2010年11月25日

横浜いけばな 光風流ブログのお引越しのご報告

いつも横浜いけばな 光風流ブログを見てくださいまして、誠にありがとうございます。
この度、光風流のウェブサイト作成にあたり、ブログもお引越しさせていただくことにいたしました。

今後、以下のページへアクセスしていただければ幸いです。

光風流ウェブサイト
http://www.ikebana-kofuryu.org/


横浜発信 光風流ブログ
http://ikebana-kofuryu.blogspot.com/


今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

hikarukazenohana at 16:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月20日

花展“春の光と風の訪れ”のご報告

横浜 エリスマン邸 ギャラリー いけばな展(花展)1横浜 エリスマン邸 ギャラリー いけばな展(花展)2先日ご案内させていただきました花展“春の光と風の訪れ”が無事終了いたしました。

場所は、横浜山手の洋館、エリスマン邸。
観光地でもある山手通りに建てられているエリスマン邸ギャラリーで行ったこのいけばな展には、地元の方々だけではなく、全国各地の方、海外の方もいらっしゃってくださいました。
3日間で合計300人以上の方に観にいらしていただきました。
この場を借りて、御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

横浜 エリスマン邸 ギャラリー 光風流 いけばな展(家元・山本)こちらは、光風流の家元・山本曄月先生の作品です。
花材は、木瓜、連翹、アスパラ、金塗りの柳です。





横浜 エリスマン邸 ギャラリー 光風流 いけばな展(中山映月)1こちらは、いけばな光風流の中山映月の作品。
花材は、紅梅、白梅、コデマリ、チューリップ、青竹、竹ひごです。




横浜 エリスマン邸 ギャラリー 光風流 いけばな展(中山映月)2こちらも光風流・中山映月作。
花材は、ユリ、雪柳、ゼンマイ、スイトピー、菜の花、モンステラ、木、青竹




横浜 エリスマン邸 ギャラリー 光風流 いけばな展(中山映月)3こちらも光風流・中山映月作。
花材は、ミリグラタス、ラナンキュラス(黄・白)、グロリオーサ






横浜 エリスマン邸 ギャラリー 光風流 いけばな展(中山映月)4こちらも光風流・中山映月作。
花材は、タニワタリ、デルフィニウム、雪柳、モルセラ、竹ひご








横浜 エリスマン邸 ギャラリー 光風流 いけばな展(中山映月)5こちらも中山映月作。
花材は、アオモジ、アスパラ、キンセンカ、竹ひご





横浜 エリスマン邸 ギャラリー 光風流 いけばな展(中山映月)6こちらも中山映月作。
花材は、ゲイラクス、ラナンキュラス(黄、白)、レースフラワー、ユーカリ
花器に見立てたのは、ヴィレロイ・ボッホの食器です。



横浜 エリスマン邸 ギャラリー 光風流 いけばな展(中山映月)7こちらも中山映月作。
花材は、ドラゴン柳、ダリア(真紅、ピンク)、コデマリ、タニワタリ、オンシジューム、竹ひご



横浜 エリスマン邸 ギャラリー 光風流 いけばな展(中山映月)8エリスマン邸の地下ギャラリーの様子です。
今回、大勢の方々に、お世話になりました。
本当にありがとうございました。




ブログランキング1クリックでこのブログへの投票になります!応援お願いします

映月(光風流)

hikarukazenohana at 18:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★いけばな展のご案内 

2009年02月05日

花展“春の光と風の訪れ”のご案内

2月7日(土)〜9日(月)に、いけばな展“春の光と風の訪れ”を行います。
場所は、横浜山手にある元町公園内エリスマン邸の地下ギャラリーです。
外人墓地やさまざまな洋館が立ち並ぶ、横浜らしい場所。
エリスマン邸もそんな洋館のひとつ。
とても素敵な洋館です。
この洋館のギャラリーを、運よくお借りすることができました。

光風流 中山映月 花展“春の光と風の訪れ” 横浜 エリスマン邸1光風流 中山映月 花展“春の光と風の訪れ” 横浜 エリスマン邸2












今回は、私、中山映月がこのいけばな展を開催します。
家元山本曄月先生をおよびし、二人でギャラリーを彩ります。
横浜にいらっしゃる際には、是非お立ち寄りください。
お待ちいたしております。

花展“春の光と風の訪れ”
2009年2月7日 8日 9日
 9:30〜16:30
 最終日は16:00終了
場所:元町公園内 エリスマン邸 地下ギャラリー
 横浜市中区元町1-77-4
横浜みなとみらい線「元町・中華街駅」5番出口 徒歩10分
《MAP》クリックすると拡大します。
光風流 中山映月 花展“春の光と風の訪れ” 横浜 エリスマン邸3







ブログランキング1クリックでこのブログへの投票になります!応援お願いします

映月(光風流)

hikarukazenohana at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★いけばな展のご案内 

2008年04月23日

花展“森と光と風と”のご報告 遠州流一森会からの出展作品

前回に続き、花展“森と光と風と”のお写真を、少しずつご紹介です。

今日も遠州流一森会からの参加者5名の作品のご紹介。

森と光と風と 花展 遠州流一森会 馬場一昌

馬場一昌さんの作品です。








森と光と風と 花展 遠州流一森会 名鏡一富

名鏡一富さんの作品です。






森と光と風と 花展 遠州流一森会 名鏡一玲

名鏡一玲さんの作品です。












森と光と風と 花展 遠州流一森会 宮田一智

宮田一智さんの作品です。









森と光と風と 花展 遠州流一森会 山本一恵

山本一恵さんの作品です。









遠目だと見えませんが、枝を矯める際に、枝に切り込みを入れ、杭をはめることで、この曲線を作っていきます。
しかも、一箇所だけではなく、一つの枝にたくさんの杭を入れていきます。
折れないように、この作業を行うには、絶妙な技術と慎重さ必要になります。
杭を入れないと、いくら手の力で矯めても、時間がたつと戻ってしまうため、この方法が用いられています。

さて、次回は、花展“森と光と風と”の光風流の皆さんの作品を、少しずつ紹介したいと思います!

ブログランキング1クリックでこのブログへの投票になります!応援お願いします

映月(光風流)

hikarukazenohana at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★イベント(森と光と風と) | ★遠州流について

2008年04月21日

花展“森と光と風と”のご報告 遠州流一森会からの出展作品

こちらの記事でもご報告させていただきましたが、先日、行われた花展“森と光と風と”のお写真を、少しずつご紹介しようと思います。

今日は、遠州流一森会からの参加者5名の作品のご紹介です。

森と光と風と 花展 遠州流一森会 今井一陽

今井一陽さんの作品です。









森と光と風と 花展 遠州流一森会 泉一泉

泉一泉さんの作品です。






森と光と風と 花展 遠州流一森会 大沢一実

大沢一実さんの作品です。














森と光と風と 花展 遠州流一森会 巳午一祐

巳午一祐さんの作品です。











森と光と風と 花展 遠州流一森会 田口一輝

田口一輝さんの作品です。





遠州流一森会の作品は、美しいライン、シルエットを作り出すため、難しい技術が必要となります。

どの作品も、写真をクリックすると、少し大きな画像を見ることが出来ます。


次回も、花展“森と光と風と”にご参加いただいた遠州流一森会の皆さんの作品を紹介したいと思います。

ブログランキング1クリックでこのブログへの投票になります!応援お願いします

映月(光風流)

hikarukazenohana at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★イベント(森と光と風と) | ★ギャラリー

2008年04月20日

お稽古花 キイチゴ、ユーカリ、マトカリア、アリストロメリヤ

光風流、横浜栗田谷のお稽古場にて
今月4月のお稽古花(研修科)の花材
・キイチゴ
・ユーカリ
・マトカリア
・アリストロメリヤ

キイチゴの枝は、少し矯めることができます。
キイチゴとユーカリで流れや動きを出します。
黄色いマトカリアは、ふんわりと散らす感じが素敵です。

お稽古花 石田瑤月 20080414作品(光風流)
こちらは、石田瑤月さんの今月の作品。
画像をクリックすると、多少大きくなります。




お稽古花 高倉映月 20080414作品(光風流)
こちらは、私、映月の作品です。
こちらもクリックすると、大きくなります。






ブログランキング1クリックでこのブログへの投票になります!応援お願いします

映月(光風流)

hikarukazenohana at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★今週の花材 

2008年04月08日

花展“森と光と風と” ご報告

先日、花展“森と光と風と”が大盛況の中、無事終了いたしました。

28日金曜から30日日曜まで、数百人の方々が観に来てくださいました。
いらしてくださった皆様に、本当に感謝です。
ありがとうございました。
花展“森と光と風と”BankART1929馬車道 会場1花展“森と光と風と”BankART1929馬車道 会場2







会場のBankART1929馬車道の1階の入り口正面には、光風流家元、山本曄月先生の作品。
3メートルほどある竹を利用した大きな作品でした。
桜と椿の美しい共演によって、春の訪れと、冬の終わりを感じることができました。
“森と光と風と” 光風流家元 山本曄月 作品3“森と光と風と” 光風流家元 山本曄月 作品1





“森と光と風と” 光風流家元 山本曄月 作品2







そして、会場の中心には、山本繁月先生の作品。
大きな木で組んだ中に、バランスよく八重の桜と山吹が入れられたもの。
“森と光と風と” 光風流家元 山本繁月 作品ちょうど、3月下旬、暖かくなった時期でしたので、
初日28日にはツボミもたくさんあったのですが、最終日30日には満開に咲き乱れてていました!
室内での花見といったところでしょうか。
春らしい素敵な花展となりました。





次回のブログ記事では、この花展“森と光と風と”で活けられた皆さんの作品の中からいくつかピックアップし、ご紹介しようと思います。

ブログランキング1クリックでこのブログへの投票になります!応援お願いします

映月(光風流)

hikarukazenohana at 00:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★イベント(森と光と風と) | ★ギャラリー

2008年03月28日

花展“森と光と風と”の活け込み

BankART 1929 馬車道本日28日から、30日の日曜まで開催している花展“森と光と風と”。
昨日27日に活け込みを行いました。

会場のBankART1929馬車道の概観をお写真に撮ってみました。
後ろにはランドマークタワーも見えます。

地下鉄みなとみらい線の馬車道駅改札を出て右へ、b1口の出口に行けば、開催場所へ直結しています!

さて、27日の準備風景のお写真を。
光風流 遠州流一森会 “森と光と風と” 準備1光風流 遠州流一森会 “森と光と風と” 準備2






光風流 遠州流一森会 “森と光と風と” 準備3光風流 遠州流一森会 “森と光と風と” 準備4






光風流 遠州流一森会 “森と光と風と” 準備5
遠州流一森会、光風流、各々、活け込みに励む参加者のみなさん。

会場の中央には、家元が大きな作品に取り組んでいらっしゃいました。

会場には、サクラや、椿が溢れています。
一日で、会場内は、華やかな雰囲気に早変わり!
一足早く春を感じることができる会場になりました。
花展の入場は無料です。
是非、お近くまでいらした際には、お立ち寄りください。

IKEBANA EXHIBITION 森と光と風と
2008年3月28日 29日 30日
 11:00〜19:00
 最終日は17:00終了
map場所:BankART 1929 馬車道
横浜みなとみらい線「馬車道駅」1b出口[野毛・桜木町口(アイランドタワー連絡口)]
 JR・市営地下鉄「桜木町駅」徒歩5分
 JR・市営地下鉄「関内駅」徒歩7分

ブログランキング1クリックでこのブログへの投票になります!応援お願いします

映月(光風流)

hikarukazenohana at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★イベント(森と光と風と) 

2008年03月04日

お稽古花 小手毬 (こでまり)、チューリップ他

光風流、横浜栗田谷のお稽古場にて
今週のお稽古花(研修科)の花材
・小手毬(こでまり)
・チューリップ
・クッカバラ

小手毬は、開花前のものなので、開花したら白の小花でいっぱいになりそうです。
クッカバラは、観葉植物で室内で育てている方も多いのではないでしょうか。

お稽古花 木村禎月さん20080303作品(光風流)
こちらは、木村禎月さんの本日の作品
画像をクリックすると、多少大きくなります。







お稽古花 高倉映月 20080303作品(光風流)こちらは、まだまだ見習いの私、映月の作品
こちらもクリックすると、大きくなります。






ブログランキング1クリックでこのブログへの投票になります!応援お願いします

映月(光風流)

hikarukazenohana at 00:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★今週の花材 

2008年02月28日

遠州流一森会(いっしんかい) 森一森先生の作品

3月28日(金曜)〜3月30日(土曜)に、BankART1929馬車道で開催する“IKEBANA EXHIBITION 森と光と風と”では、光風流のメンバーだけではなく、遠州流一森会のメンバーも参加します。

遠州流一森会と光風流は繋がりが深く、先代の遠州流一森会家元の森一森先生と、光風流家元の山本斉月先生が亡くなられた後も、交流があり、その流れを受け継いでいます。

前回は、山本斉月先生の昔の作品をご紹介しましたが、今回は、同年1981年の森一森先生の作品をご紹介します。
横浜 いけばな 遠州流森一森先生
流麗なラインが特長的です。

花器も森一森先生の愛用されていた、粋なシルエットの器です。

“I.B.CALENDAR 1981年 The Ikebana & Bonsai”より。


ブログランキング1クリックでこのブログへの投票になります!応援お願いします

映月(光風流)

hikarukazenohana at 18:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)★遠州流について