ひさしぶりに日記を書きます!田熊です!
突然ですが、この写真なんだか分かりますか?実はこの柵に囲まれた砂の下には海亀の卵があります。皆様も一度はテレビか何かで海亀の産卵シーンをご覧にになったことがあるかと思います。感動的ですよね!海亀が産卵に来られるのは、砂浜があるからです。しかし現実には砂浜は、どんどん侵食され、何故社会問題にならないのか不思議に思っております。私は実際に一つの砂浜が消えていく姿を見ました。それは私が幼少のころ毎年家族で出かけた茨城県にある阿字ヶ浦海水浴場です。そこには思い出もありましたが、サーフィンをするようになってから、分かったのですが良い波もあったので、学生時代ほぼ毎週の様に行きました。しかし、ある時から急に砂が増えたり減ったり異常な事に気付きました。気付いたら砂浜はなくなり、海に入ると直ぐに地形が深い状態になっておりとても危険な状態でした。原因は定かではないですが近くの港の開発が原因という人がいましたが、もし人間の開発のせいで本当にそういう状態になったとすれば非常に悲しい事です。でも、更に辛かったのは、沖にテトラポットが横一列に入れられ楽しかった、とても綺麗だったビーチが消えた事でした。ぜひ海岸環境を考えた開発をして頂きたいものです。また、誰もが簡単に環境を守れる方法が一つだけあります。それは、もっと砂浜で季節を問わず遊び砂浜の良さを理解する事だと思います。
これからの季節、秋風に吹かれながら海岸で読書なんて最高だと思いますよ!