2016年06月27日

広島大学総合科学部生による聞き取り調査終わりました







6月24日(金)から27日(月)まで
匹見町内で実施された

広島大学総合科学部生による
聞き取り実習は無事に終わりました。


聞き取りの対象となってくださった
個人14名、3団体の皆さん
大変お世話になり
ありがとうございました。


そして道端で対応してくださった
皆さんありがとうございました。


DSC_1712匹見滞在最後の夜となった26日は
宿泊先のレストパークに
お招きいただき
懇親の場を持っていただきました。






後輩である
若い皆さんと時間を一緒にできたことは
私にとってもとても良い経験になりました。


27日には
学生の皆さんから、一言ずつ感想をいただきましたので
主なものを以下に紹介します。


●匹見の人は元気。自分から率先して何かをしようとする人が多い

●地域外から人を呼び込む取り組み以外に
地域の人のための取り組みが行われていた。

●「過疎」という言葉からイメージしていたのは
 “後継者”“地域活性化”という言葉だったが
 聞き取り調査をしてみて
 住民の皆さんが今の生活をいかに充実させるかということに
 重きを置かれており、自立されている印象を持った。

●経済以上に心の充実感を大切にされており
 自分にはない考え方で圧倒された

●匹見の子供たちにも聞き取りをしてみたい

●中国にはない清い人間関係が築かれていて
 中国人が学ぶべき点だと感じた

●自然環境(山々、清流)などに感動

●住民の温かさを感じた

●民泊をされている人たちは現金収入が目的ではなく
 交流や情報を得ることができることを楽しんでおられる。
 そのことが結果として地域振興につながる

●Iターンの人は、ただ田舎に住みたいという思い以上に
 ご本人のバックグラウンド(育った環境など)や匹見に住んでみての
 大変さや良さについて聞けて良かった

●匹見の人は謙虚。
 外の目からみたらとても魅力的なものがたくさんある。
 もっと自信をもたれてもよいと思う

●現地を訪ねることで、匹見を肌で感じることができた

●年を重ねられていても、趣味は目標を持っておられ元気。
私もこんなふうに生きたい

などなど。


別れ際に
「広大せんべい」なるものをいただきました。
いつの間に!このような商品が!
私が在籍していたころにはなかった商品です。


後輩の皆さんと匹見で出会うことができ
一緒に行動を共にし
さまざまな意見交換ができ
私自身、学びと元気をいただいた4日間になりました。

ありがとうございました。










hikimityou at 18:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote まちづくり 

2016年06月23日

広島大学総合科学部の学生さんが来町されます

お知らせです。
明日6月24日(金)から27日(月)までの4日間

広島大学総合科学部の学生23名+教員3名が
来町され

科目「地域調査演習機廚琉豐弔箸靴
町民の方を対象に
聞き取り調査をされることになっています。


期間中は
4つのグループに分かれ

・昔の暮らし
・匹見町外で暮らした経験
・生活全般の変化
・農林業の変化
・わさび栽培
・昔の学校生活
・町の行事の変化
・子育ての変化
・地域振興の歴史
・災害の歴史

などについて

個人14名、3団体の町民の方に
聞き取りをされます。


また
初日となる24日は
匹見を代表して
渡辺友千代さんに
匹見の概要などについて
お話をしていただくことになっています。


6月24日から27日までの間
道端や温泉などで
見知らぬ若者のグループを
発見されましたら

それはきっと(!)
聞き取り調査のために訪れた
広島大学生だと思います。


どうぞ
ご理解のほど宜しくお願いいたします。


※追記

実は広島大学総合科学部は
私が20年ほど前に在籍した学び舎であり
不思議なご縁を感じています。

明日、後輩の皆さんにお会いできるのを
とても楽しみにしています。

また最近の大学生さんたちが
どんなことを考えているのかについても
お伺いしてみたいと思っています。


出会いに感謝です。




hikimityou at 19:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote まちづくり 

2016年06月20日

益田市職員労働組合女性部の皆さん、ご来町

益田市職員労働組合女性部の皆さんとそのご家族、計16名が6月18日
匹見町へお越しになり

わさびこんにゃくづくりや竹細工体験
郷土料理を召し上がられるなど
満喫され
楽しい声が山にこだましました。

こんにゃくづくり匹見の特産、わさびを使っての
こんにゃくづくりは

加工グループ「内谷とちの実会」の
大賀竹子さんと村上巴さんが
指南。


はじめての経験とあって
皆さん興味津々。



わさびこんにゃく目が覚めるような鮮やかな緑色に
歓声があがっていました。







昼食会場その後は
地元の女性のみなさんたちによる
手作り料理を食べる時間。







すぼ豆腐、煮しめすぼ豆腐をはじめ山菜の煮もの










いのしし肉しし肉












ごはんふき飯と押し寿司









さしみこんにゃくさしみこんにゃく









わさびこんにゃくづくり体験と食事を召し上がった皆さんからは

・今の時代、一番理想的な食事。とても感激しました
・こんにゃくづくりは初体験。楽しく、よい経験になりました
・こんにゃくづくりを通して亡き祖母の味を思い出すとともにその手間を知り、うるっときました
・こんにゃく芋を初めてみました
・すべて自然の食事!みなさんが元気になる理由がわかりました
・すぼ豆腐はいつも祖母が正月に手作りして食べていて、15年ぶりに食べられて懐かしかったです


地元のお母さんたちからは

・皆さんとお会いし、若返った。
・とても楽しかった。また来てほしい

・手作りは、難しそうで実は簡単。健康のためにもこういった自然食品を食べてほしい。





竹子さんと男の子こんな
素敵な交流も生まれていました。

←竹子さんとっても嬉しかったようです。









さようならお母さんたちに
見送られ
石谷老人福祉センターをあとにした
一行が

続いて向かった先は
匹見下地区多目的集会施設(旧・澄川小学校校舎)。



今年4月に竣工したばかりとあって
この施設に併設されている匹見下地区振興センター職員の
Fさんに施設案内をしていただいたのち


竹や木材を使った
加工品製造、販売、体験受け入れなどを
行っているグループ「FONY(フォニー)」のお二人を
講師に

帰る竹を使ったカエルつくりに挑戦。











カエルづくり皆さん
熱心に取り組まれていました。




また匹見にお越しくださいね!






hikimityou at 15:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 食べる | ひきみ田舎体験推進協議会

2016年06月17日

匹見・うずめ飯 VS 出雲・うず煮

匹見の郷土料理といえば
特産わさびを使った「うずめ飯」。

文献によれば
匹見町では江戸時代から、わさびが栽培されていたそうで
食文化の中にも
わさびが息づいているわけです。


町内の飲食店で
うずめ飯を提供しているのは3店。

うずめ飯 レストパーク匹見峡レストパーク。









s-DSCF6265ねむの木










山法師 うずめ飯定食匹見峡温泉内の山法師(やまぼうし)








お店によってすこしずつ違いがありますね。


また予約制で
うずめ飯を提供してくださる
蠻襪硫颪気鵑里修譴
↓こんな感じ

うずめ飯(萩の会)











わさびの産地、三葛にお住まいの
生産者 斉藤佐登志さん宅で
以前いただいたそれは
↓こんな感じ

04ごはんを入れる具がまったくございません。

わさびの味をダイレクトに堪能できる
絶品でした。





□■□■□■□■□□■□■□■□■□


先日所用で出雲に帰省した際
母親と食べたのが

DSC_1590←こちら





出雲大社のお膝元で
明治15年に創業し、4代続く割烹・和食堂「看雲楼」(かんうんろう)が
提供されている

「うず煮膳」。


平成28年5月22日発行の「りびえーる」によると


出雲大社に古くから伝わる料理で

だしはフグでとられ
ほぐしたフグの身などが入ったご飯が
とろみあんで包まれていて

その上に
三つ葉や海苔がちりばめられた逸品。

上には
わさびがのっていました。



出雲に生まれ、出雲に育ったワタクシでしたが
出雲にも匹見のうずめ飯に負けず劣らずの
歴史を有する料理があったとは
知りませんでした。



共通するのは
上にわさびがのっていること

そして、食材が「うずめて」あるところから
由来するであろう名前。


食いしん坊のワタクシ。
また一つ、新たな学びの機会をいただいた
今日この頃です。

匹見のうずめ飯
出雲のうず煮

さあ、どちらが旨いのか。


それは皆さんの舌でジャッジしてください。

これぞ
「島根の東西対決」。





hikimityou at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 食べる | わさび

2016年06月16日

匹見峡レストパーク情報

今日は、来週末に控えている
広島大学生聞き取り調査受入の
打ち合わせのため、匹見峡レストパークへ。


最近、全国的に
熊被害のニュースが多いですが

匹見峡レストパークでは
熊よけの商品が充実しています。

匹見の子どもたちが
ランドセルに付けている熊よけ鈴や

唐辛子入り!の熊撃退スプレー(人間にも効きそう)が
販売されています。




レストパーク内の
食堂「クックハウス」では

自家製のブルーベリーアイスが
食べられますよ!











また夏季限定の
メニューもいろいろあります。















実は本日
匹見峡レストパークの
フェイスブックページが立ち上がりました。
こちら→をクリックしてください。


今後、定期的に情報がアップされる予定ですので
よかったら「いいね!」ボタンを押して
フォローしてくださいね!






hikimityou at 18:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote おすすめスポット | 食べる

2016年06月14日

【メディア情報】匹見中、わさび学習

2016年06月14日08時47分33秒0001益田市が姉妹都市提携を結んでいる
高槻市での8月のわさび加工品販売に向けて

匹見中が取り組んでいる
わさび学習。

この取り組みが
毎週水曜に発行されている
「週刊さんいん学聞(まなぶん)」で
紹介されました。

記事中では
タブレット端末を活用した取り組みにも触れられています。

今や
インターネットや英語は当たり前の時代になっていますね。

私が10代だったころとは
大違いです。





hikimityou at 09:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote わさび | メディア情報

2016年06月13日

山内道雄・海士町長の講演会終わる

DSC_1591実直で情熱的な人、という印象だった。


「ないものはない!!」と
離島の海士から挑戦し続けている
山内道雄・海士町長。


定員100名を想定した
地域づくり講演会は
目算で130名を超えるか、という来場者。

会場の匹見タウンホールは
満席となった。

山内町長の講演を是非聞いてみよう、と
来場された人の姿が目立ったように思われた。

およそ80分の講演は
聴く者を飽きさせるどころか
ぐいぐい引き込んだ。





講演会の様子は
ひとまろビジョン(益田市のCATV)で
6月13日(月)「ひとまろ情報局」(17時から)のニュース報道と

後日、講演会の全体が放送される予定なので
詳しくはそちらをご覧になっていただきたい。


このブログでは
気になってメモをした言葉をいくつか紹介


◎海士町の取り組みは成功事例ではなく、「チャレンジ事例」
◎評論家はいらない
◎民の仕事を官がやる
◎住民と、危機意識の共有
◎悲壮感ではなく、危機感
◎住民があって役場がある
◎地域づくりは企業経営と同じ
◎異質(Iターン者)なものを取り入れる=変化
◎現場に答えあり
◎やらないよりやったほうが良い。やるなら本気で
 →「元気」(健康) 「やる気」(志) 「本気(度)」
◎逃げるのではなく、攻める
◎グローカル(グローバル+ローカル)人材が大切


これまでの海士町の取り組みは
研修や関係者の報告で
聞き知ってはいたが

山内町長から直にお話を聞くことのできる
貴重な講演会であり

いろいろと考えさせらえる
内容だった。


このたびの講演会を主催された
関係者の皆さん
お疲れさまでした。




hikimityou at 16:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote まちづくり | 講演・シンポジウム情報

2016年06月08日

【講演情報】海士町長をお迎えしての地域づくり講演会

2016年05月19日19時00分41秒0001いよいよ明後日に迫ってきました。

6月10日(金)18時から
隠岐郡海士町長の山内道雄氏をお招きしての
地域づくり講演会が
匹見タウンホールで行われます。



かつては高齢化や財政悪化など
過疎化に悩んでいた離島が

どのようにして島の活性化への
道を開いたのか。



山内町長から
お話をしていただきます。




ご都合のつく方は
是非ご来場ください。

【お問合せ】
匹見上地区振興センター 0856-56-1144
匹見下地区振興センター 0856-56-0910
道川地区振興センター  0856-58-0001





hikimityou at 13:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote まちづくり | 講演・シンポジウム情報

2016年06月05日

わさび掘り取り体験➡石組での熊電気牧柵の下刈作業へ

今年で7回目を数える
わさび掘り取り体験終わりました。

参加者の皆さんに楽しい時間を過ごしていただきました。





2016年06月05日17時00分49秒0001









その模様が
中国新聞さんで
紹介されているのを見つけましたので
ご紹介します。


当日は
朝日新聞さん、読売新聞さん、毎日新聞さんにも
お越しいただきました。


また
ひとまろケーブルビジョンさんで
6月7日(火)17時からの
ひとまろ情報局で放映予定です。


ぜひご覧ください。


翌6月5日は
石組集落で
熊電気牧柵の下刈り作業ボランティアがあり

地域の皆さん、ボランティア2名の方と
8時から16時まで
汗を流しました。

急斜面に設置された
熊電気牧柵下の草や枯草を除去する
大変な作業なのですが

熊をはじめサル、イノシシから
人間の生活を守るためには
必要不可欠な作業です。


体力的に心配していたのですが
バランスをとりながら山の斜面を歩きつつの
作業は

日ごろ動かしていない筋肉を使ったことで

気分的に
肩や背中のコリがほぐれて
気分も爽快でした。


作業の合間には
匹見のかつての暮らしや産業について
お話を聞かせていただくこともでき
充実した一日になりました。


今晩はぐっすり眠れそうです。






hikimityou at 18:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 匹見の暮らし | ボランティア制度

2016年06月02日

【行事情報】匹見中校内マラソン

H28第3回ポスター0001匹見町内をコースに3キロを走る
匹見中校内マラソンが6月10日(金)
10時20分から
行われます!


中学生と一緒に走るもよし
もちろんウオーキング参加もオッケー。

ボランティアさんも募集されています。

お問い合わせは匹見中へ
電話0856-56-0034



hikimityou at 09:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote イベント情報 | 匹見中学校