源氏物語の現代語訳 若紫

源氏物語現代語訳 「若紫」

〔原文〕1.垣間見
日もいと長きにつれづれなれば、夕暮れのいたうかすみたるに紛れて、かの小柴垣(こしばがき)のもとに立ち出でたまふ。人々は帰したまひて、惟光朝臣(これみつあそん)とのぞきたまへば、ただこの西面(にしおもて)にしも、持仏据ゑたてまつりて、行ふ、尼なりけり。簾(すだれ)少し上げて、花奉るめり。中の柱に寄りゐて、脇息(けふそく)の上に経を置きて、いとなやましげに読みゐたる尼君、ただ人と見えず。四十余(よそぢよ)ばかりにて、いと白うあてに、やせたれど、面(つら)つきふくらかに、まみのほど、髪のうつくしげにそがれたる末も、「なかなか長きよりもこよなう今めかしきものかな」と、あはれに見たまふ。
 
 清げなる大人二人ばかり、さては童(わらは)べぞ出で入り遊ぶ。中に、十ばかりにやあらむと見えて、白き衣(きぬ)、山吹などのなえたる着て、走り来たる女子(をんなご)、あまた見えつる子供に似るべうもあらず、いみじく生ひ先見えて、うつくしげなるかたちなり。髪は扇を広げたるやうにゆらゆらとして、顔はいと赤くすりなして立てり。
 
 「何事ぞや。童べと腹立ちたまへるか」とて、尼君の見上げたるに、少しおぼえたるところあれば、子なめりと見たまふ。「すずめの子を犬君(いぬき)が逃がしつる。伏籠(ふせご)の中(うち)にこめたりつるものを」とて、いと口惜しと思へり。このゐたる大人、「例の、心なしの、かかるわざをしてさいなまるるこそ、いと心づきなけれ。いづ方へかまかりぬる。いとをかしう、やうやうなりつるものを。からすなどもこそ見つくれ」とて立ちて行く。髪ゆるるかにいと長く、目安き人なめり。少納言乳母(せうなごんのめのと)とぞ人言ふめるは、この子の後ろ見なるべし。
 

〔現代語訳〕
 
日もたいそう長くて、何もすることがないので、夕暮れ時の深くかすんでいるのに紛れて、あの小柴垣の付近にお立ち出でになった。お供の人はお帰しになり、惟光朝臣といっしょに僧都の坊をお覗きになると、ちょうどこの西面に、仏を安置して勤行している人は尼だった。少女たちが簾を少し上げて、花を供えている最中のようだ。中の柱に寄り掛かって座り、脇息の上にお経を置いて、とても大儀そうに読経している尼君は、普通の身分の人とは見えない。四十過ぎくらいで、とても色白で上品で、痩せてはいるが頬はふっくらとして、目もとのぐあいや、髪がきれいに切り揃えられている端も、「かえって長い髪よりも、この上なく現代風な感じだなあ」と興味深くご覧になった。
 
 小綺麗な女房二人ほど座っており、それから童女が出たり入ったりして遊んでいる。その中に、十歳くらいかと見えて、白い袿の上に、山吹重ねなどの、糊気の落ちた表着を着て走ってきた女の子は、大勢見えた子供たちとは比べものにならず、たいそう成人したときの美しさがうかがわれて可愛らしげな顔かたちである。髪は扇を広げたようにゆらゆらとして、顔は手でこすってとても赤くして立っている。
 
 「どうなさったの。童女とけんかをなさったのですか」と言って、尼君が見上げた顔に、少し似ているところがあるので、その子どもなのだろうとご覧になる。「雀の子を、犬君が逃がしちゃったの。伏せ籠の中に閉じこめておいたのに」と言って、とても残念がっている。そこに座っていた女房が、「またうっかり屋さんのが、このようなことをして責められるとは、ほんと困ったことね。どこへ飛んで行ってしまいましたか。とても可愛らしくだんだんなってきましたものを。烏などが見つけたら大変」と言って、立って行く。髪はゆったりとたいそう長くて、感じのいい人のようだ。少納言の乳母と人が呼んでいるらしい人は、きっとこの子のご後見役なのだろう。



次は、若紫の二章の現代語訳です。


hikaru_genji1111 at 21:56源氏物語の現代語訳 若紫 | 源氏物語の現代語訳 解説