ヒカル・こころのブログ『内村航平history』

日本体操界初の“プロ”へ!内村航平選手の“世界一美しい体操”を全力で応援します!!

カテゴリ:【体操世界選手権】 >  ●2019第49回(ドイツ・シュツットガルト)

276TW1FBrOkN9U1BD-eJwFPCcdFj6DiSXlQCH7MGBz4

今年もテレビ朝日で独占中継される「世界体操シュツットガルト2019」のプレゼンターを知念侑李さん、メインキャスターを松岡修造さんが3年連続でつとめるそうです!
すでに男子代表に決まっている谷川翔選手、谷川航選手、萱和磨選手が練習する順天堂大学を知念さんが訪問し、直撃インタビューされたそうです(*^^*)

Hey! Say! JUMP知念侑李、3年連続「世界体操」プレゼンター抜てきモデルプレス2019.06.06
 Hey! Say! JUMP知念侑李が、10月よりテレビ朝日系で独占中継される「世界体操」(開催日程:10月4日~13日)のプレゼンターを3年連続でつとめることがわかった。
●知念侑李、3年連続「世界体操」プレゼンター抜てき
 2020年東京オリンピック前、最後の体操世界一決定戦となる「世界体操」。ドイツ・シュツットガルトで開催される注目の大会となる。
 メインキャスターは、松岡修造。過去2度にわたってコンビを組んできた2人が、息の合った掛け合いを披露しつつ、体操ニッポンの熱い戦いを伝える。
●知念侑李、“大技”挑戦に日本代表選手驚き
 
また、大会に先駆け知念は、谷川翔選手、谷川航選手、萱和磨選手の男子代表選手3人が練習する順天堂大学を訪問し、直撃インタビュー。谷川兄弟からは幼い頃のエピソードを聞くなど、知念ならではの質問で選手たちの素顔を引き出していた。
 そして、練習場で翔選手が見つめる中、あん馬にチャレンジした知念。現在の日本男子体操陣の中でも、あん馬を得意とする翔選手の目の前で2本の把手(ポメル)を掴み倒立に挑んだ。
 しかし、「ダメだ、静止できない」と逆さにはなるものの、すぐに着地。それでも、あん馬で倒立の姿勢をとるだけでも素人にはなかなかできない“大技”。
 果敢なチャレンジを前に、日本選手権2連覇、NHK杯を制した翔選手も関心しきり。「こんなに人気のある方に体操の魅力を語っていただけるのは、すごく有難いことです。知念さんが運動神経がいいと知っていましたが、倒立など体を張って体操をアピールしてくれているので、僕たちが結果を出して知念さんに喜んでもらいたいですね。僕も一層頑張ります」と翔選手は意気込みを語った。

2h4Eq5TE-987_kTgfZo34Gx4uzoJ0ZVh4xFwvg4i3MQ
他、知念さんと修三さんのコメントもあり(*^^*)

Share on Tumblr

2019.10.4-13 第49回体操世界選手権(シュツットガルト)

(2015.9.14)
▼2019年体操世界選手権の開催国決定
19年世界選手権はドイツ・シュツットガルトで開催/体操
 国際体操連盟(FIG)は13日、2019年の体操の世界選手権をドイツのシュツットガルトで開催すると発表した。期間は10月4日から13日の予定。20年東京五輪の予選も兼ねる。
 ことしの大会は10月23日から英国のグラスゴーで開催。17年はモントリオール、18年はドーハで行われる。(共同)


49th Artistic Gymnastics World Championships 2019 | STUTTGART《FIGサイトより2015-09-13
The International Gymnastics Federation (FIG) and the German Gymnastics Federation (DTB) signed a contract Sunday officially attributing the 2019 World Artistic Gymnastics Championships to the city of Stuttgart (GER).
●Event starts on: 04-10-2019
●Event ends on: 13-10-2019
●City: STUTTGART
●Country: Germany
●Venue: Hanns Martin Schleyer Halle
●Venue Capacity: 8000
●Apparatus suppliers: Not Known at the moment


《体操世界選手権まとめ記事》

2009(ロンドン) (6)
2010(ロッテルダム) (7)
2011第43回(日本・東京) (6)
2013第44回(ベルギー・アントワープ) (42)
2014第45回(中国・南寧) (84)

▼2015第46回世界体操競技選手権(グラスゴー)▼2017第47回体操世界選手権(モントリオール)▼2018第48回体操世界選手権(ドーハ)
続きを読む
Share on Tumblr

このページのトップヘ