ヒカル・こころのブログ『内村航平history』

日本体操界初の“プロ”へ!内村航平選手の“世界一美しい体操”を全力で応援します!!

カテゴリ:【東・西日本学生体操選手権大会】 >  ●2017(第50回東・第67回西)

68
5月28日(日)放送「Going!」では
NHK杯、内村航平選手との激闘で見せた白井健三選手の進化を分析!
そして、東日本学生選手権での模様も放送されました(*^^*)
21
25
49
94

以下、レポ詳細 非公開(閲覧希望の方はコメントにてご一報ください。記事を期間限定公開します)
続きを読む
Share on Tumblr

第50回東日本学生体操競技選手権大会・結果
大会情報まとめはこちら↓

▼成績表

関東学生体操連盟 公式ホームページ大会結果
東成績表.pdf
《男子 個人総合選手権の部》
1位 白井 健三(日本体育大学3) 85.950
1位 萱 和磨(順天堂大学3) 85.950
3位 千葉 健太(順天堂大学3) 85.550
4位 谷川 航(順天堂大学3) 85.300
5位 田浦 誠也(日本体育大学4) 85.250
6位 佐藤 匠(日本体育大学4) 84.250
7位 早坂 尚人(順天堂大学4) 83.600
8位 春木 三憲(日本体育大学1) 82.800
9位 谷川 翔(順天堂大学1) 82.600
▼東インカレ結果1
▼東インカレ結果2
▼東インカレ結果3
《男子 個人 種目別選手権の部》
▼東インカレ結果4
《男子団体 総合選手権の部》
1位 順天堂大学 423.950
2位 日本体育大学 421.050
3位 仙台大学 406.200
▼東インカレ結果5
《男子 団体 種目別選手権の部》
▼東インカレ結果6

《女子 個人総合選手権の部》
1位 村上 茉愛(日本体育大学3)  57.350
2位 笹田 夏実(日本体育大学4)  54.200
3位 四方 奈々依(日本女子体育大学)3  52.750
4位 平井 美優(国士舘大学1)  52.600
5位 長野 友香(日本体育大学2)  51.750
5位 杉田 しずか(日本女子体育大学2)  51.750
7位 本間 未来(国士舘大学3)  51.650
8位 中村 有美香(日本体育大学2)  51.400
9位 古賀 ほのか(日本体育大学4)  51.200
▼東インカレ結果7
▼東インカレ結果8
《女子 個人 種目別選手権の部》
▼東インカレ結果9
《女子団体 総合選手権の部》
1位 日本体育大学 267.550
2位 国士舘大学 250.300
3位 日本女子体育大学 246.200
▼東インカレ結果10
《女子 団体 種目別選手権の部》
▼東インカレ結果11


▼通過者一覧

東通過者.pdf
▼東インカレ通過者1
▼東インカレ通過者2



白井 個人総合で萱と同点初V!跳馬では「シライ2」に挑戦(スポニチアネックス)
 体操男子の世界選手権(10月、カナダ・モントリオール)の日本代表・白井健三(20=日体大)が28日、秋田県立体育館で東日本学生選手権に出場し、6種目合計で萱和磨(20=順大)と同点の85・950点で個人総合で初優勝した。
 個人総合では初めて跳馬で「シライ2(伸身ユルチェンコ3回半ひねり)」にアタック。ラインオーバーはあったものの、15・250点をマークし、「(1週前の)NHK杯でも(3回半ひねりを)入れた構成で練習していたので」と話した。
 この日はあん馬からのローテーションで、最終種目の床運動では最後の4回ひねりの着地が大きく乱れた。「まさか僕が体力の問題を考え始めるとは思わなかった。足が出なさすぎてやばいと思った。想像を超えるきつさでした」と振り返り、「体操のことを考えたくないくらい疲れた」と苦笑いを浮かべた。
 団体総合は日体大が2位で、順大が優勝した。女子は日体大の村上茉愛(20)が団体総合、個人総合、種目別4つを完全制覇した。
東インカレ1

白井健三が3冠、村上茉愛は4種目制し6冠 体操日刊スポーツ
<体操:東日本学生選手権>◇28日◇秋田県立体育館
 男子はNHK杯2位で世界選手権(10月・モントリオール)代表の白井健三(日体大)が個人総合で合計85・950点をマークし、萱和磨(順大)と同点優勝した。
 白井は種目別の床運動で14・850点、跳馬でラインオーバーしたものの「シライ2(伸身ユルチェンコ3回半ひねり)」を決めて15・250点を出し、3冠を達成した。団体総合では順大が勝ち、日体大が2位。
 女子はNHK杯優勝で世界選手権代表の村上茉愛(日体大)が団体総合、個人総合、種目別の4種目を完全制覇する6冠を成し遂げた。


白井 個人総合初の学生タイトル 跳馬、床と3冠「練習通り」スポニチアネックス)
 
体操男子の白井健三(20=日体大)が28日、秋田県立体育館で東日本学生選手権に出場し、萱和磨(20=順大)と同点の85・950点で個人総合では学生初タイトルを獲得した。団体総合は2位だったが、跳馬では個人総合で初めて「シライ2(伸身ユルチェンコ3回半ひねり)」に挑戦。「練習通り」と振り返った跳馬、床運動と合わせ3冠を達成した。
 NHK杯で世界選手権(10月、カナダ)の代表入りを決めてから1週間。この日は、あん馬スタートで最終種目が床だった。スタミナが限界に達し、最後の4回ひねりの着地が大きく乱れた。「足が出なさすぎてやばいと思った。まさか僕が体力の問題を考え始めるとは…」と苦笑いを浮かべたが、「どんなローテーションでも自分の演技ができるようにしないと。いい経験になった」と前向きに捉えていた。
 《順大・萱が同点優勝》順大のは個人総合で白井と同点優勝、団体総合と種目別のあん馬も制した。前日(27日)の練習で右肩を痛めたが、「大きなミスなくチームに貢献できた」と話した。チームメートの谷川は「ロペス」を決めた跳馬で優勝。全日本種目別選手権(6月24、25日、群馬)で萱はあん馬谷川は跳馬で世界選手権の代表入りを狙う。2人とも技の難度を示すDスコアを上げる予定で、「あと1カ月、つめて練習していきたい」と谷川は意気込んだ。


白井が3冠、村上6冠 東日本学生体操最終日産経フォト
東インカレ3
東インカレ4
東インカレ2

▼選手Twitterより


Share on Tumblr

《第50回東日本学生体操競技選手権大会》
大会情報まとめ
関東学生体操連盟 公式ホームページ

▼『第50回東日本学生体操競技選手権大会(東日本インカレ)』大会結果まとめ/大会成績、通過者一覧、WEB記事

《これまでの大会情報》
●大会要項
●競技部報(5月23日付け)
●東インカレ 開会式のようす
 はこちらから
続きを読む
Share on Tumblr

《第67回西日本学生体操選手権大会》
大会情報まとめ
西日本学生体操連盟HP

(2017.5.16追記)
▼大会結果
西日本学生体操連盟HP
体操競技の部
《団体総合選手権の部》
1位 鹿屋体育大学 413.000
2位 福岡大学 405.000
3位 九州共立大学 392.0504

▼西インカレ1
1位 武庫川女子大学 260.000
2位 中京大学 245.800
3位 静岡産業大学 239.850

▼西インカレ2
《個人総合選手権の部》
1位 前野 風哉 鹿屋体育大学 85.350
2位 堀内 柊澄 鹿屋体育大学 83.000
3位 大野 健 九州共立大学 82.600

▼西インカレ3
▼西インカレ4
▼西インカレ5
▼西インカレ6
1位 寺本 明日香 中京大学 56.000
2位 本田 美波 武庫川女子大学 54.000
3位 刀根 綾菜 武庫川女子大学 51.950

▼西インカレ7
▼西インカレ8
《種目別選手権の部》
▼西インカレ9
▼西インカレ10


《これまでの大会情報》
●大会要項
●競技部報(5月1日付け)
 はこちらから
続きを読む
Share on Tumblr

このページのトップヘ