引越し荷物の梱包にはいろいろな方法があります。
ここでは、以下の梱包方法を説明します。
 
1.食器類
2.調理器具・洗剤
 
続きをどうぞ。
1.食器類
 
引越し業者は万全を期して荷物を取り扱い、輸送しますが、振動や擦れによりどうしてもキズをつけたりしてしまいます。
それを最小限に抑えるために、食器などの割れ物はしっかり梱包する必要があります。
 
食器を梱包するには、ミラーマットという専用の緩衝材がありあます。
なければ新聞か、エアークッション(俗に言うプチプチ)で1個1個包みます。
食器はガラスか陶器でできていて、食器同士が触れると簡単に割れてしまうので、それぞれぶつからないように保護します。
 
コップ・グラス
 
新聞紙での包み方は、斜めにして角を手前にして、食器を丸めるようにして包みます。
下を絞って上のあまった部分をコップの中に入れます。
 
お皿
 
お皿は新聞紙の中央に乗せて、四方を折りたたんでいきます。
 
箱詰めの仕方
 
最初に箱の下に新聞紙を丸めたものなどクッションを入れましょう。
基本的に重たいものを下に入れますが、お皿は平らではなく立てて並べていきます。
平らだと下のお皿に荷重がかかり、振動などで割れてしまうからですね。
コップの場合は下に向けて入れます。
 
新聞紙の代わりに手拭タオルなどで代用するという方法もあります。
スペースの節約にはちょうどいいですね。
 
隙間にはできるだけ丸めた新聞紙など食器が暴れないようにしましょう。
 
基本的に食器は重いので、箱詰めするときはみかん箱くらいの小さめの箱に入れましょう。
箱詰めが終わったら、軽く箱をゆすってガチャガチャ音が鳴らなければOKです。
 
食器を包むのに自信がない場合は、引越し業者がやってくれる場合もあります。
引越し業者はただ荷物を運ぶだけではなく、こういった細かいところもしっかりと教育されていますので、安心してできます。
また、自分でやりたいという場合は、多少大げさに包んだほうがいいですね。
その辺の保証は引越し業者に確認を取りましょう。
 
高級食器セットの場合は、ひとつ壊れると格好が付かない場合があります。
その食器を詰めた箱は最後に積んでもらって、最初に出すように言いましょう。
万が一割れていたらその場で確認できるので、後々のトラブルを最小限に抑えることできます。
 
 
 
2.調理器具・洗剤
 
フライパンや鍋などの金物は簡単には割れたり傷ついたりしないので、そんなに気にすることはありません。
気になるのであれば簡単に新聞紙などで包むとよいでしょう。
 
包丁やナイフ、はさみなど先のとがったものは新聞紙などで何重にも包みましょう。
そして、バラバラにならないようにテープで巻いておきます。
開梱時には怪我しないように十分気をつけてください。
 
洗剤は液体なので、しっかりふたをして、周りに漏れないようにビニール袋で密封しましょう。