ヒカル・こころのブログ『内村航平history』

日本体操界初の“プロ”へ!内村航平選手の“世界一美しい体操”を全力で応援します!!

カテゴリ:◆WEB記事・動画 >  ・2019

《内村航平選手記事まとめ2019②》
2019年のまとめ記事はこちら

2018年
のまとめ記事はこちら
【2018内村航平選手記事①】2018年1月~3月まとめ記事



2017年のまとめ記事はこちら

【2017内村航平選手記事②】2017年4月~5月まとめ記事


2016年のまとめ記事はこちら





2015年のまとめ記事はこちらから



(2019.5.29追記)
▼内村航平選手、合宿中の世界ジュニア代表選手を激励
NTCで合宿中の世界ジュニア体操代表選手を、内村選手が激励に訪れたそうです!!
D7sctiDW0AMLP0MD7sctiDXoAAV7Iu
D7sctiFX4AA83jb
これは、ジュニアの選手もめっちゃ嬉しいでしょうし気合入りますね
お姿見せてくれてファンとしてもめっちゃ嬉しいです!!

そしてジュニアの選手といても、とっても若々しくて笑顔がかわいいです(*´ω`)
▼「第1回世界ジュニア体操競技選手権」大会情報まとめ

↓↓ちょっと前の記事です↓↓
▼伊藤正樹さん「トランポリンをみんなで盛り上げる」/内村航平選手に「11月の世界選手権にゲスト解説などで来てくれるとうれしい」
現役を引退された伊藤正樹さんが、トランポリンを盛り上るプランの一つとして、トランポリン界でも有名だという内村選手に世界選手権のゲスト解説などで来てもらい、多くの人に足を運んでもらうことも考えていきたいということです(*^^*)

東京五輪前にエースが驚きの引退。トランポリンを「みんなで盛り上げる」5月20日(月)(Number Web)
世界選手権では親友・内村を呼ぶ?
 今年は11月28日から12月1日まで東京五輪会場となる有明体操競技場で五輪のテストイベントを兼ねた世界選手権が開催される。まずはそこに多くの人に足を運んでもらうためのプランを考えていきたいという。
 「トランポリンは野球やサッカーのように点が入れば勝つという競技ではありませんから、分かりやすくして一般の人が楽しめるようにしなければいけない。会場の演出も必要です」と話し、トランポリン好きで知られる同学年の親友、内村航平の名を挙げて、「11月の世界選手権にゲスト解説などで来てくれるとうれしいんですけどね」と、夢プランも披露した。
トランポリンをみんなで盛り上げたい。
 「彼はトランポリンでも世界中で有名です。今年の世界選手権は東京開催なので、『キングは来るかな? 』『キングと写真を撮りたい』と、みんな会いたがっていますよ」
 引退に関しては、表明した後にLINEで報告。「先に引退したけど、頑張ってね」と送ると「頑張る」と返信がきたそうだ。
 「体操競技の内村、山室(光史)、亀山(耕平)とは同期。みんな頑張っているので最後まで応援したい」とエールを送る。


▼宮司愛海アナ「印象に残っている大会や試合」全日本選手権の内村航平選手に感銘
宮司愛海アナが「まさか」から1年。「一番汗をかいた」取材相手は?
—— 印象に残っている大会や試合も教えてください。
宮司 つい最近のことになってしまうんですが、体操の全日本選手権です。内村(航平)さんにはたびたびお話を伺わせてもらっていて、オリンピックを31歳で迎えるという、その31という数字が体操ではどれだけすごい数字なのかというのは、お話を聞いている中でひしひしと感じていたんです。オリンピックに向けて頑張ってほしいという気持ちがある中で予選を見ていて、(ケガの影響もあって、予選落ちしたのが)すごく驚いたというか。こういうことがあるのかと衝撃を受けました。そういう意味では印象深く、すごくいろんなことを考えた大会でした。
—— そういう結果に終わっても、きちんと取材を受ける内村さんの態度がすばらしいって番組でもお話していましたね。
宮司 もし自分がその立場だったら、同じことができるかと言われると、(私は)絶対できないので。間違えた時、ミスした時、失敗した時に出る姿勢が、その人の本質なんだろうなというのは、内村さんを見てすごく感じました。

宮司アナが内村選手の取材を受ける姿勢に感銘を受け、体操の技術力のみならず、その振る舞い一つひとつが「キング」。と記したブログがこちら(*^^*)人生はマラソン

全日本決勝ニュースを伝えるS-PARKの番組内でも、最後にその思いを語られていました(*^^*)

《これまでのまとめ》
●2019.4.21 内村選手Facebook「4月14日は僕の専属コーチの佐藤の30歳の誕生日でした!」
●2019.4.24 毎日新聞Together 「ヒロしかいない」内村の専属コーチが育む信頼と距離感
●2019.4.25 内村選手FB「いよいよ今シーズン初戦の全日本選手権が4月26日(金)から始まります!」
●2019.4.25 日刊スポーツ・300人リレーコラム「幼なじみ「航平さん」と二人三脚で東京へ/佐藤寛朗」
●2019.4.25 内村航平が「レジェンド」と呼ばれる理由は…池谷幸雄氏語る
●2019.5.2 毎日新聞:Field of View 「レジェンド」内村を襲う非情な現実
●2019.4.25 Number Special<アテネ世代が明かす覚醒の時> 内村航平「北京の銀が絶対王者を生んだ」
●GymnasticsNewsフォト:第72回全日本体操個人総合選手権/決勝(2018.4.29)
●2019.5.13 内村選手FB「全日本選手権応援ありがとうございました!」

はこちらから
続きを読む
Share on Tumblr

9b

▼大会情報まとめ
第58回NHK杯、男子競技の結果
谷川翔選手が初優勝!
初めて世界選手権代表の切符を手にしました!
※谷川翔選手のツイート

他、2位の
谷川航選手、3位萱和磨選手
世界選手権代表に決定!!
※谷川航選手のツイート ※ 萱和磨選手のツイート

おめでとうございます!!

WEB記事など、まとめはこちらから
続きを読む
Share on Tumblr

aflo_103545309
第58回NHK杯体操、2019世界体操選手権日本女子代表4名が決定

▼大会情報まとめ
第58回NHK杯、女子競技の結果
優勝寺本明日香選手!
※寺本選手のツイート

2位の
畠田瞳選手、
4位
杉原愛子選手 ※杉原選手のツイート
7位の
梶田凪選手
の4名が
世界選手権代表に決定!!

おめでとうございます!!


WEB記事などまとめはこちらから
続きを読む
Share on Tumblr

D6xP_lqVUAAv8Lg

▼大会情報まとめ
今日開幕するNHK杯へ向けて、昨日、公式練習&大会前記者会見が行われました。

まずは
水鳥寿思強化本部長が内村航平選手の現状について言及されました。
●けがについて
 「致命的なものではない」
●全日本種目別選手権は出場を明言していないが出場意志はある
 「今のところは前向きに考えているということは確認している」
●20年東京五輪へ向けて
 「彼が五輪に向けてやっていくとしたら鉄棒は、一番の武器になる。チームに一番貢献できる種目なので、そこはつくってほしいと伝えている。」

など、一つ一つに込められた内村選手の“今”がとっても尊く、
“キングの不在”に改めて、その存在の大きさを感じます。


内村は全日本種目別に出場の意向、強化本部長が言及日刊スポーツ
 日本体操協会の水鳥寿思強化本部長(38)が17日、NHK杯(18、19日、武蔵野の森スポーツプラザ)の前日練習が行われた会場で取材に応じ、内村航平(30=リンガーハット)の近況について言及した。
 4月の全日本選手権個人総合予選を、肩痛の影響で予選落ち。NHK杯に進出することができず、資格を有していた種目別ゆかでの今大会の出場も回避しているが、「けがについては致命的なものではない」と明かした
 その上で、「けがは大きな問題ではないが、積み重ねてきた負担、疲労とどう戦うかだと思う。種目別はいまのところ、前向きにやりたいと聞いています」と今後に触れた。鉄棒とゆかで資格を持つ全日本種目別選手権(6月22、23日、群馬・高崎アリーナ)への出場意思もあるとした
 20年東京五輪へ向けて、年齢によるけがなどとの闘いが続く。「彼が五輪に向けてやっていくとしたら鉄棒は、一番の武器になる。チームに一番貢献できる種目なので、そこはつくってほしいと伝えている。今回切り替えてできるかはこれからの取り組みだが、前向きに考えているのは確認している」と期待した。

内村航平、6月の全日本種目別出場「前向きに」水鳥強化本部長が明かすスポニチ
 体操男子の水鳥寿思強化本部長が17日、取材に応じ、4月の全日本選手権で予選落ちを喫した内村航平リンガーハット)の現状を説明した。
 内村は両肩を痛めていた影響もあって、全日本で14年ぶりに決勝進出できず。水鳥強化本部長は「ケガは致命的なものではない。(全日本は)通し練習ができていなくて“ぶっつけ本番”で形にできなかった」と話した。
 内村は既に個人総合での世界選手権(10月、ドイツ)の代表は消滅し、全日本種目別選手権(6月22、23日、群馬)の鉄棒でわずかな可能性が残る。内村は全日本後、種目別への出場を明言していないが、水鳥強化本部長は「今のところは前向きに考えているということは確認している」と出場意志があることを明かした。
11


では、公式練習&記者会見のWEB記事をまとめました(*^^*)
続きを読む
Share on Tumblr

●●mm1
▼大会情報まとめ昨日27日に行われた、男子種目別トライアウト。

跳馬米倉英信選手(福岡大)が新技「ヨネクラ」を命名後、初めて披露して成功
全体トップの15.033点をマーク!
あん馬亀山耕平選手徳洲会)は全体9位の14.266点
鉄棒宮地秀享選手(茗渓ク)は落下があり全体105位の11.600点

(他)

トライアウトの結果、
内村選手は種目別ゆかで個人総合通過者を除く6人に残り出場権を得ましたが、棄権を決断し帰京
痛めている両肩は今後、精密検査を受ける予定とのこと。
6月の全日本種目別で、昨年の世界選手権銀メダルによりシードされている鉄棒での世界選手権代表入りの可能性もりますが「まだ考えられないんじゃないかな」と佐藤コーチ。

当然ですよね。
まずはしっかり検査してもらって、休むことに専念できるといいなと思います。

そんな内村選手に共に戦ってきた戦友からエールが
同期の心友・山室光史選手や、亀山耕平選手など。

山室選手は内村選手のナショナル番号と同じ「162」のゼッケンを背に
特別な思いを抱いて試合に臨んだそうです。

そして、ロンドン・リオ五輪を共に戦い、予選を同じ組で回った加藤凌平選手
試合後に交わした会話の素敵なエピソードを矢内さんが綴ってくれています
内村選手が昨日の試合後に語ったことの中で、同じ組で回った加藤凌平選手とのやりとりがあるので紹介します。
内村「凌平と最後にちょっと話して、『俺もうダメだわ』と言ったら、『航平さん、ちょっと休んで下さい』って言われたんですよ。それがちょっと救いでした。あいつも、もがいてもがいてという感じでやっていますから、ああ同じなんだろうなと。彼なりの一言で、それがちょっとうれしかったです」

それぞれの立場と経験で、言葉をかけたり遠くから静かに見守ったり…
同じ境遇にいて辛さを分かち合える仲間の存在は大きくて温かいですね

自分には一方的に祈るしかなく、当然何もできないので
こういうお話を聞くとものすごくホッとします(*´ω`)


●種目別トライアウト、WEB記事まとめ
●レポニュース7/跳馬の新技「ヨネクラ」を披露 
はこちらから(*^^*)
続きを読む
Share on Tumblr

このページのトップヘ