今日も晴れ間がのぞいた北西部からこんばんは。
なんだか、日差しの温かさは少し春を思わせるような…。
ぬか喜びかなー。

さて。

ここしばらく、週末はひたすら休息をモットーにしている感じだったのですが、今週末はお客さんがきたり、イベントに駆り出されたりとなんだかあわただしく。

ということで、

180217

代役です。

こういう目をしているとき、この前に出ている手は凶器になるんですよ。


人気ブログランキングへ← 狩人なので。

今日は一日気持ちいい青空が広がった北西部からこんばんは。
でも風が強くてね。

その風に乗ってか、どうやらこの時期限定でわたしがやられがちな何かの花粉が飛んでいる模様です。
顔周りがかゆい…。

さて。

昨日はバレンタインデーでしたね。
みなさん、参加はされましたでしょうか。

わたしとしては、世間の陰謀に惑わされてはならん、という気持ちで不参加だったのですが(The あまのじゃく)、


180215

夫が参加してきた。
後ろで適当に足をなめているどうぶつはオマケです。


現在、暇な時にカリグラフィーの練習をしている夫。
日本では中学校でなんども練習させられた筆記体ですが、こちらの国では学校で習うことはないようです。
なので、自由帳と日本製のGペン(カリグラフィーの指南書でおススメされているらしいです)で、ひとり黙々と机に向かっております。

まだまだ練習が必要なおぼつかない字体ですが、最初の頃よりずいぶんましになりました。
最終的にどこを目指しているのかは定かではありませんが、まあ、でも字がきれいって言うだけでその人の魅力は2割増しですよね。


人気ブログランキングへ← と自分にも言い聞かせてみる。

晴れ、雨、晴れ、の北西部からこんばんは。
雨ははずせないですから。

さて。

本日は、夕方から子宮頸がんの検診日。
このアポイントのために職場を余裕をもって出たにも関わらず、事故渋滞にはまり、一時はもうムリか…となりましたが何とか間に合いました。
あー、イヤな汗かいた。

前回受けたのは数年前なのですが(かかりつけクリニックからご招待の手紙が数年おきにきます)、その時は年配の看護師さんで、診察室においてある角度や高さが調節できるライトの肝心の首の部分がゆるゆるだったために、

「あら、見えないわ、ライトの調子が…」

というのを延々繰り返し、その間、わたしはスポットライトを股にあてられたり外されたりしながら、足を広げたまま診察台で待機、という軽い羞恥プレーだったのですが、今回はライトもさすがに数年で新しいものに換えられており、比較的スムーズに事は運びました。

数か月前から、この辺りの地域ではこれまでの細胞診検査の前段階としてHPV(ヒトパピローマウィルス)検査が導入されたそうです。
結果は数週間後に手紙で知らせてもらえます。


そして、家に帰って、

180213a

ブーさんと運動。

180213b

野生に帰れる気がしない。


人気ブログランキングへ← 猫は近視らしいですから。

雪、みぞれ、晴れ、くもり、とクルクルと天気が変わる北西部からこんにちは。
今は窓の外は晴れ間ですが、10分前までは吹雪いていました。
慌ただしい。

さて。

1月から放映されていたようですが、昨日初めて見たHSBC(イギリスに本社がある香港系メガバンク)のCMが気になったのです。




ドライなユーモアで人気のRichard Ayoadeが、イギリスに浸透しているいろんな外国のもの(食べもの、車、電化製品、犬などなど)を羅列した後に、

We live on a wonderful lump of land in the middle of the sea, but we are not an island, we are part of something far, far bigger.
(意訳: 我々は海に囲まれたすばらしい土地に暮らしていますが、なににも属さない孤島なんかじゃなく、もっともっと大きな何かの一部なんです)


という、銀行の新しいスローガン ” Together We Thrive” をプロモートするイメージ広告に仕上がっています。

この時期にこれを放送するというのは、どう考えてもBrexitの道を選択したイギリスに対する、Internationalism (国際協調主義)的なカウンターパンチなわけです。

You Tubeのコメント欄も、「その通り、よく言った!」という人と「イギリスには独自の食べ物だって文化だってたくさんある!」と喧々囂々となっております。
個人的には、後者のコメントに関してはこの広告のポイントはそこじゃないと思うんですけどね。

まあ、お世辞にも清廉潔白とは言い難いメガバンクのCMという部分を差し引いても、イギリスの一部の人が溜飲を下げる出来となっています。


人気ブログランキングへ← イギリスの良さはそこなのにね。

↑このページのトップヘ