日和日

『みんなの力をかりてチェックを幾重にもしていく。チラシデザイン裏表 』

    IMG_8264

    IMG_8265

なまくら第五彈
『車引き』
チラシ・デザイン
色調整、文字配置


今回は

デザインを外注せずに

自分でやらせていただいております

私はおっちょこちょいなので

文字をよく間違えてしまう

人の名前

初めて映画で組んだ方の漢字

何回チェックしても
意外な所で間違えてしまう 

思い込みもあると思います 

私の師匠は

『もっと、みんなの力を借りなさい!』

といいます 

みんなでチェック 

そこに詳しいひとがチェック

幾重にもチェック機構を張り巡らせる 

落ち度や足りないものをカバーしあえるのは
仲間としてありがたいなあと、つくづく感じいります 

仕事は正確に、完璧に。

かちっとするところは追求していく 

一人で追い詰められずに
楽しく生きていく手段だと思いました。

『2020年元旦・初詣⭐️京都・お酒で有名な松尾大社』 


元旦、初詣は
欲を張り過ぎてあちこちいってしまいました

しかし
いつもお祈りさせていただいている
土地の氏神様には最初にお参りに行かせて頂きました!


太秦『大映通り商店街』沿いにある
~三吉神社~

ここは、映画の神様と言われる
牧野省三さんの石碑がある神社でもあります。

小さいんだけど凄いお世話になっています

ベンチがあるから
太秦に5年前にきたときは
お弁当食べたり
座ったまま仮眠までもさせて頂きました

さて
ここから自転車で10分強

嵐山・渡月橋です

ここの初日の出は最高

この後

桂川サイクリングロードを走り

松尾大社に!

    5003

今年は、1月から京都、和歌山での映画上映会。
春には新作映画3本分のロケハンが始まります

そうです
~なまくら~2本と

和歌山の行政とタッグを組んで作る
芸術祭様の地震災害映画
大作の映画製作です



石の上に5年

いよいよ実ってまいりました

今年は大事な年です

心してのぞまねば!

と、お参りにも気合いが入ります



松尾大社の参道には
鯛焼き屋さん、りんご飴屋さん
クレープ屋さん、、

お祭りさながらに
屋台のお店が連なっていました

    IMG_7785

 5003

もうこれだけで幸せな気持ちになりますね

私の幼い頃は

綿菓子300円
りんご飴・大・は200円
これはおねだりして
必ず買ってもらえたなあ

あと
射的
投げ輪
は子供たちだけでいきました

追加して
くじ引き

あと知ってますかね

固いガム一枚ほどの平面菓子板を
針一本で
絵を削り
くりぬくやつです

途中割れたり
壊れたら失格

絵は飛行機だったり
ロケット
だったけど

なにせ針で削っていくんだけど壊れやすい

10人中ひとりぐらいが成功して
景品のおもちゃをもらっていました


いかがわしくて
あやしげな駆け引きで

子供はあんちゃんや
こわもてのおっちゃんから
世の中の矛盾や
ずるさを教えてもらった


さあいよいよ松尾大社さま
二の鳥居をくぐり
石橋を渡りますと境内へ入ります

 5003

    5003

 5003

 5003

大きな子年の絵馬が
迎えてくれました。

本殿の奥から神楽の音がします

参拝者は、破魔矢や熊手、おみくじをやって楽しそう
 5003

    5003

私はといいますと

境内に焚かれた
大きな焚火を参拝者に混ざって囲みまして、
暖をとります

    5003

ふう~いいあんばいだ~
なんていいながら


ちらりと横を見ますと

樽をかちわった
振る舞い酒を
升で頂いている人が
いました

 5003

うらやましい

しかし私は自転車

ふらふらの飲酒運転はできません!!←どこまで飲むつもりなんや(笑)

なんとも和やかなお正月の風景は心がいやされます

さてさて
渡来人・秦氏に深い所縁のある松尾大社は
京都最古の神社といわれています。

酒造りの神社としても有名で、
神楽殿の周りには
各地の酒蔵から集まったお酒がかなりの数納められていました

 5003

 5003

目を見張るほどの
光景で

しかもよく見たら
美味しいそうなお酒のラベル、、
スズッ!

ふう

今年も、美味しいお酒が飲めますように、、

などと心の声がしたのは!
言うまでもありません(笑)

忙しい一年になるからこそ
今日ははじけるぞ~
部屋酒で~


2020年

緊張と緩和を大事に

今年も乗り切っていきたいと思います。

























皆様! ヤンキーもおじいちゃんも赤ちゃんもワンちゃんも 新年明けましておめでとうございます! 

 IMG_7770

 IMG_7776

いつも皆様ありがとうございます
今年も私のささやかなblogをどうか御愛読お願い致します

さて写真は
2020年元旦
京都嵐山渡月橋からの
初日の出
です



到着したのは
渡月橋に午前6時半

既に、大勢の若者や、御年配の方が
橋の上や、河岸に集まっていました。

若者は
金髪
ヤンキーカップル
受験生
ランナー
登山家
と様々ですが


話してみると

徹夜して夜をあかしたあんちゃもおれば

早起きしたヤンキーも暴走族もいます

当たり前のようにおじいちゃんやおばあちゃんの横に一列に並び

隣のわんちゃんの頭を撫でたりしながら

わいわい仲良く待つ姿は

平和で牧歌的


初日の出の前では
皆平等で同じなんだ
と感じました


初日の出を拝みに来た人には悪い人はいない


元旦は、やはり特別な日なんだろな

待つ事45分

7時15分になり
オレンジ色に輝く東の山々から一点の光が、、

その光が、空にひろがり
お日様がぐんぐん昇っていきました

丸い姿を見せるまで3分

だれもが神聖に感じる時間です。

売店もあいてない
なんにもない朝の嵐山

でもなんにもないからいいのさ

太陽だけで十分


さあ
今日からそれぞれの一年が始まります

みなが元気で頑張れますように

読売新聞・12月25日版 和歌山県海南市・CM撮影の模様を大きく掲載 大衆演劇・劇団紀州の情熱役者と市川昇次郎師匠、中野広之監督 

 FullSizeRender
 FullSizeRender
      FullSizeRender
 FullSizeRender
 FullSizeRender


和歌山県海南市の魅力を
市民が自ら映像でPRしようと
立ち上がった団体

『魅力発見!海南を撮りたい会』

海南市全土をCM撮影して回っている様子を12月25日付の読売新聞が取材してくださいました

私たち右京太䅈芸能人会のスタッフは、
企画立案
撮影演出を

サポート

今回海南で中心になって一番活躍している方々は、海南市に拠点を持つ
大衆演劇の劇団『劇団紀州』

主宰する
市川昇次郎師匠と、
若い役者さんたち!

紀州漆器で有名な黒江町を
侍とチャンバラでアピール

勿論
大衆演劇調にPRし
世界でもめずらしいCMに発展していきました

 IMG_7617
 《撮影前に、すわん江戸村で衣装合わせ》
    IMG_7618

    FullSizeRender

町の方々も見に来てくださり
応援してくださいます

これこそが
まちおこし!

撮影はみなでもりあがるのが一番です

誌面に掲載された写真は
撮影時に来て頂いた女性記者さん撮影の
ものです。

すばらしい!

ありがたいです


 『ビデオ通話初体験』


昨日、実家の弟から電話が入りました。

弟は、まめな人で
あまり、実家に電話しない私に
『定期連絡でーす』

と、時折近況うかがいの電話をくれます。

昨日驚いたのは、その電話
相手の様子がわかるビデオ通話だったのです。

無精髭をはやした弟が満面の笑みで
『面白いでしょ』と電話の向こうで自慢げに話していました。

側には、母がいて
電話をのぞきこんでいます。

実家の愛犬も顔を出し

大笑いするほど、面白い光景でした

ビデオ通話は、
iPhone同士なら無料で使える
フェイスタイム、という機能だそうです。

離れて暮らしている家族がいる人には
とてもいい機能ですね。

メールや、ラインで用件をすませる時代
になりましたが

やはり、顔を見て話す事は、
人として必要だと思いました。

表情がわかるとお互いに安心しますしね

みんな元気そうで、よかった。
久しぶりにほっこりした気持ちになりました。





















YouTubeチャンネル
ギャラリー
  • 『なまくら上映会』 ☆和田組第5弾 “車引き” ☆中野組好評再上映 “赤い番傘” 大盛況のうちに終わりました!』
  • 『なまくら上映会』 ☆和田組第5弾 “車引き” ☆中野組好評再上映 “赤い番傘” 大盛況のうちに終わりました!』
  • 『なまくら上映会』 ☆和田組第5弾 “車引き” ☆中野組好評再上映 “赤い番傘” 大盛況のうちに終わりました!』
  • 『なまくら上映会』 ☆和田組第5弾 “車引き” ☆中野組好評再上映 “赤い番傘” 大盛況のうちに終わりました!』
  • 『なまくら上映会』 ☆和田組第5弾 “車引き” ☆中野組好評再上映 “赤い番傘” 大盛況のうちに終わりました!』
  • 『なまくら上映会』 ☆和田組第5弾 “車引き” ☆中野組好評再上映 “赤い番傘” 大盛況のうちに終わりました!』
  • 『なまくら上映会』 ☆和田組第5弾 “車引き” ☆中野組好評再上映 “赤い番傘” 大盛況のうちに終わりました!』
  • 『明日は上映会!』
  • 『明日は上映会!』
最新記事