ヒカル・こころのブログ『内村航平history』

日本体操界初の“プロ”へ!内村航平選手の“世界一美しい体操”を全力で応援します!!

タグ:千葉健太

2019.3.15-17 「2019 DTBチームカップ」
●②D14YYCSX4AIAF-9

ドイツ体操協会サイト
大会サイト

DTBチームカップ、日本は団体3位!!

おめでとうございます!

《これまでの大会情報》
●大会要項
●3.15 団体予選結果(リザルト・フォト)
●3.17 団体決勝結果(リザルト・フォト) 
はこちらから
続きを読む
Share on Tumblr

●origin_1

昨日2月10日、セントラルスポーツの新選手発表イベントがあり
●萱和磨選手(順大)
●HP-1
●谷川航選手(順大)
●HP
●千葉健太選手(順大)
●HP-2
●前野風哉選手(鹿屋体大)

●069de4e76417060ca98a865684f2fc68
所属選手・サポート選手紹介
の4選手が千葉県浦安市で記者会見されたそうです(*^^*)

順大の3選手は「練習環境が変わらないこと」を重視したということで、
萱選手は、今春から順大大学院にも進学。
スポーツ健康科学専攻で体操の技術の科学的解明を目指し、
練習拠点も引き続き順大に置く一方で、
セントラルスポーツの所属選手としては、
子供向けの交流イベントなどに出席して活動するという
社会人大学院生の“二足のわらじ”をはくことを明かしたそうです。

記者会見の前にはキッズスクールとの交流イベントが行われ、
約60人の子供たちの前で選手が模範演技を行ったり、
それを他の選手が解説したりと触れ合った。とのことです
(*^^*)

WEB記事などまとめました
続きを読む
Share on Tumblr

2018FIG種目別チャレンジカップ・ソンバトヘイ大会情報
●ハンガリー国際決勝後半 (31)
ハンガリー体操協会

《これまでのまとめ》
●大会要項
●日本代表選手 現地入りフォト
●9月21日 種目別予選結果
●9月22~23日 種目別決勝結果
●体操ニッポンFBフォトアルバム 
はこちらから
続きを読む
Share on Tumblr

8.23-24 男女種目別決勝
★★協会Twitter2
「第18回アジア競技大会」大会情報まとめ
男女種目別決勝 前半種目。
つり輪で野々村笙吾選手が今大会3つ目の銀メダル獲得!!
ゆかの谷川翔 選手が8位。
あん馬の長谷川智将選手7位、千葉健太選手8位。
段違い平行棒で内山由綺選手4位、中村有美香選手7位

男女種目別決勝 後半種目。
男子平行棒千葉健太選手が銅メダルを獲得!!
女子ゆかでは、中路紫帆選手が銅メダルを獲得!!

おめでとうございます!!

(2018.9.13追記)
今更になってしまいましたが、種目別決勝のインタビューレポとテレビ映像スクショです(*^^*)

▼種目別決勝前半種目 テレビ放送レポ
▼TBS 種目別ゆか
●●40
―表情からも悔しさが伝わってきますけれども、今日のゆかの演技どうでしたか?
谷川選手:結構着地がまとまってて、最後も失敗するとは思っていなかったので、悔しいなと思います。
●●41
●●42
―本当に美しい演技、美しい着地で決まっていた流れで、最後の最後で崩れてしまいましたが、どういった思いでこの種目別ゆか決勝に臨まれましたか?
谷川選手:正直、もう結構疲れたというか(笑) 心も体も疲れている感じで、できれば今すぐ日本に帰りたいっていうぐらいなんですけど。でも、代表できているからにはそんなこと言ってられないので、頑張りたいなというふうに思っています。まだ明日あるので、最後まで気持ちを切らさずに平行棒と鉄棒をしっかり演技したいなというふうに思います。
●●43
●●44
▼NHKハイライト 種目別ゆか
●●ゆか1
谷川選手:結構着地がまとまってて、最後も失敗するとは思っていなかったので、悔しいなと思います。
●●ゆか2
まだ明日あるので、最後まで気持ちを切らさずに平行棒と鉄棒をしっかり演技したいなというふうに思います。
●●ゆか3
●●ゆか4
●●ゆか5
●●ゆか6


▼TBS 種目別あん馬
●●1
●●2
●●3
●●4
●●5
●●6
●●7
●●8
●●9
●●10
●●11
●●12
●●13
●●14
●●15
●●16
●●17
●●18
●●19
●●20
●●21
●●22
●●23
●●24
●●25
●●26
▼NHKハイライト 種目別あん馬
●●あん馬1
長谷川選手:…何とも言えないですね。悔しいの一言に限ります。早めに切り替えて次の試合、次の試合と頑張って行けたらなと思います。

●●あん馬2
●●あん馬3
千葉選手:今日は失敗しちゃったんで、明日は失敗せずにメダルを獲れるように頑張りたいです
●●あん馬3

▼TBS 種目別つり輪
●●36
―演技は振り返ってみていかがでしたか?
野々村選手:トプバッターで、自分の点数が基準になるってうのは分かってたんで、自分の持ち味をしっかり発揮しようと思って、それができたので良かったと思います。
●●37
—次は2年後の東京もあります。
野々村選手:はい。この経験を活かして、来年、再来年としっかり代表に入って、最終的には東京オリンピックで金メダルを獲ることが目標なのでしっかりつなげていきたいです。
●●39
●●27
●●28
●●29
●●30
●●31
●●32
●●33
●●34
●●35

▼NHKハイライト つり輪
●●つり輪1
―今回はゆかに出場せずつり輪だけに専念という事で出場でしたがいかがでしたか?
野々村選手:そうですね、少し疲労もあって…。やっぱりつり輪でメダルを獲りたかったっていうのが大きかったので、ゆかは棄権してつり輪一本に集中したいなと思って今日臨みました。
●●つり輪2
野々村選手:でもやっぱり、欲しいのは金のメダルだったので、悔しい思いが残る大会でした。
●●つり輪3
野々村選手:この経験を活かして、来年、再来年としっかり代表に入って、最終的には東京オリンピックで金メダルを獲ることが目標なので、しっかりつなげていきたいです。

●●つり輪5

▼NHKハイライト 段違い平行棒
●●段違い1
内山選手:本当に悔しいです。反省する点が多すぎて…。もう、日本に帰って早く練習したい気持ちでいっぱいです。

―その練習をどこにつなげますか?
内山選手:やはり東京オリンピックがすぐにあるので、そこに向けて強靭な心臓をしっかり作り上げていきたいです。
●●段違い2
●●段違い3
中村選手:緊張するときに自分の演技ができないのは、すごい課題になったので、これからの練習につなげていきたいです。
●●段違い4
●●段違い5
●●段違い7
●●段違い6
●●段違い8
●●段違い9
●●段違い10
●●段違い11

▼種目別決勝後半種目 テレビ放送レポ
種目別決勝後半、TBSは女子平均台のみの放送でしたが中路選手の魅力的な演技と表情をたくさん放送してくださったのでたくさんスクショしました(*^^*)
まずはオープニング、そして競技後のインタビューまで↓
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
―種目別決勝、一種目目終えられました。いかがでしたか?
中路選手:予選よりかは攻めた演技もできなかったですし、ふらつきも多かったので今の結果になったのかなと思います。
43
―演技直後にコーチと抱き合った瞬間に笑顔もこぼれましたけれども、どういった精神状態でしたか?
中路選手:とりあえず、乗っただけなんですけど落ちてはなかったのでホッとしました。
44
45
―この後、ゆかの演技も控えていますが意気込みを教えてください。
中路選手:しっかり気持ちを切り替えて、思い切って自分を見せれたらいいなと思います。
46

▼NHKハイライト
男子平行棒と女子ゆかのみで、インタビュー無しでした
50
56
57
58
59
51
52
53
54
55
60
61
62
62-2
63
64
65
66


●8月23日:種目別決勝前半種目/WEB記事、SNS情報まとめ
●8月24日:種目別決勝後半種目/WEB記事、SNS情報まとめ

はこちらから
続きを読む
Share on Tumblr

2018.8.20 男子個人総合決勝、団体・種目別予選
aflo_84071374
「第18回アジア競技大会」大会情報まとめ
男子個人総合で、野々村笙吾選手が銀メダルを獲得!
去年の界選手権優勝の中国・肖若騰選手を下しての2位。
おめでとうございます!

谷川翔選手は最終種目・あん馬で落下があり惜しくも4位。
それでも、初めての国際大会で世界の強豪を相手に
メダル圏内に食い込む強さを十分にアピールできたのではないでしょうか!
そして、千葉健太選手が5位に入賞。

そして団体・種目別予選も兼ねた試合、
日本は2位で決勝進出!!
1位は中国(やっぱり強し!!)

種目別、日本選手は跳馬以外の5種目で決勝に進んでいます(*^^*)
長谷川選手のあん馬、落下があったにもかかわらず
14.400で決勝に進んでいます!!

決勝では、納得のいくパーフェクトな演技で
団体・種目別とも頂点を目指してガンバです!!

本日は女子の皆様ですね(*^^*)
こちらもガンバ―!!

(2018.8.22追記)
テレビ放送の競技後のインタビューレポです(*^^*)
TBS生放送の2班競技終了時の、野々村選手と谷川選手のインタビュー
51
52

―個人総合6種目を戦って暫定の2位、野々村選手です。ここまで全体の2位。メダルがかなり濃厚な位置になりましたが、振り返ってみていかがですか?
野々村選手:今日は6種目大きなミスなくまとめることができたので、1日目にしては満足した演技でした。
53

―85.950というかなり高い得点だったと思いますが、得点についてはどうですか?
野々村選手:点の出かたは若干甘いなというのはあったんですけど、それなりに評価されたので良かったと思います。
54
55

―スタートの得意のつり輪から素晴らしい演技でしたね。振り返ってみてどうですか?
野々村選手:そうですね、つり輪は得意種目なので、しっかりみんなにいい流れを作れるように気持ちを込めて演技しました。
56

―キャプテンとしての演技でしたが、こっちに入ってきてからは最初は個人総合6種目の予定はなかったんですよね。そこから素晴らしい出来でしたね。
野々村選手:そうですね、万が一のことがある競技なので、しっかり出ない種目も準備していたので良かったです。
57
58

—続いて谷川選手です。あん馬までは素晴らしい演技でした。振り返ってみてどうですか?
谷川選手:あん馬までは結構良かったので、良かっただけにあん馬はもったいないというか悔しいと思います。
59

—あそこ、演技が始まる時点での気持ちというのはどうだったんですか?
谷川選手:いつもの、あん馬をやる前よりは、最後あん馬やればっていう思いはあったので、いつもよりちょっと固くなってたのかなっていうのは思います。
60
61

—ただ、そこまでは14点台以上で、そしていい着地も見せていて谷川選手らしい演技だったと思いますが。
谷川選手:そうですね…まあ、できればメダルを獲って世界にアピールしたいというか、そんな気持ちはあったんですけど、体操自体はまあまあ評価されたと思うので、これからまず団体決勝に向けて調整していきたいと思います。
62
63

―アジアでこのシビレる演技をして、先に繋がりますね?
谷川選手:そうですね、良いところもあったし悪いところもあったので、しっかりこれを自分の中で整理して、また頑張りたいと思います。
64
65
66
番組冒頭にキングのお姿が(*´ω`)
1-3
1-5

NHKハイライトでは表彰式のシーンもありました(*^^*)
個人総合銀メダル獲得後の野々村選手のインタビューも

68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88

野々村選手:今年も世界選手権の代表には入れてないんですけど、このアジア大会で結果を残すことができたのは良かったと思います。
93

—これでキャプテンとして、この先にもつながりますね。
野々村選手:そうですね、とりあえず今日は良かったです。
94

—この後、どんな大会にしたいですか?
野々村選手:あさっては団体決勝があって、一番の目標である団体優勝に向けてみんなで力を合わせて頑張りたいです。
95
TBSと同じ谷川選手のインタビューシーンも(*^^*)
89
90
91
92

これまでのWEB記事、フォト、SNS情報などまとめはこちらから(*^^*)
続きを読む
Share on Tumblr

このページのトップヘ