緊急一時帰国をしておりました・・・〜ブータン赴任1周年記念日〜

2011年08月14日

五体投地を前に震災復興と母の病気快癒を願う・・・

日本列島は、酷暑の再来と聞いています。こちらは、標高約2300mあり雨季という事もありますが、最高気温20℃を超すことが少なくなって来ました。そして本日は、大粒な激しい雨ではなく、しっとり静かな粉糠雨が降っています。室内でも長袖を着用していないと涼しいと言うよりは肌寒いです。

先ほど、ネパールよりシェルパニブログが5月から更新されていないが、私の母の具合が余程悪くなったのではと心配していると、わざわざSkype連絡が入りました・・・ご心配いただきありがとうございます・・・。

私のブータン在住も9月14日で滞在1年となります。15年強在住したネパール・カトマンズと比べたら、ブータンはまだまだ手探り状態の生活環境です。その上、ブータン独特の国のルールがあり、仕事に関しても工夫が必要で難しくなかなか一筋縄ではいかず・・・などなど・・・あっという間に時間が過ぎ去っていってしまうのです。

そして、いつもながらこのブログ更新が一番最後となってしまいます。

こんな愚痴は、東北大震災で被災された方々のことを思えば、恥ずかしい事この上ない事ですね・・・被災された方々の心の平安を願い私も頑張りましょう!!

実は、昨日、オフィスの帰りの出来事です。1人の僧侶がチャンラム通りを五体投地で進んでいるところに出会いました。
CIMG4581
CIMG4582
CIMG4583
CIMG4584
CIMG4585


チベット仏教徒が聖地カイラス山の麓を、五体投地を行い礼拝しながら少しづつ進み巡礼する事は多く知られていますが・・・ブータンでは初めてです・・・このような大通りを五体投地をされている僧侶に出会ったのは・・・もちろん、ゾンや寺院での礼拝や仏足頂礼は目にしていました・・・理論や理屈、主義主張では無く、素直な気持ちで何だか手を合わせたくなってしまいました。

そして、震災地の早期完全復興と母の病気快癒を祈願してしまいました・・・


himalaya_tmk at 18:18│Comments(0)TrackBack(0) ブータン生活編 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
緊急一時帰国をしておりました・・・〜ブータン赴任1周年記念日〜