沖縄の心―瀬長亀次郎回想録
http://www.amazon.co.jp/dp/4406057870/ref=cm_sw_r_tw_dp_K40Rwb0H6GVJW
瀬長/亀次郎
1907年沖縄県豊見城村生まれ。
戦後、沖縄人民党結成に参加し、書記長、委員長を歴任。
1954年米軍による沖縄人民党弾圧事件で懲役2年の刑で投獄される。
1956年那覇市長選挙に当選するが翌年の米軍布令により追放。
1970年の国政参加選挙で衆議院議員に当選する(以後1986年衆院選まで7期連続当選)。
1973年日本共産党中央委員会幹部会副委員長。
1990年名誉幹部会委員。
米軍基地撤去、祖国復帰、主権回復という沖縄県民の願いを胸に闘い続け、「反米抵抗のシンボル」と称される。
2001年10月5日死去

_SX340_BO1,204,203,200_