300話


ものぐさNolca Tricklineは
考えた。

1話目と300話目の投稿日を
同じ日にしたいのならば

7月26日までサボれば
いいんじゃないの。と


Nolca Tricklineは
さらに考えた。

半年サボるのは
ちょっぴり長くね?と

そしてNolca Tricklineは
思いとどまり
現在投稿した。


傍からみれば普段通り
アップされた記事ですが

サボろうと思いついた後に
思いとどまり
投稿したことにより


Nolca Tricklineは
こう思った。

 ffxiv_20200114_163111_854
自分は働き者なのかも
しれない(???)と。




Phase 1 
追い詰められた者





その日。




ffxiv_20200113_221540_151
上限値の半分以下しか
トークンを稼げてない状況を
目の当たりにし焦りを感じた
Nolca Trickline。



一念発起し






ffxiv_20200113_223119_172
ハウジングを
いじりはじめる。




現実逃避ではありません。


内装がつい最近までクリスマスの
ままだったので
こっちのが重要なのだ…!


シグマ編のBGMもとい
FF6の「決戦」を流しながら
ノリノリでカフェでも
つくろうと作業をしていた所


ffxiv_20200114_001850_518
良きアイデア!

こうして開店直前のカフェは


ffxiv_20200115_032445_084
ばくはつした。


そんなこんなで
魔列車ハウジング!




ffxiv_20200115_022701_008
迷いの森を抜けた先には




ffxiv_20200115_025905_388
怪しいホームと






ffxiv_20200115_033353_924
幽霊はびこる魔列車!



幽霊を結構配置したので
FF6が好きな方は


ffxiv_20200115_023537_180
「…に、が、さ、ん…」
ごっこも出来ます。


Dura鯖ミスト6区44番地にてOpen!
良ければ覗いてみてくださいな( ´∀` )


あ!年明けてシロガネ亭で
お花お買い上げいただいた方
ありがとうござります!


SSこーなー


ffxiv_20200113_235821_751
カフェ製作中になんだか
かっこよくとれた1枚!



ffxiv_20200114_211844_461
人気のない僻地で
青魔レベリングについてった1枚。

作業内容としては
青魔陣でファーストタッチし
その後80ジョブが
敵をやっつけるという
シンプルなものですが

詳細に作業内容を書くと
なかなかにエグく

ffxiv_20200114_212031_882
青魔陣で口から魚をぶちまき
魚が敵に顔面ヒットした直後
その泣きっ面に銃を発砲。





ffxiv_20200115_031639_199
自分だったら
絶対やられたら
嫌だなぁと思いました。