2017年09月

2017年09月30日

アスクで「増穂浦海岸通りフェスティバル」

IMG_0930
今日の能登地方は秋晴れのすがすがしいお天気でした。そんな絶好の日和の下、ショッピングモール「アスク」では、夕方からイベント「増穂浦海岸通りフェスティバル」が開催されました。ここ数年、恒例になっているこのイベントには楽しみにしていた地域の方も多く、会場にはたくさんの人がつめかけていましたよ。写真は子供太鼓の演奏風景。駐車場に作られた特設ステージの上には月が浮かび、会場の雰囲気もとてもよかったです。

2017年09月29日

さくら貝の手作りクォーツ

IMG_1602
 秋らしいといえば秋らしいのですが、ここ数日の能登は天気の移り変わりが激しく、気温も上下幅が大きくなっています。外へ出にくい時には、例によって桜貝を使ったものづくり。。。樹脂用の小さな時計の型を手に入れたので、とりあえず貝を並べて固めてみました。全体が透けているので、まるで文字盤が氷でできているみたい。この写真の針は置いてあるだけですが、後ろにムーブメントを取り付ければ実際動くと思います。

2017年09月26日

岬に沈みゆく夕日

IMG_0899
 昨日の夕方、西海の岬に沈んでいく夕日です。雲もなく、キレイなまん丸に光る夕日が久々に見れました。ここ数日、能登は穏やかな秋晴れの日が続いておりますので、周囲は絵葉書のような景色でいっぱいですよ。予報では週末も晴れのようです。ぜひ行楽にお出かけください。

2017年09月25日

川岸に咲くヒガンバナ

IMG_0885
 富来川沿いを上って、稗造地区に入ると、ひときわ赤いヒガンバナの群生が目につきます。このあたりは田園地帯が広がっているせいもあって、周囲の緑とのコントラストがホント目に鮮やか…。それにしても、なぜこの一帯の川岸に、ヒガンバナが集中しているのでしょうか。ほかではあまり見かけないので、とっても不思議です。

2017年09月24日

ゆっくりと暮れゆく秋空

IMG_1638
 今日も富来は、秋晴れのすがすがしい一日でした。雲がほとんどない快晴の空は、日中だけでなく、夕暮れ時もキレイです。特に日が沈んだ後、空の藍が深くなっていくにつれ、逆に水平線沿いのオレンジが際立っていきました。空に三日月が浮かぶ中、能登の秋の夜はゆっくりと暮れていきます。

2017年09月23日

お彼岸の真っ赤な大輪

IMG_0891
 今日は秋分の日、そんなお彼岸らしく、領家町の住吉神社境内には彼岸花が咲いていました。すぅーっと伸びた茎の先についた真っ赤な大輪の花。秋晴れの下で、ひときわ鮮やかです。

2017年09月22日

朝焼けに輝く雲

IMG_53525
 今朝の東の空…。朝焼けで、とてもきれいなオレンジ色に染まっていました。美しい朝焼けが見られるときには、たいてい照らされた雲が輝いています。今朝もそんな風に雲が幻想的な雰囲気で広がっていましたよ。「朝焼け」は、夏の季語らいいのですが、個人的には、いつもこの季節が一番キレイに見える気がします。

2017年09月21日

白波立つ巌門

IMG_0883
 週末の台風は身構えていたほどの雨風はなかったのですが、昨日の富来は、時折り横殴りの雨風に見舞われるほどの悪天候でした。今日も晴れてはいるものの、相変わらず風は強くて、海はかなり時化ています。写真の巌門も、ごらんのとおり、白波がたつほど荒れておりまして、今日は遊覧船も欠航とのことでした。ただ、元々巌門は、日本海の荒波が生み出した造形美が魅力。そういう意味では、こういう日に間近で見た方が、本来の迫力が味わえるのかもしれませんね。

2017年09月20日

旬のいちじく

IMG_0650
 わが家の畑のいちじくの実が、いよいよ今年も熟れてきましたよヽ(^o^)丿 毎年、楽しみにしている旬の季節。生もよし、ジャムもよし…。家族そろって大好きですから、収穫が追い付かないほどです。ただし、例年のことですが、こういう甘い果物の食べ頃はカラスなどにも狙われておりまして、これからちょっとした戦いが始まります(^^;

2017年09月18日

さくら貝のイヤリング

IMG_0873
 「列島に台風直撃」ということで、久々にインドアで創作にいそしむ連休でした。できたのがコレ、イヤリング…。例によって、拾ってきた「さくら貝」を使っています。せっかくなので、背景にもそれなりに気を遣って撮ってみたら、ちょっと良さげに見えているんではないでしょうか^_^;