火傷の皮膚再生より難しいブータン営業?!その1火傷の皮膚再生より難しいブータン営業?!その3

2011年01月26日

火傷の皮膚再生より難しいブータン営業?!その2

順番を待っていたおいしそうな中国おかゆが目の前・・・もう、頭の中は、おいしそう、おいしそうと駆け巡っていました。お盆に出来上がったばかりの中国おかゆを乗せてもらった瞬間、後ろからぶつかった人がいたのです・・・お盆を持つ右手が揺るぎ、おかゆをこぼさないように体制を立て直そうとしたのですが、一瞬にして熱々おかゆが入ったどんぶりが傾き左手にかかってしまったのです。

私は、心の痛みには弱いのですが、肉体的な痛みにはとても我慢強い方なのです・・・おかゆは手の甲にくっついて直ぐに離れないものですから、熱さが一瞬で終わらず・・・それでも被害は最小限に止めようと傾いたどんぶりが乗ったお盆を落とさないように台に乗せて、おかゆの付いた左手を思い切り振り下ろすまで、熱さというか痛さと言うかが続いたのです。

話すと長時間のようですが、たぶん一瞬に近かったと思います。私は左手を振り下ろし際大声で「オーーー!!マイ!!ゴーーーッド!!」と叫んでいたのです・・・今、思い出しても恥ずかしい、大赤面行為です。でも、なぜ「オー・マイ・ゴッド」だったのかは不明です???

昼食時間帯でしたから、地元の方々が大勢いました。私は、熱さと痛さと空腹(?!)で状況は把握出来ませんでしたが、あのフードコートをこだまするような大声に、皆さんの視線が私に釘付けになった事は確かでしょう・・・う~ん、それにしても恥ずかしい・・・。



himalaya_tmk at 23:58│Comments(0)TrackBack(0) ブータン生活編 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
火傷の皮膚再生より難しいブータン営業?!その1火傷の皮膚再生より難しいブータン営業?!その3