2014年09月

2014年09月30日

宵の福浦港

IMG_0010
 あっという間に9月も月末を迎え、すっかり秋も深まってきました。写真は昨日の午後6時頃、福浦港を見下ろした風景。日没後、まだ西の空には明るさが残り、港の灯りがなんとも情緒的です。写真ではきれいに撮れていませんが、空には三日月がくっきりと浮かんで見えていました。

2014年09月29日

波打ち際に伸びる影

IMG_0003
 週末以降、富来は秋晴れの日が続いています。絶好の観光日和を利用して、能登を訪れる観光客も多いようですが、やはり海水浴客で賑わっていた夏の頃からみると、静かなものですね。増穂浦海岸にも散歩をしたり、貝拾いを楽しむ人の姿をときどき見かけるのみとなりました。季節的にまだ波打ち際に寄せるさくら貝は少ないようです。

2014年09月28日

「増穂浦海岸通りフェスティバル」に行ってきました。

IMG_0018
 ショッピングモール・アスクで開催された「増穂浦海岸通りフェスティバル」に行ってきました。今日はとてもいいお天気だったこともあって、会場にはたくさんのお客さんが詰めかけていましたよ。写真は八朔祭り体験として、ステージ前を子どもキリコが乱舞している様子。。。他にもよさこい演舞や和太鼓演奏など、三日月の下でとてもいい夜のステージが繰り広げられていました。

2014年09月27日

富来地頭町万灯祭

mantousai
 たくさんの竹灯篭が立て並べられ、その幻想的な明かりの中で開催されるイベント「富来地頭町万灯祭」が10月4日(土)に開催される予定です。写真は昨年の会場(建部神社付近)の様子を撮ったもの。本物の火がともす明かりには、なぜかおだやかで寛ぎの雰囲気が漂いますよね。よろしければ足をお運びください。主催される地頭町商店連盟さんのページはコチラから

2014年09月26日

路上の落ち栗

IMG_0001
 日ごとに秋が深まっていくこの頃、里山を抜ける道路脇では、時々栗の実が落ちているのを見かけます。能登の里山に自生する栗の木から落ちたものと思われますが、うっかり触れませんね。イガは相当痛いです(^_^; わが家のいちじくのように丸腰ではないので、これなら野生の動物もなかなか手を出せません。

2014年09月25日

さくら貝の天使のランプ

ランプ
 台風から温帯低気圧に変わったものの、その通過の影響で、能登地方も久しぶりに雨となっています。天気が悪いと暗くなるのも余計に早くなって、夜も長くなってしまいますね。そんな秋の夜長を楽しもうと作ってみたこちらのランプ。さくら貝の天使がガラスドームの中で暖かい光を放ちます。(※先週「窓辺のインテリア」としてご紹介した中の一つ(右の)です)

2014年09月24日

いちじくが食べごろです。

いちじく
 「秋」というと、さまざまな味覚が楽しめる季節でもありますが、そんな味覚の一つ「いちじく」が実をつけはじめました。わが家では、そのまま食べるのはもちろん、毎年ジャムにしたりもしています。ただし、いちじくをめぐってはいつもカラスと格闘しておりまして、食べごろになるとつつかれてしまうこともしばしば。。収穫すべきか明日まで待つか、思案のしどころ…。(汗かいてるように見えるのは朝露です)

2014年09月23日

沈む夕日、癒しのひととき

IMG_0005
 最近テレビでは、スタッドレスタイヤのCMが流れるようになり、そんな所でも季節の移りを感じてしまうこの頃です(^_^; 能登地方では、すでに朝晩は寒さを感じるようになり、それにあわせてずいぶんと日も短くなりました。写真は昨日の日没の様子。。。昨日は水平線に雲がかかっておらず、太陽が沈んでいくさまをきれいに眺めることができましたよ。沖をゆっくりと船が通過していく様子も、穏やかで癒される風景です。

2014年09月22日

稲刈りを終えて秋空広がる

IMG_0004
 今日も能登は秋晴れのいいお天気です。このところのお天気で稲刈りも一気に進み、刈り取られた田んぼがほとんどとなってきました。富来の街なかを流れて海に注いでいる富来川ですが、少し上流へ辿るとこんな田園の間を通っています。特にこの時期は川岸に彼岸花の赤がちらほら見られてとてもきれい。秋の里山の空気がよく感じられる風景です。

2014年09月21日

窓辺の手作りインテリアたち

窓辺
 能登地方は今週も秋晴れの週末となっています。こちらではもう田んぼの稲刈りも終盤というところでしょうか。刈り取った稲を干すための「はざ」も役目を終えて片づけられるところが多くなってきました。それとは関係ないのですが、写真はわが家の窓辺に飾った手作りインテリア。青空を背景に日差しを受けた感じがなかなかキレイでしょ。。。