2017年07月26日

【イベント紹介】春日山登山

猛烈に暑い日が続いております。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

少しでも標高の高いところへ向かえば
涼しい環境にたどり着ける!?

春日山登山チラシ0001さて8月5日は
恒例の春日山登山です。


今年は土曜日ですので
ご都合のつく方も多いのではないでしょうか?


山頂では
子ども神楽の上演もあるので
登山も神楽も楽しめるこの日に
たくさんの方に登ってもらいたいな〜〜〜。


春日山へはこの日
匹見側からと美都側からの2か所から
登頂を目指すことになりますが

匹見側から登られる方で
「一人では心細い!」という方は
登山口へ8時45分にお越しください。


登山口が分からないという方は⇒こちらをクリック


あるいは
広島にお住まいのブログ「yoshi(さん)の日記」が
とても詳しいですので、こちらでご確認下さい。

※但し、ご紹介の中に
ヘビの写真があるので苦手な方は遠目にご覧くださいね。


お問合せは
匹見上地区振興センター
電話0856-56-1144(平日8時30分〜17時15分)

※8月5日は土曜日ですので
4日のうちにご連絡してくださいね!!





hikimityou at 10:12|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote イベント情報 | 登山

2017年07月25日

差し入れ

P7250002_Rすもも♡

矢尾集落のNさんから
いただきました。

毎年7月三週目の草刈りボランティアの際
休憩の合間に
水分補給を兼ねていただく
Nさん宅のすもも♡


今年は
草取りボランティアが2週目の日曜日に開催となったため
食するのには早かったたため


わざわざ
すももを
匹見総合支所へ持ってこられ
職場の皆さんで食べてくださいと
手渡してくださいました。


熟したすももは
甘く瑞々しく
口の中を潤してくれました。


Nさん、ありがとうございました!




hikimityou at 15:49|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 食べる | 匹見の暮らし

2017年07月21日

梅雨明けの匹見

水田_R気がつけば梅雨明け。

今日はいつになく太陽が照り付けて
暑い一日でした。


稲が実り、群れ飛ぶとんぼの姿も。

あと半月もすれば盆となり
季節は秋へと向かいます。


遠景_R県道307号沿いの
下道川下集落の
レンコン田。









拡大_R薄ピンク色の
花のつぼみが姿を見せ始めました。







昨年は生育不良のため
中止となったレンコン収穫体験。

今年は10月28日(土)に予定しています。

ご興味のある方は
ご予定を空けておいてくださいね。








hikimityou at 16:55|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote イベント情報 | つぶやき

2017年07月14日

【メディア情報】7月14日しまねっとNEWS610で

本日7月14日18時10分から放送の
NHK松江放送局「しまねっとNEWS610」で




匹見町道川で取り組まれている
食堂「より道」が
紹介されるようです。


食堂「より道」については
こちら⇒のブログをご覧くださいませ。


同局HPや新聞のテレビ欄などに
リポート「笑顔生み出す地域の食堂」と
謳われているので
急な報道でもない限り
本日紹介されると思います。

島根県内にお住いの皆様
是非ご覧くださいませ。






hikimityou at 13:35|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2017年07月12日

【登山大会のお知らせ】三子山登山大会

蒸し暑い日が続いています。
皆さん熱中症対策は万全に!


35169_93209_misc0001さてこの時期恒例の行事といえば
7月第3日曜に行われる
三子山(みつごやま)の登山大会です。


1000m級の山々に抱かれた匹見は
登山のメッカで
有名なところでは
恐羅漢山(おそらかんざん)や安蔵寺山(あぞうじさん)を
ご存知の方も多いと思います。

そんな中にあって
標高799mの
三子山は
ご存じない!?かもしれませんが

実はとってもナイスな山なんです。

三子山は
津和野町日原と匹見の境に位置し
3つの峰が等間隔に並んでいるところから
この名前が付けられています。

匹見町側の登山口は
清谷(きよだに)と呼ばれる集落にあり
ここではわさびも作られているので
清流の里の様子を楽しみながら山頂を目指します。


私も一度登ったことはあるのですが
皆さんにナイスな様子をお伝えする力量がないので

三子山の様子を紹介されている
動画やブログをご紹介いたしますね。

私の記憶と歩力では
片道1時間30分ほどのルートだったと思います。


●動画 →こちら

●ブログその1
「かんちゃんのテクテク山歩記」 →こちら

●ブログその2
「かの山」→こちら




いかがだったでしょうか!?
登ってみたくなりましたか???



時期的にこの登山大会は
これまで雨天により中止になることが少なくなかったんですが
天気予報によると
今年は「曇りときどき晴れ」みたいなので
実施されると思います。


そうそう
もう一つ。
集合時間と集合場所のお知らせもしないといけませんね。

●集合場所●
清谷登山口
三子山への行き方ー0001←左クリック、拡大してご確認下さい。


●集合時間●
出発が8時なので、それまでに余裕をもってお越しくださいませ。


●持ち物●
飲み物、昼食、各自で必要なもの(雨具、軍手など)


●中止決定●
悪天候が予想されるときは14日(金)夕方に中止が決定されます。
中止の場合は、告知放送や益田市HPに掲載されます。

※事前申し込みは必要ないですが
中止の場合の個別連絡を希望される方は
下記までお名前とお電話番号をお知らせください。


■問い合わせ
教育委員会匹見分室 中島さん
電話0856−56−0302
ファックス0856−56−0362





hikimityou at 10:46|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 登山 | イベント情報

2017年07月04日

【お知らせ】ブルーベリー摘み取り体験

ここのところ急に気温が高い日が続いています。

気が付けば7月。
c2a0c701あと2週間もすればブルーベリーのシーズンになります。

匹見町萩原集落の住民でつくる蠻襪硫颪任
ブルーベリー園を所有し
摘み取ったブルーベリーで加工品を製造・販売したり
摘み取り体験の受入を行っておられます。

■体験料
100gにつき120円
(1圍隠横娃葦漾

※入園料は不要です。

※摘み取ったブルーベリーはお持ち帰りくださいませ。

■摘み取り時期
 7月中旬〜お盆まで


■買い取りの場合
 1圈。隠牽娃葦

→ご自身で摘み取られたほうが断然お得!ということになります。


■摘み取り体験や買い取りのお問合せ・お申し込み先
 佐伯さん 携帯090-1186-3085



★摘み取りボランティアも募集!
 ブルーベリーの摘み取りをお手伝いしてくださる方も募集しています。
 お問合せ:ひきみ田舎体験推進協議会(匹見総合支所地域づくり推進課内)
   担当:石橋
   電話:0856-56-0305
   ✉:hikimitown@maro-v.jp






hikimityou at 07:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 食べる | イベント情報

2017年07月01日

【おすすめの店】道の駅匹見峡隣り「より道」

カレー_R念願の秘峡カレーにありつく。

6月にオープンした「より道」。
場所は国道191号沿いの
道の駅匹見峡に隣接する
「出合いの里みちかわ」内の一角にあります。
毎週土曜の11時から開店です。

地域の商店と道の駅的な要素を兼ね備えた
「出合いの里みちかわ」に入って
左側のスペースへと足を進めると

取材風景_R偶然にも
NHK松江放送局さんが
秘峡カレーの取材をされていました。

いつもお世話になっているKさんのお姿が!
キャスターは岩崎さん!
浜田支局に在籍されていた際には
お世話になりました。

若い男の子がマイクや機材を持って
Kさんのアシスタントを。

そういえば今から20年ほど前
私もカメラマンのアシスタントしてたな〜なんて
懐かしい思い出がよみがえってくる。

あーーいかん、いかん。
話題がそれた。



取材を受けているのは
Fさん!

カメラを向けられているのにも動ぜず
落ち着いてお話されていました。

この模様は
7月14日18時10分からの
「しまねっとNEWS610」内で
紹介されるそうですので
島根県内在住の皆さんは是非ご覧くださいね。

あっでも!不測の事態で、放送が延期される可能性もあるので
そのときはごめんなさい。


話題を秘峡カレーに戻します。

漢字は秘「境」ではなく、秘「峡」です。

なんたって道川は
西中国山地国定公園にも指定されている奥匹見「峡」や表匹見「峡」を
有している場所ですからね。

で、オープン当初は
「秘峡カレー」のみの触れ込みだったので

・なんで食堂がオープンしたの?
・カレーの中身は何?
・名前の由来は?

と謎だらけ。

これは「探究」しなければと
7月1日11時過ぎめがけてお邪魔したというわけ。

取材風景を観察して〜
荷物を宅急便で送って〜
いよいよカレーを注文。

ほどなくしてテーブルに届けられたのが
カレー_R←こちら。

М・Tさんが育てられたグリーンピースが
目を引くカレー。

地元産の色とりどりの野菜が
品よく盛られ、これまた手作りのドレッシングがかかっていました。

(昨今のダイエット情報では)
まず野菜を食べてから〜のメーン料理へ、が鉄則(らしい)。

で、いよいよの「突入」。
スプーンを手に
ごはんと一緒に
カレーをすくって、口に「イン」!

まずは米。
瑞々しさと甘味を蓄えたご飯がうまい。
さすが道川産。

「カレーの辛さは甘目か?」

Tさんに確認すると
「中辛なんだけど、野菜の甘味がたっぷりルーの中に
溶け込んだために、甘目に感じる」らしいです。

なるほどね。

ごろんとしたジャガイモを
口の中でほくほくさせていると

ほどなく
じんわりとした風味を醸し出す「物体」が。

それこそが
この秘峡カレーのメーン食材。

見た目、鶏の胸肉っぽく見えているのが正体なんですが
これ実は、サバの缶詰なんですって。

サバの缶詰って聞くもんだから
サバが漂っている
あのエキスもたっぷり「投入」されていれば
相当甘い!のかと思えば
全然そうではなく。


米のうまさ
 ↓
野菜の味わい
 ↓
サバの触感
 ↓
ほんのり魚の風味

っていう流れで、舌の上をさまざまな味わいが通過していく感じ。


それにしても
なぜサバ缶カレーなのか。

これに対する答えは
道川の食文化にあり。


みなさん想像してください。
いまから数十年前の道川を。

今でこそ
益田と広島を結ぶ国道191号沿いにあり
益田市としてみれば
山陽方面からの東の玄関口、とまで言われるほどに
便利になったのですが

道路改良が遅々として進まなかった頃には
「島根の北海道」と揶揄された
陸の孤島だったわけです。

国内の各家庭にカレー文化が入っても
そうそうお肉は手に入らないわけで。

そこで、ですよ。
保存食とししてのサバ缶の出番だったわけです。

道川の人に尋ねるとですね。
昔はみんな
「サバ缶カレーを食いよった」そうです。


そう、
地域振興や島留学といったフレーズで
全国区となっている
隠岐の海士町の「さざえカレー」的な存在だった、わけなんですね。




かつてこの食堂スペースでは
うどんやラーメンなども出されていたのですが
久しく道川には食堂がなく…。


いろんなご縁がつながって
道川のお母さんたちの手により
このたび「より道」はオープンしたのです。


たまたまお店に立ち寄ったお客様や
地域住民の皆さんなど
さまざまな方の、ほっこりできる
「より道」スペースに
なりつつあります。

銀色のプレートは
平成29年3月にその歴史に幕を閉じた
旧道川小で使われていたものを活用。

メニュー表_R手作りサラダと
サバ缶カレーで500円。

大盛は+50円
子盛は−50円


食後のコーヒーは100円
ケーキもあったり。


コーヒーだけでのご入店も
もちろんオッケーです。


さあ、みなさん
道川の食文化

一度は食べに来んさい!

お母さんたちとの会話も
楽しいこと間違いなし。

くまざさ茶_R店内には
くまざさ茶もあり












らっきょう_R手作りのらっきょうもあり!

一度に
2倍、3倍と満足感を得られる
おもてなしがここにはありますよ。




hikimityou at 14:58|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote おすすめスポット | 食べる

【メディア情報】わさび掘り取り体験

毎日6月3日に行われた
恒例のわさび掘り取り体験の様子が
毎日新聞さんで紹介されました。

←左クリック2回し拡大してご覧ください




お客様の喜ばれている御姿や
村上さんご夫婦を中心とする
地域住民の皆さんのおもてなしや思いが
伝わってきます。

早1か月となりますが
今思い出しても
和やかな良き日でした。






hikimityou at 07:30|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote わさび | メディア情報

2017年06月30日

木製料理ベラ復活!

19553921_1524370027615044_7427046158394906356_n木製の器製品などを手がける
「ひきみ森の器」さんが
およそ10年ぶりに「料理ベラ」の
制作・販売を復活されました。

油や熱への耐性があるとして
多くのファンがいらっしゃる
こちらの商品。

実用性を兼ね備えたデザインでありつつ
おしゃれなフォルムでもありますよね。


19601326_1524370044281709_4053118420740983247_nたまたま仕事でレストパークへお邪魔していたところ
ちょうど入荷されたところを激写いたしました。


匹見町内ではレストパークとメイズ(夏休み以降)で
お買い求めいただけます。


尚、こちらの商品の左利き版は年内の販売に向けて準備を進めるそうです。
オーダーメイドも受け付けてくださるそうですが
ちょっとお時間をいただくようになる点
また金額も高くなる点(オーダーの内容によって金額が変動)をご理解いただければ
とのことでした。

急がれるようでしたら、年内に販売される商品を手に取られてみたらと思います。


お問合せなどは
森の器
0856-56-1282へお願いします。





hikimityou at 16:38|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote お土産 | 森林関係

【メディア情報】匹見小 全国最高賞受賞

緑の少年団匹見小、快挙です!

新聞報道で既にご存知の方も多いと思いますが
このたび匹見小全校児童22名でつくる
「匹見小緑の少年団」の活動が
高く評価され
全国最高賞を受賞することが決まったそうです。
←詳細はこちらのデータを2回左クリック・拡大して
お読みいただきたいと思いますが


地域住民の協力を得て
保育所から小中学校に至る子どもたちが
特産の匹見わさび栽培の体験を通じて

ふるさとについて学ぶ教育の取組が
高く評価されました。


平成28年度は道川小
平成29年度は匹見小が

全国の舞台に立つことになりました。

すごいね〜匹見。

木村校長先生は
「この賞は、子どもたちと地域の皆さんに対して送られた賞です。地域の皆さんに喜んでいただきたいです」と話されていました。

予定では本日6月30日17時からの
ひとまろビジョン「ひとまろ情報局」で
紹介
されるそうです。

益田市内の方はご覧くださいませ。





hikimityou at 13:23|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 匹見小学校