〜ブータン赴任1周年記念日〜厳かにRoyal Weddingが執り行われました!!

2011年09月19日

恐怖感を味わいました・・・

昨日、ブータン時間18時半過ぎ大きな地震がありました。本当に驚きました。日本を離れてから18年近くこんな大きな地震は初めての体験でした。東日本大震災の事が頭をよぎりました。

日曜日でしたから私は、早々と軽く夕食を済ませ、ぐだぐだベッドに横になって本を読んでおりました。

すると、何やらぐらぐらし始め・・・「あれ、もしかして地震・・・」と思いましたが、カトマンズ在住時を含め、今までも大きな地震はありませんでしたから、初めはその内揺れもおさまるでしょうと思っていました。

それが、何と、どんどん揺れが大きくなっていき机の卓上カレンダーや置時計、バスルームの洗面台からシャンプーなど、ばたばた落ちてくるし、建物(私の部屋は3階)は、ギイギイ音がして・・・私は、ベッドからガバッと起き上がり、ただ呆然と読みかけの本を持って立ち竦んでしまい・・・心臓は、どきどきどきどきどき・・・少しパニック症状・・・しかし「あっ!!いけない。どうしよう」と思い、兎に角外に出れなくなるといけないと思い、出口を確保するため部屋のドアーを開けました。そこに上に住んでいる大家さんが、急いで階段を下りて来るではありませんか。

そして、「早く外に出なさい」と言われ・・・その時、自分がとんでもない格好をしている事に気が付きました。休日で寛いでいるところでしたから、かなり年季の入ったスウェットパンツに多少色のあせた、洗いさらした感のある紺色のTシャツ姿・・・でも、着替えている暇は無いので、上にフリースジャケットを羽織り、いつも通勤時に持っていく大きなバッグ(パスポート、ワークパーミットもいつも入っています)を持って部屋を出ました。

私の部屋の前の部屋に住んでいるおばあちゃんも、部屋から出てくるところでした。おばあちゃんは、数珠を手繰りながらお経を唱えておりました。彼女と一緒に下へと階段をおり始めたのですが、ぐらぐらして手すりにつかまらないと歩く事が困難でした。

こちらの建物は、鉄筋が少ないのでもっと大きなゆれがきたら、きっと崩れてしまうと思うと、やっと、落ち着いてきていた心臓が、また、どきどきどきどき・・・こんな恐怖感は初めてでした。雪山でもこんな恐怖を味わった事はありませんでした。しかし、東日本大震災で被災された方々は、これ以上だった事を思うと眩暈を覚えてしまいました。

こちらは、建物が密集しておらず5階以上の高い建物が無いので、大きな被害はなかったようです。電話のラインが一時使えなくなりましたが、不思議なことにネットは使用可能でしたので、日本への連絡をとりました。

近年世界的に思いもよらぬ大災害が起きておりますが、何だか私は、自然に対する人間の傲慢な考えや行動が、突飛な自然現象へとつながっていっているのではと思ってしまいました。



himalaya_tmk at 06:30│Comments(0)TrackBack(0) ブータン生活編 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
〜ブータン赴任1周年記念日〜厳かにRoyal Weddingが執り行われました!!