撮影中

役者さんや、スタッフが
怪我をしないように注意をはらうことは
最も重要な事です。

時代劇となると
寒い日でも薄い着物に草鞋、草履という事も多々あり

反対に、真夏に何枚も着物を重ねなければならない時もあります。

役者さんには
並々ならぬ忍耐力がある

子役でも、それは変わりません

ですから、撮影中、忙しくても

食事はきちんととれていたか
寒くはないか、みなさんの体調に気を配ることを忘れちゃいけない

ちゃんと出来ていたかと

一日の撮影が終わると、振り返ります。

反省点もあります

また、

撮影させて頂いている場所の
ご近所に迷惑がかかっていないか

注意しなければならない

誰も嫌な思いをせず

撮影がスムーズに終われたら

お疲れさま!

と、笑っていい合える

そんな撮影現場をつくっていきたいと
思います。