火傷の皮膚再生より難しいブータン営業?!その2里帰り?!のカトマンズにて・・・

2011年01月27日

火傷の皮膚再生より難しいブータン営業?!その3

おかゆを渡してくれたスタッフのおばちゃまも驚いた事と思います。直ぐに厨房から外に出てきて私を厨房の中の水道に案内してくれ、おかゆを流しボールに氷をいれて左手を冷やしてくれました。

その頃になって、私も落ち付きを取り戻し、真っ赤になった左手のヒリヒリ感が現実のものとなって来たのでした。スタッフも時々火傷をするのか、そのお店にあった油ぎった塗り薬をたっぷり塗ってくれ、新しいおかゆとサービスの飲茶2品がテーブルに用意されたのですが、それまでの食欲が落ちてしまっていました・・・勿論、折角なので完食しました・・・。

この火傷から約2週間経ちました。本当に人間の再生能力には驚きです。途中プクプクに水を持った水泡がつぶれ汚い茶色の死んだ皮膚になり、痒みが出てきたと思ったらその皮がむけて・・・多少色の違いで火傷跡がわかりますが、ほとんど新しい皮膚が再生されされました。

パソコンのキーボードを打ちながら、ふと左手に目がいって、こんな事に1人関心していたところ、新しいメールが入りました。なんと、3月チョモラリトレック予定のメンバー2人のキャンセルのお知らせ・・・残念・・・。

ブータン営業は、本当に難しい・・・火傷の皮膚再生のように簡単にはいきません・・・良い所なのになーブータンってと思いながら、次の対策を考え始めた本日でした。


himalaya_tmk at 22:18│Comments(0)TrackBack(0) ブータン生活編 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
火傷の皮膚再生より難しいブータン営業?!その2里帰り?!のカトマンズにて・・・