くもり空から時折太陽がのぞく北西部からこんにちは。
今週はなかなかの荒れ模様でございました。
室内干しの洗濯物を乾かすために暖房を入れて、暑くなって切る、ということを繰り返す週末です。

さて。

世間が総選挙で騒がしかった木曜日、かかりつけのクリニックでの健康診断がありました。

数週間前に突然携帯にメッセージが届き、「健康診断の時期が来ましたので予約を取ってください」とのこと。
そんな案内が来たことなど過去になかったので、不思議に思いつつも、日本と違い人間ドックなど会社が健康診断を提供するという制度がない国ですので、やってもらえるならやってもらっておこう、と。

当日担当の看護師さんに聞いてみると、40歳以上のGP(かかりつけ医)登録者が対象で、主に糖尿病や脳卒中など生活習慣病のリスクを早めに見極めて予防をしていきましょう、という趣旨の元行われているそうです。

なので、診察内容は

身長
体重
ウエスト
血圧・脈
血液検査
生活に関する問診

でした。

問診は、既往歴、家族歴、飲酒・喫煙の有無と量、野菜は食べているか、運動はしているかといった内容。

年齢の話になり、

「42です!」

と即答したのですが、よく考えたらまだ41でした…。
看護師さんにも

「まだですよ!あと数か月だけど、まだ41だからしがみつかないと!」

励まされた。
35辺りを過ぎてからというもの、誕生日ではなく数えで年齢を考えるようになったのはなぜなのか。
江戸時代かな。

血圧がちょっと低いので、もうちょっと塩分を取ってもいいかもとアドバイスされたのですが、それってすごく諸刃の剣じゃないのかしら。
小さい頃からお漬物が好きで、母に良く「塩分に気をつけなさいよ」と言われていたのですが、あれは体が本能的に欲していた、ということもあるのかもとお漬物愛を正当化してみたり。
知らんけど。

血液検査の結果は何か問題があった場合のみレターが届きます、とのこと。
何も連絡がないことを祈りつつ。

170611

モフっていくかい?


人気ブログランキングへ← モフってるときは血圧上がってそう。