わりとまじで雑記感


にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村


某月某日、というか先週の土曜日。朝の7:00に起床した私はすぐさま身支度を整え家を立つ。愛車を走らせ向かうは60km先にあるHOTD店だ。


道中に一般ピーポーが立ち寄れない高級店「セベンイレベン」で味わい深い引き立てコーヒーを購入。

そして旅のお供には



_20181102_005205

最近オキニのブリトー ラザニアver.

俺の中でマジHIT商品のコイツはアツアツのうちに食すのが吉。少しでも冷めてしまうと本来のおいしさが損なわれるぞ!




などなど、重めの朝食をとりつつ、ラジオに耳を傾け、HOTDへの思いを募らせる。

長い旅路の末にやってきましたのは“HOTD店(仮)”


抽選結果は20番の二文字、抽選を受けた者どものなかでほぼ最後尾である。



「まあでもこの間みたいな先にとられるこたぁなかろうもん」

という自信は



前に並んだ2人組に早々に砕かれる。


「久しぶりだなぁバレ満してぇなぁ!!」

(お?ブラクラ打つのか)

「俺も撤去前に毒島卒業したいんだよね!!」

(お?HOTD打つのか)


っておい、お前らスパイキー信者やないかぃ。


私の目の前が真っ暗になったのは言うまでもない。いやでもまだこいつらが取るとは決まったわけでは…

しかしたら台までもたつくかもしれない…その隙に超高速で店内を駆け巡り先に席取り札をぶち込めば俺の勝ちだ!

といった一縷の望みをかけいざ鎌倉。









既にスパイキーコンビ以外のスパイキー信者が着座。






私はそっと呟いた。




なんだココはスパイキーの巣窟か?と嫌悪感を露わに私はすぐに店を発った。正直スパイキーコンビの話を聞いた瞬間からすでに別のHOTD店を探していた私。

愛車のアクセルベタ踏みで15km先の“続HOTD店(仮)”へGOすることとした。




2店舗目に着いたとき開店時間は30分以上過ぎていた。しかし僥倖か駐車場に停まっている車は存外少ない。
地方都市ホールあるあるだが駐車場の埋まり具合でそのホールの込み具合が分かるもの。

すぐさま駐車し、ホールの自動扉を突き破り、スロコーナーへ赴いた私に待ち受けるもの…


それは、スパイキー信者がニコニコとHOTDを打つ姿であった。




私はそっと呟いた。



スパイキー信者の潜伏率に絶望する私。「もう、今回も別の機種全ツしようかな」と諦めの言葉を吐きそうになる。しかしこの日は諦めなかった。


「私の稼働を求める読者の為に私は打たなければならないのだ!」



などという気持ちはマジラブ1000%無いぞ。

ただ単純にレイジングラッシュしたいという気持ちが私を突き動かしていた。


私はすぐさま“他県で”一番近い店舗を検索した。なぜかと言えば県を跨げば開店時間が変わるから。


そしてグーグル先生が教えてくれた道しるべ。40km先の“真HOTD店(仮)”へ

すぐさま高速に乗りこみ車を飛ばした。











20km程で高速を降りて下道をひたすら走る。



















突然、冷静になった。



HOTDとかどうでもよくねぇか?ってなった。





 



_20181104_011618

このままドライブで良くねぇか?




_20181104_011633

それにしても何もねぇな。










そんなこんなで走る街を見下ろしてのんびり雲が泳いでいく姿を堪能したところで到着。


時刻は10:15over.




ほんまなんなん?しかもカウンターもってシコシコデータ取りおるマンやし。




もはや他店に移動するのも面倒なので




_20181104_012912

ギアスR2を打った。



もうなんならギアス全ツするつもりで打った。










_20181104_013024

1500ゲーム回して24,000負けた







ふと気づけばHOTDが空いていた。




というわけで




_20181105_152531


設定1を


sketch-1541374599253




_20181107_171554




5000ゲームばかし回した稼働はまた次回






お前らにゲロを吐かせたい






にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村