スロッピキ

ヒキだけで勝ちたい、でも勝てない。

スロ稼働ブログです。内容はカスです。


注:パチンコ・スロットブログです。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村


私にはたまに一緒にスロットを打つ友人がいます。過去記事で出てきたことのある男です。

そんな彼から先日珍しく連絡が来ました。











sketch-1549694977629

ほう街コンとな?

彼とは学生時代からの付き合いです。仕事も同じような職種なのでたまに会って話したりもする関係ですが、まぁ普段はパチ屋で会い、パチ屋で解散するようなドライで糞みてぇな関係。
そんな彼から「街コン」というワードが出たことに私は衝撃を受けました。

今まで浮いた話もなく、「正直ホモなんやろうな私の尻穴大丈夫かな?」と毎回戦々恐々していたわけですけれども、そんな彼から「街コンに行った」と…しかもその参加した街コンがクソだったと…そんなの時間を作ってでも会うしかないじゃないですか?

この日は30人ほどデートの予定がありましたが全てキャンセルして、私は指定された集合場所のパチ屋にダッシュで向かったんです。




指定されたパチ屋は私の家の近くでして、彼の家からはかなりの距離があります。
当たり前ですが私の方が先に着き、時間を持て余してしまいました。

であればすることは一つ、スロを打つわけですが

_20190209_112232

なかなか彼が来ない苛立ちからか普段は絶対打たない極悪ヤマサ機種を打ってしまいました。ちょっとウィッチマスターおもろいやんと思ってしまいそうな展開でしたが彼が来るのがゲロ遅く、だらだらと打ち続けてたら9,000負けました。


改めてヤマサは悪と認識し、この台を打つことになった原因である彼に対し殺意を抱いたところでやっとこさ彼が到着。これで私はヤマサから解放され、待望の街コンの話が聴けるわけです。



普通の人であれば、クッソ煩いパチ屋では話さないでしょうが私達は頭がおかしいので



sketch-1549673247646

チェンクロを並び打ちしながら話をしようと考えました。










普通にうるさすぎて無理でした。













んなわけでなんやかんやあって場所を変え、改めて街コンの話を聞くことになりました。

場所は超絶高級珈琲販売店「タリーズ」。

この場で彼は短くも長い街コンストーリーを私に語らうのでした。







実録「友人が街コンに行った話」




まずはじめに「何故街コンに参加したのか?」「ホモでなかったのか?」と問いただすことにしました。今まで女性関係の"じ "の字もない彼がどのような動機で行くことを決めたのか気になったからです。




その問いに対して彼は一言こう返しました。






「遊び仲間に勧められて、面白半分でさ」







・・・ふ~ん、へぇ~










"この嘘つき野郎がッ!!"




彼の取り繕った言い訳に、心の中で叫びました。
そんなんで高い金(男性7,500円)を払うヤツがおるもんかと。
結婚までは考えていないにしも、女性とのお付き合いできるかもしれないでという下心的なものはあったはずだと。


本来であればこのような彼の”見栄”に対しても鋭いメスを入れていくところなのですが、ここで突っ込むと話が進まない...私は断腸の思いでスル―し、彼に話の続きを求めて次の質問をします。

あ、後半のホモの質問は普通に殴られました。





次に聞いたのはどういうスタイルの街コンか?というものです。


私が過去に書いた街コンのスタイルが一般的と考えますが、街コンは奥深いもので全く同じというわけではありません。
私の読み通り彼が口にした街コンは私の時とは違うものでした。




・参加人数は25名とやや街コンにしては小規模。

・会場はホテルなどではなく貸し切りのオシャレなバー

・男女比3:2で、最初に男女共に小グループに別れる。

・男性グループが大体20分ぐらいで各テーブルを移動し、グループで話を進める。

・二次会なども企画会社が取り仕切ってくれる。

・上が40代半ばぐらいという年齢制限がある。






こんな感じで私の時と比べても細かく違っていたようです。そしてここから彼は語り始めます

「あのタイプの街コンでは味方メンバーが最重要である」と。

街コンに初めて参加したくせに玄人のように話す姿に若干の嫌悪感を抱いたわけですが、私が止める間もなく彼は味方メンバーの話をし始めました。



というわけで、ここで彼を含めたメンバーを紹介しましょう。


まず彼


伊達



伊達です



肥満、眼鏡、ホモ(疑)

参考画像にはミリも似ていません。どうやらサンドウィッチマンの伊達さんに似ているからという理由で最近そう呼ばれているとのこと。私は一度も似ていると思いませんし、肥満と書きましたが動けるデブタイプなので心の中ではハルクと呼んでいます。





次に


先輩



先輩

伊達のガチの先輩らしく今回の街コンに誘った張本人。

私の中では街コンとは個々の戦いであり、知り合いと同じ卓を囲むなど絶対に嫌だなと思いましたが、初めての場で知り合いがいるという安心感を彼は取ったのでしょう。

高身長で2メートル近くあるとかないとか、この人に関しては伊達が容姿を教えてくれなかったのでわからないのですが、きっとチンコは大きいんじゃないですか?知らんわボケ。



次に


ガチャ男

ガチャ男


とにかく声が小さくて、絶対2回は聞き返す必要があるシャイボーイ(中年)。自分から話すことはなく貝のような男だったそうです。なぜガチャ男かといえば、歯がガチャガチャしているからだそうです。

本人が望んだわけではない身体的特徴をあえて呼び名とする伊達の性格の悪さが滲み出ていますね。本当に陰湿だと思います。



そして最後に遅れてきた


仕切り屋


仕切り屋


伊達いわく諸悪の根源らしいです。参加者の中で最年長、やや童顔、KY。


そんな四人でグループを組み戦場に臨むこととなりましたが、即席のメンバーであるため緊張は隠せませんし、いざ女性卓についても最初は何を話せばいいか分からなかったそうです。


意外と伊達はその性格の悪さとは裏腹に道化に成りきることが上手く、場を盛り上げたり会話をコントロールするのが上手いため、私はてっきり伊達がリードしたのかなと思っていました。

しかし実際はその点をカバーしてくれる存在がいたそうです。そう、それが仕切り屋でした。




仕切り屋は誰も頼んでいないのに場を牽引しようと喋り始めたそうです。
最初は「ありがてぇ」と思っていた男性メンバー。
しかしその仕切り屋が上記にもあるように諸悪の根源だったのです。


まず各自が書いたプロフィールを基に話を進めていったそうですが、仕切り屋はひたすら参加者の年齢をいじります。


誰彼構わず「え?何歳?何歳なの?」と聴く仕切り屋。
プロフィールシートには年齢を書く欄は無かったそうですが、まぁ参加年齢が決まっているので大体これぐらいの年やろってのはわかったみたいです。しかしそれでも執拗に年齢を聴き続けるその行為に場が白けていきます。

男性ならばそこまで気にしない年齢も、女性はそうではない。そんなことはなんとなく生きてたらわかると思います。

しかしそこを読まず不躾に躊躇なく聴いていく仕切り屋に最初は笑顔だった女性らも段々と表情が曇っていったそうです。

というか人の自己紹介中であっても「え?いくついくつ?」と聞いて話を中断させることが一番あかんかったと伊達は語ります。

では仕切り屋自身の自己紹介の時はどうだったのか?といえば「俺何歳に見える?ねぇ何歳に見える?」と女性陣に詰め寄ったそうです。

仕切り屋の見た目はまぁオッサンらしいですが参加者最高齢には見えない童顔な容姿だったそうで

伊達曰く

「あれは自分の容姿が若く見られることを知っていて質問していた。"若く見えますね"という言葉を引き出したがっていた。鬱陶しいわ死ね」

と分析していました。

なるほど確かにそんなことをされれば、しかもそれが他者から見てもわかる拙さであれば鬱陶しいわな。


「あれはたいした人生経験を積んでないから若く見えるんだよ苦労してねぇんだろうな、あの性格では苦労も感じていないんじゃないの?」

相変わらず口悪い伊達ですが他にも仕切り屋のウザさを語ります。

それは「他者いじり」でした。

他者をいじることで笑いをとったり会話を盛り上げたりすることは普通にある事かと思いますが、仕切り屋はこのいじりが最高に下手でしかも性格の悪さがにじみ出ていたそうです。

例えばお世辞にもイケメンといえないガチャ男を指しながら「マジイケメンだよね」と心にもないことを話したり、別テーブルで盛り上がった内容を他のテーブルに持ち込んだりと

「会話をどう組み立てたいのか理解できなかった。あれでどう生きてきたの?糞かよ」

と伊達は話します。

しかもそれらの内容に関して女性に同意を求めたり、意見を聞く始末。他テーブルの事なぞ知らんし、明らかにイケメンでないガチャ男の容姿に同意を求められる女性陣の顔は次第に能面と化し、表情を無くしていったそうです。

ちなみに伊達も当然のようにいじられ「伊達さん前のテーブルで滅茶苦茶モテてたよ!かっこいいよな!?」的な話をされたそうです。

殺してやろうかと思った、いや、もう殺してくれと思った。てか殺すぞ」


彼の闇が垣間見えた瞬間でした。


というか仕切り屋は基本男性陣にばかり話かけ、女性陣に話しかける場面はそういった答えにくい、反応のしづらいものばかりふっていたそうで、目に見えてわかるほどマジで女性の反応が悪くなったそうな


以上の年齢ばかり聞く自己紹介と、下手くそな他者いじりが横行する卓では、それだけで時間を使い、ウケもしないトークに場全体が冷たいものに代わっていく…                     
「本当に地獄の二時間だった」
 

ある程度話終えた伊達はそうポツリ呟きました。その時の彼の顔は死んでいました。


ちなみに上で二次会も企画(男25,00円、女2,000円)されていたとありますが伊達は参加しなかったとのこと。

グループがクソやったからチャンスでないのか?

と私は思いまして、何故不参加だったのかと問うと、二次会への参加者が少ないことに焦った主催側が女性陣に対し
「女性は500円でいいから」

と話しているのを聴いてしまったためと答えました。

え?別に関係なくない?と思いましたがその女性らの割引分が男性の二次会参加費に上乗せされていたため萎えたそうです。ちょっとずさん過ぎませんか運営さん。



そんなこんなで


「街コンは糞」


「グループ方式は糞」


「(俺の街コン記事で)予習したけどなんの役にもたたなかったからお前の記事は糞」


と吐き捨てる伊達。


・・・

少しばかり同情していたんですね。運が悪かったんやなって。

でも私の記事を貶したのでその気持ちは吹き飛びましたね。殺意すら抱いた。

そもそもそんなに仕切り屋が嫌なら自分でコントロールすればよかったんや。最後まで仕切り屋に任せてた己が悪いんとちゃうんか。そもそも先輩と一緒にいってんじゃねえよ。一人で行け。

それにその状況であっても複数人のラインを聞いたという事実が判明したため、完全に伊達を同情する気持ちはなくなりましたね糞がッ!!メタボで死ねッ!!

というかこの話を聞く前から私は伊達に殺意を抱いていたんですよ。




そう、タリーズに至る前に







_20190209_110557

チェンクロ初打ち初ATで完走させた時からね



「いやぁチェンクロ簡単だなぁwww」



俺が完走までどれだけ時間と金かかったと思ってんねん。というかてめぇの隣で打ってる俺は30,000逝かれてんやぞマジで!ホンマ!死ねッ!!



ふぅ...




というわけでまぁまぁ面白い話を聞けたとは思いますがトータル40,000ぐらい負けました糞かよ。


思い出したら腹が立ってきましたが、街コンの話に戻しましょう。


彼の体験からもそうですが結局他人に委ねてはいけないということ。自分で道を切り開かなければならないことがわかったかと思います。

これから街コンに行こうと思っている方はしっかりと参加する街コンがどのようなものかを把握し、対処してほしいと思います。


かしこ。






にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

コメント

 コメント一覧 (8)

    • 1. もやっち
    • 2019年02月12日 14:40
    • 久々の更新が街コンで草生えたけどちゃんとスロブログしてて安心しました
    • 2. おちろだよ!
    • 2019年02月12日 14:52
    • 最初にリンク貼ってた友人のまこの記事で手袋付けてなかったんですけどどういうことなんでしょうか?まさかキャラ作り!?
      あと、ヤマサの台はキャプテンパルサーと押し順ケロルン以外みんないい台ですからね!
      あと、最近忙しくて大変そうだと思いますけどブログ更新嬉しかったです!
      のんびり続けてもらえると嬉しいんだからねっ!!!
    • 3. ゴ◯◯ム(匿名希望
    • 2019年02月13日 11:21
    • 雑記とパチ稼働、上手に構成されていて流石です。そんなゴンドウさんへ良い一句ができましたので聞いてくださいっ!!

      ゴンドウの
      チンコはまるで
      ヴェルファイア(黒)
    • 4. ゴンドウ
    • 2019年02月14日 20:38
    • @もやっちさん

      街コンで3000字近く使うブログです
    • 5. ゴンドウ
    • 2019年02月14日 20:41
    • @おちろだよ!さん

      たまには使わず打ちたくなるときあるやん?それよそれ!てかなんで忙しいのしってんねん怖いわ!
    • 6. ゴンドウ
    • 2019年02月14日 20:42
    • @ゴ◯◯ム(匿名希望さん

      最後の意味わからなすぎてじわる
    • 7. おちろ
    • 2019年02月15日 17:01
    • ゴンドウさんのファンの方から聞きました!
    • 8. ( ^∀^)
    • 2019年02月16日 00:18
    • ヤマサのことは嫌いになってもウィッチマスターのことは嫌いなるどころか、唯一無二の存在として愛し続けてください

      ウィッチ -実質勝ちk
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット