ヒカル・こころのブログ『内村航平history』

日本体操界初の“プロ”へ!内村航平選手の“世界一美しい体操”を全力で応援します!!

カテゴリ:◆表彰関係 >  ・2017

2017「第52回テレビ朝日ビッグスポーツ賞」
今年も受賞者が発表されました(*^^*)
体操競技からは、白井健三選手、村上茉愛選手「ビッグスポーツ特別賞」受賞!
表彰式は来年1月11日だそうです(*^^*)
★26239336_1541535012551117_4230667972821932974_n

(2018.1.14追記)
▼2018.1.11 「第52回テレビ朝日ビッグスポーツ賞」表彰式

第52回テレビ朝日ビッグスポーツ賞レポート 日本体操協会HPより
ビッグスポーツ特別賞(体操 白井健三、村上茉愛
ビッグスポーツ五輪奨励賞新体操日本代表団体フェアリージャパンPOLA、皆川夏穂、トランポリン 岸彩乃
体操プロジェクト賞(体操 宮地秀享、杉原愛子
【ビッグスポーツ特別賞】
■体操男子 白井健三選手

本日はこのような賞を受賞することができ大変嬉しく思っています。昨年は、日体大の同級生として村上とともに世界で金メダルを取ることができました。体操は今年からまた世界選手権で団体総合がはいってくるので団体総合でもリオ五輪に続いて金メダルが取れるようにこれからも日本をひっぱっていこうと思いますので今後共ご支援ご声援のほどよろしくお願いいたします。
●今年の世界体操に向けての意気込み。
2017年は個人総合としての戦いになってしまったのですが、今年内村選手も復活して広い層で幅広く強い日本が戻ってくると思いますので、団体総合はもちろん種目別・個人総合でもいろんな種目でもメダルがとれるようにチーム一丸となって頑張っていきますので応援よろしくお願いいたします。
■女子体操 村上茉愛選手
本日はこのような素晴らしい賞をありがとうございます。自分自身、メダルを取るのが初めてで金メダルなので、いろんなことが新しい挑戦ではあるのですが、今年団体競技が入るので女子団体でメダルをとれるように頑張りたいと思いますのでこれからも応援よろしくお願いいたします。
●今年の世界体操に向けての意気込み
2017年は挑戦者としてメダルを取りに行ったのですが、今年は金メダリストとして追われる立場ではあるのでその気持ちに負けないように自分自身もそうですが、チーム一丸となって頑張りたいと思います。
★18-01-12-01-01-33-500_deco-690x517

Taisou-nipponさんのアルバム「第52回テレビ朝日ビッグスポーツ賞
★26239660_1541534769217808_8091106190210783463_n
★26733643_1541535182551100_5850086412983951055_n
★26220065_1541535739217711_2211859517799105353_n
★26814405_1541535432551075_4298952443214853768_n
★26220159_1541534832551135_6190384860190958677_n
★26220161_1541535952551023_8442719102226522643_n
★26220253_1541535185884433_8413373170196716177_n
★26815404_1541534629217822_1742373229789385991_n
★26231053_1541534862551132_6574193337021914648_n
★26238969_1541534859217799_4066778714519883156_n
★26239110_1541535362551082_875801530452642479_n
★26230847_1541534582551160_5336197534218672493_n
★26220136_1541535349217750_4470947175154914459_n
★26814501_1541535732551045_1686717368735047679_n
★26230960_1541535582551060_2569090429821360434_n
★26239632_1541535585884393_9147587098413794061_n
★b4

★26220287_1541535435884408_5858794875573184692_n
★26231004_1541534762551142_5049870686336283030_n

★26239924_1541678665870085_5164555247362353503_n

★26239336_1541535012551117_4230667972821932974_n
★26734166_1541678662536752_7203524136253718561_n
★26903921_1541678659203419_852440672531358148_n



男子200m平泳ぎ世界記録の渡辺一平「意識するのは“ワンダフル世代”」(ザテレビジョン
 
2017年のスポーツ界で活躍した選手や団体を表彰する「第52回ビッグスポーツ賞表彰式」が都内で行われ、体操・白井健三選手、陸上・桐生祥秀選手、水泳・渡辺一平選手、野球・清宮幸太郎選手をはじめ、多くのスポーツ選手が出席した。
 日本オリンピック委員会(JOC)とテレビ朝日の代表者からなる選考委員会によって選考され、優れた日本人スポーツ選手・団体に与えられる本賞。
 白井選手は「毎年新年のあいさつをする場がここなので、ことしもここに戻ってこられてうれしいです。オリンピックのメダリストと話していると、去年を思い出して懐かしい気持ちになります」とコメントした。
 最高位のビッグスポーツ賞を受賞した水泳の渡辺選手は「まさか僕が取れるとは思わなかったです。そしてこれを機に、同い年の白井くんとかと話せるきっかけにもなりましたし、『自分たちは“何世代”なんだろうね』って話しました。
 僕は“白井”世代にしたいと思ってます(笑)」
と式での感想を語ると、記者から「“渡辺”世代にしときましょう」と言われ、「それはちょっと荷が重いです」と照れながら語った。
★b4

羽生結弦テレ朝授賞式欠席もメッセージで心境明かす(日刊スポーツ)
 
体操の白井健三(21=日体大)は「羽生選手は五輪に向けての合わせ方を分かっていると思う。自分を信じて頑張ってほしいと思います」とエールを送った。
★b1

羽生結弦、平昌五輪への思いを明かす「強い気持ちを持って日々過ごしています」(オリコン)
 
平昌五輪に出場する選手に向け、体操の白井健三選手らが「せっかくなので楽しんで」とエールを送る中、「平昌五輪に向け強い気持ちを持って日々過ごしています これからも努力を重ね自身を超え続けたいと思います 羽生結弦」と羽生選手からのコメントがスクリーンに映し出された。
★b2

桐生祥秀“二刀流”宣言「今季は200Mにも本格的に挑戦したい」(スポーツ報知)
 
表彰式に参加した体操世界選手権の床運動、跳馬金メダル、個人総合銅メダルの白井健三(21)=日体大=、競泳男子200メートル平泳ぎ世界記録保持者の渡辺一平(20)=早大=ら、日本トップクラスの選手に刺激を受けた桐生は、「東京五輪へ成長を見せる1年に」とダイヤモンドリーグなどの海外転戦も視野に入れている。春に予定されているオーストラリア合宿を経て、4月をメドにシーズンインする予定。「1年1年、しっかり」と2020年の大舞台に向けて着実に歩を進める。
★b3







●第52回テレビ朝日ビッグスポーツ賞 受賞者一覧 はこちらから

続きを読む
Share on Tumblr

2017.12.12 「2017報知プロスポーツ大賞」表彰式
24993401_1512033838834568_6173194264708474754_n
その年のスポーツ選手を讃える報知新聞社制定「2017報知プロスポーツ大賞」。今回で42回目となる同賞にて、村上茉愛選手がフレッシュ賞を受賞!
おめでとうございます(*^^*)

▼「2017報知プロスポーツ大賞」の受賞者決定!村上茉愛選手、フレッシュ賞を受賞

村上茉愛、世界体操63年ぶり日本勢女子金メダルでフレッシュ賞…報知プロスポーツ大賞
 報知新聞社制定「2017報知プロスポーツ大賞」の受賞者が5日、決定し、10月のモントリオール世界体操で種目別床運動を制した村上茉愛(21)=日体大=が、フレッシュ賞を受賞した。
 世界体操日本勢女子の金メダルは、1954年大会で平均台を制した田中(現姓・池田)敬子以来63年ぶり。「(10月中旬の帰国後は)注目されているのを実感する期間になった」と話す“ゴムまり娘”。名実ともに日本女子のエースに成長した。
 3年後の東京五輪も視界にとらえた。体操は採点競技だけに、「ここで取っておくことで、五輪でも評価してもらえる。調子を落とさずにやれれば、メダルを取れると思っている」。金メダリストの看板は、審判員に訴えかける何よりの実績となる。今週末に行われる豊田国際(9~10日、愛知)が今季最終戦。「豊田でも失敗しない演技を見せられたら」と意気込む金メダリストの舞に注目だ。


▼日テレジータス『2017 報知プロスポーツ大賞 表彰式』放送予定

2017 報知プロスポーツ大賞 | 日テレジータス
●放送日時
【初】12月25日(月)20:00~21:00
【再】1月 6日(土)15:30~16:30
2017年を彩った選手たちが集う表彰式の模様をお送りします。年末ならではのスポーツ界の精鋭たちが集まってのトークタイムも見どころの一つです。
フレッシュ1




▼2017.12.12 「2017報知プロスポーツ大賞」の授賞式

【体操競技 村上茉愛】2017報知プロスポーツ大賞 フレッシュ賞受賞日体大HP:TOPICS & ニュース
 平成29年12月12日(火)、セルリアンタワー東急ホテルにて開催された「2017報知プロスポーツ大賞」におきまして、本学体育学部3年 体操競技部の村上茉愛がフレッシュ賞を受賞いたしました。
 
この賞はその年のスポーツ選手を讃えるため、1976年に制定され今回で42回目となります。村上茉愛は今年の世界選手権において種目別ゆかで金メダルを獲得しました。(抜粋)
171212_1
171212_3
171212_2


【報知プロスポーツ大賞】今年活躍した菅野、松山らが勢ぞろい(スポーツ報知)
◆2017報知プロスポーツ大賞授賞式(12日)
 報知新聞社制定「2017報知プロスポーツ大賞」の授賞式が12日、都内のホテルで行われ、巨人・菅野智之投手(28)やゴルフ・松山英樹(25)ら、各競技で今年活躍した選手が勢ぞろいした。
 菅野は、今季17勝5敗、防御率1・59で沢村賞などを受賞しており、今回の大賞で「8冠」となる。また、陸上で日本初の100メートル9秒台を出した桐生祥秀(21)=東洋大=に特別賞、7月に引退を表明した元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志氏(38)に特別功労賞が贈られた。

フレッシュ2

【報知プロスポーツ大賞】村上茉愛、巨人・菅野が上がれなかった日本シリーズマウンドは「楽しめました」(スポーツ報知)
◆2017報知プロスポーツ大賞授賞式(12日)
 10月のモントリオール世界体操で種目別床運動を制し、日本人女子選手として63年ぶり種目別金メダルを獲得した村上茉愛(21)=日体大=はフレッシュ賞を受賞。「運の良い1年だったと思います」と振り返った。
 
「あのプレッシャーの中、男子に続いてとれたことは自信になったと思います」と語った村上。日体大1年の時に初めて代表から外れた経験が今に生きているそうで、「好きなことを頑張ってみようと思ったことが、今につながっている」と語った。来年の目標として「出場大会では優勝する」を挙げて、「世界選手権では0・1点で優勝を逃した。0・1のこだわりを持ちたい」と説明した。
 帰国会見では「ゴムまり娘」として知られることになったが、これについては「(記者に)言わされた感もありますが…。でも知っていただいたのでありがたいと思う」と笑顔。知名度も上がってプロ野球日本シリーズ第1戦では「バック転始球式」を披露したが、「観客も3倍いて3倍緊張しました。でも楽しめました」と感想を語ると、同席した巨人・菅野智之投手(28)は、日本シリーズのマウンドを逃しているだけに「貴重な話、ありがとうございます」と返し笑わせた。

フレッシュ3

【巨人】菅野、メジャーは「実力をつけて」から…報知プロスポーツ大賞表彰式(スポーツ報知)
フレッシュ5

【報知プロスポーツ大賞】松山英樹、ツアー最多勝「絶対!」(スポーツ報知)
フレッシュ4

【報知プロスポーツ大賞】村上茉愛、体操女子復活へ燃える…フレッシュ賞(スポーツ報知)
◆2017報知プロスポーツ大賞表彰式(12日)
 世界体操(10月・モントリオール)の種目別床運動で日本女子63年ぶりの金メダルを獲得した「ゴムまり娘」こと村上茉愛(21)=日体大=がフレッシュ賞を受賞。初対面の選手へ積極的に声をかけ、控室でも強心臓ぶりを発揮村田とは帰り際に2ショット写真を撮影。「テレビで応援しています!」と言われ、うれしそうに笑った。
 20年東京五輪に向け次なる目標は体操女子の完全復活。「団体に力を入れたい。リオのときは(4位で)あと少しだった。来年こそチャンス」と18年世界選手権(カタール・ドーハ)を見据えた。個人は床運動以外の苦手種目の強化に励み「ダントツに強く。全ての試合で優勝を目指す」と気持ちを新たにした。
フレッシュ6


Share on Tumblr

『2016年度 JOCスポーツ賞』受賞者決定
内村航平選手『特別栄誉賞』に選出!!

表彰式は6月9日だそうです(*^^*)
おめでとうございます!!

(2017.3.29追記)
体操 Nippon【officialファンサイト】FBより(*^^*)
写真3件
内村航平選手が『特別栄誉賞』を受賞しました!
【特別栄誉賞】
■体操・体操競技 内村航平
17626441_1801821203470125_1680670973747897395_n
17458353_1801821206803458_3461006664475279014_n
17554325_1801821230136789_6489909044607659040_n


オリンピック4連覇の伊調馨選手に最優秀賞 平成28年度JOCスポーツ賞受賞者決定
 日本オリンピック委員会(JOC)は、3月27日、オリンピック・ムーブメントの推進とスポーツの各分野で優れた成果をあげた選手や指導者の栄誉、功績を讃え平成28年度JOCスポーツ賞の「年度賞」「特別貢献賞」「トップアスリートサポート賞」「女性スポーツ賞」において受賞者・団体を以下の通り決定しました。
 最優秀賞には、昨年の第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)で史上初の4連覇を達成したレスリングの伊調馨選手が選ばれたほか、長年にわたりJOC実施諸事業に協力し、オリンピック・ムーブメントアンバサダーでもある荻原健司、荻原次晴両氏が特別貢献賞に選ばれました。
【特別栄誉賞】
■体操・体操競技 内村航平

第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ) 男子個人総合 1位、団体 1位
※オリンピックの男子個人総合で44年ぶり4人目の連覇、男子団体で12年ぶり7度目の金メダル獲得
<トップアスリートサポート賞>
【最優秀団体賞】

株式会社コナミスポーツクラブ



(2017/03/27)

最優秀賞に伊調=JOCスポーツ賞
 日本オリンピック委員会(JOC)は27日、東京都内で理事会を開き、2016年度JOCスポーツ賞の最優秀賞に、レスリングの伊調馨(ALSOK)を選んだ。昨年のリオデジャネイロ五輪女子58キロ級で金メダルを獲得し、女子個人種目で初めて五輪4連覇を達成した功績をたたえた。
 他のリオ五輪メダリストでは、体操男子個人総合と団体総合金メダルの内村航平(リンガーハット)に特別栄誉賞、陸上男子400メートルリレー銀メダルの日本チームに特別功労賞を贈る。優秀賞には同五輪柔道男子73キロ級金メダルの大野将平(旭化成)らのほか、スピードスケート世界スプリント選手権で日本女子初の総合優勝を果たした小平奈緒(相沢病院)、フリースタイルスキー世界選手権男子モーグル、デュアルモーグル2冠の堀島行真(中京大)を選んだ。表彰式は6月9日に行われる。 

レスリング伊調がJOCスポーツ最優秀賞 体操の内村は特別栄誉賞
 日本オリンピック委員会(JOC)は27日の理事会で、2016年度JOCスポーツ賞を決め、最優秀賞にはリオデジャネイロ五輪で4連覇を達成したレスリング女子の伊調馨(ALSOK)を選んだ。体操男子で団体総合、個人総合の2冠に輝いた内村航平(リンガーハット)は特別栄誉賞に選出された。
 特別功労賞はリオ五輪の陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した山県亮太(セイコーホールディングス)飯塚翔太(ミズノ)桐生祥秀(東洋大)ケンブリッジ飛鳥ら6人、優秀賞には競泳男子400メートル個人メドレー金の萩野公介(東洋大)ら6人が選ばれた。




▼平成27年度(2015年度)JOCスポーツ賞まとめ記事
▼平成26年度 (2014年度)JOCスポーツ賞関係記事




 


《内村航平選手『JOCスポーツ賞』受賞歴》
平成27年度(2015年度) 最優秀賞(世界選手権男子日本代表チーム)優秀賞
平成26年度(2014年度) 最優秀賞
平成25年度(2013年度) 特別栄誉賞
平成24年度(2012年度) 最優秀賞
平成23年度(2011年度) 最優秀賞
平成22年度(2010年度) 優秀賞
平成21年度(2009年度)
 優秀賞
受賞者一覧



Share on Tumblr

2017.1.18 2016日本体操協会年間表彰&祝賀会
◎2016年日本体操協会年間表彰式、東京運動記者クラブ体操分科会表彰
◎小野喬顧問の文化功労者受賞、リオデジャネイロ五輪男子団体金メダルメンバーの紫綬褒章受章、渡辺守成専務理事の国際体操連盟会長就任を祝う会

◎16113904_1761067740878805_6686623786341265407_n

これまでの記事・フォト・動画まとめはこちらから
続きを読む
Share on Tumblr

2017.1.19『第66回日本スポーツ賞・第1回日本パラスポーツ賞』表彰式
体操男子日本代表チームは『オリンピック特別賞』を受賞されました(*^^*)
★C2gQHhdUcAALPqe

これまでのWEB記事・フォトなどまとめはこちらから
続きを読む
Share on Tumblr

このページのトップヘ