ヒカル・こころのブログ『内村航平history』

日本体操界初の“プロ”へ!内村航平選手の“世界一美しい体操”を全力で応援します!!

タグ:萱和磨

20190623-00000121-dal-000-2-view
AS20190623002336_comm

▼「第73回全日本体操競技種目別選手権」大会情報まとめ

男子代表は新たに橋本大輝選手神本雄也選手が代表に決まりました!
◆第49回世界体操選手権日本代表男子◆
谷川翔(順天堂大学)
谷川航(セントラルスポーツ)
萱和磨(セントラルスポーツ)
橋本大輝(船橋市立船橋高校)
神本雄也(コナミスポーツ)
D9vseXCVAAADrnq
https://twitter.com/GymnasticsJapan/status/1142767136089104385

女子代表、最後の1枠には松村朱里選手が選ばれたようです。
◆第49回世界体操選手権日本代表女子◆
寺本明日香(ミキハウス/レジックスポーツ)
畠田瞳(セントラルスポーツ)
杉原愛子(武庫川女子大学)
梶田凪(中京大学)
松村 朱里(ジム・ネット体操教室)
D9vs0lEVUAA8ARw
https://twitter.com/GymnasticsJapan/status/1142767328913793024

おめでとうございます

橋本大輝選手は、男子では白井健三選手以来の高校生での代表入りとのこと

神本雄也選手は、平行棒で右顔面をバーに強打し落下。
立ち上れず担架で運ばれるアクシデントがあったようですが、
セレモニーには自ら歩いて登壇されたようです。

激闘の中、全力の限りを尽くして掴んだ世界への切符
皆さんの活躍を楽しみに応援しています!!

(2019.6.24追記)決勝のWEB記事など、追記しました。

17歳橋本ら代表決定=白井、ゆか3位で落選-体操全日本種目別時事ドットコム
 体操の世界選手権(10月、ドイツ・シュツットガルト)代表選考会を兼ねた全日本種目別選手権最終日は23日、群馬・高崎アリーナで男女各種目の決勝が行われ、男子は17歳の橋本大輝(千葉・市船橋高)、神本雄也(コナミスポーツ)、女子は松村朱里(ジム・ネット体操教室)が新たに代表に加わった。
 白井健三(日体大大学院)はゆか3位で7連覇を逃し、代表も落選。今秋の世界選手権では2016年リオデジャネイロ五輪の男子団体総合金メダリストが不在となった。
 女子は代表入りを決めていた寺本明日香(ミキハウス)が平均台とゆかを制して2冠。腰の故障から復帰した村上茉愛(日体ク)は跳馬で優勝した。 
20190623-00000059-jij-000-7-view

神本雄也は平行棒で右あご強打も初の世界切符、話せず会見欠席スポニチ
体操・全日本種目別選手権最終日(2019年6月23日 高崎アリーナ)
 男子の神本雄也(24=コナミスポーツ)がアクシデントに見舞われた。平行棒で落下の際に、右あご付近をバーに強打。そのまま倒れこむと立ち上がれず、担架で運ばれた。
 次の鉄棒は棄権したが、4月の全日本、5月のNHK杯、22日の予選で平行棒や鉄棒でハイスコアをマークしており、初めての世界選手権代表に決まった
 救急搬送はされず、会場での代表発表の場には姿を見せたものの、場内インタビューではコメントはせず、観客の拍手に深々と礼。歯にトラブルが発生しているとみられ、話せない状態のため、代表会見は欠席した。日本協会の水鳥寿思強化本部長は24日に神本が精密検査を受けることを明かし、「しっかり合宿に戻ってきて、我々の力になってくれる」と期待を込めていた。
20190623-00000258-spnannex-000-2-view

体操、17歳の橋本ら世界代表 全日本種目別最終日共同通信
 体操の世界選手権(10月・シュツットガルト=ドイツ)代表最終選考会の全日本種目別選手権最終日は23日、群馬県の高崎アリーナで決勝が行われ、男子はあん馬で3位に入った17歳の橋本大輝(千葉・市船橋高)と2014年仁川アジア大会3冠の神本雄也(コナミスポーツ)が初代表に決まり、白井健三(日体大大学院)が落選した。女子は松村朱里(ジム・ネット教室)が初の代表。
 代表は男女ともに5人。男子は既に決まっていた谷川翔(順大)谷川航、萱和磨(ともにセントラルスポーツ)と団体総合に臨む場合に日本のチーム得点が高くなることなどを考慮し、残り2人を選出。
20190623-00000084-kyodonews-000-3-view
20190623-00000084-kyodonews-001-3-view

顔面強打の神本雄也 世界選手権代表選出もインタビューでしゃべれず…24日検査
 神本は代表選出が濃厚な中で迎えた得意の平行棒でまさかのアクシデント。支え技が崩れ、右アゴ付近をバーに強打。鈍い音とともに、倒れ込んだまま、立ち上がれず、担架で運ばれた。
 大会終了後の代表発表には登場。ただ、各選手がインタビューで意気込みを語る中、神本はしゃべることができず、無言で声援に頭を下げた。その後の代表会見も欠席した。
 水鳥寿思強化本部長によると、24日にも病院で検査を受ける予定。同強化本部長は「貢献度でいえば、他と比べようがないほど断トツに強かった。必要な選手だということは伝えた。まず治してもらいたい」と、願った。
20190623-00000121-dal-000-2-view

体操世界選手権 高3橋本と神本が男子代表に リオ金メンバーは一人も入れず毎日新聞
 体操の全日本種目別選手権は最終日の23日、群馬県高崎市の高崎アリーナで男子6種目の決勝を行った。世界選手権(10月、ドイツ・シュツットガルト)の代表5人のうち、今大会までの成績によって選ぶ2人に、橋本大輝(千葉・市船橋高)と神本(かもと)雄也(コナミスポーツ)が選ばれた。高校3年生の橋本は、男子では2013年の白井健三(日体大大学院)以来、史上2人目の高校生代表となった。
 世界選手権の代表には、谷川翔(順大)、谷川航(セントラルスポーツ)、萱和磨(同)の3人が既に決まっていた。16年リオデジャネイロ五輪男子団体総合金メダルのメンバーは一人も入れなかった。
 この日の大会では、谷川航が平行棒で優勝し、跳馬で2位に入った。橋本はあん馬で3位、神本はつり輪で5位に入ったほか、これまで行われた代表選考会の種目別の成績により、団体総合の合計得点向上に貢献できると判断された。
20190623-00000037-mai-000-3-view

17歳橋本ら代表=体操全日本種目別時事通信
20190623-00000069-jijp-000-3-view

白井のゆか
20190623-00000074-jijp-000-2-view

17歳の橋本が代表入り 体操、高校生では白井健三以来朝日新聞
20190623-00000051-asahi-000-1-view
AS20190623001893_comm
AS20190623002006_comm
AS20190623002336_comm

「やるしかない」平均台と床運動で優勝の寺本 女子体操・全日本種目別毎日新聞
 体操の全日本種目別選手権は最終日の23日、群馬県高崎市の高崎アリーナで女子4種目の決勝を行い、世界選手権(10月、ドイツ・シュツットガルト)代表の寺本明日香(ミキハウス)が平均台と床運動で優勝した。同代表の畠田瞳(セントラルスポーツ)は段違い平行棒を制した
 世界選手権の代表は、既に決定済みの寺本、畠田、杉原愛子(武庫川女大)、梶田凪(中京大)と、今大会の成績も加味して決まった松村朱里(ジム・ネット教室)の5人。団体総合で昨年3位以内の米国、ロシア、中国を除く上位9チームに入れば、東京五輪の団体総合の出場権を獲得できる。
 東京五輪の団体総合出場を目指す女子の代表が出そろった。チームの柱となる寺本は「このメンバーでやるしかない。五輪をしっかり勝ち取りたい」と覚悟を語った。
 昨年の世界選手権個人総合銀メダルの村上茉愛(日体ク)を、腰を痛めた影響で欠く陣容。最後の1枠は高得点を出せる種目を持つ選手を選ぶ想定だったが該当者が出ず、個人総合で5番目の松村が入った。傑出した選手がいない分は、総力で戦うしかない。
 五輪切符獲得の義務感を背負う代表選手の自覚は、今大会にも表れた。寺本はミスのない安定した演技を意識して2種目を制覇。畠田は段違い平行棒の最後に5月のNHK杯より難しい技を取り入れて成功し、優勝。「いい大会になった」と手応えをつかんだ。他の選手も積極的に技の難度を高めて挑んだ。
 日本体操協会の田中光・女子強化本部長は、5人が実力を発揮できれば「昨年ならメダルが狙えるような数字(得点)」になると試算する。女子団体総合の目標は1964年東京五輪の銅以来となるメダル。寺本は「それに近づくために、世界選手権で日本の強さをアピールしたい」と意気込んだ。【石井朗生】


白井健三 連続代表途切れるも来季へ光「来年出直せばいい。体操辞めなくてよかった」デイリースポーツ
 白井は、得意のゆかでは14・900点で3位となり、7連覇を逃した。跳馬は5位、鉄棒は2度落下し、8位だった。春先の左足首の故障の影響による4月の全日本、5月のNHK杯での出遅れも響き、世界切符には届かず。それでもどん底だった春先を考えれば、充実した練習もできた中で臨めた。着実に手応えのあった大会だった。「準備段階で後悔がなかったので、やることはやったと割り切って試合に臨めた。鉄棒は2度落下して課題はあるけど、悔しくはない」と、すっきりとした表情で話した。
 高校生の時から入ってきた代表に自分の名前がない。それでも「村上茉愛だったり、(内村)航平さんだったり、周りに同じ(けがに苦しんで代表を逃した)境遇の人がいて、みんなで盛り上げながら、“来年出直せばいいんだよ”ってやってる」と、笑った。
 光が見えなかった春先は「体操を辞めたい」と思った。それでも周囲の支えもあり、本来の前向きさを取り戻した白井。「体操を辞めなくてよかった。原点に戻れた」。逆襲へ大好きな体操を楽しみながら、牙を研ぐ。
20190623-00000140-dal-000-3-view

あん馬、美しい開脚旋回を披露 17歳の橋本大輝 体操・全日本種目別毎日新聞
 演技をすれば年齢は関係ない。身長164センチの体をいっぱいに使った雄大な演技と安定感で、高校生の橋本が世界選手権への切符を手にした。日本代表のジャージーに袖を通した記者会見では「最年少なので率先してチームに勢いをつけたい」と、あどけなさの残る表情を輝かせた。
 得意のあん馬の決勝では、細身の体をつま先までしっかり伸ばした美しい開脚旋回を披露し、着地までまとめて3位に入った。前日の予選では高さのある跳躍で跳馬の大技「ロペス」を決め、15・000点をたたき出して日本代表の戦力としてアピールした。
 千葉県成田市出身。3人兄弟の末っ子で、兄の影響で6歳から体操を始めた。最初は嫌々だったが、技を習得するにつれて楽しさを感じ始めた。市船橋高の大竹秀一監督が「練習の虫で、常に全力投球」と評する人一倍の厳しさと集中力で、質の高い動きを身につけた。年上の選手に交じっても堂々と演技できるのは、日々の練習に裏打ちされた自信があるからだ。
 世界の舞台を本格的に意識し始めたのは、今年1月。水鳥寿思・男子強化本部長に目標を問われて高校の全国大会3冠と答えると、「日本代表を狙ってほしい」と思わぬ言葉を贈られた。水鳥強化本部長は「安定感があり、減点されにくい演技をする。気持ちも強く、ものおじせずやってくれる」と期待する。
 橋本は代表入りを「ゴールではなくスタートライン」と話す。あん馬や鉄棒でさらに高難度の技にも取り組んでおり、伸びしろも大きい。これからも貪欲に成長を続けるだけだ。【円谷美晶】
20190623-00000058-mai-000-3-view

体操に超新星!17歳“あん馬王子”市船・橋本、白井以来2人目の高校生世界代表にスポニチ
 初めて代表ジャージーに袖を通し、初々しい表情を浮かべた橋本だが、コメントは強気だった。「世界選手権で金メダルを獲るようにしたい。チームを勢いづけたい」。内村、白井ら、団体総合で頂点に立った16年リオ五輪のメンバーが全員落選する中、体操ニッポンの未来を担う新星が高らかにV宣言だ。
  この日、3位に入ったあん馬などで4月の全日本、5月のNHK杯、今大会と高得点をマーク。今年1月、日本協会の水鳥強化本部長との問答が若者を変えた。目標を問われ「高校3冠を達成」と答えると、指揮官から「代表としてメンバーに入る可能性があるから狙ってほしい」と返された。中国との合同合宿にも参加。日の丸への強い意識と豊富な練習量が、世界への道を切り開いた
 個人総合で代表に決まっていた谷川翔と兄の航、萱は市船橋高の先輩。淡々と演技を重ねる翔、堂々と舞台に立つ航を尊敬し、リオ金メンバーの田中佑典に憧れる。「(田中は)日本の美しい体操を象徴している」。NHK杯は出来栄えを示すEスコアの6種目の合計が最高で「セイコーエクセレント賞」を獲得。この日のあん馬もEスコアは最高と美しさを見せつけた。
  高校世代では1学年下で18年ユース五輪5冠の北園丈琉(清風高2年)が注目されてきた。メディアに多く取り上げられる北園を見て「超悔しかった」と言う橋本が、一足先に代表に。「これがゴールじゃない。やっとスタートラインに立った」。世界選手権、東京五輪へ新星の輝きは増していく。
 ▼橋本 大輝(はしもと・だいき)2001年(平13)8月7日生まれ、千葉県成田市出身の17歳。6歳で佐原ジュニア体操クに入り本格的に競技を始め市船橋高2年時の昨年、全国高校総体の個人総合で2位、団体総合は清風高と同点優勝。スナック系の菓子が好物で辛い食べ物が苦手。1メートル64、54キロ。
20190624-00000095-spnannex-000-3-view

五輪へ新星!17歳・橋本が世界切符、白井以来史上2人目の高校生代表/体操サンスポ
 17歳のニューヒーローは極めて冷静だ。初めて日の丸のジャージーに袖を通しても、浮足立った様子はない。無数のテレビカメラを前にした会見で事もなげに言った。
 「これがゴールじゃない。やっとスタートラインに立てました」
 年上の選手が次々と落下する波乱含みの展開で、得意のあん馬に臨んだ。身長164センチ、体重54キロ。長い手足をしなやかに操り、美しい開脚旋回を繰り出した。出来栄えを示すEスコアは全体トップの8・500点。冷静沈着な高校3年生が拳を握って感情を表現した。
 日本の弱点ともされるあん馬で得点が見込め、跳馬で大技のロペス、鉄棒でG難度のカッシーナを操る。「あん馬であれだけ安定感がある演技をする選手は日本にいない」と日本体操協会の水鳥寿思(ひさし)男子強化本部長(38)。シニアのナショナル強化選手ではないにもかかわらず、オフシーズンに日本代表が中国と行った合同合宿のメンバーに抜擢(ばってき)した。けがの影響もあって落選した大エースの内村と白井を欠く体操ニッポンの救世主として期待が懸かる。
 練習の虫だ。名門・市船橋高の大竹秀一監督から止められるまで、朝から晩まで器具に向き合う。高校入学前にジュニア世代のナショナル強化選手に入った経験はなかった。指揮官は「高校に入って2年2カ月で今の技の90%を覚えた。常に全力投球。抑える方が大変な子」と舌を巻く。
 サッカー日本代表でレアル・マドリードに入団したMF久保建英(18)と同じ2001年生まれ。ライバルの演技を応援し一喜一憂する根っからの体操好き。世界に立ち向かうにはDスコア(演技価値点)が足りないと自覚する。「(技の)完成度を上げてチームに貢献したい。代表で戦った後から、もうひと伸びしたい」。20年東京五輪期待の星は最後までクレバーな口ぶりだった。


17歳・橋本大輝、世界切符!白井以来2人目の高校生代表も「これがゴールじゃない」スポーツ報知
 史上2人目の高校生代表となった橋本は、少し緊張した面持ちで表彰台に立った。慣れないマイクを向けられると少し考えながら「これがゴールじゃない。やっとスタートラインに立てた。最年少なので演技で勢いをつけたい」。幼い表情とは裏腹の力強い言葉を並べた。
 個人総合で争う4月の全日本選手権で7位、5月のNHK杯で6位と上位につけ、今大会の予選ではあん馬、跳馬、床運動で14点以上と安定感を見せた。決勝ではあん馬で長い手足を生かした躍動感ある美しい演技を披露。14・400点で3位に入り、3大会の総合力が評価され、代表入りを決めた。
 2年半で急成長 体操を始めたのは6歳。兄の影響も大きかったが、04年アテネ五輪団体金メダルの冨田洋之氏(38)と握手する機会があり、心が動いた。母・祥子さん(52)にも勧められ競技を開始。「最初は嫌だった」というが、小学1年で技を覚え「楽しくなった」とのめり込んだ。
 根っからの負けず嫌い。小学校低学年の頃には年上の選手に割り込んで、レベルの高い床運動のひねり技などに挑戦した。コーチに止められると「俺だってできるのに」とすねた。高学年になると録画した世界選手権を繰り返し見て、技を研究。高校は実家から片道1時間30分かかる。朝は6時10分に家を出て、練習に打ち込み帰宅は午後10時30分になることもしばしば。大竹秀一監督(41)は「練習の虫。抑える方が大変。今やっている技は90%高校に入ってから習得した」と2年半で急成長を遂げた。
 日本代表を意識し始めたのは今年1月。代表合宿で、水鳥寿思監督に「日本代表を狙ってほしい」と言われ、「可能性をつかむために練習してきた」。チャンスを自らの手でつかみ、次は世界との戦いに挑む。「最年少ですけど、チームにいい演技で勢いをつけたい。(団体で)金メダルを取りたい」。日本に現れた若き新星が世界に羽ばたく。(小林 玲花)
20190624-00000022-sph-000-2-view

体操・白井、床7連覇ならず…代表入り途絶えるも「連覇に未練はない 満足感の方が大きい」スポニチ
 体操の全日本種目別選手権最終日が23日、世界選手権(10月、ドイツ)の代表選考会を兼ねて行われ、橋本大輝(17=市船橋高3年)が初めて世界切符をつかんだ。男子の高校生代表は13、14年の岸根高・白井健三(22=日体大大学院)以来、史上2人目。内村航平(30=リンガーハット)、白井を含め16年リオデジャネイロ五輪団体金メンバーが全員代表落ちした中、体操ニッポンに新星が現れた。
 白井は国内で無敵を誇った床運動の連覇が6で途切れ、13年の世界選手権から五輪を含めて続いていた代表入りも途絶えた。それでも「あまりショックではない。連覇にも未練はないし、試合でやるべきことをできた満足感の方が大きい」と前向きな姿勢を崩さなかった。左足首のケガからの回復が遅れ、5月のNHK杯で23位に終わって代表争いからは後退。「同じような境遇の村上茉愛、(内村)航平さんとは、来年出直せばいいんだよと言い合っている」と誓った。
20190624-00000051-spnannex-000-2-view

【平均台決勝で優勝した寺本明日香の演技】
9
9-a
9-b
9-c
9-d



体操世界選手権 高3橋本と神本が男子代表に リオ金メンバーは一人も入れず毎日新聞
9-100
9300
9-00
9-600
9-700
9-800
9-900





●6.22 予選 WEB記事まとめ
6.23 決勝 WEB記事まとめ 
はこちらから

続きを読む
Share on Tumblr

★体操ニッポン×テーブルマーク2018-2019★
main_agwc2011pr

(2019.6.16追記)
▼2019.6.14公開 “ 祝ごっつの日”お祝い動画
”5月2日はごっつの日”を祝う画像と動画をまとめたスペシャルムービーだそうで、体操ニッポンの皆様もお写真で登場しているみたいです(*^^*)
5月2日はごっつの日“ 祝ごっつの日”お祝い動画公開 ... - テーブルマーク
Screenshot_20190616-083141
Screenshot_20190616-083135
Screenshot_20190616-083137
Screenshot_20190616-083150
Screenshot_20190616-083153
なぜかキングだけ、かわいいごっつの日Tシャツ(*^^*)
-2


↓↓こちらも、新しいバージョンになっていたのに気が付きませんでした(^^;↓↓
▼2019.3.31公開 体操ニッポン×テーブルマークコラボCM『食こそ、チカラだ。』

Screenshot_20190616-083103


《これまでのまとめ》
▼体操ニッポン×テーブルマーク2018 
●2018.11.5 体操ニッポン代表選手 テーブルマーク本社訪問
●「選手がテーブルマークにやって来た2018」レポート公開

はこちらから
続きを読む
Share on Tumblr

2014-5

▼「第58回NHK杯」大会情報まとめ
NHK杯レポの締めは
Going!サンデースポーツレポ、
そして、生中継での世界選手権代表3人のインタビューをレポしました(*^^*)
続きを読む
Share on Tumblr

9b

▼大会情報まとめ
第58回NHK杯、男子競技の結果
谷川翔選手が初優勝!
初めて世界選手権代表の切符を手にしました!
※谷川翔選手のツイート

他、2位の
谷川航選手、3位萱和磨選手
世界選手権代表に決定!!
※谷川航選手のツイート ※ 萱和磨選手のツイート

おめでとうございます!!

WEB記事など、まとめはこちらから
続きを読む
Share on Tumblr

さ2-2

全日本選手権 決勝ニュースレポです。
(トップ画像はキングで)

▼大会情報まとめ
サタデースポーツS-PARK
そしてNHKの「全日本体操 個人総合」生中継より、
オープニング&優勝インタビューをレポしました

続きを読む
Share on Tumblr

このページのトップヘ