ヒカル・こころのブログ『内村航平history』

日本体操界初の“プロ”へ!内村航平選手の“世界一美しい体操”を全力で応援します!!

カテゴリ:【インターハイ(全国高校総体)】 >  ●2015(近畿総体)

全国高体連体操部ブログにて
近畿総体 優勝校個人優勝者フォトが掲載されているそうです(*^^*)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
体操競技優勝校と個人優勝者
《全高連体操ブログより》
体操競技優勝校と個人優勝者

●男子団体優勝校 清風高等学校(大阪府)
large_DSC00244

●女子団体優勝校 戸田翔陽高等学校(埼玉県)
large_DSC00267

●男子個人優勝者 加藤裕斗選手 埼玉栄高等学校(埼玉県)中央の選手
large_DSC00290

●女子個人優勝者 土橋ココ選手 名経大市邨高等学校(愛知県) 中央の選手
large_DSC00310


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
インターハイ体操競技表彰式
inhi_taisoTwitterより》


Web記事もちょこっとまとめてみました(*^^*)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
《サンスポ2015.8.3 20:29
清風、主将・田中が地元V決める 梅本監督「さすがの働き」/高校総体
 全国高校総合体育大会第7日(3日、大阪市)接戦になった体操の男子団体総合は、地元の清風が8年ぶりに高校日本一に返り咲いた。最終種目は床運動。最終演技者で主将の田中が15・200点を出して優勝が決まり、梅本監督は「最後まで分からなかった。キャプテンがさすがの働きだった」と感激した。
 田中は「緊張した」という出だしのあん馬で落下し、個人総合優勝の可能性がしぼんだ。それでも集中力を失わず、終盤に鉄棒と床運動の2種目で15点台をマーク。「小学生のころから憧れた清風を勝たせることができて自信になる」と喜んだ。(共同)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
《サンスポ2015.8.3 20:27
加藤、日本代表の兄超える優勝「できることを精いっぱい続けたい」/高校総体
 全国高校総合体育大会第7日(3日、大阪市)体操の男子個人総合を制した加藤は、日本代表の凌平(順大)の弟。自身の結果は2011年に個人総合で2位となった兄を超えたが、得意のあん馬で落下したことが響き、チームは団体総合の優勝を逃した。「悔しさが大きい」と硬い表情だった。
 近い将来、代表選手として体操ニッポンの伝統を受け継ぐことを夢見て「着地までしっかり止める美しい体操が理想」と語る。「兄と肩を並べたいので、それに向けて今できることを精いっぱい続けたい」と力強く言った。(共同)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
《サンスポ2015.8.3 20:09
1年の土橋、抜群の安定感でV「練習通りの演技できた」/高校総体
 全国高校総合体育大会第7日(3日、大阪市)体操の女子個人総合は、ただ一人全4種目で14点台をマークする安定感を見せた1年の土橋が優勝。「ミスを怖がらず、練習通りの演技ができた」と自画自賛した。
 昨年5月の全日本選手権で11位に入り、6月のNHK杯に最年少で進出。2020年東京五輪での活躍が期待される存在だが、1日の予選ではインターハイの雰囲気にのまれて「脚が震えた」と4位だった。それでも「予選で雰囲気は分かったので」と、中1日で見事に立て直した。
 リオデジャネイロと東京の両五輪を目指す。「一つ一つの積み重ね。そうしていくうちに見えてくるかも」と落ち着いた口ぶりだった。(共同)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
《読売オンライン2015年08月04日
<高校総体>清風 体操団体V ボート男子も
 府勢は、体操の男子団体総合で、清風が8年ぶりに頂点に立った。個人総合では、同校3年の田中樹選手が3位に入った。女子団体総合は四天王寺が2位。個人総合では、同校3年の中村有美香選手が3位に入った。
◆地元で悲願達成
 体操男子団体総合で、2年連続で市船橋(千葉)との優勝争いに敗れて2位だった清風が、地元開催の今大会で悲願の団体優勝を果たした。3年の主将、田中樹選手が個人総合で3位となり、けがから復帰した3年の副主将、長谷川瑞樹選手もチームの優勝に貢献した。
 決勝では、最初の演技のあん馬で松見一希選手が14.750点を記録し、チームに勢いをつけた。予選は不調だった長谷川選手も跳馬で15.300点をマーク。田中選手は得意の鉄棒で15.000点を出して突き放した。
 昨年4月に両ひざ半月板を手術した長谷川選手は「チームに戻れるか不安な時期もあった。今日は大きなミスもなく演技ができた」と感無量の様子。田中選手も「期待に結果で応えたかった。チームを引っ張っていくのは大変だったが、体操をやってきて本当によかった」と喜んだ。
インハイ1

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
《読売オンライン 高校総体2015写真特集
体操男子個人総合で初優勝した埼玉栄・加藤の鉄棒の演技
インハイ2

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
《読売オンライン2015年08月04日
若狭 ボート男女V ダブルスカル・・・全国高校総体
◇来年こそ優勝を 体操男子団体4位・鯖江・荒屋敷主将
 体操男子団体で4位、個人総合で9位になった鯖江3年の荒屋敷響貴主将、「団体優勝を狙えるメンバーだったのに、自分が機能できず仲間たちに申し訳ない」と悔しがった。
 この日は、跳馬で鮮やかなひねり技を決め、平行棒でも15点の高得点をマークした。だが、あん馬は「落ちそうになって立て直そうとしたら、動きが乱れてしまった」と、中盤以降の種目で得点を伸ばせなかった。
 青森県出身。小学生から体操を始め、2010年に鯖江を初の優勝に導いた岡準平選手らに憧れ、進学先に同校を選んだ。
 今年3月の全国高校選抜で個人を制覇。今大会では個人、団体とも優勝を狙っていたが、会場入り後の練習で腰を痛め、予選前日には痛み止めの注射を打つほど悪化し、いつもは「ピタッ」と決まる着地も一歩出てしまっていた。
 荒屋敷主将は「この悔しさをバネに来年こそ団体優勝してほしい」と後輩に思いを託し、「東京五輪出場を目標に、一つ一つ技の精度を上げていきたい」と意気込んだ。

インハイ3

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
《大阪ニュース2015年8月4日》
清風 体操、ボートV 近畿総体
 近畿6府県で開かれている「全国高校総合体育大会(インターハイ)」第7日は3日、大阪市中央体育館などで13競技が行われ、大阪勢は体操男子団体で清風(田中樹、長谷川瑞樹、松見一希、山根直記)が8年ぶり15度目の優勝。
 体操の清風は、個人総合総合でも 3位に入った田中を中心に安定感のある演技を披露。予選トップの市立船橋(千葉)、同2位タイの関西(岡山)などを抑えて頂点に立った。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
《大阪市中央体育館HP》
平成27年度全国高等学校総合体育大会「2015 君が創る 近畿総体」
 大阪市中央体育館での開催は平成21年インターハイのバスケットボール大会以来6年ぶりで、体操競技大会としては2回目、新体操競技大会が行われるのは今回が初めてとなります。
cats

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
《佐賀新聞2015年08月04日 10時14分 》
=近畿総体= 体操 小畠、E難度連発 床で頂点風格
「もっと断トツで勝ちたかった」。体操男子の種目別床運動で頂点に立っても、鳥栖工の小畠廉生の表情は晴れなかった。15・250点で2位との差は0・05点。薄氷の勝利だった。
SAG2015080499000063_id1_20150804101624

●努力と友情の「銅」 あん馬・二又旋回の姿勢美しく
 体操男子種目別のあん馬で、二又慎太郎(鳥栖工)が14・400点で3位を勝ち取った。自身にとって全国大会初の入賞。二又は「自分よりもうまい選手がバランスを崩して落ちる中、失敗しなかったのが大きい」と声を弾ませた。
SAG2015080499000063_id2_20150804101625

中川駿(鳥栖工体操男子団体メンバー)
 決勝の舞台で先輩たちと試合ができてよかった。あん馬で落下したけど、他の5種目はよくできた

SAG2015080499000063_id3_20150804101625
土川慧(同)
 誰かがミスしたときの“保険”の役割が僕にはあったが、点数で力になれずに悔いがある。すごい先輩たちで尊敬します。



Share on Tumblr

★平成27年度全国高等学校総合体育大会★
『平成27年度全国高校総体(体操競技)』
大会結果まとめ記事です。

大会情報まとめ記事はこちら


《インハイTV速報》
インハイTV、体操 LIVE配信サイト(*^^*)
体操


▼大会成績〜入賞者一覧・順位〜
《入賞成績一覧:男子団体》
1位 大阪・清風 260.800
2位 岡山・関西 259.750
3位 埼玉・埼玉栄 258.550
4位 福井・県立鯖江  256.600
5位 千葉・市立船橋 255.750
6位 愛知・名城大学附属  250.300
《入賞成績一覧:男子個人》
1位 加藤裕斗選手(埼玉栄)  87.950
2位 柚木健大朗選手(関西)  87.100
3位 田中 樹選手(清風)  86.850
4位 湯浅賢哉選手(市立船橋)  86.600
5位 府殿大佑選手(徳島県立小松島) 86.250
6位 米倉英信
選手(関西)   86.050

《入賞成績一覧:女子団体》
1位 埼玉・戸田翔陽 165.800
2位 大阪・四天王寺 164.850
3位 兵庫・市立尼崎 160.750
4位 神奈川・平塚学園  159.200
5位 千葉・東京学館 155.650
6位 東京・大智学園 155.600
《入賞成績一覧:女子個人》
1位 土橋ココ選手(名経大市邨)  57.300
2位 小池亜優選手(戸田翔陽) 56.550
3位 中村有美香選手(四天王寺)  56.300
4位 本田美波選手(市立尼崎)  55.550
5位 河崎真理菜選手(平塚学園)  55.250
6位 宮内玲奈
選手(戸田翔陽) 55.000


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
インハイ入賞者一覧
《全高連体操ブログより》
平成27年度全国高校総体「体操競技」男子速報

 
NO.15 入賞一覧(団体・個人総合)[16:25]
インハイ決勝男子入賞成績

 
NO.16 入賞一覧(種目別)[16:25]
インハイ決勝男子入賞成績種目別


平成27年度全国高校総体「体操競技」女子速報

NO.21 入賞一覧(団体・個人総合)[17:43]
インハイ決勝女子入賞者1

NO.22 入賞一覧(種目別)[17:43]

インハイ決勝女子入賞者2










《これまでの情報》
●インハイ1日目 男女予選速報・結果
●インハイ2日目 
男女予選速報・順位
●インハイ3日目 男女決勝速報・順位
はこちらから(*^^*)

続きを読む
Share on Tumblr

★平成27年度全国高等学校総合体育大会★
『平成27年度全国高校総体(体操競技)』
大会情報まとめ記事です。

大会結果まとめ記事はこちら


《インハイTV速報》
インハイTV、体操 LIVE配信サイト(*^^*)
体操



(2015.8.3追記)決勝演技時程だそうです(*^^*)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
決勝演技時程
《全高連体操ブログより2015年07月31日 08:41》
平成27年度全国高校総体「体操競技」男子速報
 
NO.9 決勝演技時程[18:55]
決勝日程

平成27年度全国高校総体「体操競技」女子速報
 
NO.13 決勝演技時程[18:55]
インハイ女子日程




《これまでの大会情報》
▼大阪府大会サイト情報
 ●2015.4.7 大会HP情報(大会概要・体操競技情報・大会愛称ポスターなど)
 ●2015.5.23 実施要項PDF

 ●2015.7.22 参加校一覧表
▼全国高体連体操部ブログ情報
 2015.7.3 競技順序抽選結果
 2015.7.13 近畿総体DVD販売予約
 ●2015.8.1 体操競技速報をPDFにて配信
▼日本体操協会サイト情報
 ●2015.7.24 大会要項
▼インハイTV情報

 2015.7.14 近畿総体もインハイTV実施
 ●2015.7.27 インハイTVサイト リニューアルオープン
▼その他の情報

 ●2015.7.22 2014インハイフォト
はこちらから(*^^*)

続きを読む
Share on Tumblr

『近畿総体2015』について書かれた記事のご紹介です(*^^*)
大会情報まとめ記事はこちら


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
読売オンライン『チャレンジ近畿総体2015』にて
体操男子 田中樹選手(清風高3年)が紹介されています(*^^*)

《読売オンライン2015年05月08日
チャレンジ近畿総体2015 不断の練習 美しい演技
◇体操男子 田中 樹選手(清風高3年)
 若者のスポーツの祭典、全国高校総体(読売新聞社共催)が7月28日から、近畿2府4県を会場に開催される。大会に向けて全国各地で各競技の予選大会が順次行われ、選手たちが夢の舞台を目指して競いあう。地元開催となる近畿地方の期待の選手たちに、予選への意気込みや高校総体にかける思いを聞いた。
きんき
梅本英貴監督(38):「体の線の美しさが群を抜いている。神経を研ぎ澄ませ、美しく見せる意識を崩さない」
憧れの存在:清風高の先輩・米田功さん
2020東京五輪:
「選手として活躍できる年齢に、日本で五輪があるなんて幸せ。行くしかない」
大事にする言葉:「継続は力なり」
近畿高校総体:
「団体優勝しか考えていない。地元で船橋に3連覇させるわけにはいかない。みんなが目標に向かって一つになれた時、日本一になれるんだと思う」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

.
Share on Tumblr

このページのトップヘ