お土産

2020年03月03日

木製オリジナルわさびおろし器 完成!

2月某日。
打合せのため
道の駅「サンエイト美都」さんを訪問。

待ち人がくるまでの間、店内を「巡回」していたところ
ひときわ目を引く、あるモノを発見!

88954866_2969684013083631_627254667633491968_o木製品か。
ふーん。

(立ち去ろうとした瞬間)

アレッ!??
(視線を戻して、「ガン見」)

ひ・き・み・森・の・器・工・芸・組・合
わ・さ・び・お・ろ・し・器

見覚えのあるロゴマーク。
まさしく、ひきみ森の器工芸組合さん
通称、森の器さん。

森の器さんが手掛けておられる商品といえば
私が知っているのは
食器がメーンで、あとは料理ベラ。

い・つ・の・間・に。

この日
ご一緒させていただいていた
匹見支所職員Sさんによると
昨年春から妄想・構想・制作着手された代物とのこと。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さかのぼること10年ほど前。
わさびをおろすのに
金物、瀬戸物、セラミック、サメ皮…があるのなら
木製があってもいいのでは!と
着想を得た森の器代表の大谷照行さん。

早速
木製パズルを手がける
ウッドペッカーの渡辺政則さんに
四角錐(底面が四角形で先のとがった形状)の木板制作を依頼。

円状の土台とギザギザの木板を組み合わせた
オリジナルおろし器の試作品が
森の器とウッドペッカーとの共同で完成するも
販売には至らずお蔵入りとなっていた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2019年春。
木材を使った、わさびのおろし器制作が進められることになった。

当初
わさびをする部分は
サメ皮の使用を前提に試作が行われていたが
割高になることなどがネックに。

そんな折
「幻のおろし器」の存在を地元住民から聞き知ったSさんが
大谷さんに制作を依頼。

わさびは空気に触れると辛味が抜けるという特性があるため
木の蓋もつけてほしいと
リクエスト。

数か月の試作期間を経て
2019年の暮れには、現在の形が整った。

材料はすべてミズメが使われている。
ミズメは、安定的に入手でき
硬さ、色白の色合い、加工しやすさなど3拍子揃う良材だという。

平べったいツルンとしたフォルムは
意匠登録出願中、とのこと。

この
木製のわさびおろし器を使った人の話によると
わさびだけでなく
ショウガやニンニクといった薬味や
リンゴのすりおりしにも重宝しているとのこと。

1セット5000円近くにはなるが
木の温かみと意匠、実用性を兼ね備えた
こちらの商品は
ひそかなブームになるのではと確信している。

今のところ店頭販売は
道の駅サンエイト美都(電話0856−52−3644)のみ。
数が限られているので
欲しい人は事前電話の上、お早めにお買い求めを。

万が一売り切れていた場合は
下記へ直接注文を。

普段使いに、贈り物に
喜ばれる逸品になること間違いなし


●お問い合わせなどは
ひきみ森の器工芸組合
電話0856−56−1282
営業時間 9時〜17時
定休日  日曜、祝日






hikimityou at 15:43|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年05月17日

【イベント情報】わさび掘り取り体験

いい季節になってきました。
暑すぎず、寒すぎず。
夏に向けて今のうちから身体を鍛えなければ、と思う今日この頃…。
つくづく体力の無さを痛感しております。

さてさて
匹見の代名詞、わさびをテーマにした
田舎体験イベントを6月1日に行います。

P6020008わさびの掘り取りや
わさびの甘酢漬け作り体験
P6020037お土産購入、と
楽しみは沢山ございますが

中でも
2018-06-02わさび掘り取り体験昼食こちらの田舎料理を目当てに
ご参加くださる方、多数。


料理を担当するお母さんたちは
「いつも同じ料理で…」と恐縮されるんですが
この体験に参加しなければ味わうことのできない
この料理を楽しみに
毎回ご参加されるお客様は少なくないのです。


開催2週間前となりましたが
お申し込みはお受けしておりますので
ご興味のある方は
お早目のお申込をおすすめします。


詳しくはこちら↓↓↓でご確認ください。
2019



お問い合わせ・お申込みは
ひきみ田舎体験推進協議会
(匹見総合支所内)
電話0856−56−0305
メール hikimitown@maro-v.jp







hikimityou at 14:52|PermalinkComments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年01月28日

【メディア情報】ひきみ森の器、ほりかわさん

広島から匹見へ家族で移住された、ほりかわさん。
50724743_2208623969189643_4402034834914934784_n今朝の山陰中央新報で紹介されました。







images料理ベラは
中サイズ:2052円(税込)
大サイズ:2268円(税込)です。
送料が別途かかることが予想されますので
下記へお問い合わせくださいね。









ひきみ森の器
電話0856−56−1282
または
メールinfo@hikimimorinoutsuwa.com

営業時間 : 9:00〜17:00 定休日 : 土・日・祝日





hikimityou at 21:23|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年07月18日

寺尾弘さん作 匹見オリジナル時計

DSC_2708匹見峡レストパークの売店に
匹見の自然、動植物などをモチーフに
文字盤にオリジナルデザインを施した時計が
展示、販売されています。


DSC_2710














DSC_2709


制作したのは
匹見出身で大阪在住の寺尾弘(ひろむ)さん。

寺尾さんは、総合商社系アパレル企業、広告企画制作プロダクション、CI設計会社を経て
フリーデザイナーとして独立。

DSC_2711現在は
「Hikimi Graffiti」の名で創作活動を展開。
匹見の思い出が投影された
オリジナルイラストや
帆布のオリジナルバックの制作を手掛けていらっしゃるそうです。



大阪で年2〜3回展示販売会を
行っていらっしゃるとのことですが

生まれ故郷の匹見で
作品の展示販売をしているのは
匹見峡レストパークのみ。とのことです。

ご興味のある方は
足を運んでみてください。


★お問い合わせ
匹見峡レストパーク
電話0856-56-0341




hikimityou at 16:59|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2018年03月28日

森の器in益田

DSC_2557

益田市内の雑貨店OZ(オズ)さんで
匹見在住の職人さんが手掛けた木製品が
展示販売されています。
3月31日まで開催中です。是非おでかけくださいね
DSC_2558
DSC_2559
DSC_2560



hikimityou at 22:01|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年08月26日

羊毛を使ったピンクッション

今回も羊毛ネタです。

仕事の打ち合わせで
匹見峡レストパークへお邪魔したところ

羊毛コーナー_Rこちらにも
手紡ぎ羊毛が販売されていました!








しかも
クッション_R羊毛の毛を摘めたピン(針)クッションが販売されていました。


羊の毛のあぶらで
針の通りが良いので
おすすめ!とのこと。




しかもしかも
きっと_R手づくりが大好きな人用に
自分で作れるキットも
販売されています。



ご興味のある方は是非

お問い合わせ
匹見峡レストパーク
電話0856-56-0341







hikimityou at 07:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年08月24日

匹見峡温泉の産直市状況(8月23日時点)

今日は匹見峡温泉やすらぎの湯内にある産直スペースについて
状況(の一部)をお知らせしたいと思います。

産直市_Rお盆を過ぎまして
野菜類も充実してきました。

おいしくて安いとあって
お買い求め下さるお客様も多いとのことです。





シルクスカーフ_R自然な風合いが魅力のシルクスカーフは
おしゃれな方にピッタリ。Sさんの手作り作品です。








手紡ぎ毛糸_Rこちらも素敵。手紡ぎ毛糸も販売中。
Hさんの作品です。









匹見の羊毛_R驚きだったのが使われている毛糸は匹見産!!


これぞまさしく
「地域資源」をうまく活用したお土産ですね。






どんぐり帽子_Rその手紡ぎ毛糸を使って手編みされた
どんぐり帽子も販売中。










椀よこから_Rこちらは
「Hikimi森の器 工房吉昭」さんのお椀。










小椀ぐい飲み_R小椀の
ぐい飲み。











02プレート皿_Rプレート皿。
センスあふれる作品の数々です。










森の器_R森の器の取り扱いは
←こちらを左クリックの上
ご覧くださいね。









チョコレート_R←こんなお土産も。











いか刺定食、生わさびとろろ丼_R温泉内には食堂もございます。











アユの塩焼き_R清流匹見ならではの
アユの塩焼きもございます。






各種お問い合わせは
匹見峡温泉やすらぎの湯
電話0856-56-1126へお願いします。







hikimityou at 11:03|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年06月30日

木製料理ベラ復活!

19553921_1524370027615044_7427046158394906356_n木製の器製品などを手がける
「ひきみ森の器」さんが
およそ10年ぶりに「料理ベラ」の
制作・販売を復活されました。

油や熱への耐性があるとして
多くのファンがいらっしゃる
こちらの商品。

実用性を兼ね備えたデザインでありつつ
おしゃれなフォルムでもありますよね。


19601326_1524370044281709_4053118420740983247_nたまたま仕事でレストパークへお邪魔していたところ
ちょうど入荷されたところを激写いたしました。


匹見町内ではレストパークとメイズ(夏休み以降)で
お買い求めいただけます。


尚、こちらの商品の左利き版は年内の販売に向けて準備を進めるそうです。
オーダーメイドも受け付けてくださるそうですが
ちょっとお時間をいただくようになる点
また金額も高くなる点(オーダーの内容によって金額が変動)をご理解いただければ
とのことでした。

急がれるようでしたら、年内に販売される商品を手に取られてみたらと思います。


お問合せなどは
森の器
0856-56-1282へお願いします。





hikimityou at 16:38|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年10月06日

青空レストランで絶賛!された「わさび味噌」

10月1日(土)18時30分放映の
「満天☆青空レストラン」(日テレ)で

匹見わさびが全国放送されたのは
皆さんご存知のことと思います。

ご覧になっていないかたは☛こちらをチェック。

そばサラダのわさび味噌かけ_Rそのときに
「そばサラダのわさび味噌かけ」という逸品が
紹介され






わさび味噌_R







甘辛_Rオードリー春日さんは「甘辛!」
小川菜摘さんからは「クセになる味!」

と絶賛いただきました。







わさび味噌50g入り_R実は
☚こんな感じで商品化されており


匹見町内では
”じ峡温泉やすらぎの湯

益田市では美都町内の
道の駅サンエイト美都
あったか市(美都温泉敷地内)

でお買い求めいただけます。

ご興味のある方は是非
お買い求めくださいね。





hikimityou at 18:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年04月01日

【新商品】ブルーベリーリキュール「さらなり」

DSC_1206wineではありません。
匹見の蠻襪硫颪気鵑育てられた
ブルーベリーを使った新商品。

ブルーベリーリキュール「さらなり」です。
平成28年1月から販売スタートしました。











DSC_1208匹見峡温泉やすらぎの湯をはじめ

・道の駅サンエイト美都
・美都温泉湯元館
・キヌヤ遠田店
・森谷商店(JR益田駅前)
・ジャンボ市(益田市下本郷町)
・朱山酒店(益田市七尾町)
・萩石見空港2階売店
・道の駅シルクウェイにちはら

で販売されています。






hikimityou at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック