2011年12月31日

ブログ移転のお知らせ

当ブログは、2008年6月より新アドレスへすべて移行しています。
その他ネパール情報ツイッターも同時発信しています。

日々のネパール情報
http://dailynepal.blogspot.com/

日々のネパール情報ツイッター
https://twitter.com/infonepal

地球の歩き方カトマンドゥ特派員ブログ
http://tokuhain.arukikata.co.jp/kathmandu/

皆さんのネパールとのかかわりが、楽しいものになりますように!


2009年04月17日

計画停電短縮へ(タメル地区スケジュール掲載)

当ブログは 新アドレス にて公開しています。

ネパール旅行に関係のある最新情報については、こちらの旧ブログにも掲載していますが、メインは 新アドレス の方になります。

検索で当ブログにたどり着いた方は、今後は 新アドレス をご覧ください。

本日4月17日より、停電時間が短縮になった。

参考までに、旅行者の利用が多いタメル地区の計画停電時間は以下の通り。

日曜日 04:00-12:00 16:00-24:00
月曜日 04:00-12:00 16:00-24:00
火曜日 20:00-04:00(+1)
水曜日 08:00-16:00 20:00-04:00(+1)
木曜日 08:00-16:00
金曜日 04:00-08:00 12:00-20:00
土曜日 12:00-20:00

(注意)

* 停電時間は、予告なく変更になります。上記スケジュールがいつまで有効となるかは不明です。

* 停電時間はカトマンズ市内でも、地域ごとに細かく分かれています。タメル地区以外の場所のスケジュールは、上記の通りではないためご確認を。

* 計画停電時間以外に、突発的な予期せぬ停電も頻繁に起こりますので、ネパール旅行中は懐中電灯を常に携帯していると安心です。

* 停電/送電が上記通り実施にならなくても、当ブログのせいではなく、一切の責任は負えません。(まれに、『ブログ掲載内容と停電時間が違った』という苦情?があるもので、、、)

===

在ネパール日本大使館のホームページに、各地区の停電スケジュールが掲載されています。

http://www.np.emb-japan.go.jp/jp/index.html

===

これまで、公式発表されていたスケジュールは1月時点のものだった。それ以降、昨日まで停電スケジュール変更の発表はなかったのだが、意識的に延長されている日や、気分次第?で延長・短縮される日が多かった。

特にこの1か月は、私の住むエリアだけだったのかもしれないが、スケジュールはめちゃくちゃでうんざりさせられていた。

本日やっと、変更スケジュールが発表されたので、今度こそスケジュール通りになるのだろうと思ったのだが、めちゃくちゃなままだ。

私が住むエリアだけなのかもしれないが、本日も、スケジュールとは全く異なる時間に電気が来、消えた。どの曜日のスケジュールとも当てはまらない。

深く考えてはいけないとわかってはいるのだが、どうも気になってしまう、計画通りいかない計画停電事情。



himact at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!生活 

2009年03月14日

イスラム教グループ等によるカトマンズ盆地内バンダの実施について(大使館からのお知らせ転載)

当ブログは 新アドレス にて公開しています。

ネパール旅行に関係のある最新情報については、こちらの旧ブログにも掲載していますが、メインは 新アドレス の方になります。

検索で当ブログにたどり着いた方は、今後は 新アドレス をご覧ください。

2009年3月14日付、在カトマンズ日本大使館からのお知らせを転載します。

===転載ここから===

イスラム教グループ等によるカトマンズ盆地内バンダの実施について

当館に入った情報によると、3月14日午後5時現在、タルーグループ側と平和
復興大臣の間でタルー・バンダ及びその他のバンダを中止するための会談が行われる予定でしたが、タルーグループ側が大臣レベルの会談を拒否し、首相との会談を望んでいるため、その結果次第では、カトマンズバレーバンダが行われる可能性があります。

従って、明日、外出する際は治安情報の収集に努めると共に、交差点等が封鎖されている場合は、群衆等には近づかないよう十分に注意して下さい。なお、状況の進展については、随時連絡いたします。



himact at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!情勢 

2009年03月06日

チトワン外出禁止令(大使館からのお知らせ転載)

当ブログは 新アドレス にて公開しています。

ネパール旅行に関係のある最新情報については、こちらの旧ブログにも掲載していますが、メインは 新アドレス の方になります。

検索で当ブログにたどり着いた方は、今後は 新アドレス をご覧ください。

2009年3月6日付、在ネパール日本大使館からのお知らせ転載です。

===転載ここから===

チトワン地内に対する外出禁止命令に伴う注意喚起について

 当館に入った情報によると、昨日(3月5日)午後、タライ地域でゼネストを行っているタルー民族と警察官との間で衝突があり、死者1名と多数の負傷者を出しました。また、タルー民族は、昨日の衝突に対し強い憤りを感じ、現在も大規模な抗議活動を行っているため、チトワン郡当局は、本日午前10時00分から外出禁止令を発出いたしました。このような状況から、本日、チトワン地域を訪れることは、避けることをお勧めします。やむをえず同地域を訪問する際は、治安情報を確認してお出掛け下さい。

===転載ここまで===

春休み旅行シーズン。ネパール〜インド間の陸路移動にも、影響がでるかも。

チトワンへ行っている旅行者やこれから行く旅行者も多いと思うが、こういうことが突然起こり、予定が簡単に崩れるネパール旅行。

軽く考えていると、けっこうイタイ思いうすることも、けっこうあるのだ。



2009年01月23日

計画停電一週間に96時間へ

当ブログは 新アドレス にて公開しています。

ネパール旅行に関係のある最新情報については、こちらの旧ブログにも掲載していますが、メインは 新アドレス の方になります。

検索で当ブログにたどり着いた方は、今後は 新アドレス をご覧ください。

本日1月23日より、停電時間が短縮になった模様。今まで一週間に108時間あった停電が、96時間に減ったようだ。

参考までに、旅行者の利用が多いタメル地区の計画停電時間は以下の通り。

日曜日 04:00-12:00 16:00-24:00
月曜日 04:00-12:00 16:00-24:00
火曜日 08:00-12:00 20:00-04:00(+1)
水曜日 08:00-16:00 20:00-04:00(+1)
木曜日 08:00-16:00
金曜日 00:00-08:00 12:00-20:00
土曜日 00:00-04:00 12:00-20:00

(注意)

* 停電時間は、予告なく変更になります。上記スケジュールがいつまで有効となるかは不明です。このため、旅行者の方々は、ご自分の宿泊ホテルで、停電時間割を確認されたほうが無難です。

* 停電時間はカトマンズ市内でも、地域ごとに細かく分かれています。タメル地区以外の場所のスケジュールは、上記の通りではないためご確認を。

* 計画停電時間以外に、突発的な予期せぬ停電も頻繁に起こりますので、ネパール旅行中は懐中電灯を常に携帯していると安心です。

* 停電/送電が上記通り実施にならなくても、当ブログのせいではなく、一切の責任は負えません。また苦情も受け付けません。(まれに、『ブログ掲載内容と停電時間が違った』という苦情?があるもので、、、)

===

在ネパール日本大使館のホームページに、各地区の停電スケジュールが掲載されています。

http://www.np.emb-japan.go.jp/jp/index.html


himact at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!生活 

2009年01月16日

鳥インフルエンザ、ついに来る(大使館からのお知らせ転載)

当ブログは 新アドレス にて公開しています。

ネパール旅行に関係のある最新情報については、こちらの旧ブログにも掲載していますが、メインは 新アドレス の方になります。

検索で当ブログにたどり着いた方は、今後は 新アドレス をご覧ください。

2009年1月16日付、在カトマンズ日本大使館からのお知らせを転載します。

===転載ここから===

鳥インフルエンザの発生ついて

 東部タライ地域に位置するジャパ郡メチナガル市カカルビッタ地区において、1週間前に鶏が12羽死亡し、その後、サンプルをカトマンズの動物検疫所において検査した結果、鳥インフルエンザによって死亡したことが、本日、保健人口省から発表されました。このような状況から、当地を訪問はなるべく避けることをお勧めします。

鳥インフルエンザに関する情報は下記をご参照下さい。

「外務省 海外安全ホームページ」鳥・新型インフルザ関連情報
http://www.pubanzen.mofa.go.jp/


領事携帯 98510−20414
警備携帯 98510−20409



2009年01月10日

計画停電一週間に108時間へ延長(1月11日より)

当ブログは 新アドレス にて公開しています。

ネパール旅行に関係のある最新情報については、こちらの旧ブログにも掲載していますが、メインは 新アドレス の方になります。

検索で当ブログにたどり着いた方は、今後は 新アドレス をご覧ください。

約2週間前に、一週間に82時間の停電が実施されることになったカトマンズだが、1月11日より、再び停電時間が延長となるとのこと。

一週間に108時間。週6日は毎日16時間の停電、残りの週1日は12時間の停電。

送電設備を持ちながら、1日の三分の一しか送電されない国など、この世界中で、ネパール以外にもあるのだろうか?

今まで危機感ももたず、対策らしい対策を取らなかった結果だろう。事が起きてからあわて、他人に責任転嫁するネパール人の国民性が、この計画停電悪化にすべてあらわれていて、あきれるばかり。

参考までに、旅行者の利用が多いタメル地区の計画停電時間は以下の通り。(本日付ネパールの新聞ゴルカパットラより)

日曜日 04:00-12:00 16:00-24:00
月曜日 04:00-12:00 16:00-24:00
火曜日 08:00-16:00 20:00-04:00(+1)
水曜日 08:00-16:00 20:00-04:00(+1)
木曜日 08:00-16:00 20:00-24:00
金曜日 00:00-08:00 12:00-20:00
土曜日 00:00-08:00 12:00-20:00

・・・なんという、キチガイじみたスケジュール。週1日だけは12時間の停電で、タメル地区の場合、それが木曜日にあたっているが、結局、木曜20時〜翌金曜8時まで、継続して12時間電気がないことになるから、絶句。

正直、狂っている。

- - - -

以下、当ブログオリジナル、タメル地区送電スケジュール。こちらのほうが、わかりやすいかも?

日曜日 00:00-04:00 12:00-16:00
月曜日 00:00-04:00 12:00-16:00
火曜日 00:00-08:00 16:00-20:00
水曜日 04:00-08:00 16:00-20:00
木曜日 04:00-08:00 16:00-20:00
金曜日 08:00-12:00 20:00-24:00
土曜日 08:00-12:00 20:00-24:00

(注意)

* 停電時間は、予告なく変更になります。上記スケジュールがいつまで有効となるかは不明です。このため、旅行者の方々は、ご自分の宿泊ホテルで、停電時間割を確認されたほうが無難です。

* 停電時間はカトマンズ市内でも、地域ごとに細かく分かれています。タメル地区以外の場所のスケジュールは、上記の通りではないためご確認を。

* 計画停電時間以外に、突発的な予期せぬ停電も頻繁に起こりますので、ネパール旅行中は懐中電灯を常に携帯していると安心です。

* 停電/送電が上記通り実施にならなくても、当ブログのせいではなく、一切の責任は負えません。また苦情も受け付けません。(まれに、『ブログ掲載内容と停電時間が違った』という苦情?があるもので、、、)



himact at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!生活 

2009年01月02日

ネパール国内線値下げ:09年1月1日発券分より

当ブログは 新アドレス にて公開しています。

ネパール旅行に関係のある最新情報については、こちらの旧ブログにも掲載していますが、メインは 新アドレス の方になります。

検索で当ブログにたどり着いた方は、今後は 新アドレス をご覧ください。

燃油料の値下げに伴い、ネパール国内線運賃が、2009年1月1日発券分より、値下げされることとなりました。

旅行者の利用の多い主な路線の値下げは以下の通りです。

≪片道国内線料金(燃油料込)≫

 カトマンズ〜ポカラ間 98USドル→94USドルへ
 カトマンズ〜ルクラ間 121USドル→116USドルへ
 マウンテンフライト  166USドル→164USドルへ 

* その他主な路線の価格については、値下げを反映させたものを ヒマラヤンアクティビティーズの国内線運賃のページ に掲載しています。

===

実は、昨年後半にも一度、燃油料値下げにより、わずかながら値下げとなっていた路線もあったのですが、航空会社によっては代金に変化がないところもあったため、お知らせしていませんでした。

今回の値下げで、だいぶ安くなり、約1年前の代金に近くなりました(それ以下になった路線も)。

※ 航空券代金のお支払いは、発券時の価格でお願いしております。このため、お支払い時には、予約時の代金とは異なる場合がありますことを、あらかじめご了承ください。



2008年12月28日

12月29日より計画停電延長へ:一週間に82時間の強制停電

当ブログは 新アドレス にて公開しています。

ネパール旅行に関係のある最新情報については、こちらの旧ブログにも掲載していますが、メインは 新アドレス の方になります。

検索で当ブログにたどり着いた方は、今後は 新アドレス をご覧ください。

12月29日(月)より、計画停電(計画的な強制停電)時間が再び延長になるそうです。

つい先日、一週間に63時間の停電時間になったばかりでしたが、一気に約20時間延長となり、一週間に82時間の停電となります。(6日間は毎日12時間の停電、残りの1日は10時間の停電)

計画停電時間帯は、エリアごとに細かく分かれています。参考までに、旅行者の利用が多いタメル地区の計画停電時間は以下の通りです。

日曜日 08:00-14:00 20:00-02:00(+1)
月曜日 08:00-14:00 20:00-02:00(+1)
火曜日 08:00-14:00 20:00-02:00(+1)
水曜日 04:00-08:00 14:00-20:00
木曜日 02:00-08:00 14:00-20:00
金曜日 02:00-08:00 14:00-20:00
土曜日 04:00-10:00 17:00-23:00

(注意)

* 停電時間は、予告なく変更になったり増やされたりしますので、上記スケジュールがいつまで有効となるかは不明です。

* 停電時間はカトマンズ市内でも、地域ごとに細かく分かれています。タメル地区以外の場所のスケジュールは、上記の通りではないためご確認を。

* 強制停電時間以外に、突発的な予期せぬ停電も頻繁に起こりますので、ネパール旅行中は懐中電灯を常に携帯していると安心です。

===

最近、在ネパール日本大使館のページに計画停電時間割が掲載されるようになりました。新時間割が反映されていないこともあるようですが、参考までにアドレスを掲載します。

http://www.np.emb-japan.go.jp/jp/index.html



himact at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!生活 

大使館からのお知らせ転載:爆発事件発生に伴う注意喚起について

当ブログは 新アドレス にて公開しています。

ネパール旅行に関係のある最新情報については、こちらの旧ブログにも掲載していますが、メインは 新アドレス の方になります。

検索で当ブログにたどり着いた方は、今後は 新アドレス をご覧ください。

2008年12月28日付、在カトマンズ日本大使館からのお知らせを転載します。

===転載ここから===

爆発事件発生に伴う注意喚起について

当館で得た情報によると、昨日(12月27日)午前11時半頃トリヴバン空港メインゲート付近において爆発事件が発生し、ネパール人1名が負傷しました。

また、本日(12月28日)6時45分頃ラニポカリ付近においても爆発事件が発生しましたが負傷者はいませんでした。

治安当局の調べによると、今回使用された爆発物についてはハンドメイド製で威力自体は弱いとのことです。今後も現政府に不満を抱くグループによる更なる爆発事件の可能性も否定できませんので、外出する際は、人が集まるような場所の立ち寄りや公共交通機関での移動はなるべく避けるようお願いします。

===転載ここまで===

上記影響で、本日はたくさんの警官が街の警備にあたっており、二人乗りのバイクを検問する姿も見かけました。



himact at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!情勢 

2008年12月18日

12月18日より計画停電延長へ:一週間に63時間の強制停電

当ブログは 新アドレス にて公開しています。

ネパール旅行に関係のある最新情報については、こちらの旧ブログにも掲載していますが、メインは 新アドレス の方になります。

検索で当ブログにたどり着いた方は、今後は 新アドレス をご覧ください。

本日12月18日より、計画停電(計画的な強制停電)時間が延長になり、一週間に63時間、強制的な停電が実施されることになりました。

一週間のうち、6日間は毎日10時間の停電、残りの1日は3時間の停電となります。

日本の皆様、想像してみてください。ほぼ毎日10時間電気が来ない状況を!

日没後、カトマンズ盆地内、ほとんどの場所が真っ暗ということになります。正直、あきれを通り越し、笑ってしまう停電状況です。

一国の首都であるカトマンズでこのありさま。驚きです。

ところで、昨年まで、週のうち1日だけ停電がない日があって、その日が「Happy Day」と呼ばれていました。

今の状況だと、1日3時間だけしか停電のない日がHappy Dayになるのでしょうか。確かに、1日10時間消える日に比べれば、ハッピーですが、、、。

計画停電時間帯は、エリアごとに細かく分かれています。詳細は、こちらのページにてご確認を。

http://www.np.emb-japan.go.jp/jp/index.html
↑ 在ネパール日本大使館のホームぺージに掲載されるようになりました。

日曜日 10:30-16:30 21:30-01:30(+1)
月曜日 20:00-23:00
火曜日 00:30-06:30 16:00-20:00
水曜日 02:30-08:30 16:15-20:15
木曜日 04:30-10:30 16:30-20:30
金曜日 06:30-12:30 17:00-21:00
土曜日 08:30-14:30 17:30-21:30

(注意)
* 停電時間は、予告なく変更になったり増やされたりしますので、上記スケジュールがいつまで有効となるかは不明です。

* 停電時間はカトマンズ市内でも、地域ごとに細かく分かれています。タメル地区以外の場所のスケジュールは、上記の通りではないためご確認を。

* 強制停電時間以外に、突発的な予期せぬ停電も頻繁に起こりますので、ネパール旅行中は懐中電灯を常に携帯していると安心です。

himact at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!生活 

2008年12月09日

TG関空発着深夜便(672/673便)全便運休から運航へ

当ブログは 新アドレス にて公開しています。

ネパール旅行に関係のある最新情報については、こちらの旧ブログにも掲載していますが、メインは 新アドレス の方になります。

検索で当ブログにたどり着いた方は、今後は 新アドレス をご覧ください。

http://www.thaiair.co.jp/corporate/newsrelease/index.html#corpo_20081209

ネパール入りされる方の中にも多くの方が影響を受けていた、関空発着深夜便TG672便/673 便の全便運休突然の知らせ。

しかし、年末年始のみ、再運航されることが決まったようです!

代替便が取れず、昨日までに旅行をキャンセルされた方も、もしかすると、また当初の予定通りの便が確保できるかもしれません。



2008年12月05日

TG便日本〜バンコク間運休・減便におけるネパール旅行への影響

当ブログは 新アドレス にて公開しています。

ネパール旅行に関係のある最新情報については、こちらの旧ブログにも掲載していますが、メインは 新アドレス の方になります。

検索で当ブログにたどり着いた方は、今後は 新アドレス をご覧ください。

先日までのバンコク空港閉鎖の影響で、12月5日より3月28日まで、タイ国際航空便(TG便)日本〜バンコク間の一部の便が、運休・減便となっている模様。

http://www.thaiair.co.jp/corporate/newsrelease/index.html#corpo_20081205

成田発着便には影響は出ていないようだが、関空、名古屋、福岡発着便に影響が出ている。

参考までに、関空深夜便TG673便/672便)は上記期間全便運休。この便を利用してバンコクで乗り換え、ネパール入りする旅行者も多いため、運休によりネパール旅行をキャンセルせざるを得なくなっている旅行者もいる。

3月までのネパール旅行で、日本〜バンコク〜カトマンズ間をTG便利用で予定していた旅行者の方は、一度、自分のフライトが飛ぶのかどうか確認することをお勧めしたい。



2008年12月03日

計画停電延長へ:一週間に45時間の強制停電

当ブログは 新アドレス にて公開しています。

ネパール旅行に関係のある最新情報については、こちらの旧ブログにも掲載していますが、メインは 新アドレス の方になります。

検索で当ブログにたどり着いた方は、今後は 新アドレス をご覧ください。

本日12月3日より、計画停電(計画的な強制停電)時間が延長になった。一週間に45時間の停電となる。

計画停電時間帯は、エリアごとに細かく分かれている。詳細は、こちらのページにてご確認を。(ただしネパール語表記)

http://nea.org.np/np_loadshedding.pdf

参考までに、旅行者の利用が多いタメル地区の計画停電時間は以下の通り。

日曜日 10:00-14:00 21:00-24:00
月曜日 09:30-13:30 18:00-21:00
火曜日 02:00-05:00 17:00-20:00
水曜日 05:30-09:30 14:00-17:00
木曜日 06:00-10:00 17:15-20:15
金曜日 05:00-09:00 17:30-20:30
土曜日 13:30-17:30

(注意)
* 停電時間は、予告なく変更になったり増やされたりしますので、上記スケジュールがいつまで有効となるかは不明です。

* 停電時間はカトマンズ市内でも、地域ごとに細かく分かれています。タメル地区以外の場所のスケジュールは、上記の通りではないためご確認を。

* 強制停電時間以外に、突発的な予期せぬ停電も頻繁に起こりますので、ネパール旅行中は懐中電灯を常に携帯していると安心です。



タイ・スワンナプーム国際空港の再開(大使館からのお知らせ転載)

当ブログは 新アドレス にて公開しています。

ネパール旅行に関係のある最新情報については、こちらの旧ブログにも掲載していますが、メインは 新アドレス の方になります。

検索で当ブログにたどり着いた方は、今後は 新アドレス をご覧ください。

2008年12月3日付、在カトマンズ日本大使館からのお知らせを転載します。

===転載ここから===

タイ・スワンナプーム国際空港の再開

報道等によればタイのスワンナプーム国際空港は12月3日に反政府市民団体が撤収し、5日より一部再開されるとのことですが、機材の都合や空港施設の修復等もあり全面的な再開には相当な日時を要するものと思われます。

ついては、同空港を利用される方は最新の情報を入手の上利用されますようご注意願います。



2008年12月02日

スワンナプーム空港12月15日まで閉鎖(大使館からのお知らせ転載)

当ブログは 新アドレス にて公開しています。

ネパール旅行に関係のある最新情報については、こちらの旧ブログにも掲載していますが、メインは 新アドレス の方になります。

検索で当ブログにたどり着いた方は、今後は 新アドレス をご覧ください。

2008年12月2日付、在カトマンズ日本大使館からのお知らせを転載します。

===転載ここから===

タイ・スワンナプーム国際空港の閉鎖(再延長)

当館で得た情報によれば、3日18時(現地時間)まで閉鎖予定となっていたタイ・スワンナプーム国際空港は、15日18時(現地時間)まで引き続き閉鎖されることになりました。

右期日前に閉鎖が解除されることも予想されますが、空港や機体の整備等に日時を要するとの見方もあり、日本国内での変更不可能な日程等がある方は、他の航空会社に振り替えることをお勧めいたします。

===転載ここまで===

予想以上に長期戦になりそうです。

ネパールまでバンコク経由TG便を利用して旅行予定だった方で、早い方ではすでに他国経由便に変更されています。

何も、そこまでしてネパール旅行をしなくても、という方も多いかと思いますが、この機会を逃したら、いつネパール入りできるかわからない、という方、今ならまだ他便に空席もあるかもしれません。早めの変更手配をお勧めします。

ネパールから帰国できない方も、他国経由便の予約を早めに入れないと、年明けまで座席確保が難しくなる可能性があります。ご注意を。

(21:00 追記) その後のニュースによると、ソムチャイ政権の崩壊により、12月3日の正午までには抗議団体が空港から撤去することになるようです。

しかし、整備等などもあることから、正常に戻るには、まだしばらく日数がかかりそうとのことです。

年末年始までには、バンコク便が通常運航に戻ることを願っています。



2008年12月01日

大使館からのお知らせ転載:タイ・スワンナプーム国際空港の閉鎖(再延長)

当ブログは 新アドレス にて公開しています。

ネパール旅行に関係のある最新情報については、こちらの旧ブログにも掲載していますが、メインは 新アドレス の方になります。

検索で当ブログにたどり着いた方は、今後は 新アドレス をご覧ください。

2008年12月1日付、在カトマンズ日本大使館からのお知らせを転載します。

===転載ここから===

当館で得た情報によれば、本日18時(現地時間)まで閉鎖となっていたタイ・スワンナプーム国際空港は、更に48時間延長され、3日18時(現地時間)まで引き続き閉鎖されることになりました。

急いで帰国する必要がある方は、タイ経由しない乗り継ぎも有りますので、早めに旅行会社にご相談下さい。

以上



himact at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!情勢 

2008年11月27日

大使館からのお知らせ:タイ・スワンナプーム国際空港の閉鎖(再延長)

当ブログは 新アドレス にて公開しています。

ネパール旅行に関係のある最新情報については、こちらの旧ブログにも掲載していますが、メインは 新アドレス の方になります。

検索で当ブログにたどり着いた方は、今後は 新アドレス をご覧ください。

2008年11月27日付、在カトマンズ日本大使館からのお知らせを転載します。

===転載ここから===

タイ・スワンナプーム国際空港の閉鎖(再延長)

 当館が得た情報によれば、本日18時まで閉鎖となっていたタイ・スワンナプーム国際空港は、更に48時間延長され、29日18時まで引き続き閉鎖されることとなりました。

 急いで帰国する必要がある方は、タイを経由しない乗り継ぎも有りますので、早めに旅行会社にご相談下さい。



2008年11月26日

大使館からのお知らせ転載:タイ・スワンナプーム国際空港の閉鎖(延長)

当ブログは 新アドレス にて公開しています。

ネパール旅行に関係のある最新情報については、こちらの旧ブログにも掲載していますが、メインは 新アドレス の方になります。

検索で当ブログにたどり着いた方は、今後は 新アドレス をご覧ください。

2008年11月26日付、在カトマンズ日本大使館からのお知らせを転載します。

===転載ここから===

タイ・スワンナプーム国際空港の閉鎖(延長)

在タイ日本大使館が得た情報によれば、お知らせ(08−67)でお知らせした、タイのスワンナプーム国際空港の閉鎖は、27日18:00まで延長され、その後の対応については不明であるとのことです。

 なお、本日、邦人旅行者への対応のため館員が空港へ出向いた折、タイ航空職員から聴取した26日午後のTG336便の欠航に対するタイ航空の対応は「一般旅行者は、ホテルへ戻り17時にタイ航空へ電話して状況確認を行って欲しい。また、今回の欠航は政治的な問題での空港閉鎖によるもので、タイ航空には責任はなく、ホテル代等の保証は行わない」というものでした。ご参考までに併せお知らせします。

===転載ここまで===

カトマンズ入りする多くの旅行者が利用するTG便バンコク路線。正午過ぎに発着する、カトマンズ着TG319便と、カトマンズ発TG320便に加え、今年10月より週3回、夕方発着便も増発されている(カトマンズ着TG335便、カトマンズ発TG336便)。

本日は、このすべての便が欠航。明日も、上記のとおり、全便欠航になる模様。

現在満席が続いているこの路線。バンコクの空港が再稼働し始めても、臨時増発便が運航されない限り、すべての乗客を搬送するには時間がかかるのではないかと懸念している。

himact at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!情勢 

大使館からのお知らせ転載:タイのスワンナプーム国際空港の閉鎖

当ブログは 新アドレス にて公開しています。

ネパール旅行に関係のある最新情報については、こちらの旧ブログにも掲載していますが、メインは 新アドレス の方になります。

検索で当ブログにたどり着いた方は、今後は 新アドレス をご覧ください。

2008年11月26日付、在カトマンズ日本大使館からのお知らせを転載します。

===転載ここから===

タイのスワンナプーム国際空港の閉鎖

既にテレビ等でご承知かと思いますが、標記について日本国外務省は以下のようなスポット情報等を流しております。

タイ経由で旅行を予定されている方は最新の情報を入手してから旅行を行うようご注意下さい。

なお、当館で当地タイ航空に確認したところ、本日のタイ航空TG319便は運行見合わせとなっており、バンコク行きのTG320便も運行の予定は立っていないとのことです。本日のタイ航空で出発予定の方は、昼過ぎにタイ航空へ電話でフライト予定をご確認下さい。新たな情報が入りましたら再度お知らせします。

件名:スポット情報「タイ:バンコクにおける反政府市民団体等のデモ及び国際空港占拠に伴う注意喚起」

1.在タイ日本国大使館からの情報によれば、国会開会を妨害するため国会周辺に集結していた市民民主化同盟(PAD)等反政府グループは、現地時間11月25日(火)午後8時頃、APEC(於:ペルー)に出席していたソムチャイ首相の帰国を阻止するため、バンコクのスワンナプーム国際空港に移動し、空港内に侵入・占拠したため、空港当局は出発便の多くの運航を停止しました。

2.このような状況を受け、26日(水)早朝、空港当局は各航空会社に対し同日午前4時半過ぎより正午までの間、空港を閉鎖する旨の通達を発出しました。また、正午以降の航空便の発着についても明確ではありませんので、タイに渡航予定・滞在中の方は、事前に航空会社等に運航状況を十分確認してください。また、報道等から最新情報の入手に努めるとともに、これら抗議活動が発生している場所付近には近づかないようしてください。

3.現在までのところ、デモのほとんどは平穏裏に行われている由ですが、PADの抗議活動状況から、今後、しばらくの間抗議活動の範囲が広がることも予想され、政府支持グループとの小規模の衝突事件もあり、状況如何によっては不測の事態が発生する可能性も排除できません。

4.なお、タイについては別途「危険情報」が発出されていますので、その内容にも御留 意ください。

○在タイ日本国大使館
 住所:177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
 電話: (66-2) 207-8500、696-3000
 FAX : (66-2) 207-8510
 ホームページ: http://www.th.emb-japan.go.jp/

○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人保護)
    (66-2)207-8501、696-3001(パスポート、証明、在外選挙等)
 FAX :(66-2)207-8511

○在チェンマイ日本国総領事館
 住所:Suite 104-107, Airport Business Park,, 90 Mahidol Road,
    T. Haiya, A. Muang, Chiang Mai, 50100 Thailand
 電話: (66-53) 203367
 FAX : (66-53) 203373
 ホームページ:http://www.chiangmai.th.emb-japan.go.jp/

himact at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!情勢