のインターハイ女子個人総合で初優勝し、世界選手権にも出場した。父親は1992年のバルセロナ五輪で体操男子団体銅メダルを獲得した畠田好章さん。英才教育を受け、さらなる成長が見込まれている。
 体操界は男女ともスターぞろいで、誰が主役に躍り出るのかわからない。東京五輪で「体操ニッポン」を楽しむためにも、今から目が離せない。(本誌・緒方麦)※週刊朝日オンライン限定記事
AERA2

今月放送されたテレビ東京「SPORTSウォッチャー」でも特集がありましたが
その放送内容が記事になっているようです。

レジェンド・内村航平も認める 体操・東京五輪期待の星 北園丈琉とはテレビ東京1/23(水)
 体操界に君臨するキング・内村航平。ロンドン・リオオリンピック連覇を果たした言わずと知れたレジェンド。そんな男が絶賛する高校生がいる
 「北園君ですね。東京オリンピックに出て一緒に戦いたい
 北園丈琉(キタゾノタケル)16歳。高校生とは思えぬ美しい演技から付いた異名は“内村2世”東京オリンピック期待の星だ。
 「内村さんが成し遂げてきたことを僕も受け継いでやっていかないといけない」
 ためらいなくそう言葉にした“内村2世”はその名に恥じない、前人未踏のある記録を打ち立てる。昨年10月アルゼンチンで行われたジュニア最高峰の舞台・ユースオリンピック。
 世界中から集まった未来のオリンピアンが集う中、北園は個人総合で金メダルを獲得した。それだけでなく種目別のゆか、つり輪、平行棒、鉄棒でも頂点に。史上最多となる5冠を達成し、体操界で新たな伝説を生み出した。名実ともに日本体操界次世代のエースへと近づいた16歳は、さらなる大志を抱く。
 「ここで結果を残したからと言って東京オリンピックに行けないと意味がないと思うので、内村選手を超える存在になりたいと思います」
●立ちはだかる難易度の壁
 しかしその1ヶ月後、北園は東京オリンピックへの壁の高さを知ることとなる。国内上位12名で争われる個人総合のスーパーファイナル(群馬・高崎)。ひねり王子こと白井健三らも出場するハイレベルな舞台は北園のシニアデビュー戦でもあった。
 北園は落下など大きなミスをすることなく演技をこなしていく。しかし結果は8位と決して納得の行くものではなかった。北園を指導する清風高校の梅本英貴監督はこう語る。
 「シニアで戦っていくためにはいつまでも子供の体操ではだめなので、Dスコア(技の難度)を上げにかからないといけない」
 北園に求められるもの、それはより難易度の高い技だ。大会を制した白井健三の演技構成点と比べるとその差は一目瞭然。
Eスコア
白井健三 49.497
北園丈琉 49.298
 技の出来栄えで決まるEスコアには差がないのに対し
Dスコア
白井健三 36.0
北園丈琉 32.4
 技の難易度で決まるDスコアに大きな差が出ている。1点を争う体操競技でこの差は致命的だ。
 この課題を克服するべく北園はこの冬、新技の修得に励んでいた。例えば鉄棒ではE難度のコールマンに挑戦。鉄棒のスペシャリスト内村も使っているこの離れ技。仮に今の構成に難易度Eのこの技を組み込めば、得点が0.2も上がることになる。
●東京五輪まで1年。さらなる進化へ
 新技の挑戦に北園も手ごたえを感じており、実戦で使えるレベルまでもあと一歩だという。わずか数ヶ月の練習で完成まで近づける若き才能には梅本監督も舌を巻く。
 現実離れと思われるかもわかりませんが、限界がないというか高校生だからこそ本人も限界を作ってないですし(Dスコアが)上がるんじゃないかと」
 東京オリンピックまで残された時間はわずか。最年少メダリストの誕生へ若き才能の挑戦は続く。
 「東京オリンピックっていうのは自分の中にも特別な思いはあります。出るからには優勝を目標にしているので高校生だからって言われないような演技を毎試合やっていけたらと思います」

●14
そんなキングの思いをしっかりと受け止めるかのように
強い覚悟と自覚を持って東京五輪を目指す北園くん。

そんな彼のとっても頼もしい姿が「GET SPORTS」でも特集されていました(*^^*)

では、
「GET SPORTS」ユース五輪5冠・北園丈琉16歳 “偉業”と“覚悟”に迫る
レポはこちらから
続きを読む
Share on Tumblr

『第3回ユースオリンピック(夏季大会)』大会結果まとめ
Do-Qi92W4AAabGz
▼大会情報
まとめ
3日間にわたって行われた
個人総合・種目別予選を兼ねた種別混合団体。
北園選手のいるチームウィットロックが銀メダルを獲得‼

(2018.10.12)
今日、午前中に行われた男子個人総合決勝
予選トップ通過した北園丈琉選手が82.298点で金メダル獲得!!

(2018.10.14)
先ほど行われた男子種目別ゆかに出場した北園選手は
みごと金メダル獲得!!
あん馬は惜しくも落下があり6位入賞でした!

(2018.10.15)
種目別2日目に行われた男子つり輪と跳馬の決勝。
つり輪に登場した北園選手は、今大会3つ目の金メダルを獲得!!

(2018.10.16追記)
ユース五輪、体操の最終日の今日
北園丈琉選手が種目別の平行棒、鉄棒でも優勝‼
なんと、今大会合わせて5つの金メダルを獲得‼
合計メダル数は6つとなり、史上初の快挙だそうです(*^^*)
(丈琉くん強すぎるー‼)
女子ゆかの決勝に臨んだ山田千遥選手は6位入賞‼

おめでとうございます!\(^o^)/
そして、お疲れさまでした!!

(2018.10.18追記)
▼ユースオリンピック メダリストメッセージ


▼大会を振り返って
体操北園丈琉「シニアは全然まだまだ」5冠振り返る - スポーツ
日刊スポーツ
 夏季ユースオリンピック(五輪)の体操男子個人総合と種目別で計5個の金メダルを獲得した北園丈琉(大阪・清風高)が16日、ブエノスアイレスの選手村で取材に応じ「取ろうと思って取るのは難しい。プレッシャーの中でやりきることができた。結果には満足している」と5冠の偉業を振り返った。
 個人総合では2位に大差をつけ、高い完成度を世界にアピールした。それでも「ジュニア(世代)だから優勝できた。シニアでは全然まだまだ」と厳しく自己評価。五輪金メダリストの内村航平(リンガーハット)に憧れる15歳のオールラウンダーは「美しい体操が日本の伝統。僕も受け継いで頑張ろうと思っている」と使命感を口にした。
 2年後に迫った東京五輪に向け「出ないと意味がない。しっかりそこにつなげられるように」と並々ならぬ意欲を強調。「個人と団体で金メダルを取りたい」と新たに大きな目標を打ち立てた。

体操5冠の北園丈琉「美しい体操、受け継ぐ」
産経ニュース
201810170000286-w500_0

「美しい体操」受け継ぐ15歳=北園、ユース五輪で5冠
【ブエノスアイレス時事】
 ブエノスアイレスで開催中のユース五輪の体操男子で、15歳の北園丈琉(大阪・清風高)が5個の金メダルを獲得した。「目標にしていた」という個人総合に加え、種目別のゆか、つり輪、平行棒、鉄棒で頂点に立った。メダルの重みをずっしりと感じ、「首がしんどい」と言って笑わせた。
 身長が150センチに届いたばかりという小柄な体格ながら、筋力を生かした力強い演技が特長で、つり輪やあん馬、平行棒が得意なオールラウンダー。8月には全日本ジュニア選手権の個人総合を制して臨んだ今大会。「体操は金メダルを取って当たり前だとみんなが思っている。プレッシャーの中でやり切ることができた。そこは成長したところ」と自分を褒めた
 「美しい体操を意識してやるのは日本の伝統。僕も受け継いで頑張ろうと思う」と話す。目標の選手は、中学2年の時に鉄棒の指導を受けたことがある内村航平(リンガーハット)。「一言で言うと、格好いい体操。着地とか、大事な場面で(演技を)通し切るのがすごく格好いい」と憧れる
 現時点の力は「シニアではまだまだ」と自覚するが、今回の5冠達成で、17歳で迎える東京五輪の代表入りへ意を強くした様子。「内村選手と一緒に五輪に出たい。この冬は壊れない体をしっかりつくりたい」。ユース五輪での成果を自信にして、トップ選手に挑む
 ◇北園丈琉の略歴
 北園 丈琉(きたぞの・たける)3歳で体操を始める。大阪・清風中3年時の17年アジアジュニア選手権で種目別の平行棒2位。清風高に進み、今年8月の全日本ジュニア選手権で個人総合を制した。つり輪、あん馬、平行棒を得意とする万能型。150センチ、45キロ。15歳。大阪府出身。(2018/10/17-08:41)
★0181017at10_p

▼Get Sportsより
★y1
★y2
★y3
★y4
★y5
★y6
★y7
★y8
★y9
↓↓この、内村選手と北園選手のやりとりシーンがあるレポはこちら(*^^*)↓↓
▼2017.2.3 男子ナショナルチーム 強化合宿公開ニュースレポ

《これまでのまとめ》
●10月7日 種別混合団体(個人総合、種目別予選)①結果/体操男子(あん馬)、体操女子(ゆか)、体操男子(ゆか)
●10月8日 種別混合団体(個人総合、種目別予選)②結果/体操男子(つり輪)、体操女子(跳馬)、体操(男子跳馬
●10月9日 種別混合団体(個人総合、種目別予選)③結果/体操女子(段違い平行棒)、体操男子(平行棒)
●10月10日 個人総合・種目別(女子平均台、男子鉄棒)予選 結果
●10月10日 種別混合団体 結果
●10月11日 男子個人総合決勝結果
●10月12日  女子個人総合決勝結果
●男女種目別1日目結果(男子ゆか・あん馬、女子跳馬・段違い平行棒)
●男女種目別2日目結果(男子つり輪、跳馬)
●男女種目別最終目結果(男子平行棒・鉄棒、女子平均台・ゆか)

はこちらから
続きを読む
Share on Tumblr

『第3回ユースオリンピック(夏季大会)』大会情報
DoV4Bq6VAAQH-Hk
▼Buenos Aires 2018:大会情報サイト、SNS

●大会公式サイト:Buenos Aires 2018FacebookTwitterYouTubeInstagram.
●JAG:第3回ユースオリンピック競技大会
●JOC:第3回ユースオリンピック競技大会
▼大会結果まとめ

《これまでの大会情報まとめ》
●大会要項/競技予定
●日本代表選手団名簿(9月18日現在)
●「種別混合団体」について
●2015.7.25 大会エンブレム発表
●2018.2.1 メダルデザイン発表
●2018.9.30 日本代表選手団 結団式
●2018.10.1 日本代表選手団、現地へ出発
●スタートリスト(種別混合団体、個人総合・種目別予選)
●スタートリスト(個人総合決勝)
●スタートリスト(
種目別決勝)
●ライブストリーミング(Olympic Channel)

▼ユースオリンピック日本代表選手選考に関する情報まとめ
・2018.2.18 ユースオリンピック日本代表選手選考方法(男子)・予選会有資格者
・2018.4.25 2018ユースオリンピックゲームズ日本代表決定競技会(男子)情報
・2018.5.5 女子日本代表は山田千遥選手
・2018.5.5 男子日本代表は、北園丈琉選手(清風高等学校)に決定
はこちらから
続きを読む
Share on Tumblr

『月刊トレーニングジャーナル』表紙掲載情報
“安全に、効率よく、そして楽しく!スポーツをわかりやすく伝える専門誌”『月刊トレーニングジャーナル』の表紙掲載情報まとめです(*^^*)

(2017.5.15追記)
▼2017年6月号(村上茉愛選手)
月刊トレーニングジャーナル 2017年6月号
tore1

《これまでのまとめ》
●2008年12月号『2014第2回ユース五輪』男子代表監督・室井聖史さん
●2009年9月号 体操ジャパン・カップ2009
●2011年7月号(第65回全日本体操競技選手権)

●2014年7月号(第68回全日本体操個人総合選手権)
●2016年1月号(萱和磨選手)
●2016年10月号(内村航平選手・リオ五輪)

はこちらから(*^^*)

続きを読む
Share on Tumblr

FIG YouTubeチャンネルにて
『2014ユース五輪』の開会式から閉会式にわたって
スライドショーで振り返った動画が公開されているそうです(*^^*)

《FIG Channelより》
YOG Nanjing 2014: Share the Games - Share our Dreams


湯浅選手のシーンも(*^^*)
ユース五輪
ユース五輪2
ユース五輪3
…大会マスコットバルーンでしょうか?(^^;圧倒…
Share on Tumblr

このページのトップヘ