なかから特に痛かったものを。

アクセル・ワールド1 黒雪姫の帰還 (川原礫/電撃文庫)
とにかく厨二。むせ返らんばかりの圧倒的な厨二臭を感じずにはいられない。
おかしいなあ、「西尾維新は厨二っぽくないですよ」とうっかり口走る程度には、
厨二病に対するセンサーがかなり感度低めな人が読んでるはずなのにー
たぶん主人公が救いがたいダウナーDQNな上に、何故かハーレム状態なあたりとか、
ダメ人間が努力せず異環境で俺TUEEEEする系の話(例:MÄR@安西信行)なのがいけないんだろう。
あと、○○○(ラスボス)には涙を禁じ得ない。というかグレざるを得ないだろうこの立場。
これほど共感できる小者悪役は初めて見たかもしれん。
いやー、これはひどい。また次巻が出たら買います。

AURA〜魔竜院光牙最後の闘い〜(田中ロミオ/ガガガ文庫)
「分類不能の“邪鬼眼”小説(なんとなくグラスホッパーのアオリ風味に)」
これは心底痛かった。痛み以外の感覚が浮かびません。
しかしこれって、エンディング以外はラノベでもラブコメでもないよなぁ。
どうなんだろう?と思ったけど、よく考えるとガガガ文庫だし別にいいか。