2013年10月

2013年10月31日

干しかれい

かれいの干物
富来地頭町にある食品店「とくだストア」さんの店先に、かれいがたくさん干されていました。秋も深まって、最近外の風も冷たくなってきましたので、身も締まっておいしくなりそうです。個人的にもとても好きな食材なので、おもわず1枚撮らせていただきました。とくだストアさんHP

2013年10月30日

岩舟のモニュメント

岩舟
Aコープ富来店の裏手にある林間広場の奥に変わったモニュメントが設置されています。実はこれ、神の乗り物として古くから言い伝えがある「岩舟」をモチーフにしたもの。富来祭りの由来としても「八幡の神様がこれに乗って増穂浦に流れ着いた」といういわれが残っているのですが、このモニュメントに関しては場所が悪いせいもあって、地元民でさえ見たことない人がけっこういると思います(^_^;

2013年10月29日

日本海に沈む夕日

日本海の夕日
昨日はとてもいいお天気だったので、夕方日本海に沈んでいく夕日もきれいに見えました。このブログでこれまで何度も夕日の写真を載せていますが、一口に「夕日」と言っても、季節や大気の状況などその日によって見え方が違います。昨日はまだ周囲が明るくて、一見、朝日のようにも見えますよね。いずれにしても日本海に沈む夕日は富来の自慢の風景の一つなので、ぜひ一度生で見てほしいと思います。

2013年10月28日

波打ち際の波紋

波紋
今日は能登地方も久々に秋晴れの空が広がっています。明け方はとても寒かったのですが、お昼に近づくにつれ、気温も上がってきたようで、海岸に出ても潮風が気持ちいいくらいです。増穂浦海岸は砂の細かいきれいな海岸なので、今日は波打ち際に波紋ができていました。そしてその波紋に沿うように小さな貝殻も打ち上げられていましたよ。

2013年10月27日

湖月館の玄関行灯

湖月館の行灯
 湖月館は富来地頭町にある小さな老舗旅館で、福永武彦ら、文人にゆかりのある宿としても知られています。写真は玄関の隅にある大きな行灯。その下には玉砂利とかではなく、たくさんの貝が敷き詰められていました。玄関先にある歌碑の下にも貝が敷き詰められていて「夜もすがら春のしるべの風ふけど増穂の小貝くだけずにあれ」と福永の歌が刻まれています。ちなみに湖月館のホームページには「掲示板」で毎日富来の様子がリポートされていますよ。


2013年10月25日

ショッピングセンター「アスク」で作品展示していただいています。

アスクで展示
これまで撮った写真を水彩画風に加工したものや、さくら貝を使って作った小物などを富来領家町にあるショッピングセンター「アスク」の一角で展示していただいております。数は少ないんですが、並べると何とかそれなりになりました。お近くに来られたら、少し寄ってみてくださると嬉しいです。

2013年10月24日

日本海の美しい夕焼け

日本海の夕焼け
台風の影響もあって、今日も雨模様の北陸です。なので、今日も今月初めに撮った夕景をアップします。巌門付近から撮影したものですが、ただただ「美しい」という言葉しか思い浮かびませんでした。自然はスゴイですね。嘘のようなきれいな色を目の当たりにすると、地元民ながら、そう思います。

2013年10月23日

光のカーテン

光のカーテン
増穂浦から沖の方を見やると、雲のすき間から光が射しこんで、光のカーテンができているように見えました。天気がいい日にきれいな夕焼けが見られるのはもちろんですが、雲に翳っている日も、いろいろな表情が見られる水平線です。日本の南には、また大型の台風が迫ってきているようですが、できればこちらへは影響がないといいんですけど。。。

2013年10月21日

さくら貝をハート型に並べてみました。

さくら貝ハート
ハートの形にさくら貝を並べてみました。形や大きさがそれぞれ少しずつ違うので、なかなか難航しましたが、なんとかできあがりました。それっぽく見えるでしょうか?

2013年10月20日

秋の夕雲

秋の夕雲
秋が深まったせいか、天候が不安定なせいなのか、最近の空はいろいろな形をした雲が混在して見られます。特に夕方の西の空は、夕焼けに映えて雲の形が一層引き立ちます。毎日増穂浦から眺める夕景は、いつも違って、そこが楽しみでもあります。