”放課後等デイサービスひまわり”のブログ

ひまわりホームページ→ http://himawari.silverheart.biz/

練馬区を中心に障がいを持つ児童が余暇を安全に有意義に過ごせるよう支援を行っております。集団でのアクティビティを中心に、個々の児童に合わせた個別課題も実施しています。

だんだんと過ごしやすくなってまいりました。
子ども達も新しいクラスに慣れてきた頃でしょうか。
みんな元気に過ごしています。


5月は鯉のぼりと母の日のありがとうカードの工作をしました。
鯉のぼりはトイレットペーパーの芯を使って鯉を作っています。
ちぎった折り紙を鯉の鱗にしているので、子ども達それぞれの個性が出ていました。
IMG_8315

IMG_8356

IMG_8327
ニコニコ笑った顔やまんまるお目々など、表情も豊かな鯉のぼりが出来ました。
とても可愛らしかったです。


次は母の日のありがとうカードを作りました。
今年はバラの花を折り紙で折っています。
IMG_8441

IMG_8442
「おかあさん、ありがとう」のメッセージを描いたり、ハートの絵を描いたり
子ども達がお母さんに喜んでもらえるよう、一生懸命作っていました。
とても上手にできていたので、お母さんに喜んでもらえたのと思います。


工作をするたびに、子ども達の手先が器用になってきているようです。
作ることに関心の強い児童は、職員が説明しなくても見本を見て作ってしまいます。
子ども達の成長を感じられて嬉しいです。
これからも季節のイベントの工作を続けていこうと思います。

まだまだ寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
ひまわりでも風邪やインフルエンザでお休みの子どもも、ちらほら出てくるようになりました。
みんなで気を付けていきたいと思います。


2月の節分。
ひまわりでは「鬼が怖い」と怖がる子どもが多かったため、ずっと鬼は封印してきました。
しかし段々と子ども達も成長し、今年は鬼を登場させてみました。
みんな怖がることなく楽しんでくれていました。


IMG_7250

IMG_7259

IMG_7208
鬼のお面を作りました。
赤鬼と青鬼の2種類があり、2つ作る子どももいました。
にっこり笑った可愛い鬼を作り、みんな気に入って付けてくれました。


IMG_7249

IMG_7305
鬼の玉入れも行いました。
新聞紙で作った玉は節分でまく豆っぽくなっていて、的である鬼の口に投げ入れます。
普段行うストラックアウトよりも的が小さいので、子ども達には少し難しかったようです。
しかし、たくさん入れようと何度もチャレンジしてくれました。
たいへん盛り上がっています。


来月はひなまつり。
また工作を考えて、みんなで作っていきたいと思います。

今年もクリスマス会を行いました。
12月9日と16日の二日間、子ども達はとても楽しんでいました。
今回はその様子をご紹介します。


今年のクリスマス会は、ゲームを行いました。
9日は宝探し、16日はピニャータです。

宝探しは当たりのカードとハズレのカードの入った封筒が床においてあり、その中から当たりの封筒を探します。
当たりのカードは、景品のスノードームと交換できます。
IMG_6214
当たりのカードを探し、みんな夢中で封筒を開けていました。
やっと当たりのカードを見つけると、みんなとても喜んでいました。

ピニャータはスノードーム交換券の入ったプレゼントボックスを、叩いたり破ったりして取り出すゲームです。
みんな飛びつく勢いで壊しにかかっていました。
IMG_6332

IMG_6333
何重にも包まれた箱をひとつひとつ、力いっぱい壊していました。
普段はできないことなので、みんなとても楽しそうでした。

景品のスノードームを嬉しそうに受け取っています。
IMG_6340

IMG_6216
ペットボトルをくるくる回して、キラキラする中身をじっと見つめていました。
喜んでもらえて嬉しく思います。


ゲームのあとはおやつの時間です。
全員がきちんと椅子に座って、おやつが出てくるのを待っていました。
IMG_6217
普段より豪華なおやつに、みんな笑顔で完食していました。
なかには、いっきに食べてしまう子どももいて、見ている職員も嬉しくなりました。


おやつのあとは、待ちに待ったサンタさん登場です。
IMG_6343

IMG_6226

IMG_6353
サンタさんが来るとみんな嬉しそうでした。
次々に話しかけられ、サンタさんも大忙しでした。
みんな一列に並び、プレゼントをもらいました。
怖がってしまう子どももいましたが、職員と一緒にプレゼントをもらっています。


今年もとても盛り上がり、みんな楽しんでくれました。
これからのイベントも喜んでもらえるよう、頑張って企画していきたいと思います。

↑このページのトップヘ