阪急電車の
神戸線
宝塚線
京都線が、
乗り入れる『
〜じゅうそう〜駅は、多くのサラリーマンや学生さんが利用する駅です。


古く、淀川沿いには渡し船があり
人々が行き来していた歴史があります。

13の船着場があったので
〜じゅうそう〜
という名前になったそうです


さて、駅を降りたって驚くのは
西口と東口に広がる飲み屋街

そのお店の数です

いく筋もの細い通りがありまして

お寿司屋さんや
大衆酒場が軒を連ねています。

お饅頭の和菓子屋さんや、
たい焼き屋さんが

おそくまで空いているのが素晴らしいと思いました

夕方から呑んでるお父さんが

酔いながらも、つ、四つ、と買っているのです

たぶん、家族へのお土産

『おお~帰ったぞ~
なにいってんだよ、酔ってないよぉ!
はい!おみやげ~』

どこの家も昔は皆こうでした(笑)


歓楽街というよりは
アフター5を過ごすサラリーマンの方々が

安く、楽しく、安心して飲める場所

そんな明るさがありました。

この日、歩き回ってやっと見つけた

『立ち飲み屋』さんが面白かった

                 IMG_0956

引き戸をあけて入り口を入ると

まず店長が睨んでる
おかみさんはニッコリシナを作る

小じんまりとした広さの店内

入ってすぐ左手には
なんと大きな自動販売機があるんですよね

                  
IMG_0955

見ると、缶ビールとお酒

お刺身や焼き魚、さざえや、貝などの料理が買えるようになっているんですよね。

奥には、既に楽しげなお客様、半分こちらを睨んでいる

すばらしい

この、いちげんさん的雰囲気

すると
小柄なお母さんが

いらっしゃいませ〜

と、来てくださいまして丁寧に説明してくれました

やはり自動販売機でお酒と、
料理を購入するとわかり

こんなセルフサービスも面白いなあと
感心して 、お金をいれると

ワンカップが
がしゃん!!

中は紙が入っていてメニューが書いてあります

しかも

さすが

ひんやり冷えている

うんうん自動販売機だもんね


その日のお刺身と、焼き魚、漁師汁なるもの
を、計1000円分購入


店内をみわたすと
張り紙が、ありました。

島根県隠岐の

おいし~いお魚を

食べさせてくれるお店だったんですね(あっ看板に書いてあったなぁ!)

                   IMG_0950

島根県といえば

日本海のお魚ではないですか!?

かなり、テンションが
上がって来ましたー

さて、程なく
可愛いお母さんが
運んでくださった

お刺身盛り合わせ
(カツオ、ハマチ、ホタルイカ、、)と、

焼き魚盛り合わせ、

漁師汁

一口頂くと、魚の甘味が口に広がります。

   IMG_0952

   IMG_0954

   IMG_0953

漁師汁の濃厚なお出汁、磯の香りが鼻を通り、たちまち五感を満足させてくれました

島根県の地酒もスッキリ美味!

隠岐の島を訪ねてみたくなりました

お店にいたのは、わずか1時間程だったのですが、大満足でした。

『隠岐の島水産』

皆さまも是非行ってみてくださいね!

   IMG_0951