2009年01月15日

広まりを見せる舌ウォーブリング奏法

いやいや、また更新が滞ってしまいましたね。すみません…



ところで、最近ニコニコ動画にちょっと変わった口笛の演奏が立て続けに投稿されております。何が変わっているのか。言葉を並べる前に、実際にその演奏を聴いてみましょう。








また、少し前にはこんな演奏も投稿されています。





凄いですよね!!こんな演奏できるのがうらやましい…!!
これらの演奏、どれもタンギングが「ピロピロ」としています。また、細かなタンギングが要求されるにも関わらず、音1粒1粒がしっかりと鳴っていて音程がはっきりと出ています。
口笛でタンギングというと、最もポピュラーなのどタンギング、この前紹介した吸気タンギング、それ以外にも唇タンギングや舌タンギングなどがあります。ですが、どのタンギングを使用しても恐らくこんな演奏は不可能です。ではこの奏法の正体は一体何なのでしょうか?


もしかすると聞いたことがある方もいるかもしれませんが、これが噂の「ウォーブリング」ってやつです。ただ、一口にウォーブリングといっても「舌ウォーブリング」と「のどウォーブリング」の2種類があります。今回のこれらの演奏に使用されているのは前者の「舌ウォーブリング」です。
また、この舌ウォーブリングも更に「舌先上あごタイプ」、「下唇タイプ」、「舌中央タイプ(これがルーフウィスリング奏法?)」など、いくつかのタイプに細分化できます。ちなみに上に紹介した動画は、音色などから判断して全て「舌先上あごタイプ」であると考えられます。この「舌先上あごタイプ」が、舌ウォーブリングの中でも最もポピュラーな奏法なんですね。また、「舌先上あごタイプ」は俗に「舌をレロレロするタンギング」なんて言われ方もされています。


ニコニコ動画上にはたくさんの口笛の演奏動画が投稿されていますが、恐らく舌ウォーブリングを使用して演奏しているのはこの3名のみでしょう。規模を国内全体で考えてみても、この奏法を使いこなせる人はほんの僅かしかいないと思われます。僕も一応は出来るのですが、ここまで器用に使いこなすことは出来ません…。そのぐらい、これらは本当に凄い演奏なのです!!


ちなみに、ウォーブリングはタンギングとして用いられていますが、僕はタンギングとウォーブリングは別のものとして扱っていこうと思います。その理由としては、「タンギング」とはそれ自体が「音を切ること」を目的としますが、「ウォーブリング」に関しては音を切ることではなく「口内の息の流れを一瞬で変えて音を変化させること」がキーワードになり、その結果としてタンギングに使用できるからです。トランペットに例えるなら、口笛のタンギングとはトランペットのタンギングと同じですが、ウォーブリングはトランペットのピストンの動きに相当します。




折角の機会ですし、これら以外の「舌ウォーブリング奏法」を使用した演奏も聴いてみましょう。


先ずはデビッド・モリス氏。上に紹介した動画と同じ「舌先上あごタイプ」のウォーブリングを使用しているのではないかと思われます。が、いまいち確証は持てません…。






次に紹介するのはトム・ブライアント氏。「下唇タイプ」の舌ウォーブリングを使用しています。





このタイプの舌ウォーブリングは、日本では儀間太久美さんが使用しています。


続いては小杉山智早ちゃん。「美空ひばりの再来」なんて言われたりもしてますが、あながち嘘ではないかも。子供だからと馬鹿にできません、日本でも屈指の口笛奏者です。しかも現在進行形で実力を伸ばしているわけですから…もはや脅威ですwww
彼女についてはどんなタイプの舌ウォーブリングを使用しているか詳細は不明。恐らく「舌先上あごタイプ」か「舌中央タイプ」かのどちらかだと思うんですが…。





最後はロン・マクロビー氏。ジャズウィスラーです。今までは「のどウォーブリング」を使用していると思われていたのですが、どうやら舌ウォーブリングを使用している可能性がでてきました。舌ウォーブリングだとすると「舌先上あごタイプ」かな?それにしては音域が広すぎる…。こちらも詳細については不明ですね。





尚、こちらのサイトでマクロビー氏の演奏を堪能できます。
http://www.engine-studios.com/vpp/Jazz/Pages/JFaddisLegacy_RMcCrobyPuccolo.html




とりあえず本日はこの辺で。舌ウォーブリング奏法各種の吹き方等についてはまたいつか時間のあるときに解説します。
あと、この日記を書くにあたってはYuponTKD氏からいろいろと情報を頂いたのでこの場を借りてお礼申し上げます!


尚、今回動画主さん達の許可なく勝手に動画を紹介させてもらいました。動画主の方々には誠に申し訳ございません。もし何か不都合なことがありましたらすぐに削除しますので、お手数おかけしますがご連絡ください。




himajin1126 at 19:26│Comments(3)TrackBack(0)過去日記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by YuponTKD   2009年01月16日 13:14
お!きたきた。
てかなんで僕の動画が紹介されてるんですか(・Д・ノ)ノ
ありがたいような恥ずかしいような・・・w
智早ちゃんは本人に聞いたらほとんど舌中央型だそうです。
あと、トランペットとウォーブリングの話って僕も全くおんなじこと考えてたんですけど、ひまじんさんにその話しましたっけ???太郎さんにしたんだったかな???
ただ、舌ウォーブリングも慣れて音がはっきりしてくるとタンギングに分類しうるものになります。
舌の発着時にタンギングをおこなうようなつもりで音をはっきりさせているんです。ネイティブフェイスと熊蜂を聴き比べてもらえればわかると思います。まぁそこの分類は微妙だと思いますが。
舌を使っているという意味では喉タンギングよりはタンギングなのではないでしょうか笑
2. Posted by すーじー   2009年01月17日 16:30
ひまじんさん お初です すーじー と申します。
この研究室 教科書代わりに最近興味深く勉強させていただいています。内容が高度のため理解出来ない部分が多くありますが、それなりについて行こうと思っていますのでよろしく。
3. Posted by ハメ撮り画像満載無料サイト   2011年10月08日 00:55
5 0*=q^rX$, www.ex-navi.biz, ハメ撮り画像満載無料サイト, http://www.ex-navi.biz/?page_id=91

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔