ヒカル・こころのブログ『内村航平history』

日本体操界初の“プロ”へ!内村航平選手の“世界一美しい体操”を全力で応援します!!

カテゴリ: 【フューチャーカップ】

『第14回フューチャーカップ』大会情報
●image014-690x517
・日本体操協会HP:第14回フューチャーカップ
大会サイトAustrian TGW Future Cup

日本は団体3位!!
個人総合で谷田雅治選手(鯖江体操スクール)がU14(14歳以下)で初優勝!!
U16では築山翔馬選手が2位!!

(2017.12.1追記)
▼大会結果(リザルト)

第14回フューチャーカップ結果pdf
団体:3位
●DSC_25108
●ヒューチャー4

U16:築山翔馬選手 2位/川上翔平選手 20位
●DSC_25116
●ヒューチャー1
●ヒューチャー2

U14:谷田雅治選手 1位/戎耀汰選手 6位
●DSC_25115
●ヒューチャー3



体操ジュニア国際で谷田雅治優勝 U14個人総合、中央中1年
 体操男子のジュニア国際大会フューチャーカップは25日、オーストリアのリンツで開かれ、日本代表で福井県鯖江市中央中1年の谷田雅治(鯖江体操スクール)がU―14(14歳以下)個人総合で初優勝を飾った。年代を区切らない団体総合は、谷田がメンバーの日本が3位に入った。
 2年連続で出場した谷田は、昨年準優勝したU―14個人総合で6種目の合計78・200点をマーク。2位に3・650点差をつけた。
 床運動、あん馬、跳馬、平行棒の4種目で1位、鉄棒は2位となり、抜群の安定感を誇った。
 団体総合では中学1、2年生4人で構成した日本の銅メダル獲得に貢献した。18カ国からU―18(18歳以下)やU―16(16歳以下)などでつくる29チームが出場した。
 父の谷田治樹代表コーチは「持ち味の美しさや切れの良さは十分アピールできた」と評価。「もっと体を鍛えて強さもアピールできる体操を目指してほしい」とコメントした。


▼大会フォト
TGW Future Cup 2017
●DSC_3153
●DSC_3160
●DSC_89308
●DSC_89310
●DSC_89319
●DSC_89320
●DSC_89321
●DSC_89329
●DSC_89336
●DSC_89338
●DSC_89386
●DSC_89389
●DSC_89392
●DSC_89410
●DSC_3224
●DSC_3203
●DSC_3213
●DSC_89448
●DSC_89450
●DSC_89475
●DSC_89566

●DSC_25115
●DSC_25116


▼大会報告


大会報告へ
●image003-690x517
●image004-690x517
●image005-690x517
●image008-690x517
●image010-690x517
●image012-690x517
●image014-690x517


●大会要項 はこちらから

続きを読む
Share on Tumblr

《第13回フューチャーカップ
大会情報・結果まとめ記事
DSC_59871

(2016.12.3追記)
▼2016フューチャーカップ報告

2016フューチャーカップ報告
medium_16a_fut007
medium_16a_fut004


大会要項、体系結果・フォトまとめはこちらから

続きを読む
Share on Tumblr

★2015第12回フューチャーカップ
大会情報まとめ記事です。
2015_Teams_sm
ちっちゃっ


日本 団体優勝!
U18個人 村山覚人選手1位、
U16個人 安達太一選手2位、
U14個人 
岡慎之助選手1位、鈴木大葉選手2
おめでとうございます!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
大会結果(リザルト)
《日本体操協会HPより》
第12回フューチャーカップ
2015フィーチャーカップ結果pdf

《団体》

1位 日本 238.300 (D: 81.3 E: 157.000)
2位 イタリア 231.550 (D: 78.6 E: 153.050)
3位 オーストラリア 227.700 (D: 80.1 E: 148.000)
future1

《U18個人》
1位 村山覚人選手 80.600 (D: 28.600 E: 52.000)
future2

《U16個人》
2位 安達太一選手 75.550 (D: 26.700 E: 48.850)
future3
《U14個人》 
1位 岡慎之助選手 77.050 (D: 25.900 E: 51.150)
2位 鈴木大葉選手 76.550 (D: 25.100 E: 51.550)

future4










▼日本体操協会HP 大会要項
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
大会要項
《日本体操協会HPより  2015/09/10 13:57》
第12回フューチャーカップ
【競技予定】
 11月14日 団体・個人総合
【場所】オーストリア・リンツ
【日本からの出場選手】
 村山覚人(フジスポーツクラブ)
 土井陵輔(おかやまジュニア)
岡慎之助(おかやまジュニア)
  ※怪我のため交代10月9日
 安達太一(フジスポーツクラブ)
 鈴木大葉(水鳥体操館)
大会サイト



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
『2014第11回フューチャーカップ大会情報まとめ記事はこちら


Share on Tumblr

【2014第11回フューチャーカップ】
EHM_4538

(2014.12.09追記)
▼大会報告

日本体操協会HPより、大会報告がアップされたそうです(*^^*)
2014第11回フューチャーカップ報告
【大会報告】
日本チームは2班跳馬第1グループ開始であった。第1演技者の北園選手はグループⅢで出場する中でただ一人伸身カサマツを決めチームとして良いスタートとなった。続く平行棒でもチーム全体で声を掛け合いベスト3を確保し最終演技終了まで選手全員が素晴らしい試合をしました。その結果、目標としていた団体優勝連覇を成し遂げる事ができました。また、グループⅠの大久保 圭太郎、グループⅡの石澤 大翔、グループⅢの北園 丈琉が個人総合優勝し全グループ制覇を成し遂げました。
IMG_3134-690x920
fut2014-690x631
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今大会結果まとめ、大会概要と昨年の大会結果はこちらから(*^^*)
続きを読む
Share on Tumblr

このページのトップヘ